70年代ファッションの特徴まとめ【日本・アメリカ・映画・ブランド】

今、70年代ファッションの空前のリバイバルブームが訪れています。ヒッピー、フォークロア、パンクなど、人々が思い思いにファッションを楽しんだと言われる70年代。そんな70年代のファッションの特徴はどんなものだったのでしょうか?

70年代ファッションの特徴まとめ【日本・アメリカ・映画・ブランド】

目次

  1. 今、70年代ファッションが熱い!
  2. 70年代のファッションの特徴とは?
  3. 50年代、60年代と比べて大きく変化した70年代ファッション
  4. 日本で流行した70年代ファッション
  5. アメリカや世界で流行した70年代ファッション
  6. 映画で学ぶ70年代ファッション
  7. 70年代に大流行したファッションブランドは?
  8. 70年代ファッションから学ぶ現代ファッション①
  9. 70年代ファッションから学ぶ現代ファッション②
  10. まとめ・70年代ファッションについて

今、70年代ファッションが熱い!

ファッショントレンドは年月が巡ればもう一度流行するのが世の常ですが、今、最も注目されているのは70年代ファッションと言われています。

では、70年代ファッションの特徴とは具体的にはどのような物なのでしょうか?

70年代のファッションの特徴とは?

70年代ファッションとは大きな花柄やボヘミアン、民族衣装を取り入れたフォークロアファッションなどが特徴として挙げられます。

また、デニムやオーバーサイズ、厚底ブーツやパンタロンなども流行した70年代ファッション。この70年代はファッションが多様化し大きな分岐をもたらしたとも言われています。

50年代、60年代と比べて大きく変化した70年代ファッション

1950年代のファッションは、フランス出身のファッションデザイナーで今も有名な”ディオール”を立ち上げたクリスチャン・ディオールが先頭に立って引っ張っていきます。

「チューリップライン」「Hライン」「Aライン」「Yライン」など様々な特徴的なラインのスカートが誕生したのもこの年代で、50年代のファッションの時代は「ライン時代」とも呼ばれています。

日本では”サイケ族”が登場した60年代のファッションは、今までファッションの流行を引っ張っていったクリスチャン・ディオールの逝去により、オートクチュールのパターンが変化を見せ始めます。

それまでのファッション産業は限られた層にしか門戸を開いていませんでしたが、60年代からはアメリカの広範囲に渡る消費者層を相手取る、既製服産業へと舵を切りました。

そして70年代のファッションは、60年代の流れを引き継ぎながらも大きく変化した年代と言われています。デザイナーが思い思いの服を発表し、若者たちが自由にそれらを手に取り着こなすことがファッションの主流となっていきます。

また、今でも女子に大人気のファッション雑誌『an・an』と『non-no』が創刊されたのもこの頃で、若い女性にとっておしゃれなファッションが注目され始めたのもこの年代です。

日本で流行した70年代ファッション

別名「フィッシャーマンセーター」とも呼ばれ、今も尚、寒い時期に大活躍するお洒落なセーターですが、日本では1970年代初頭に大流行しました。ちなみに名前の由来は、アイルランド西岸のアラン諸島に暮らす女性達によって編み込まれたセーターなので、アランセーターと呼ばれたそうです。

別名「フィッシャーマンセーター」とも呼ばれ、今も尚、寒い時期に大活躍するお洒落なセーターですが、日本では1970年代初頭に大流行しました。ちなみに名前の由来は、アイルランド西岸のアラン諸島に暮らす女性達によって編み込まれたセーターなので、アランセーターと呼ばれたそうです。

ちなみに1970年代から80年代にかけて日本テレビで放送された今の根強い人気を誇る刑事ドラマシリーズ「太陽にほえろ」で、ジーパン刑事とテキサス刑事の衣装にも抜擢されました。

股上が体にフィットし、膝から裾にかけて広がっているデザインで、金管楽器のベルに似ていることからベルボトムと呼ばれたズボン。日本では「パンタロン」「ラッパズボン」と一時期呼ばれていました。

ちなみに、今では厚底と呼ばれる丈の長いブーツを履けることから「ブーツカット」という言葉もこの頃に定着しました。

このホットパンツの流行は、60年代にイギリスのモデル・ツイッギーが来日し日本で爆発的なミニスカートブームが起こったことが背景にあります。

脚を露出することにさほど抵抗がなくなった頃、ミニスカートブームが冷めやらぬ前にホットパンツが日本に到来。アメリカを始めとする欧米の女性達のように日本の女性たちの間でも抵抗なく受け入れられ71年から72年にかけて、海岸でのカジュアルスタイルとして若い女性を中心に大流行しました。

ニュートラとはニュートラディショナルと呼ばれる70年代後半から80年代にかけて流行ったファッションであり、神戸が発祥と言われています。

その主なファッションは、ワンピースやブレザーといったシンプルでベーシックな格好に、エルメスやグッチなど海外ブランドの小物やバッグを合わせるお嬢様ファッションのことを指し、後の80年代後半には横浜発祥の横浜トラディショナル・通称ハマトラも登場することになりました。

アメリカや世界で流行した70年代ファッション

先述したように60年代からファッショントレンドの主導権はアメリカの消費者層に委ねられ、それは70年代にも引き継がれていきます。

70年代のファッションと言えばボリュームがあるシルエットや丈の長いチュニック、前述したベルボトムなどが挙げられますが、アメリカの若者たちの間で特に流行したのが「柄」でした。

当時、ベトナム戦争に反対していた若者たちが「武器より花を」のスローガンを掲げ、平和の象徴として服に大小さまざまな花の柄を身に付けます。

そこから平和主義、自然賛美のヒッピームーブメントスタイルが発展していく形でエスニックスタイルも70年代に広まることになりました。

現在ではファッションの王道であるアイテムのジーンズですが、このジーンズがファッションとして取り入れられたのも70年代の頃。

元々ジーンズは作業服として使われていましたが、アメリカの若者たちにより「自由や反抗の象徴」としてファッションに取り入れられたことから、一気にジーンズが流行。日本でもベルボトムを始めとするジーンズは爆発的な流行となり、現在では欠かせないファッションアイテムの一つになっています。

更にこの70年代には伝説のパンクバンド「セックス・ピストルズ」がイギリスで旗揚げし、それによってパンクファッションも大流行しました。

安全ピンや鋲を使ったファッションや、引き裂かれたTシャツ、穴が空いたジーンズや擦り切れたジーンズなども70年代に発生。今も多くの若者がパンクファッションを楽しんでいます。

映画で学ぶ70年代ファッション

70年代ファッションを十分に堪能できる映画

70年代後半のファッションの流行の一つになった「アニー・ホールルック」の由来ともいえる映画。主人公であるダイアン・キートンが男物のジャケットやワイシャツ、ネクタイの大胆な着こなしが当時では斬新であり、大人気になりました。

今でも十分に通用する洗練されたマニッシュスタイル。とことん真似したいファッションの一つですね。

ちなみにダイアン・キートンが着こなしているこのメンズ衣装は彼女の私物と、監督のウディ・アーレンの親友であるラルフ・ローレンが提供したとのこと。

1970年代にアメリカで起こった実際の収賄スキャンダルをベースに映画化された作品。内容も痛快で面白いという感想が多くを占めていますが、最もたる魅力はリアルで豪華なその衣装にありました。

主演の一人であるエイミー・アダムスが身に付けているのは、70年代当時非常に人気のあったデザイナーであるダイアン・フォン・ファステンバーグのドレス。

数十秒足らずのシーンにも拘らず、当時のニューズウィークでも大注目を浴びた衣装を惜しみなく投入するばかりか、全てが70年代のアメリカを彷彿とさせるような背景に70年代を代表するミュージシャンの音楽を流す徹底ぶり。ファッションだけではなく70年代のアメリカに触れてみたい人はぜひ一度視てみてはいかがでしょうか?

1975年に公開されたサスペンス映画で、主演のキャサリン・ロスとポーラ・プレンティスがアメリカのコネティカット州のステップフォード地方に暮らす異様な様相をした妻たちの謎を追う内容です。

買い物や掃除、料理をするにも丸でファッション雑誌のモデルのように完璧な装いで家事にいそしむ女性キャストにより、現代でも「ステップフォード・ワイフ」と言う言葉は広く浸透しており、トレンドやカルチャーの参照として用いられています。

この映画の着目すべきところは、70年代に流行したつば広ハットやマキシドレス、プリントと言ったアイテムに、50年代の伝統的な主婦のスタイルがマッチした衣装でしょう。今でも色あせないステップフォード・ワイフファッションがそこにはあります。

70年代に大流行したファッションブランドは?

ファッションブランド①ヴィヴィアン・ウエストウッド

ロゴである王冠と地球を組み合わせた”オーブ”をモチーフにしたアクセサリーや財布やピアス、香水などが有名なブランドであるヴィヴィアン・ウエストウッド。

先述したパンクバンド「セックス・ピストルズ」が、設立者であるヴィヴィアン・ウエストウッドがデザインした衣装を着て活躍したことから、彼女のブランドは多少値は張りましたが飛ぶように売れ、現在も多くの若者たちにより支持されています。

更にヴィヴィアンと言えば、矢沢あい原作の国民的人気の少女漫画「NANA」主人公の1人であるNANAが身に付けているヴィヴィアンの服や小物を見て、ヴィヴィアンに魅せられた女性も少なくはありません。

ファッションブランド②ケンゾー

1969年に日本人である高田賢三が設立したブランド。日本や中国、中央アジアやインドなどの世界の民族衣装からインスピレーションを得た、フォークロアファッションを展開させました。

日本人ならではの和洋折衷を駆使した大胆なデザインや色遣いは、当時のファッション業界に大きな衝撃を与え、ファッションの既成概念をとことん打ち崩したと言われるケンゾー。

長く、大きなシルエットが特徴であるビッグ・ルック。これを発表したのはケンゾーでありエスニックをルーツとして発展させたフォークロアであり、70年代ファッションの流行を牽引し、長く注目されることになりました。

「色」「旅」「自然」といった三つのコンセプトを掲げ、現在も個性的かつ温かみ、エキゾチック味が溢れたデザインを発表しているブランドです。

ファッションブランド③カルバン・クライン

70年代を代表するデザイナー、カルバン・クラインが立ち上げた、自身の名前を冠するアメリカのブランドは1968年に設立されました。

アメリカの東部で培われた伝統的服装であるアメリカン・トラディショナル(アメトラ)を下地に、機能的かつマスキュリンなシンプルなデザインが特徴で、ボディラインを強調した洗練なデザインが、当時のアメリカ・ニューヨークのキャリアウーマンに受け入れられ、「働く女性」の普及の波に乗る形で成功を収めます。

また、前述したアメリカの若者たちの間に受け入れられていたジーンズを本格的に人気のファッションアイテムとして昇華させたのもカルバン・クラインであり、当時モデルであったブルックシールズが発言した「「カルバンのジーンズと私の肌の間には何も入れない」との言葉が話題となり、カルバンのデザインしたジーンズは一気に有名となり、現在もその人気は衰えていません。

70年代ファッションから学ぶ現代ファッション①

ヒッピースタイルにぴったりのファッション・ビッグ・ルック。フレアパンツやワイドパンツの先駆けとなったこのデザインは今見てもとてもお洒落です。

そのビッグ・ルックスタイルは、現在は「ガウチョパンツ」や「スカンツ」に形を変えて流行しています。トップスは大き目なサイズのハイネックをチョイスして、首元や足首を見せるファッションでスタイルアップも狙えます。また、女性らしさを取り入れるのであれば、足元はサンダル、小物はクラッチバッグを選んでみてはいかがでしょうか?

また70年代の流行の一つであった大胆な花柄も、現在再流行の兆しを見せています。

しかし大きな花柄模様は着こなしが難しいため敬遠してしまう人も。そんな人は上下のどちらかに花柄を取り入れ、シンプルな黒のトップスやボトムスでバランスを取ってみてはいかがでしょうか?落ち着いた大人っぽさを出せるファッションです。

70年代ファッションから学ぶ現代ファッション②

また70年代ファッションを取り入れたのならば、ヘアスタイルもそれに合ったものにアレンジしてみてはいかがでしょうか?

ヘアバンドでお手軽70年代アレンジ

三つ編みを両サイドに作り絶妙なルーズさを醸し出すハーフアップヘアアレジ。その際、頭にフォークロアデザインのヘアバンドをチョイスすれば70年代の雰囲気と現代風のヘアスタイルが絶妙にマッチングします。

フォークロアデザインのヘアバンドを使えば、ショートヘアでも十分70年代風にアレンジは可能です。

また、ヘアバンドの代わりにバンダナを使っても十分70年代ファッションにマッチングします。模様も多種多様ありますので選ぶ楽しみも味わえますね。

ローポニーテールとくるりんぱっ

また70年代のヘアスタイルはポニーテールが流行しましたが、現在では低い位置で髪をまとめる「ローポニーテール」がトレンド。

更に「くるりんぱ」と呼ばれるヘアアレンジを施すことで70年代ファッションに合うレトロ可愛さを演出できます。

Thumbくるりんぱアレンジのやり方・コツまとめ【ポニーテール・ハーフアップ・ボブ】

まとめ・70年代ファッションについて

70年代と言えば、高度成長期もひと段落し、オイルショックなどに見舞われた試練の年でもありましたが、映画や音楽など素晴らしいものが生まれた時代でもありました。

それと同時に若者が最も若者らしい時代と言われ、彼(女)らがファッションの先頭に立ち、流行を作っていくという気概にも溢れていた時代でもあります。

そんな70年代のファッションは、現代から見てもとてもおしゃれで、まだまだ学ぶ部分があります。この時代のファッションを自分なりにアレンジして自由に流行を作っていくというのもいいかもしれませんね。

ファッションの関連記事はこちらから

Thumbサンダルコーデはどんな服が似合う?夏らしいおしゃれなファッションは?
Thumb2017年の流行ファッションは何?今年のレディースの春夏トレンドを調査
Thumb40代のファッションは通販もおしゃれ!人気のプチプラサイトランキング10!

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2018-06-24 時点

新着一覧