芸能人の黒い噂まとめ!黒歴史や事件・怖い噂や過去の事故について

芸能人と切っても切れないのが黒い噂だ。人目に晒され続け、羨望と嫉妬を一身に浴びる芸能人には金銭問題や人間関係のトラブルも絶えない。過去に起きた事件や事故、黒歴史から芸能界の怖い話まで、芸能人や芸能界の黒い噂についてまとめた。

芸能人の黒い噂まとめ!黒歴史や事件・怖い噂や過去の事故について

目次

  1. 芸能人と黒い噂
  2. 黒い噂と暗い過去を持っている芸能人20選
  3. 芸能人の起こした事件・事故7選
  4. 芸能人・芸能界の黒い噂と都市伝説
  5. 芸能人と黒い噂に関するまとめ

芸能人と黒い噂

常に人々に注目され続ける芸能人たち。そんな彼ら芸能人には黒い噂が常に付きまとう。そして芸能人は人気商売であるだけに、それら黒い噂が芸能人たちに致命傷を与えることも少なくない。業界関係者からのリーク、ライバルを蹴落とすための事務所の工作、週刊誌の調査や被害者の声、そして嫉妬や羨望からのデマ。「火のない所に煙は立たない」というが、「火のない所に煙が立つのが芸能界」とも言われる。黒い噂はどこからでも噴出してくるようだが、今回はまことしやかに囁かれる彼ら芸能人の黒い噂に迫ってみよう。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人20選

一般人がテレビカメラの前に立ち、しゃべり、歌い、踊り、演技をするという感覚は、一般的な感覚では耐えられない重圧だろう。それを長く続けるためには、一般的な感覚は邪魔となる。一般人とは違う世界に生きる人々というだけあって、芸能人には暗い過去や壮絶な経歴の持ち主が少なくない。逆に言えば、そういった過去の持ち主が一発逆転できるのが芸能界ということでもある。芸能界にはびこる黒い噂の前に、芸能人の過去や黒歴史を紹介しよう。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人1:明石家さんま

お笑いタレントとして、大御所といっていいほどのキャリアを持つ明石家さんま。ビートたけし・タモリと並び日本のお笑いBIG3の1人と呼ばれ、「お笑い怪獣」「国民全員が相方」などのキャッチフレーズを持っている。

明石家さんまは、3歳のときに実母と死別している。父の再婚により継母と弟ができたが、継母には我が子と認められていなかったんだそう。溺愛していた継弟が19歳で実家の火事により死亡。明石家さんまは、芸人を辞めるのでは?と心配されるほど塞ぎ込んでしまう。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人2:坂上忍

坂上忍は、4歳年上で子役をしていた兄とともに劇団に所属し、子役デビューした後は天才子役と呼ばれていたタレントだ。バラエティ番組で毒舌コメントをしたところ、視聴者に受け、今では毒舌司会者として帯番組に出演するなどしている。

坂上忍の父親は競艇狂いだったといわれ、知人の借金の連帯保証人になったこともあり、1億円以上の借金を作ったとされている。坂上忍自身は早く子役を辞めたかったんだそう。ですが、父親の借金を返済するため、辞めることができなかったとか。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人3:ATSUSHI

コワモテ系のイケメンのEXILE・ATSUSHI。2001年にデビューし、EXILEのボーカリストとしてすぐに人気が出た。

高校時代、ATSUSHIはイジメにあっていたという。友人とのケンカで停学を受け、復学してみると周囲は全員が敵になっていたそう。無視をされる、物を盗まれる、挙句は裸にされて木に吊るされるなど、心も体も傷つけられるものだっただ。ATSUSHI自身は「このことがあったから、人の痛みがわかる」と語っているが、積極的にイジメについて語ることはない。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人4:中島誠之助

着物姿に丸メガネ、「いい仕事してますねぇ~」でお馴染みの鑑定人・中島誠之助。博識で紳士的ご老人だが、戦後の闇の中を生き抜いた過去がある。

生後1歳で両親を亡くした中島誠之助は、遠縁の叔母に引き取られ育てられた。しかし戦後の混乱期に女で一つで子供を育てるのは難しく、叔母はアメリカ兵相手に売春婦をするより他なかったそうだ。骨董商になるという中島誠之助の夢を聞いた叔母は、裕福な骨董商に中島誠之助を預け、そして失踪したという。成功を収めた中島誠之助は、叔母を老人保護施設で見つけだした。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人5:あびる優

あびる優は、2003年にデビューし、アイドルグループとして歌手活動を行ったこともある、ぶっちゃけキャラのギャルタレント。2005年の深夜番組で、集団で倉庫荒らしを繰り返し、その店舗が閉店に追い込まれていたことをカミングアウトし、批判を浴びた。行為そのものも問題視されたが、テレビで笑い話として告白したことから、より一層批判が強まってしまった。2ヶ月間の活動自粛の末に復活したが、当時を知っている世代からは「窃盗の人」という印象を持たれたままだ。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人6:矢口真里

元・モーニング娘。の矢口真里。ミニモニやタンポポなど、派生ユニットでも活躍していた元気キャラの彼女だが、結婚後に不倫騒動を起こしたことは、記憶に新しい。2011年5月、俳優の中村昌也と結婚を発表。その2年後、自宅にて元モデルの男性と自宅で不倫していたところ、夫である中村昌也が帰宅し、不倫相手と鉢合わせたことが報じられた。結果、矢口真里は約1年半の活動自粛を強いられることとなった。不倫が報じられてから5年後、不倫相手の男性と再婚している。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人7:宮沢りえ

今や演技派女優・大女優に分類される宮沢りえ。11歳でモデルデビューした後、CM出演で大人気となり一躍トップアイドルとなった彼女にも、スキャンダラスな過去がある。人気絶頂だった18歳でヘアヌード写真集「Santa Fe」を発売。さらに、19歳で人気力士・貴乃花と婚約を発表したが、わずか2ヵ月後に婚約破棄となった。人気絶頂なのに過激なヘアヌード写真集を出し、若くして婚約会見を開き2ヶ月で破局するというスキャンダルの裏には、宮沢りえのステージママ・通称りえママが関与したとされている。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人8:GACKT

GACKTは、ビジュアル系バンド脱退後、ソロとして活動しているミュージシャンだ。ボディガードを引きつれ豪邸を所有しているが、そこまでの収入があるとは思えないことから、黒い噂に包まれている。2011年に起きた、東日本大震災の寄付金の行方が不明となっていたり、仮想通貨を勧める詐欺まがいの言動があったり、脱税でマルサの強制捜査が入ったりと、金にまつわる噂が多い。さらに、2013年には強制わいせつと強姦で被害届を出された。2019年現在、一度も逮捕されていないことから「悪運が強い」と揶揄されている。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人9:アントニオ猪木

アントニオ猪木は、国会議員としても活躍していた、元人気プロレスラーだ。とある政治関係のパーティーに参加したアントニオ猪木。ですが、一緒に写真に写っていたのは、とある指定暴力団の幹部だった。個人で訪問するなど、北朝鮮とも独自のパイプを持っているアントニオ猪木だが、そのパイプも、この暴力団の裏ルートを通じたものだとされている。プロレスなどの地方興行には暴力団が公然と関与していた時代があった。元レスラーでもあるアントニオ猪木は、そのときのパイプを今も利用していると囁かれている。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人10:張本勲

この投稿をInstagramで見る

#今日は何の日#9月16日#老害を考える日#張本勲#

佐藤薫さん(@zuotengxun81)がシェアした投稿 -

張本勲は、解説者や名球会会員などの肩書きを持つ野球界の重鎮だ。彼が在日韓国人二世であることは、よく知られている。張本勲もまた、アントニオ猪木と同じく、暴力団のパーティーに出席していた画像が出回っている。暴力団の中には在日韓国人も多く、そういった関係から、在日韓国人二世である張本勲は暴力団と強い結びつきがあっても不思議ではないとされている。張本勲は、韓国野球委員会のコミッショナー特別補佐官も務め、アントニオ猪木との繋がりもある。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人11:能年玲奈

NHKの朝ドラ「あまちゃん」で一気にブレイクした能年玲奈だが、その後メディアからパッタリと姿を消し、活動休止状態となっていた。事務所移籍にあたり、前所属事務所の圧力が?と噂されていたが、その裏には洗脳疑惑があった。とある女性演出家と親しくなった彼女は事務所への不満を爆発させ、ついに独立してしまったのだ。元々独特の雰囲気を持った能年玲奈に、「演出家に傾倒しすぎ」「洗脳されて独立した」という声が相次ぐ。しかし彼女は独立を強行し、今は「のん」という名前で活動を再スタートさせている。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人12:安倍なつみ

デビュー当時の安倍なつみは、モーニング娘。の初期センターを務め、その清楚なルックスで絶大な人気を誇っていた。しかし、デビューから7年後、過去に発売していた写真集やエッセイ集に掲載していた詩に盗用疑惑が持ち上がる。小室哲哉やaikoの詩に似ていると指摘され、記者会見を開いた安倍なつみは、「普段の生活の中で、気になった言葉や素敵だと思う言葉を書き留めており、それを使用した」と、盗用の意識はなかったものの実質的には盗用したと認めた。結果、2ヶ月の活動自粛に追い込まれた。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人13:加護亜依

加護亜依は、12歳でモーニング娘。に途中加入した人気メンバーだった。2006年、当時18歳での喫煙姿をフライデーに掲載され、謹慎処分となる。謹慎中は裏方の仕事をしていたが、翌2007年にも喫煙姿をキャッチされ、懲戒解雇となった。その後は地道に歌手活動をしていたが、不倫相手の妻から訴えられたり、同棲中の暴力団関係者の名前を使って知人を脅迫するなどして逮捕されている。加護亜依の実家は、低年齢から芸能界入りした加護の給料で生活していたとされ、本人の資質以上に周囲の環境が悪いと同情的な見方もされた。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人14:島田紳助

漫才ブームを牽引し、大物芸能人となっていた島田紳助。元ヤンキーという本人の過去もあり、黒い噂は耐えなかったが、2011年に暴力団との黒い交際を理由に芸能界を引退した。ちょうど、暴力団対策法や暴力団排除条例が成立したころ。引退会見で「僕としてはこれぐらい大丈夫やと思う付き合い。でも、今はもうダメになった。他の人にも気をつけて欲しい」との言葉を残し、メディアから姿を消した。また、2004年には吉本興業社員の女性に暴行をはたらき、書類送検されたこともある。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人15:長澤まさみ

この投稿をInstagramで見る

いつの間にか😌💐

長澤まさみさん(@masami_nagasawa)がシェアした投稿 -

長澤まさみは、舞台での脱ぎっぷりやあけすけな言動から豪快な性格がうかがえる、人気女優の1人。複数の男性との交際が噂されてきたが、その中の1人があの「関東連合」と深い関係の男だったという。その男とは、広末涼子の元交際相手とされていた男・岡沢高宏。暴力団と変わらぬ集団の一員と交際していたのであれば、長澤まさみのイメージも悪くなって当然といえる。あるとき岡沢高宏から借金の肩代わりを申し込まれたことをきっかけに、2人は破局している。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人16:諸星和巳

ジャニーズグループ・光GENJIの一員だった諸星和己。ローラースケートで歌い踊り、諸星和己はセンターを務めていた。現在のアラフォー女性の中には、「初めて好きになったアイドルが諸星和己」という人も多いのでは?光GENJI解散後、ジャニーズ事務所から独立した諸星和己だが、他の古巣から独立した芸能人と同じくメディアへの露出が一気に減ってしまう。脱退から数年以上たった頃、諸星和己は激ヤセしたことがあり、あまりに不自然な痩せ方から違法薬物の噂が取り立たされた。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人17:岡本夏生

バブル絶頂期だった90年代、コンパニオンとして活躍した後芸能界入りした岡本夏生。現代でいうところのグラビアタレントであり、あけすけなキャラクターでバラエティ番組で人気を博した。バブル崩壊と同時にメディアから姿を消したが、その後復帰。以前と変わらぬスタイルとキャラで順調な活動再開かと思えたが、結局は降板してしまった。降板の原因は、共演者・ふかわりょうとのいさかいだと見られ、岡本夏生はふかわへの不満をブログでぶちまけ、ふかわが反論。泥仕合となっていた。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人18:加藤紗里

狩野英孝が5股交際していた内の1人であり、本命彼女として有名となった加藤紗里。狩野英孝が5股交際していた内の別の1人・川本真琴がSNSにて「バックに怖い人がいるのを利用して、狩野英孝に、自分が本命と発表するよう迫った」と告発されたのだ。さらに狩野英孝が脅迫として訴えることができないのは、加藤紗里に弱みを握られているからだとも…。その後、狩野英孝は未成年者との淫行で芸能活動を一時自粛。これが加藤紗里が握っていたという弱みなのでは?とされている。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人19:西内まりや

この投稿をInstagramで見る

髪長くなったよ。😏 嘘じゃないよ。 #令和 #いい響きだね

西内まりや Mariya Nishiuchiさん(@mariya_nishiuchi_official)がシェアした投稿 -

西内まりやは、モデル出身の歌手兼女優。主演を務めた月9ドラマが「月9史上ワースト視聴率」とバッシングされ、そのまま姿を見せなくなっていた。そんな彼女が起こした暴行事件が、週刊誌に掲載された。アーティスト志向が強く、女優やモデルよりも音楽をやりたい西内まりやは、活動方針をめぐって所属事務所と大喧嘩。話し合いの席で社長をビンタしたというのだ。西内まりやは事務所を離れ、活動を再開。しかし、今度は母親が詐欺の被害者となり、500万円の借金を背負ったと報道されている。

黒い噂と暗い過去を持っている芸能人20:真鍋かをり

真鍋かをりもまた、事務所移籍で大モメしたタレントの1人だ。旧所属事務所・アバンギャルドの社長が脱税で逮捕され、事業を引き継いだアヴィラに所属することになった真鍋かをり。前々から事務所に不信感を持っていたと言い、アヴィラに契約解除を求め、裁判を起こす。不信感の元となったのは、前社長逮捕時に真鍋かをりの自宅が家宅捜査を受けたことや、枕営業の示唆があったこと、社長と性的関係にあったタレントの仕事量が増えたことなどをあげている。また、年齢について1歳サバ読みしていたことも告白している。

芸能人の起こした事件・事故7選

芸能人は孤独な存在だ。人気が出れば金や名声を得られるが、落ちぶれれば人は離れていく。また、常に人目に晒されるストレスや、多忙からくる疲労は、一般人には想像もつかないほど過酷なものだろう。こういった孤独感やストレスから、心身のバランスを取ることができず、事件や事故を起こす芸能人は後を断たない。そして、一度問題を起こしても謹慎期間を経て復帰するのがパターン化されている。ここで芸能人の起こした事件や事故に迫ってみよう。

逮捕歴のある芸能人1:ビートたけし

大物お笑い芸人かつ世界的映画監督であるビートたけしだが、事件を起こした過去がある。俗に言う「フライデー襲撃事件」である。当時交際中だった女性が、フライデー記者の執拗な取材で全治2週間のケガをしてしまう。激怒したビートたけしが、たけし軍団の11人と共に深夜の編集部に乗り込み、編集部員5人にケガをさせてしまう。後日記者会見を開いたビートたけしに対し記者からは批判めいた質問が飛んだが、堂々とした態度で正論を述べるビートたけしに視聴者から同調の声が相次ぎ、今でも賛否両論で語り継がれている。

逮捕歴のある芸能人2:内田裕也

「ロケンロール」の口癖で有名だった、故・内田裕也は、その生き様もずいぶんとロックな芸能人だ。1977年には大麻取締法違反で逮捕、その6年後の83年には音楽事務所に包丁を持って押し入り、銃刀法違反で逮捕。さらに2011年には交際中の女性にフラれた腹いせに、ストーカー行為と強要未遂と住居侵入の疑いで逮捕されるなど、犯罪歴には事欠かない。妻・樹木希林は、「よくぞ通報してくれたとお礼を言いたい」と、夫の不倫相手となった女性に対する言葉とは思えない、ロックなコメントを発表した。

逮捕歴のある芸能人3:ユウキ(後藤真希の弟)

EE・JUMPでアイドルとして活躍していたユウキ。モーニング娘。後藤真希の弟としても有名だった。グループの人気の陰りとともに姿を見なくなり、ふたたび世間に顔を出したのは窃盗・強盗傷害で逮捕された姿だった。10代からキャバクラに出入りし豪遊していたといい、一般人とは違う感覚を持っていたようだ。現在は芸能界を引退。一般職に就いて妻子を養っていることから、更正したとして差し支えないだろう。若いうちから芸能界に身を置く恐ろしさがよく分かる事件だった。

逮捕歴のある芸能人4:長井秀和

この投稿をInstagramで見る

韓国産の崎陽軒なら買いません。 間違いない❗ (長井秀和風)

Hidekazu Nagaiさん(@hidekazu_nagai)がシェアした投稿 -

「間違いない!」のフレーズで人気となったお笑い芸人・長井秀和。一時は売れっ子だった彼だが、ブームが去り、表舞台から姿を消した後に逮捕されていた。2007年5月、フィリピンで17歳少女と淫行。後に美人局だったことが判明しているが、実際に長井秀和は逮捕されている。また、カナダ人タレントとのキス画像がスクープされ、不倫問題に発展した後、長年自身を支えてきた妻と離婚した。現在はドイツ人女性と再婚している。

逮捕歴のある芸能人5:山本圭壱

お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱が、2006年に強姦容疑で逮捕された。被害女性は10代で、ナンパして酒を飲ませて行為に及んだという。山本圭壱は元々女癖が悪かったこともあり、吉本興業はすぐに山本圭壱を解雇。解雇後はとある寺で修行しているとされたが、実際には反省の色なく数日で夜逃げし、複数女性と飲み歩くなどしていたとされている。極楽とんぼの相方である加藤浩次はピンで仕事を続けているが、現在までコンビ復活の兆しはない。

逮捕歴のある芸能人6:小向美奈子

小向美奈子は、2008年に音信不通や精神的不安定を理由に所属事務所から解雇され、翌2009年に覚せい剤で逮捕をされた。仮釈放中、ストリップ劇場である浅草ロック座にストリッパーとして出演。マスコミが押しかけ、大変な騒ぎとなった。その後2011年に2度目の逮捕激が繰り広げられ、逃亡先のフィリピンから帰国。このとき、小向美奈子を手助けした人物が関東連合関係者とされている。帰国後アダルトビデオに出演。2015年には3度目の逮捕をされている。

逮捕歴のある芸能人7:ASKA

CHAGE&ASKAのASKA、または音楽家・飛鳥涼として長きに渡って活躍してきたASKA。2013年、一過性脳虚血症により活動休止していた際に薬物使用報道が出たことから、彼に疑惑の目が向けられることとなった。一時は疑惑をキッパリ否定したASKAだったが、否定から9ヵ月後、愛人と共に逮捕される。その後活動を休止したが、個人ブログには覚せい剤使用者の症状でもある「妄想」と見られる文言が並び、ファンを心配させていた。2017年に2度目の逮捕をされ、CHAGE&ASKAの解散が発表された。

芸能人・芸能界の黒い噂と都市伝説

一般人にとって、憧れの世界であると同時に謎の世界でもある芸能界。何が起きても不思議でないと思わせる領域だからか、不穏な噂や眉唾モノの都市伝説までがまことしやかに囁かれている。一般人にとって「あの人ならやりそう」「ありえる」と説得力を持ったものから、こじつけレベルのものまで、その数は快挙に暇がないほど。特に、すでに事件が終了し対象者が死亡しているものは、真偽の確かめようがないため、半ば伝説化して語り継がれている。

伝説の歌手・尾崎豊の不可解な死

ミュージシャン・尾崎豊。当時の若者たちのカリスマであり、薬物使用での逮捕や離婚歴を持っている。彼の死について、警察は自殺として捜査を終えたが、ファンの中では「状況から自殺は不自然。誰かが彼を消したかったんだ」と、陰謀論が流れた。

尾崎豊に限らず、成功を収めながら自殺という最期を遂げる芸能人は少なくない。ミュージシャンは、元々繊細な性格の人が多く、重圧に耐え切れなくなる人が多くいる。尾崎豊もその1人だったと考えるのが妥当とされているが、他殺説が消えることはないだろう。

芸能人と黒い噂に関するまとめ

芸歴何十年にもなる大御所芸能人も、若くして売れたアイドルも、カリスマと呼ばれるミュージシャンも、トラブルを抱えていることが多い芸能界。人間関係や薬物汚染、故意の犯罪などは「自分の代わりはいないのだから、つかまらないように誰かがもみ消してくれる」という傲慢さが垣間見える。人気者になればなるほど、その感覚は顕著だ。芸能界というのは隔絶された世界だけあって、価値観や人間模様もずいぶんと独特な場所なのかもしれない。

芸能人の関連記事はこちらから

Thumbアトピーに悩む芸能人一覧!堀内健や堀北真希、小林麻央も?
Thumbおしゃれ番長な男性有名人ランキング2019!おしゃれ芸能人ベスト10は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbぽっちゃり芸能人25選!男が好きなぽちゃカワ女性芸能人や体重は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-15 時点

新着一覧