筋トレ効果が出るまでの期間は女性の場合どのくらいかかるの?

今回は筋トレ効果の変化のでるまでの期間やポイントについてまとめてみました。女性の筋トレ効果による変化がでるまでの期間ってどのくらい?筋トレ効果の変化の期間を短くするポイントってないの?筋トレの女性向けの記事を探してた。という方は是非参考にしてみてください。

筋トレ効果が出るまでの期間は女性の場合どのくらいかかるの?

目次

  1. 筋トレ効果♡筋肉がつくメカニズム
  2. 筋トレ効果♡効果が出るまでの期間(女性)
  3. 筋トレ効果♡身体の変化を感じる期間
  4. 筋トレ効果♡早く実感したい!(変化を感じるまでの期間を短くしたい)
  5. おすすめの筋トレ♡ふくらはぎ
  6. 筋トレ効果♡まとめ

筋トレ効果♡筋肉がつくメカニズム

筋肉ってどーやってつくのかな?まずは筋トレによって筋肉がつくメカニズムを簡単に紹介したいと思います。

筋トレ効果によって筋肉が大きくなっていくメカニズム

まず最初に、神経系が鍛えられます。そして神経系と筋肉が連動されて身体の動きが良くなります。それによって筋繊維が太くなり、筋肉が多くなるのです。

筋トレ効果♡効果が出るまでの期間(女性)

筋トレの効果って女性の場合はどれくらいの期間がかかるのかな?続いて筋トレ効果が出るまでの期間についてみてみましょう。

実は...

筋トレを始めてから1週間たったくらいから、筋肉は成長し始めているんです!しかし筋トレ効果により成長した筋肉の量がまだとっても少ないので目に見えて変化を感じることはできないと思います。

筋トレ効果♡身体の変化を感じる期間

筋トレ効果で身体の変化を感じるまでの期間はどれくらいかかるの?では、身体の変化を感じるまでの期間について簡単に説明したいと思います。

筋トレ効果による変化を感じる期間は性別によって違います!

男性と女性では筋トレ効果による身体の変化を感じるまでの期間が違います。実際、男性は女性に比べて身体の変化を感じる期間が短いのす。

なんで性別によって筋トレ効果による身体の変化を感じる期間に違いがあるの?

ポイント①:上半身の筋肉が違うから

男性の方が思春期に、上半身の筋肉が大きく発達します。という事は、男性の方が思春期の頃から筋肉がつきやすい体質を持っているので、男性の方が女性に比べて筋肉が付きやすいと言えるのです。これにより男女の変化を感じられる期間が違うことが分かります。

ポイント②:遅筋と速筋の割合が違うから

男性と女性の筋肉のつくりを比べると、女性の方が遅筋の割合が少し多いのでは?と言われています。ということは、男性の方が速筋の割合が多いということです。筋肉が大きくなるとき、ほとんどが速筋なので男性の方が女性に比べて早く筋肉がつくと言えます。これによって男女の変化を感じられる期間に違いがあることが分かります。

ポイント③:ホルモン分泌の割合が違うから

男性の方が女性に比べて、テストステロンの分泌量がとっても多いです。また、テイストステロンは成長ホルモンを生成してくれたり、筋肉を大きくしてくれます。なので、女性より男性の方が早く筋肉がつくと言えます。これによって男女で変化を感じる期間が違うことがわかりますね。

実際に筋トレ効果による身体の変化はいつから感じられるの?

身体の内側と外側が変化するまでの期間

身体の内側が変化するのにかかる期間は約1週間~1カ月半ほどです。そして、身体の外側が変化してくるののにかかる期間が2カ月~2カ月半です。

実は2カ月なんです!

筋トレ効果を身体の変化として感じられるようになるまでの期間は2カ月なんです。結構かかっちゃいますよね。もっと早く筋トレ効果を実感したいという方もいると思います。効果を感じるまでの期間を出来るだけ短くするためのポイントについて紹介したいと思います。

筋トレ効果♡早く実感したい!(変化を感じるまでの期間を短くしたい)

筋トレ効果もっと早く実感したいですよね。できるだけはやく実感できた方が挫折しづらくなり、続けやすくなると思います。

筋トレ効果を早く実感するにはどうしたらいいの?

身体の変化を感じるまでの期間が2カ月ってそんなに待てれないよ!筋トレ効果の期間をできるだけ短くする方法ってないの?と思っている方の為に筋トレ効果をより早く実感することが出来る方法についてまとめてみました。

筋トレ効果をちょっとでも早く実感するためのポイント

では実際に、筋トレ効果をちょっとでも早く実感するためのポイントを見ていきましょう。筋トレをするときの参考にしてみてくださいね。

ポイント①:2.3日に1回のペースで筋トレを行う

筋トレ効果を少しでも早く出したいからと言って毎日筋トレをしている方はいませんか?それではいくら毎日筋トレをしても効果はでないのです。筋肉は筋トレをした後の48~72時間後に壊れます。その間は、筋肉を休ませてあげないといけません。筋肉を休ませることにより、筋トレをする前より筋肉が大きくなります。くれぐれも筋トレは毎日しないでください。

ポイント②:しっかりと食事を摂る

ダイエットの為に筋トレをしているから食事制限をしているといる方はいませんか?実は食事制限をしていては筋トレ効果はでないのです。ただ食事をしっかりと摂ればい良いという訳ではなく、筋肉を成長させてくれるタンパク質をしっかりと摂ってくださいね。

ポイント③:プロテインを飲む

プロテインを飲んでください。しかし、プロテインをいつ飲んでも良いという訳ではありません。筋トレの直後と寝る前の22時~26時のゴールデンタイムに飲むようにしてください。プロテインで筋トレ効果をサポートしましょう。

ポイント④:しっかりとした睡眠時間をとる

睡眠時間は筋トレ効果を出す期間にとても深く関わっています。寝ている間に成長ホルモンがたくさん分泌されるので、しっかりと睡眠時間をとるようにしましょう。

ポイント⑤:1つのメニューを最低3セット

腹筋なら腹筋、腕立て伏せなら腕立て伏せを1回で10~12回を最低でも3セットは行ってください。これにより、1回目、2回目、3回目とそれぞれ違う筋肉を使うので、まんべんなく筋肉全体を鍛えることができるのです。1セットしただけでは十分な筋トレ効果がでないので気を付けてくださいね。

ポイント⑥:インターバルは休みすぎない

セットとセットの間をインターバルと言うのですが、実はこの時間もとても大切なんです。インターバルは長すぎでも短すぎても思うような筋トレ効果がでないので、30秒から90秒を目安に行ってください。

ポイント⑦時間帯は夕方がおすすめ

筋トレは、できるだけ同じ時間帯に行ってください。それにより挫折しずらくなります。そこでおすすめな時間帯が夕方です。夕方に筋トレを行い、その後の夕食でタンパク質をしっかりと摂ってください。

おすすめの筋トレ♡ふくらはぎ

ふくらはぎ筋トレ♡つま先立ち

両足を肩幅に広げてつま先立ちをします。そのまま5秒キープし、地面に足を付けて5秒休んでください。これを10回×3セット行ってください。重心は真ん中で足に力が入りすぎないように注意しながら行ってくださいね。

ふくらはぎ筋トレ♡スクワット

肩幅に足を開き、両手をまっすぐ前に伸ばし、ゆっくりとひざを曲げながらひざが直角になるまで腰を落とす。そのまま5秒キープして元に戻ります。これを10回×3セット行ってください。

ふくらはぎ筋トレ♡昇降運動

高さが10~20㎝の踏み台を使用します。足を左右交互に昇り降りしてください。まずは1回5分から始めてみましょう。慣れてきたら少しずつ時間を長くして筋トレ効果を十感じてください。

筋トレ効果♡まとめ

効率よく筋トレをおこなってください。

いかかでしたか?男性に比べて女性の方が筋肉が付きにくいといわれています。筋トレ効果が出る期間は最短で2カ月で出ると言われていますが、少しでも早く筋トレ効果を実感したいという方はポイントを気にしながら筋トレを行ってくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧