野球解説者・高木豊の息子は全員プロサッカー選手!なぜ?子育て法は?

高木豊は元プロ野球選手で今はフジテレビで解説者をしています。プロ野球選手だった高木豊の三人息子が全員、プロ野球選手でなくプロサッカー選手になっているようです。元プロ野球選手の息子が全員Jリーグでプロサッカー選手とは、一体どんな子育てをしてきたのでしょうか?

野球解説者・高木豊の息子は全員プロサッカー選手!なぜ?子育て法は?

目次

  1. 高木豊は元プロ野球選手。息子は全員プロサッカー選手!?
  2. 俊足で有名だった元プロ野球選手の高木豊
  3. 3人の息子が全員プロサッカー選手になった!
  4. 何故、野球でなくサッカー?どんな子育てをしてきた?
  5. 高木豊の息子は全員プロサッカー選手!のまとめ

高木豊は元プロ野球選手。息子は全員プロサッカー選手!?

野球解説者の高木豊

元プロ野球選手で現在はフジテレビで解説者の高木豊ですが、『スポルト!』では、野球解説だけでなく、サッカー解説もしていたようです。何故そんなにサッカーが詳しいのでしょう?息子はサッカー選手でJリーグに出場しているらしいです。野球をやっていた人の息子がサッカーとは、これいかに?

高木豊のツイートは野球解説者なのに、やたらサッカーネタが多いと話題になっています。東京ヴェルディと浦和レッズの応援をしているツイートが多いようですが・・

俊足で有名だった元プロ野球選手の高木豊

高木豊のプロフィール

高木豊(たかぎゆたか)

生年月日:1958年10月22日
年齢:57歳(2016年9月現在)
出身地:山口県
血液型:A型
身長:173cm
現役時代の所属チーム: 横浜ベイスターズ(大洋ホエールズ) 日本ハムファイターズ

1980年のドラフト3位で大洋ホエールズ(現在、DeNA)に入団した高木豊は2年目でレギュラーに定着すると、加藤博一、屋鋪要とで「スーパーカートリオ」と呼ばれ、盗塁王も獲得しました。現役引退後は、ヘッドコーチや代理で監督を務めたあと、フジテレビで解説者をしています。

野球解説者の高木豊

野球解説者でありながら、サッカーの解説をすることもあった高木豊。

3人の息子が全員プロサッカー選手になった!

高木豊には3人の息子がいます。3人ともサッカー選手です。

高木豊の長男:高木俊幸

高木俊幸(たかぎとしゆき)

生年月日:1991年5月25日
年齢:25歳(2016年9月現在)
血液型:B型
身長:170cm
体重:63kg
利き足:右
ポジション:フォワード、ミッドフィルダー
所属チーム:東京ヴェルディ-清水エスパルス-浦和レッズ

長男の高木俊幸は幼稚園からサッカーを始めました。小学校に入学したときに一度野球に転向したもののサッカーが好きで、1年で野球をやめることに。その後は東京ヴェルディのジュニアユースに所属。2009年にはU-18の日本代表に選ばれました。2010年にトップチームに昇格すると、1年目からレギュラーに定着。現在は浦和レッズに所属しています。

高木豊の次男:高木善朗

高木善朗(たかぎ よしあき)

生年月日:1992年12月9日
年齢:23歳(2016年9月現在)
血液型:A型
身長:167cm
体重:67kg
利き足:右
ポジション:フォワード、ミッドフィルダー
所属チーム:東京ヴェルディ-FCユトレヒト-清水エスパルス-東京ヴェルディ

長男の俊幸と年子だった次男の善朗は、同じチームに所属した時期もあり、何度かアベック弾を決めています。2009年にU-17日本代表に選出され、2009FIFAU-17ワールドカップに出場しました。2011年にはオランダの名門・FCユトレヒトに移籍し、チーム1のアシスト数を記録するなど活躍しました。

FCユトレヒトから日本に戻ってきた次男の善朗は清水エスパルスで2年プレイした後、東京ヴェルディに復帰。背番号10をつけチームを引っ張っています。

高木豊の三男:高木大輔

高木大輔(たかぎだいすけ)

生年月日:1995年10月14日
年齢:20歳(2016年9月現在)
血液型:B型
身長:170cm
体重:64kg
利き足:右
ポジション:フォワード
所属チーム:東京ヴェルディ

小学生時代に東京ヴェルディ1969ジュニアに所属した三男の大輔は、全国大会で優勝するなど小さい時から才能を発揮しました。中学3年生のときには、トップチームでベンチ入りを果たし、Jリーグ史上最年少の記録となりました。また、当時、長男の俊幸、次男の善朗も東京ヴェルディに在籍していたため、史上初の3兄弟同時のベンチ入りとなりました。2011年にはU-17ワールドカップに出場するなど、これから期待される選手です。

何故、野球でなくサッカー?どんな子育てをしてきた?

プロ野球の一線で活躍してきた高木豊の3人の息子は、何故野球ではなく、サッカーの道を選んだのでしょうか?父親が野球で活躍しているのを見ていたら自然と野球の道に進みそうですが、どんな子育ての仕方をしてきたのでしょうか?

出典: http://soccerking-3e86.kxcdn.com/wp-content/uploads/2014/08/486840727.jpg

プロ野球の一線で活躍してきた高木豊の3人の息子は、何故野球ではなく、サッカーの道を選んだのでしょうか?父親が野球で活躍しているのを見ていたら自然と野球の道に進みそうですが、どんな子育ての仕方をしてきたのでしょうか?

息子に何か運動をさせたかった。

父親・高木豊は、元気いっぱいの息子達に何かやらせたかったようです。野球でもサッカーでもなんでも良かったようです。

「俊幸は幼い頃、パワーを持て余していたから、何か運動をさせてあげたかった。でも人間って強制されるのが嫌じゃない。だから子供たちの興味を示すものから始めて、複数のスポーツをこなした結果、一番興味を持ったのがサッカーだった」

サッカーを始めた子供達は、やはり足が速かったようで、ボールを追いかけるサッカーは、とてもマッチしたスポーツだったのです。

ゴルフの打ちっ放しに連れて行ったり、野球や水泳もやらせた。でも全く興味を示さなかったんです。サッカーの時は必死だったのに、水泳になると負けても別にかまわないという表情。

いろいろなスポーツをやらせた結果、サッカーが一番興味のあるスポーツだったということです。野球をやってほしいという気持ちもあったでしょうが、それは親のわがままというもの。好きなもの、得意なものを精一杯やれ、という親心ですね。

「確かに息子が野球をやれば、自分のテリトリーの中に置ける安心感はあったでしょうね。でもそれは単なる親のエゴ。自分の好きなことを、得意な分野で伸ばしてあげたほうがいいでしょ。そのほうが『好きこそものの上手なれ』で努力をしますよね」

高木豊は、子育てに関して、しっかりとした意識を持っているようです。

「選択肢を親が決める人生ほどつまらない人生はない。だから決定権はすべて子供たちに与えた。自分で責任と決定を下す意思を持てるようにしないといけない。親が決めると、子供の芽を摘んでいくことになると思う」

プロ野球選手の息子ということで、天性の素質、センスが備わっていたのでしょう。それにしても、プロの道は簡単ではないので、父親の顔に泥を塗らないように、ものすごく努力したんだと思います。

高木豊の息子は全員プロサッカー選手!のまとめ

兄弟の一人がプロになることは、よくあるでしょうが、3兄弟全員がプロに行くのは、とてつもないことです。しかも3人ともジュニア時代に日本代表に選ばれています。

高木豊の子供の育て方

高木豊には元プロ選手らしい子育ての意識がありました。3人の息子を別の畑で成功させたのですから説得力があります。子供を一流に育て上げたいなら、高木家の3か条を頭に入れて置いた方が良いですね。

高木家の3カ条 (1)表情、言葉、目で本気度を見極める。 (2)決定権はすべて子供に与える。 (3)夢を聞き、何をすべきかを問いかける。

子供の育て方に関連する記事はこちら!

Thumb男の子の育て方のコツは?子育てに困っているママ必見!
Thumb子育てにストレスは付きもの?悩みを解決してストレス発散する方法は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-23 時点

新着一覧