大和悠河の実家はお金持ちだった!父親は医者?ファンやスポンサーとの信じがたい関係とは

元宝塚の大和悠河の実家はお金持ち?大和悠河の実家がお金持ちなのがわかるエピソード。現在は帝国ホテルに住んでいるといわれる大和悠河。大和悠河のお金持ちエピソードをまとめてみました。宝塚ってそんなにお金持ちじゃないと入れないの?!仰天!宝塚女優のお金持ち話特集。

大和悠河の実家はお金持ちだった!父親は医者?ファンやスポンサーとの信じがたい関係とは

目次

  1. 大和悠河の実家は医者でお金持ちという説
  2. 大和悠河のお金持ちぶりが凄味を増してきた
  3. 大和悠河が通った東京家政大学付属女子中学校の学費
  4. 結局宝塚音楽学校の学費は高額なのか
  5. やっぱり高くつく宝塚への道
  6. 宝塚音楽学校の競争率は20倍?!
  7. 37歳の誕生日会の動画でネットがざわざわ
  8. 大和悠河の実家とお金持ちぶり
  9. 宝塚ではお金の話は「すみれコード」
  10. 大和悠河の実家がお金持ちでもそこまでは・・・
  11. 大和悠河の実家よりお金持ちのタニマチ
  12. 大和悠河のお金持ちエピソードはどこまで行くのか

大和悠河の実家は医者でお金持ちという説

元・宝塚の男役・大和悠河はどうしてあんなにお金持ちなライフスタイルが可能なのか。実家が医者でお金持ちだから?と話題を集めています。

略歴
大和悠河(やまと ゆうが)
本名:谷岡薫 1977年8月7日東京都出身
身長:169cm
1995年宝塚歌劇団入団月組配属。
2003年から宝塚歌劇団宙組へ。
2007年から主演男役として活躍する。

大和悠河は東京家政大学付属女子中学校から宝塚音楽学校へ進学。学費だけ考えたって相当のものだというのが、ネットの噂です。

大和悠河のお金持ちぶりが凄味を増してきた

2016年6月放映の「今夜くらべてみましたSP」では、大和悠河がNYに不動産購入に出かけるようすがレポートされていました。

2016年6月放映の「今夜くらべてみましたSP」は大和悠河がNYで不動産を購入するエピソードが放映されました。大和悠河はNYで3軒の不動産を内見し、ブライアントパークを眺めるデイヴィッド・チッパーフィールドデザインの「The BRYANT」が気に入ったようす。部屋ではしゃぐ大和悠河のテンションが妙に高くなっています。

大和悠河が気に入ったのは購買価格2億9500万円の「The BRYANT」2LDKの物件。番組終盤に購入申込書にサインをするという放送内容でした。

The BRYANTは16階からレジデンスフロアになりますが、レジデンスの物件数は57のみ。最上階のペントハウスは2物件のみです。

現在、アベノミクスで一儲けした人たちがこぞってNYに不動産物件を買いにでかけているという噂も。お金のニオイがするところに敏感な大和悠河だけに、この不動産投資の行方が気になります。

食事に出かけたミシュラン一つ星のすし屋でイカと中トロだけに箸をつけ、残りは事務所社長の「ゆうこりんさん」という人物に食べさせるというシーンもあわせて放送されていましたっけ。

番組を見ていた視聴者の「寿司の食べ方に品がない」「残すなら頼むな」などのつっこみがSNSで散見されています。

大和悠河が通った東京家政大学付属女子中学校の学費

私立中学の学費は全体の納付額を知らなければ、どこが高額とかどこが安いとは言いにくいのが現状です。東京家政大学附属女子中学校の場合は入学金200,000円、入学後の納入金882,660円。3回の分納が可能とのこと。給食費や副教材費を含んだ金額です。これにプラスされるのは制服、修学旅行などの実費、あとは交通費でしょうか。私立中学としては特に高額ではないもようです。もちろん、学費がかからない公立中学と比較すると高額ですが・・・

初年度納付金(総額)据置き校(値下げ校を含む) 19年連続 東京家政大学附属女子、慶應義塾中等部

19年間初年度の納付金を値上げしていないという東京家政大学附属女子中学校と慶應義塾中等部。給料は据え置きでも学費だけはガンガン値上がりしてきたこの19年間。据え置きにしているだけでも良心的?!

大和悠河本人いわく、男役の反動とか。ほとんど見えているような画像も多いです。

ちなみに、学費が高額な私立中学校というと玉川学園中学部(国際学級)の1,864,000円というがダントツ。2015年度の調査です。玉川学園中学部は国際バカロレアのコースがあることでも知られています。ついで成蹊中等(国際学級)の1,445,000円が続きます。実際に私立中に子どもを通学させているご家庭ならば、100万円を基準に、大きく上に離れれば高額になりますから、含まれる詳細を確認。100万円を大きく下回る場合には、含まれていない別途支払う費用の方をむしろ確認しているご家庭が多いのではないでしょうか。

結局宝塚音楽学校の学費は高額なのか

気になる宝塚音楽学校の学費です。公式サイトによれば、入学時納入金は48万円。授業料は2年間で120万円。修学旅行は積み立て可能で40万円。入寮費が毎月1万5千かかるとなっています。あれ?案外お安くないですか?

学費云々では大和悠河の実家の懐具合までがわかりにくいもの。

やっぱり高くつく宝塚への道

しかし、宝塚の入試をパスするためには、幼少の頃からピアノにバレエ、日舞にタップダンス、声楽などの習い事をしますよね。ふつうにぼんやり子供時代を過ごして宝塚の受験をパスすることはほぼ不可能でしょう。相当のお金持ちでなければ、まず宝塚の受験にチャレンジができないと庶民が考えるのは、間違っていないはず。

宝塚音楽学校の競争率は20倍?!

合格するための競争率は20倍を越え、元・タカラジェンヌの運営する宝塚予備校が全国に存在します。宝塚受験スクールに通うための塾代も相当なもの?!学費だけを見ていても、実際にかかる費用はわからないということは、庶民にも理解できます。

贅沢すぎる大和悠河の食習慣。時間がないときは一貫二貫をつまむのだとか。

宝塚に入るまでに山を1つ2つ売るというのは、昔のたとえ話のようですが、わからない話しでもなさそうです。入ってからも個人レッスンの月謝などが重荷になるとか。実家が太い、実家がお金持ちはタカラジェンヌの基本といいます。特に男役はそうした傾向が強くなるのだとか。

37歳の誕生日会の動画でネットがざわざわ

大和悠河の誕生会のイベントです。宝塚のファンに囲まれて行われる「儀式」。ファンとの交流のイベントが独特すぎるとざわざわした動画です。スポンサーがすごい、タニマチだろこれ?とネットは騒然。ファンとスポンサーの違いは何なのか、芸能なんだからスポンサーやタニマチがいて当たり前という説など、さまざまな議論が巻き起こる結果に。

大和悠河の実家とお金持ちぶり

大和悠河の実家、父は医者です。父が開業医で母は看護師といいます。文京区にある実家は病院でした。

開業医の平均年収は2500万円ほど

自由診療の美容外科、アンチエイジング、レーシック、不妊治療といった分野でなければ、開業医も勤務医もそれほど年収は変わらないという説。悪くはないが、そこまで裕福とは言えない?開業医も大変です。

2015年11月放送の「今夜くらべてみました」では、ニューヨークへファーストクラスで往復。チケット代だけで200万円。ホテルは1泊12万円の四つ星クラス。部屋が気に入らないとキャンセルし、別途1泊20万円の五つ星ホテルをとりなおして移動しています。

NYでの買い物では1000万ほどを散財し、ホテルの部屋がブランドのショッピングバッグで埋まるという放送、記憶に残っている人も多いのでは?!すっかりセレブ女優としてのイメージがついてきた大和悠河です。

宝塚ではお金の話は「すみれコード」

宝塚用語のひとつ「すみれコード」は、宝塚の清廉なイメージに相応しくない言葉という意味で、早く言えば禁句のこと。お金持ちの実家から厳しい通塾、おけいこ事をこなし、女の戦いを戦い抜いた宝塚の可憐な女性たちですが、実際お金はすみれコードとはいえ、かなり少ない収入であるともささやかれています。

元団員の書籍やインタビューなどでは、「一般のOLよりも少ない程度」とコメントされている事が多く、おそらく月給で10万円前半~後半くらいで年収は200万円程度

少なっ!と思ったあなた、その状態でどうやって帝国ホテル住まいや九兵衛の寿司にたどり着くのか、不思議に感じるのも無理はない話です。

ますます謎を呼ぶ大和悠河のお金の出所です。宝塚はそれほどお金にならないらしいということがわかってきました。宝塚は衣装代程度の負担はしてくれても、売れっ子になるにしたがってお金がかかり、それらは自腹で負担しなければならないのだとか。

大和悠河の実家がお金持ちでもそこまでは・・・

文京区で開業医を営む父はそこそこのお金持ちだというのはわかります。

実家がどれほどお金持ちだといっても、桁違いのお金がないとなかなかできないような生活ぶりをアピールしている大和悠河。インターネットの噂では、タニマチの存在が指摘されています。

大和悠河の実家よりお金持ちのタニマチ

宝塚のスターには、ファンクラブというものが存在しないといいます。つまり、ファンクラブは全て私設のファンクラブであり、必要な活動費などは当然実費の持ち出しということです。宝塚スターは全て、そういった強烈で熱烈なファンに支えられて、活動が可能になっているというと言いすぎでしょうか。

私設なので、活動費などは自腹

お弁当も作ってもらい、掃除や洗濯もお付きの人がやってくれるというのは、宝塚の男役のイメージです。

ファンの格付けも厳しく古株、かつ心づけが大きい人に良い席のチケットが割り振られるとか。トップからベスト8ぐらいのジェンヌにだけあるとわれる「ママの会」は年会費も高額。その代り、お茶の会などイベントに呼んでもらうことができるといいます。

ファンですらこんなランク付けがあるのなら、その上のタニマチの存在はいかほどのことであろうかと想像してしまいますよね。

確かに古今東西、芸術家にはスポンサーがつきものです。もしかしたら、そうやってお金を払って夢を見たいファンのために、若干ムリ目にお金を無駄遣いして見せているパフォーマンスなのかもしれないとも思えてきました。

大和悠河のお金持ちエピソードはどこまで行くのか

むしろ今後の不動産投資の結果などが楽しみになってしまいますよね。期待しましょう。

大和悠河の関連記事はこちらから

Thumb元宝塚・大和悠河のカップを調査!スタイルの秘訣や現在の収入源は?
Thumb大和悠河の宝塚退団理由とは?実家はお金持ち?現在の収入源に驚愕!
Thumb大和悠河(元宝塚)の金持ち・セレブ生活エピソード!収入源はなに?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-09-21 時点

新着一覧