北斗晶の乳がんのステージは?余命や病状まとめ。現状の進行度は?佐々木健介との感動エピソードも

タレントの北斗晶さんが乳がんである事を公表し、その病状やステージ、余命についてはどうなのかと心配の声が上がっています。現状の北斗晶さんの病状はどうなっているのか、乳がんのステージや余命、夫の佐々木健介さんやご家族との感動のエピソードについてもまとめています。

北斗晶の乳がんのステージは?余命や病状まとめ。現状の進行度は?佐々木健介との感動エピソードも

目次

  1. 乳がんを公表した北斗晶、ステージとその病状に余命とは
  2. 病状と余命が気になる北斗晶、乳がんの治療で手術
  3. 病状が気になる北斗晶も闘病中の乳がんのステージと余命とは?
  4. ステージと余命は?北斗晶と共に乳がんと闘う佐々木健介
  5. 乳がんで闘病中の北斗晶、現状の病状とステージは?

乳がんを公表した北斗晶、ステージとその病状に余命とは

乳がんを公表した北斗晶

元女子プロレスラーでタレントとして活躍している北斗晶さんですが、2015年に乳がんであるという事を公表しました。

北斗晶プロフィール

本名:佐々木久子 旧姓・旧リングネーム:宇野久子 生年月日:1967年7月13日 出身:埼玉県吉川市 身長:168cm 所属:健介オフィス

鬼嫁・北斗晶

北斗晶さんといえば元男子プロレスラーである佐々木健介さんと夫婦揃ってテレビ番組にご出演される事もあり、鬼嫁キャラとして人気がありました。

家族でテレビ出演していた北斗晶

佐々木健介さんとの間には二人の息子さんにも恵まれており、家族揃ってのテレビ出演をされている姿もよく見かける事がありました。

乳がんと闘っている北斗晶

様々な番組で明るく陽気な姿を見せてくれていた北斗晶さんですが、2015年に乳がんになってしまった事を告白して以降は闘病生活の為にテレビから姿を消してしまいました。北斗晶さんの近況が気になりますよね。

病状と余命が気になる北斗晶、乳がんの治療で手術

乳がんで乳房も摘出した北斗晶

2015年9月13日に乳がんであるという事を公表した北斗晶さんですが、乳がんの公表と同時に右の乳房の全摘出をした事も伝えられています。

乳がんが進行していた北斗晶

乳がんの手術を終えた後にはご自身のブログを更新していた北斗晶さんですが、胸の腫瘍は手術した際には直径2.5cmという大きさになっていたそうです。

乳がんが転移していた北斗晶

腫瘍は脇のリンパにも転移をしていたそうで、こちらの腫瘍も手術によって取り除いたとの事ですがその後遺症で右手が鈍くリハビリが必要であるとの事でした。

乳がん手術後の北斗晶のブログ

乳がんによる乳房の摘出については「洋服の上からでも胸が片方無いという事はわかるけれど、自分ではまだ見る勇気が無い」とブログに書かれていた北斗晶さん。同じ女性であっても実際に乳房を摘出された方の辛さというのは想像以上のものではないでしょうか。

抗がん剤治療を開始した北斗晶

2015年11月には抗がん剤を投与しての治療が開始されましたが、北斗晶さんは副作用で抜けてしまう髪を減らす為に髪の毛を綺麗に剃り上げています。

病状が気になる北斗晶も闘病中の乳がんのステージと余命とは?

余命にも関わる乳がんのステージとは

北斗晶さんが現在も闘病中である乳がんについてですが、進行度を表すステージについてあまりよく知らないという方もいるのではないでしょうか。

誰にでもなる可能性のある乳がん

女性だけでなく男性にも関係のある乳がんは決して他人事ではありませんし、乳がんのステージやステージごとの余命について調べてみました。

乳がんのステージは5段階

乳がんのステージについては大きく分けて0期~4期までの5段階になるそうですが、2期の場合には2a期、2b期、3期の場合には3a期、3b期、3c期といった風にステージ内でも更に細かく分類される事があるそうです。

乳がんのステージ0期~2期

乳がんのステージ0期は診断で特に異常な影が認められない段階、ステージ1期は2cm以下のしこりで転移が無いもの、ステージ2期は2cm以上5cm以下のしこりがあるかリンパ節への転移の疑いがあるものです。

乳がんのステージ3期~4期

乳がんのステージ3a期はしこりが5cmを超えるもので、ステージ3b期はしこりが皮膚などにも及んでいるものです。ステージ4期はしこりの大きさを問わず他の臓器へも転移が見られるものです。

5年相対生存率

乳がんの人と乳がんではない人で、年齢と性別が同じ人の5年後の生存率を比べた割合を「5年相対生存率」と言うそうです。

乳がんのステージ別の余命(生存率)

ステージ0の余命(生存率)は97.58%、ステージ1の余命(生存率)は96.63%、ステージ2の余命(生存率)は90.93%、ステージ3の余命(生存率)は72.48%、ステージ4の余命(生存率)は42.65%との事でした。

乳がんは平均より治療がしやすい?

乳がんは女性がかかるがんの中では最も羅患率が高いそうですが、全てのがんの中でも5年生存率が平均を上回っており平均より治療しやすいがんなんだそうです。

ステージと余命は?北斗晶と共に乳がんと闘う佐々木健介

北斗晶と闘う佐々木健介

乳がんで闘病中の妻である北斗晶さんを支え、現状では家事や子育てにも奮闘している佐々木健介さん。家族が辛い状況の中でもブログには心温まるエピソードがありました。

北斗晶に代わって弁当を作る佐々木健介

北斗晶さんが乳がん治療の為に初めて抗がん剤を投与した翌日に、佐々木健介さんは息子の誠之介君の為に人生初のお弁当を作ったそうなんです。画像は佐々木健介さんが作ったお弁当ではありません。

家族愛に溢れるエピソード

息子さんのリクエストだったそうですが、その感想は「苦かった」と不評な様でした。しかしご家族の温かさが伝わってくるエピソードではないでしょうか。

夫婦で乳がんに立ち向かう北斗晶と佐々木健介

更に佐々木健介さんは抗がん剤投与の日には必ず北斗晶さんに付き添っているそうで、「手を握ってやるくらいしかできない」と悔しさを滲ませる佐々木健介さんは消灯時間まで北斗晶さんの傍にいるそうです。

乳がんで闘病中の北斗晶、現状の病状とステージは?

現在の病状が気になる北斗晶の近況

佐々木健介さんやご家族と共に必死の思いで乳がんと闘い続けている北斗晶さんですが、やはりその現在の病状が気になる所ですよね。近況はどうなっているんでしょうか。

現状の北斗晶の5年生存率は50%

乳房の摘出を公表した時点での病状について「進行度は極めてステージ3に近いステージ2b」と説明されたそうで、担当医からは「胸だけであれば生存率は70%だが、脇まで転移していれば5年生存率は50%」だと言われていたんだとか。

放射線治療を開始した北斗晶

近況としては治療も新たなステージへと進み放射線治療も始めている北斗晶さんですが、抗がん剤での広範囲への治療だけでなく放射線での局所的な治療を開始したのではないかと言われているそうです。

闘病生活が続く北斗晶

病状はステージ2b期という事で現状では闘病生活の続く北斗晶さんですが、乳がんに負けずにご家族と共にまたテレビで元気な鬼嫁の姿を見せて頂きたいものですね。

北斗晶さんの関連記事はこちら!

Thumb北斗晶の現在の余命や乳がんステージは?手術・治療・闘病ブログまとめ
Thumb北斗晶の急死情報が拡散!余命宣告はある?現在の乳がんの病状は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-03 時点

新着一覧