O・J・シンプソンの現在の姿と事件の真相!真犯人は?無罪になった理由は?

O・J・シンプソン事件が現在ドラマ化で話題に。その後のO・J・シンプソン事件。登場人物の現在の姿は?O・J・シンプソンは結局無罪に。どうして無罪を勝ち取れたの?O・J・シンプソン事件に真犯人はいるの?O・J・シンプソン事件から22年経過、今わかる事件の全貌。

O・J・シンプソンの現在の姿と事件の真相!真犯人は?無罪になった理由は?

目次

  1. O・J・シンプソン事件の真相と現在
  2. O・J・シンプソンってどんなヒト?!略歴を再確認
  3. O・J・シンプソン事件―裁判劇と時系列
  4. 有色人種の女性の陪審員を厳選した裁判
  5. その後のO・J・シンプソン
  6. O・J・シンプソン事件の真犯人と無罪になった理由

O・J・シンプソン事件の真相と現在

テレビ特集から話題を集めているO・J・シンプソン事件

先日「世界法廷ミステリー世紀の裁判O J の告白」が放送され、O・J・シンプソン事件が話題になっています。「世界法廷ミステリー世紀の裁判O J の告白」では、刑事裁判で無罪になったO・J・シンプソンが、民事裁判で有罪になるくだりの特集でした。O・J・シンプソン事件の真相は、むしろその民事裁判の方にあるともいわれていますよね。

現在、TVドラマも話題に

『アメリカン・クライム・ストーリー』シリーズのシーズン1となる『O・J・シンプソン事件』は、今年のエミー賞では22のノミネートを受けた話題作。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』の日本放映は2016年9月19日からスターチャンネルでスタート。もう一度O・J・シンプソン事件を整理して見直したい人には見ごたえのあるドラマシリーズです。

「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」

エミー賞も受賞。キャストが実在の人物によく似ていることも話題になっています。あまりにリアリティがあるため、当時の裁判中継をもう一度見ているような気持になることも。エミー賞では最多ノミネートのゲームオブスローンズの23ノミネートには一つだけ及ばなかったものの、ベストリミテッドシリーズを受賞。また、リミテッドシリーズ又はテレビムービーのカテゴリーでは、主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞・脚本賞を総なめ。高評価を受けています。

アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件 | 公式サイト

O・J・シンプソンってどんなヒト?!略歴を再確認

刑事裁判では無罪になったO・J・シンプソンのプロフィール

O・J・シンプソン 生年月日:1947年7月9日(69歳) カリフォルニア州サンフランシスコ出身 元フットボール選手・俳優 身長約185.4cm 体重約96.2kg 1969年(バッファロー・ビルズ)NFLデビュー 南カリフォルニア大学卒業 NFLドラフト:1969年 / 1巡目(全体の1番目) バッファロー・ビルズ(1969年-1977年) サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(1978年-1979年) AP通信年間最優秀アスリート(1973年) NFL殿堂入り カレッジフットボール殿堂入り 引退後、アメリカンフットボール選手としてプロフットボール殿堂入りした。芸能人として俳優活動も行っていた。 O.J.やジュースの愛称がある。 1994年元妻(ニコール・ブラウン・シンプソン)とその友人(ロナルド・ゴールドマン)殺害事件(O・J・シンプソン事件)の容疑者として逮捕される。裁判劇は日々生放送され、アメリカ全土で議論が巻き起こる。刑事裁判で無罪判決を受けた。

O・J・シンプソンは元フットボール選手。白人の妻と結婚し、俳優として全米のヒーロー的な存在へ。アメリカンヒーローはアメリカの犯罪史に名を残す殺人犯として、逮捕拘留されることになります。O・J・シンプソン裁判はテレビ中継されると、殺人の残虐さが話題にのぼります。しかし裁判が進むにつれ、証拠品の捏造説や人種差別論に。貧富の差によって裁判をひっくり返すことも可能で、お金があれば有能な弁護士を雇って9割有罪でも無罪に持ち込めるなど、さまざまな議論が巻き起こります。刑事裁判は5億円ともいわれるコストをかけた「ドリーム・チーム」と言われる全米トップの弁護士でチームを組んだO・J・シンプソン側に有利に進行し、検察側が敗北した形で幕を閉じます。しかし、O・J・シンプソン事件は民事裁判に舞台を変え、こちらではO・J・シンプソンに責任があったとして有罪判決が出ています。その後O・J・シンプソンはラスベガスのホテルで強盗を働いた別件の容疑で逮捕され、現在も服役中です。

Thumbジョニー・デップとアンバー・ハードの離婚裁判が延期?二人の関係は

O・J・シンプソン事件―裁判劇と時系列

O・J・シンプソン事件の登場人物・現在のようす

O・J・シンプソンの元妻ニコール・ブラウン・シンプソンとその友人ロナルド・ゴールドマン。ニコール(当時35歳)は1994年6月13日未明、カリフォルニア州ロサンゼルスのブレントウッドの自宅の敷地内で、レストランウエイターのロン・ゴールドマンと共に殺害されているのが発見されます。複数の刺し傷を頭部と頸部に追い、手には防御創がある状態でした。

ロナルド・ゴールドマンの父フレッドの現在

刑事裁判ではO・J・シンプソンに無罪判決が出ましたが、民事裁判へ場所をうつし、最終的にはO・J・シンプソンに責任があったという判決を勝ち取りました。現在、フレッド・ゴールドマンはO・J・シンプソン事件がテレビドラマ化され、犯罪がドラマチックに語られることに懸念を抱いていると伝えられています。

事件発覚後、O・J・シンプソンはシカゴの一泊旅行から昼ごろに戻ると、自宅で待ち構えていた警察に手錠をはめられ、ロス市警で3時間の取り調べを受けています。

1994年6月17日全米が目撃したカーチェイス

O・J・シンプソンには2件の第1級殺人罪が課せられました。O・J・シンプソンは法廷に姿を見せず、自宅へ向かった警察に対し逮捕に応じず逃亡。南カリフォルニア・オレンジ・カウンティから自宅まで、高速を60マイルののろのろ運転するカーチェイスを引き起こしています。夜9時になってO・J・シンプソンは保釈を認められることなく逮捕されています。O・J・シンプソンが乗っていた白のフォードブロンコを運転していたのは友人のアル・カウリングズ。たくさんのロス市警の車が後について、南カリフォルニアの高速を進んでいきました。ニュース報道で全米が目撃した、O・J・シンプソンの逃走劇でした。のちにカウリングズはO・J・シンプソンは逃亡したのではなく、母親に会いに出かけただけと証言しています。

1994年7月17日O・J・シンプソンは全面無罪を主張

法廷に入ったO・J・シンプソンは全面無罪を主張しました。黒人の容疑者と白人の被害者という事件の内容から、人種的な偏りがないように、ロサンゼルス郡最高裁判事ランス・イトウ判事が、O・J・シンプソン事件の裁判長を担当しました。

1994年7月20日O・J・シンプソンが賞金を発表する

O・J・シンプソンは真相解明したいとし、真犯人逮捕につながる情報を提供した者に5千万円を超える賞金を申し出ました。O・J・シンプソンの弁護士ロバート・シャピロは全米を網羅する無料ホットラインを設立。真相や真犯人逮捕につながる情報を広く募集します。ロバート・シャピロとロバート・カーダシアン両弁護士がロサンゼルス郡保安局を出る画像です。「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」では、シャピロ弁護士をジョン・トラボルタが、カダーシアン弁護士をTVドラマ「フレンズ」でおなじみのデヴィッド・シュワイマーが好演しています。

ロバート・シャピロの現在

ロバート・シャピロはその後もセレブ弁護士を続けています。カダーシアン一家などを担当していると伝えられています。息子がドラッグのオーバードーズで亡くなると、息子の名前をつけたアルコールとドラッグ依存に対する啓蒙団体を設立しています。

ロバート・カダーシアンの現在

ロバート・カダーシアンもO・J・シンプソンの弁護団の一員でした。1996年になって、O・J・シンプソンが無罪かどうかに「疑いの心を持っていた」とインタビューで語ったことも知られています。クリス・ジェンナーと別れると、亡くなるまでにジャン・アシュリー、エレン・ピアソンと結婚しています。59歳でがんで亡くなっています。キム、クロエ、コートニー、ロブの4人のカダーシアン家の子供たちは、現在ではすっかり芸能人?!リアリティショー出身の大スター、全米一の嫌われ者ファミリー?!へ成長しました。アメリカで一番有名な家族などとも揶揄される存在です。

クリス・ジェンナーの現在

クリス・ジェンナーは裁判に直接登場するわけではないのですが、「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」でも紹介されたニコールの友人のひとりです。事件の起こったときには、まだロバート・カダーシアンと結婚をしていませんでした。カダーシアン家はO・J・シンプソンとは友人として家族ぐるみの付き合いがありました。現在カダーシアン家はリアリティTVの大スター。カダーシアン家のママは芸能人としてメディアをにぎわせる存在です。

O・J・シンプソンが嫉妬心から元妻と彼氏を襲った説

大陪審の記録によれば、嫉妬に狂ったO・J・シンプソンは元妻とその友人をつけまわしていたと説明されています。O・J・シンプソンと元妻ニコールが1993年、離婚して1年後にハーレーダビッドソンカフェのオープニングパーティに出席した際の画像です。のちにニコールの日記が発見されると、長いDVの克明な記録が明らかになります。

1994年8月22日DNAの一致

現場に残された血液はO・J・シンプソンのDNAと一致したと大きく伝えられました。事件報道の初動で犯人はO・J・シンプソンというストーリーができあがっていったのも、DNA鑑定によるところが大きかったのです。裁判の記録によれば、犯行現場へと続く玄関まで続く血痕サンプルを分析したところ、被害者の血液の他に、手にけがをした容疑者の血痕が見つかり、それがO・J・シンプソンの血液のDNAと一致したとされていました。警察が提出した証拠写真には、バンディドライブのニコール宅の玄関エリアのおびただしい血痕が示されています。

注意深く厳選された陪審員

陪審員は人種的な配慮から、当初予定していたアップタウンの住民ではなく、ダウンタウンの有色人種を中心に構成されていました。O・J・シンプソン事件では、当初からO・J・シンプソンを無罪と考える人たちと有罪であると譲らない人たちの間で意見が大きく二分されていたのです。

1995年1月23日冒頭陳述で

検察当局と被告人側が冒頭陳述を述べます。検察・弁護側に認められている専断的拒否権により、最高裁判事ランス・イトウが陪審員を二人解任しています。陪審員が入廷して宣誓する前の段階で、陪審員の外見的な特徴を見て拒否権を発動し、解任することができる制度です。両サイドとも、事件の内容から性別、人種など外見の特徴から裁判結果に不利になると判断できる陪審員については、裁判が始まる前の段階で解任してしまうことができます。解任理由を説明する必要もありません。O・J・シンプソン事件では、陪審員が白人であればO・J・シンプソンにはそれだけ不利に働くことになります。解任を経た陪審員の人種のうちわけは陪審員12人のうち9人が黒人ということに。

ランス・イトウ判事の現在

イトウ判事はロサンゼルス郡最高裁判事として仕事を続け、2015年1月に引退しています。

有色人種の女性の陪審員を厳選した裁判

最終的には、8人の女性、4人の男性が陪審員として選ばれています。人種の内訳をみると、実に8人がアフリカ系アメリカ人、1人が白人、1人はヒスパニック系の陪審で、残りの二人は複数の人種をルーツに持つ人という内訳でした。この陪審員の人種の割合が、黒人有利の判決に結び付いたともいわれています。実際、ダウンタウンエリア在住の黒人を中心にした事前調査では、多くがO・J・シンプソンは無罪だと信じていたと伝えられています。高級住宅地に住む白人をサンプルに調査した結果とは全く反対の世論が存在していました。LAPDは古くから黒人に対する人種差別意識が根深く、それに対する潜在的な怒りが、黒人層の世論を突き動かしたとする説もあります。2年前には同エリアで黒人差別をきっかけにロサンゼルス暴動がおこったばかりのタイミングでした。黒人の敏腕弁護士コックラン氏の作戦勝ちだったということでしょう。

裁判を彩る芸能人ばりのキャラクターの現在のようす

最初の検察当局の証人は、シャリン・ギルバートという911の電話オペレーターです。1989年1月1日、O・J・シンプソンの家から早朝3時58分にかかってきた電話を受けています。女性の悲鳴と、誰かが殴られているのを聞いたという証言をしています。O・J・シンプソンと元妻ニコールとの間には長くDVの記録があり、警察は実に8回もの通報を受けてきました。

1995年2月3日ニコールの姉が虐待について語る

デニス・ブラウンはニコールの姉です。O・J・シンプソンが元妻に虐待を行っていたことを証言しています。ブラウンは検察側から直接質問を受けると、涙をぬぐいながら妹が受けてきたDVについて説明しました。

1995年2月27日O・J・シンプソンの愛車ブロンコの目撃者証言

午後10時15分にO・J・シンプソンの愛車ブロンコを目撃したと証言。被告人側の弁護士には番狂わせの証言となり話題を呼びます。ローザ・ロペズもまた、メディアに出演しては証言を行い、そのたびに証言内容に食い違いが出るなどして、せっかくの決定的な証言の信ぴょう性が落ちてしまうという検察側にとって失態になる目撃者になりました。

ブライアン・ケイトー・ケイリンのその後

ブライアン・ケイトー・ケイリンはO・J・シンプソン宅の離れに居候していました。裁判のときにはユーモアたっぷりの表情でひょうひょうとO・J・シンプソンに不利な発言をする姿で一躍有名に。その後も本を出版したりファンクラブができたりと、O・J・シンプソン事件をきっかけに人気者となり、お茶の間のアイドル的な存在になりました。

1995年6月2日検察医による解剖結果の説明

陪審員は犠牲者二人の司法解剖の結果について、検察医から残忍な犯行の詳細とともに説明を受けています。ロナルド・ゴールドマンは身長180cmの格闘技の達人で、犯人はそれを上回る体格や腕力がなければならないと考えられていました。O・J・シンプソンは身長185センチの黒人アメフト選手。しかし武術に優れているわけではないと弁護団が主張します。

1995年6月15日有名になった手袋のエピソード

検察側には3つの物的証拠があったとされています。刑事裁判では、検察側が100パーセントの立証責任があり、それをことごとくつぶされてしまうと、有罪判決に持ち込むことができません。物的証拠の一つは靴跡でしたが、当初希少なブルーノマリのO・J・シンプソン愛用の靴の靴跡とされたその靴を、O・J・シンプソンが購入したとする証拠が出てこないばかりか、靴そのものもO・J・シンプソン宅から見つけることができませんでした。もう一つの証拠とされた左手のけがも、O・J・シンプソンがシカゴのホテルでガラスで切ったと主張すると、それ以上の検証が不可能に。そして最後のO・J・シンプソン宅の敷地で見つかったとされる右手の血染めの手袋は、O・J・シンプソンの手にはサイズが小さすぎて入らなかったということになりました。

1995年7月7日「無罪の判決にはならず」

O・J・シンプソンの弁護士は「証拠不十分による無罪判決」を求めましたが、最高裁判事ランス・イトウはこれを却下。

主席検察官マーシャ・クラーク

身振りでO・J・シンプソンがどうやって殺人を起こしたか説明をする主席検察官マーシャ・クラーク。マーシャ・クラークは黒人層からの評判が悪く裁判で苦戦を強いられます。髪型が不評とメディアにたたかれると、途中で髪型を変えたこともありました。

主席検察官マーシャ・クラークの現在

主席検察官マーシャ・クラークは検事を辞めミステリー作家に。犯罪小説などで有名作家の仲間入りをしています。

O・J・シンプソンと長女のアーネル・シンプソン

O・J・シンプソンが強盗事件を起こしたころ、長女のアーネルと口論になり警察沙汰になった事件がありました。突き飛ばされたO・J・シンプソンがカップボードに激突。後頭部と唇横を切る流血騒ぎに。O・J・シンプソンに最も似ているといわれる長女のアーネル・シンプソンの2008年のエピソードです。

O・J・シンプソン事件が人種差別問題へ

マーク・ファーマン刑事と脚本家のローラ・ハート・マッキニーとのインタビューを録音したテープが陪審員のいない法廷で流されます。マーク・ファーマン刑事は落ち着いた、気軽な調子で「ニガー」という黒人差別用語を41回使用。警察文化における人種差別が法廷で浮彫にされるかたちに。この日をきっかにO・J・シンプソン事件は人種差別事件へと大きく裁判の性質を変えていきます。

マーク・ファーマン刑事の現在

マーク・ファーマン刑事は証拠ねつ造を問われ、黙秘権を行使。敏腕刑事から一転、疑惑の警察官になってしまいました。その後、マーク・ファーマン元刑事は現在、実際に起こった犯罪に関する本を多く出版し、トークショーのホストとしてFOXニュースでもおなじみの存在です。

黒人運動家モーリス・グリフィン

裁判所の外で抗議行動を行うモーリス・グリフィン。黒人運動家も巻き込み、O・J・シンプソン事件は本来の殺人事件から焦点がぼやけ、完全に検察側の不手際や不適切発言だけが独り歩きする展開へ。黒人社会に圧倒的な信頼があるコックラン弁護士の腕にかかると、社会の注目を集める事件の風向きが全く変わってしまうことに。

O・J・シンプソンの「ドリーム・チーム」

5億円の弁護費用をかけた全米トップ弁護士のチーム。弁護士はO・J・シンプソンの左側から敏腕黒人弁護士のジョニー・L・コックランJr. ピーター・ニューフィールド、ロバート・シャピロ、ロバート・カダーシアン、O・J・シンプソンのすぐ左で後ろ向きに写っているのがロバート・ブレイザー。検察側との能力の差には大きな違いがあったと言われています。

コックラン弁護士のその後

ジョニー・L・コックランJr.弁護士は2005年、脳腫瘍のため67歳で亡くなっています。テレビ番組への出演や伝記の出版などでもおなじみになりました。ジョニー・L・コックランJr.弁護士は2005年、脳腫瘍のため67歳で亡くなっています。テレビ番組への出演や伝記の出版などでもおなじみになりました。

O・J・シンプソンが陪審員に直接語り掛ける

O・J・シンプソンが陪審員に直接話をする機会を設けています。O・J・シンプソンは「罪を犯していない、犯そうとしたこともなければ、犯すこともできなかった」と語りました。

1995年10月2日リムジンの運転手の証言

事件当夜O・J・シンプソンのリムジンを運転していた運転手が法廷へ。

1995年10月3日O・J・シンプソンは無罪に

8か月に及んだO・J・シンプソン事件裁判。まさかのO・J・シンプソンに無罪判決がおります。陪審員は決め手となる物的証拠が不足していることや、DNA鑑定の信ぴょう性に疑問が残ることなどを無罪判決の説明としています。凶器のナイフが発見されたのは1998年ですが、同じ事件について2度判決が行われることはないため、この刑事事件に関しての判決を覆すことはできません。

その後のO・J・シンプソン

民事で有罪、強盗で逮捕

その後、O・J・シンプソンは被害者のロナルド・ゴールドマンの父が起こした民事裁判で敗訴。有罪判決が出ています。40億円ともいわれる賠償金の支払い命令を裁判所から命じられています。すでに弁護士費用の負担がふくれあがったO・J・シンプソン。支払い能力はなくなっていました。2001年、民事裁判の控訴をしていますが、棄却されています。

2007年9月16日、O・J・シンプソンは強盗容疑などで逮捕されています。金銭的に行き詰まりアメフトの現役時代のハイズマン賞のトロフィーすら裁判所に差し押さえられたO・J・シンプソン。オークションでトロフィーを落札した男性を脅し、奪い返そうとしたところを逮捕されています。5人の仲間と拳銃で武装してラスベガスのホテルに押し入っています。2008年10月3日、O・J・シンプソンに有罪判決が下り、最長禁固刑33年を受け、2017年まで拘留されることに。現在も服役中といわれています。

O・J・シンプソン事件の真犯人と無罪になった理由

O・J・シンプソン事件の真犯人は存在しないというのが定説です。その後の民事裁判で犯人はO・J・シンプソンだったということが立証され、有罪判決が出ています。状況証拠的には真っ黒だったというよりほかになさそうです。それでも刑事事件で無罪になった理由は、O・J・シンプソンが雇ったドリームチームと言われる弁護士集団の弁護が素晴らしかったからということになるのではないでしょうか。良く練られた作戦で、検察側が後手に回ってしまったということになります。人種差別論にすり替えた時点で、O・J・シンプソンの勝ちだったのでしょう。O・J・シンプソンの現在を語るには、やはり民事裁判で有罪判決が出たところから振り返る必要がありそうです。

O・J・シンプソンには遺族に対して約40億円の支払い命令が出ています。しかし資産不足を理由に支払いを拒み、強盗を働くところまで追いつめられ自滅していったO・J・シンプソンの現在の姿を見ると、やはり残忍な殺人事件にかかわる資質を持った人物だったのだということが、現在の世間のO・J・シンプソンに対する理解になっているようです。現在O・J・シンプソンは塀の中。ドラマの大ヒットをどんな思いで見ているのでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧

×