服装指数で今日の服装を決めちゃおう♡今日の重ね着はコレ!服装と気温の関係教えます

今日の服装や今日の重ね着を選ぶのに時間を取られ、あたふたとした朝を過ごす人、季節の変わり目の最中に今日の服装・今日の重ね着に頭を悩ませたことがある人。そんな悩みを解決するには服装指数を抑えることだと言いますが、服装指数とは一体どんなものなのでしょうか?

服装指数で今日の服装を決めちゃおう♡今日の重ね着はコレ!服装と気温の関係教えます

目次

  1. 服装指数を活用して毎日を快適に過ごそう!
  2. 服装指数とは?
  3. 服装指数で今日の服装を決められる?
  4. 服装指数で今日の重ね着を考える!
  5. 服装指数で今日の服装や重ね着を決めて快適過ごしましょう!

服装指数を活用して毎日を快適に過ごそう!

今日の服装どうしよう・・・

今日一日どのような服にするか、迷った経験がある人は多いのではないのでしょうか。一日中快適であったり、一日中肌寒かったりすればそれに合わせた服装を選べばいいのですが、季節の変わり目などで最低気温と最高気温の差が大きかったり、日中に天気がコロコロ変わったりする日もありますから、それに合わせて服装を選ぶのは結構大変だったりしますよね。

今日の服装を選ぶのが楽しいという人もいるかもしれませんが、毎日毎日手持ちの服の中から気温に適した服装を選ぶのに辟易し、「もっと手軽に今日の服装を選びたい」と思っている人が大半です。しかし実は、今日の服装や重ね着はその日の気温を目安に選んでおけば失敗はあまりないと言われています。

その日の最高気温で今日の服装を決める

その方法は、最高気温を目安にして今日の服装を決めていくというものです。例えば最高気温が26度以上であれば、日中は半袖のシャツやキャミソールなどで過ごせますし、最高気温が25度以下であれば半袖と長袖の分かれ道であり、半袖の服の上に一枚羽織るものを持って出かけると安心できます。

その日の最低気温で今日の服装を決める

また、最高気温だけではなく日中の最低気温で今日の重ね着を選ぶという方法もあります。16度から20度まではカーディガン、12度から15度はセーター、7度から11度はコート、6度以下の気温になればコートとセーターを重ね着するなど、日中ではなく夕方から夜にかけて出かける日や、秋から冬にかけての季節が移り替わる時期にはこちらで判断した方が良いでしょう。

今日の服装・今日の重ね着を気温で選ぶデメリットとは?

ただ、あくまでもこの気温はその土地々でのものです。例えば大阪と東京では最高気温が同じでも気候が違うため、暑さ寒さの感じる基準は若干異なってしまいますし、東京は晴れで大阪は雨だったという天気の違いで寒暖の差が更に開いてしまう場合もあります。また旅行や出張等で、気温差や気候が大きく異なる場所へ行き来する場合、気温のみで判断するのは難しくなります。更に朝の忙しい時間に、天気予報を見て気温を確認し、スケジュールと照らし合わせて服装を選ぶのは時として面倒くさいことこの上ありません。

では一体どのようにすれば朝の時短になりながら、気温に適した今日の服装や今日の重ね着を選べばいいのでしょうか?その答えは”服装指数”にありました。

服装指数とは?

日本気象協会-服装指数tenki.jp

服装指数とは、日本気象協会が公式サイトで毎日発表している、気温に適した今日の服装や今日の重ね着の目安のことです。使い方も非常に簡単で、目的である都道府県名をクリックすると今日の天気概要の左に出てくる地名をクリックすれば、画像のようなアイコンと数字、そしてワンポイントアドバイスが出てきます。

服装指数で今日の服装を決められる?

ちなみに書かれている数字ですが、これは10から90と段階が判れていて、下に行けば行くほど厚手の服が必要になってきます。

10 ・・・ダウンジャケット着て出かけよう。 20 ・・・マフラーと手袋が欠かせません。 30 ・・・コートを着ないと結構寒いなあ。 40 ・・・セーターが必要になりそうだね。 50 ・・・薄手のカーディガンが欲しいな。 60 ・・・朝晩は上着が欲しい涼しさです。 70 ・・・昼間は長袖一枚着れば十分。 80 ・・・半袖のポロシャツで過ごせそう。 90 ・・・Tシャツ一枚で過ごせる暑さだ。

これが服装指数の見解です。では実際にこの服装指数を元に、今日の服装の例を上げていきます。

服装指数で今日の服装を決める①:服装指数90

ノースリーブや半袖で十分過ごせるくらいの気温。白いノースリーブと7分丈のデニムに足元はミュールかサンダル、更に寒色系のハットを合わせれば夏らしいカジュアルコーデが完成します。

服装指数で今日の服装を決める②:服装指数80

半袖のポロシャツ一枚で過ごせる気温ですが、ポロシャツ=スポーティーなイメージがあるため意外に着こなしが難しいと敬遠している方も多いのでは?実はポロシャツはスカートと相性がいいんです。こちらは白いポロシャツに黒スカートを合わせたコーデ。スニーカーではなくサンダルを合わせれば、清楚な印象を与えます。

服装指数で今日の服装を決める③:服装指数70

長袖と言っても色々ありますよね。厚手のトレーナーやニット、カーディガンetc。服装指数70は昼間は長袖一枚で十分な気温なのですが、半袖と長袖の分かれ目でもある気温になります。そんなときに活躍するのがロングTシャツ。柔らかい素材の物が多いので、日中暑くなったら袖を捲って半袖に出来るので残暑対策にぴったりなアイテムです。

服装指数で今日の重ね着を考える!

服装指数が低くなっていくほど、今日の重ね着を考えるのが必要になってきます。特に冬が近くなっていく60から40の場合、重ね着のコツがつかめずに厚着になりすぎたり、薄手の物を持ってきてしまったけれど意外に寒かったりと失敗することも多くなります。

服装指数で今日の重ね着を決める方法①:スマホ・PCアプリ「今日の重ね着」

重ね着で失敗したくない、重ね着が大好きだという人はスマホ・PCの両方からチェックできるアプリ・「今日の重ね着」を利用してみてはいかがでしょうか?「今日の重ね着」アプリでは、自分の住んでいる地域が設定できるためより日本気象協会-服装指数tenki.jpよりも詳細に今日の重ね着を知ることが出来ますし、Twitterの連携機能を使うことによって、アプリ利用者がどれだけ重ね着を行ったのかや、有益な情報をシェアしたりすることも可能です。

服装指数で今日の重ね着を決める方法②:おしゃれ天気~コーディネートを教えてくれる天気予報アプリ~

今、女性に大人気のスマホアプリ「おしゃれ天気~コーディネートを教えてくれる天気予報アプリ~」。こちらのアプリでは、自分の住む地域を選択すれば気温や天気は勿論、風速や紫外線量、更に花粉の量まで表示される女性にとっては非常に心強い有能なアプリなのです。更にどんなコーディネートがいいのか、イラストで今日の重ね着や服装を教えてくれるため、自分の持っている服装と照らし合わせて選ぶことが出来ます。

また「コーデがいい意味でワンパターン。着回しでいいと安心させてくれる」など、アプリを使い続ける理由にはこんな意見もありました。しっかりと利用者のニーズを理解しているアプリとも言えますね。

服装指数で今日の重ね着を決める方法③:ライブカメラで検索する

服装指数や重ね着アプリを駆使しても、人よりも寒がりだったり汗っかきだったりするため、自身で今日の服装を判断し、結果、街中の人と自分の服装を比べて思いのほか浮いてしまったという経験を持つ人も中にはいることと思います。

服装指数で今日の服装や重ね着を決めて快適過ごしましょう!

これらのアプリやサイトを使えば、もう今日の服装を決めるのに頭を悩ませる必要はありません。自分らしさと気温に見合った服装で、今日も一日頑張りましょう。

ファッションに関連する記事はコチラ

Thumbおしゃれなネックレス特選!レディースの人気おすすめブランドは?
Thumbお揃いのスニーカーでおしゃれにデート!カップルにおすすめのブランドは?
Thumb水着が可愛いブランドは?2017年人気のトレンド10選!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-08-10 時点

新着一覧