May J.(メイジェイ)が消えた理由は?テレビ出演がほとんどない?

ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌を歌い一躍有名となったMay J.(メイジェイ)ですが、今では消えたと話題になっています。紅白出場も果たしたMay J.(メイジェイ)が消えた理由とは?また、May J.(メイジェイ)の発言が一部で炎上したその理由は?

May J.(メイジェイ)が消えた理由は?テレビ出演がほとんどない?

目次

  1. カバー曲で大ヒット!歌手May J.(メイジェイ)のプロフィール
  2. ありのままでは売れなかった?歌手May J.(メイジェイ)が消えた理由
  3. 消えた理由は叩かれたから?May J.(メイジェイ)が叩かれた理由とは
  4. 消えたMay J.(メイジェイ)の今
  5. まとめ・May J.(メイジェイ)が消えた理由はタイミングが悪かった

カバー曲で大ヒット!歌手May J.(メイジェイ)のプロフィール

本名:橋本芽生
生年月日:1988年6月20日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:159㎝

父親が日本人、母親がイラン系、母方の祖母がロシア系というMay J.(メイジェイ)。更にスペイン、トルコ、イギリス人の祖先を持ちマルチリンガルの家庭に育ったため、日本語、英語、スペイン語、ペルシア語を話せるそうです。

芸名であるMay J.の由来は、自身の本名とミドルネームである「ジャミーレ(Jamileh)」のJを掛け合わせてつけられたもので、この「ジャミーレ(Jamileh)」はペルシア語で”美しい””才気あふれる”という意味を持ちます。

またMay J.(メイジェイ)といえば宮澤エマと同級生として知られていますが、アメリカンスクール・イン・ジャパンハイスクールに通っていたころには、青山テルマが同じジャズボーカルクラスに一年先輩として在籍していた他、宇多田ヒカル(五年先輩)、一青窈(May J.(メイジェイ)が幼児部の時に高等部)も在籍していました。

ありのままでは売れなかった?歌手May J.(メイジェイ)が消えた理由

消えた理由が色々挙げられるMay J.(メイジェイ)

ディズニー映画「アナと雪の女王」のヒットと比例するように、一躍ブームに乗った見えたMay J.(メイジェイ)。2014年の間、テレビを付ければどこかしこで”レリゴー”と熱唱していたMay J.(メイジェイ)を思い出す方も多いと思います。

しかしそれ以降、その歌声をぱったりと聴かせなくなったMay J.(メイジェイ)。歌声どころかその姿もすっかり消えたと言われるMay J.(メイジェイ)ですが、どういった理由でMay J.(メイジェイ)は消えたのでしょうか?

May J.(メイジェイ)が消えた理由~ブレイク曲のインパクトが強すぎた~

代表曲がカバーのみと言われたMay J.(メイジェイ)

May J.(メイジェイ)といえば誰もが”レリゴー””ありのまま”を連想するほど、May J.(メイジェイ)=「Let IT GO」という図式は多くの人々に浸透していますが、逆に言えばそれ以外にMay J.(メイジェイ)を語る代表曲がないという事になります。

またMay J.(メイジェイ)は「Let IT GO」のヒット以前ににもカバー曲を中心にアルバムをリリースしていて、テレビ朝日系列の『関ジャニの仕分け∞』でカラオケ得点対決を重ねて知名度を上げていったという経緯があるため、”自分自身のヒット曲がない”と世間から思われている理由があります。

『関ジャニの仕分け∞』では2012年から26連勝を果たし番組内で歌姫と呼ばれていたMay J.(メイジェイ)。そこに来て”レリゴー”の大ヒット。それ以降もコンスタントに音源を出しているMay J.(メイジェイ)ですが、あまりにもカバー曲でテレビに露出したため、そのインパクトを拭えずかつての話題性には今一歩及ばないのが消えた理由の一つとされています。

May J.(メイジェイ)が消えた理由~もう一つの「Let IT GO」~

この松たか子の歌う劇中歌「Let IT GO~ありのままで~」の方が、主題歌を担当したMay J.(メイジェイ)よりも好評で、世間では松たか子の「Let IT GO」を聴きたいという声が多かったのです。

しかし色々な事情があり松たか子が「Let IT GO」を唄う機会はほとんどありませんでした。そんな中でMay J.(メイジェイ)は「Let IT GO」をカバーであるにも関わらずまるで自分の持ち歌のようにして歌い続けていたのです。

そんな理由も相まって松たか子の「Let IT GO」を聴きたかった多数の層からひんしゅくを買ってしまったMay J.(メイジェイ)。これも彼女が消えた理由の一つになります。

消えた理由は叩かれたから?May J.(メイジェイ)が叩かれた理由とは

「スケジュールは今から空けています。手帳には仮で紅白と書いています」

このMay J.(メイジェイ)の発言に「あなたはカバーしただけでしょう?」「松たか子さんの方を聴きたい!」「おこぼれをもらっただけなのに何なの?」とクレームが殺到。一時は炎上騒ぎになるほどでした。

更にMay J.(メイジェイ)は「何でエンドソングは松たか子ではなくMay J.(メイジェイ)が歌っているのか」という世間の批判に対してもこう答えています。

「そういう仕組みなんだけどな。全世界で必ず、劇中歌とエンドソングっていうのはアレンジが違う。そして歌っている人も違うっていう共通があるんだけれど、それを理解されていないのがすごく残念」

確かにMay J.(メイジェイ)の言っていることは正論です。しかしMay J.(メイジェイ)の「Let IT GO」はもうお腹いっぱいでフラストレーションが溜まっている人々からしてみれば「あっちは劇中歌、こっちは主題歌で歌ってるのよ!私が公式歌手なのよ!」という過剰なアピールにしか見えなかったため、ますますMay J.(メイジェイ)が叩かれる理由になってしまいました。

くすぶっていた火種が再燃?May J.(メイジェイ)が再び叩かれた理由とは?

更に2016年4月に放送されたフジテレビ系列の情報番組「ノンストップ」に出演したMay J.(メイジェイ)。

過去に散々「カバーソングばかり」と非難されたことに対して「乗り越えていかなければいけない」と決意をにじませていたものの、「被害者ヅラ」などと一部で炎上した。

May J.(メイジェイ)は先述の通り「Let IT GO」のヒット以前からカバーソングを中心に活動していました。しかしそれが非難される理由や消えた理由になるのはまた別です。カバーソングでヒットしたとしても、上手くその功績を生かして歌手活動をしてこなかったMay J.(メイジェイ)に原因はあるのに…と思った方は多いのではないでしょうか?

消えたMay J.(メイジェイ)の今

様々な理由で消えたと言われているMay J.(メイジェイ)ですが、音楽活動は地道に行われているようです。

2016年7月3日には、デビュー10周年を記念したライブが中野サンプラザで行われたMay J.(メイジェイ)。しかし元紅白歌合戦出演者としては収容人数が2000人弱のハコは少し侘しいのではないかという声も上がっています。

それに加えてテレビでの露出はめっきりと減ったMay J.(メイジェイ)。唯一のレギュラーだった『関ジャニの仕分け∞』は2015年の3月に終了し、それ以外では単発としての番組出演はあるものの、本業の歌手としての仕事でテレビに出るのは皆無に等しい状態にあるようです。

まとめ・May J.(メイジェイ)が消えた理由はタイミングが悪かった

更にマルチリンガルだけではなくバレエ、声楽、ピアノ、作詞作曲など幅広い音楽教育を受けたMay J.(メイジェイ)。歌唱力も決して低いわけではなく、叩かれる理由にはなりません。

彼女が消えた最も大きな理由はタイミングの問題なのではないでしょうか?歌えば歌うほど、発言すればするほど裏目に出てしまい、挙句炎上してしまったことは非常に運が悪かったと言えます。

もう一度ディズニーとコラボする・開き直って新たなカバーソングを開拓するなど、May J.(メイジェイ)の再起を促す声が様々に上がっていますが、今までアピールを前面に押し出してきた活動戦略が裏目に出たのも消えた理由の一つでしょうし、いっそのこと世間に完全に忘れられた時に、全く違う名前や楽曲で鮮烈な歌手デビューを計ってみてはいかがでしょうか?

才能があるだけにこのまま終わってしまうにはあまりにも勿体ないMay j.(メイジェイ)。今後の動向に注目です。

May J.関連記事

ThumbMay jはハーフ?身長や本名、消えた理由など!カバー曲もまとめてみた! | Pinky

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-21 時点

新着一覧