日ハム斎藤佑樹、オールスターゲームで孤立しぼっちに!?画像アリ

高校時代に「ハンカチ王子」として、夏の甲子園大会で全国制覇を成し遂げた斎藤佑樹投手ですが、プロ入り後のオールスター戦での「ぼっち」ぶりが話題となっています。プロ入り後の斎藤佑樹投手の「ぼっち」ぶりを皆様にご紹介してまいりたいと思います。

日ハム斎藤佑樹、オールスターゲームで孤立しぼっちに!?画像アリ

目次

  1. ハンカチ王子こと日ハム斎藤佑樹が孤立してぼっちだと話題に!
  2. ぼっちだったと噂の日ハム斎藤佑樹プロフィール
  3. オールスターゲームでの日ハム斎藤佑樹は孤立してぼっちだった?
  4. ぼっち斎藤佑樹のかっこいい画像集
  5. 【まとめ】日ハム斎藤佑樹は本当にぼっちになっていた!

ハンカチ王子こと日ハム斎藤佑樹が孤立してぼっちだと話題に!

スポーツ界の夏の風物詩となっている今年の夏の甲子園、全国高等学校野球選手権大会は、栃木代表の作新学院が優勝しました。なんと54年ぶりだそうです。あの怪物江川投手を以てしても成し遂げられなかった優勝です。優勝おめでとうございます。2006年の全国高等学校野球選手権大会は、「ハンカチ王子」こと早稲田実業高校の斎藤佑樹投手が熱投の末、その優勝旗を手にしました。

当時は、斎藤佑樹投手は、マスメディアに引っ張りだこの状態でした。その後、早稲田実業高校から早稲田大学に進学し、東京六大学リーグで活躍しました。大学一年生の頃から早稲田大学のエースとして活躍し、大学通算30勝300奪三振を成し遂げるなど大学時代も順風満帆の選手生活を送ります。しかし、2010年にドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団しますが、プロ入り後は、思うような成績が残せませんでした。そんな中、プロ野球入り後、初めてオールスターに出場したのですが、そのオールスター戦の試合中に斎藤佑樹投手が「ぼっち」の状態にあることが話題となりました。その斎藤佑樹投手の「ぼっち」について調べて皆様にご紹介したいと思います。

ぼっちだったと噂の日ハム斎藤佑樹プロフィール

□斎藤佑樹(さいとうゆうき)□
【愛称】佑ちゃん、ハンカチ王子
【出身地】群馬県太田市
【生年月日】1988年6月6日(28歳)
【出身高校】早稲田実業学校高等部
【最終学歴】早稲田大学教育学部社会科社会科学専修
【所属球団】北海道日本ハムファイターズ
【身長】176 cm
【体重】76 kg
【選手プロフィール】投球・打席 右投右打
【ポジション】投手
【プロ入り】2010年 ドラフト1位

オールスターゲームでの日ハム斎藤佑樹は孤立してぼっちだった?

斎藤佑樹とは対象的な田中将大

一方で、高校時代に夏の甲子園の決勝で斎藤佑樹投手と投げ合って敗れ去った田中将大投手は、高校卒業後、東北楽天イーグルスに入団し、チームのエースに成長しました。そしてWBCの日本代表選手としてもマウンドに立ちました。その後は皆さんもご存じの通り、あのMLBの名門ニューヨークヤンキースに他のスポーツではめったにない巨額の移籍金で移籍し、移籍初年度のシーズンからローテーションピッチャーとして活躍しています。

ぼっち斎藤佑樹のかっこいい画像集

高校時代の斎藤佑樹投手

斎藤佑樹投手は、夏の甲子園大会で優勝投手となっています。

筆者の個人的な感想ですが、高校時代の投げ方が一番綺麗だったような印象を受けます。

大学時代の斎藤佑樹投手

斎藤佑樹投手は、一年生の時から、早稲田大学のエースとして東京六大学野球リーグで活躍しています。

高校時代と違って、大学時代からは、上半身だけで投げてるような印象を受けます。どんなスポーツでも下半身は重要な気がします。

【まとめ】日ハム斎藤佑樹は本当にぼっちになっていた!

日ハム斎藤佑樹投手は、オールスターゲームでは、本当にぼっちになっていたようです。ダルビッシュ投手の「あいつとは話をするな」という他の選手に対する強制みたいなものもあったのは事実で、それが原因の一つでもあったようです。しかし、それよりも斎藤佑樹投手がオールスターに選ばれるような成績を残していなかったのも大きな原因の一つではないでしょうか。

斎藤投手本人もその事が十分に分かっていたので、周りにも自分から話しかけられるような状況では無かったのかもしれませんね。いずれにせよ、実力勝負のプロ野球ですので、結果を残せるよう頑張って欲しいですね。

斎藤佑樹の関連記事はこちらから

Thumb日ハム斎藤佑樹のハゲ・薄毛がヤバイ!成績不振のストレス?画像あり
Thumb斎藤佑樹の現在の成績や年俸を調査!引退や覚醒剤使用の噂も?
Thumbハンカチ王子・斎藤佑樹が引退?現在の彼女や結婚の噂に迫る!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-20 時点

新着一覧