ワセリンの効果一覧!乾燥対策・保湿にピッタリ!副作用もある?

最近よくワセリンというのを聞いたことがあると思います。ワセリンってよく聞くけどどんな効果があるの?そのワセリンの効果をまとめてみました!乾燥対策に使えたり、保湿にピッタリだったり…。それからニキビにもワセリンは効果を発揮する・・・!?

ワセリンの効果一覧!乾燥対策・保湿にピッタリ!副作用もある?

目次

  1. 最近よく聞くワセリンの効果について知りたい!
  2. そもそもワセリンって何?
  3. ワセリンの種類を紹介します
  4. どんな効果があるの?
  5. ワセリンはスキンケアにぴったり!
  6. ワセリンでスキンケアをするとどんな効果が?
  7. ワセリンには保湿の効果が!
  8. ワセリンは乾燥肌にも効果がある!
  9. ワセリンのニキビへの効果は?
  10. 他にも様々な使い方でいろいろな効果が
  11. ワセリンには副作用はないの?
  12. ワセリンの使い方と効果まとめ
  13. 超万能なワセリン!

最近よく聞くワセリンの効果について知りたい!

最近よくネットでワセリンを目にする機会が増えているんじゃないでしょうか。ワセリンはかなり身近な物で、実際にドラッグストアや薬局でも気軽に購入できる代物です。

ワセリンは顔に塗ってもOK?保湿効果から正しい使い方まで徹底調査!

そもそもワセリンって何?

そもそもワセリンって何なの!?という方もいると思うのでここでワセリンとは一体なんぞや?ということを書いていきたいと思います。まずはワセリンの種類から紹介します。

ワセリンとは主に肌に塗る物です。缶のようなケースの中に固形に近い形で入っている物から、チューブ状で押し出して使うタイプ等、用途に分かれて赤ちゃん用から大人用まで、ボディ用からリップ用までと、メーカーから多種多様のワセリンが出されています。

ワセリンは赤ちゃんに塗ってもOK?乳児湿疹への効果を調べてみた

ワセリンの種類を紹介します

上で説明したとおり、ワセリンといってもいろんなワセリンがあります。今回は4種類のワセリンの名前と特徴を紹介したいと思います。それぞれ特徴が分かれていたり、値段が違っていたりと種類によってかなり違うので用途によって使い分けるのがいいですね!

白色ワセリン

こちらは白色ワセリン。この白色ワセリンは日本の基準で作られたワセリンです。極わずかですが不純物も含まれており、これがお肌にあわない人はこの後紹介するサンホワイトやプロペトのほうをおすすめします。

ヴァセリン

これはヴァセリンというワセリンです。ヴァセリンはアメリカから輸入されている白色ワセリンのことです。非常に安価で手に入りやすいのもこのヴァセリンです。温度や光に影響されずに変化が少ないことから長期保存にも向いているワセリンです。

プロペト

このプロペトというワセリンは、白色ワセリンから不純物を高度に取り除いたワセリンのため、高品質でよく眼科や他の医療機関で最も多く用いられることが多いワセリンです。上の白色ワセリンがあわなかった人におすすめのワセリンです。

サンホワイト

こちらはサンホワイトというワセリンです。不純物を徹底的に取り除いたワセリンで、少量で伸びもよくワセリンを使った後のべたつき感をあまり感じないワセリンです。幼児にも使えるという特徴があるので、とてもお肌の弱い人にもおすすめします。

ワセリンのリップの効果は?唇に塗っても大丈夫?乾燥に負けない唇に!

どんな効果があるの?

上でワセリンの種類を説明しましたが、まだまだ説明し切れていないことばかり。どんな効果があるの?そんな疑問が多いのではないでしょうか!?これから使い方とその効果を紹介していきます!もしかしたら貴方の知らない使い方や効果があるかも…?

ワセリンはスキンケアにぴったり!

ワセリンはスキンケアにぴったりであると言われています。なぜなら、とてもコスパがよい所です!一番安い物で500円玉一枚で買えるのはとてもお財布に優しいですよね!

でも安いだけで効果ないんじゃないの…?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません!ワセリンがスキンケアにぴったりなのは、ワセリンの成分にあります!ワセリンは肌をコーティングしてくれる成分が入っているのでスキンケアにぴったりだと言われているのです!

ワセリンでスキンケアをするとどんな効果が?

ワセリンはお肌をコーティングしてくれる成分が入っていると言いましたが、そのコーティングをしてくれる成分が入っていることによってお肌の水分を蒸発させずに守ってくれるという保湿の効果があるんです!

ワセリンには保湿の効果が!

ワセリンには肌から水分を守ってくれることが出来る物です。それなので、洗顔をし終わり化粧水でたっぷり肌に水分を浸透させたらワセリンを顔全体にぬっていきます。そうやってスキンケアをすると、まるでお肌に水分を残したままふたをしたような状態になり、乾燥を防ぎ保湿の効果があります!ただし、塗りすぎるとワセリンのべたべた感が感じられます。

ワセリンの保湿対策のための使い方

ここで、もし唇にワセリンを使ったらを教えます!オススメするのはこのワセリンのチューブ。このチューブはリップ用のワセリンです。もちろん普通のワセリンでもかまいません。リップパックした後の唇にワセリンを塗ります。これでぷるっぷるの唇が…!

ワセリンは乾燥肌にも効果がある!

ワセリンの乾燥肌対策のための使い方

乾燥肌にも効果があるというワセリン。乾燥肌に足りない物は水分と油分です。そんな時にも水分を保つ油分の効果でコーティングできる保湿剤としてワセリンが大活躍するんです!

その方法は乾燥した部分に塗る。それだけの方法です。例えば手にハンドクリームの要領でワセリンを塗ったとして、油分は守れるし水分もコーティングできます。そのうえワセリン自体に油分が入っているので水にぬれても安心なので、水仕事をしていても問題ありません!

ワセリンのニキビへの効果は?

ニキビ肌に困っている人も多くいるでしょう。無くなってまた増えてを繰り返すニキビ…。そんなしつこいニキビにもワセリンは大活躍するのです!しつこく出来るニキビは、お肌の乾燥等で繰り返したり悪化したりすることがあります!そんなニキビにはワセリンでコーティング!水分が保湿されて乾燥を防ぎニキビを悪化させるのを防ぐ効果があります!

ワセリンのニキビのための使い方

まず、ニキビのある部分を清潔にした後、化粧水でお肌を整えてからワセリンでニキビの部分に薄くワセリンを塗る。これだけでニキビの部分が保湿されてにきびの悪化を防ぎます。ただ、注意点としてはワセリンを塗りすぎるとワセリン自体油分が入っているのでニキビが悪化して逆効果になってしまうことになります。

他にも様々な使い方でいろいろな効果が

ワセリンはスキンケアにぴったりだと上で書きましたが、ワセリンは保湿のためだけじゃなく、もっと他にも使えるのです!そのワセリンの色々な使い方を紹介します!

メイク道具として

ワセリンはスキンケアだけでなく、なんとメイクにも使えてしまう超すぐれもの!メイクに使うことで乾燥してしまう部分も乾燥から防ぐと共に、ツヤを作ってくれる効果があります!ワセリンはメイクにも使えると上で書きましたが、実際に使う場面と言えばメイクがマッドになりすぎてしまった場合に救世主と成りえます!

手に少量を取りポンポンと馴染ませるようにツヤがほしいところに乗せていくだけ。ここも着けすぎるとべたべたになりすぎるので本当の少量でかまいません。

メイク直しとして

メイク直しとしても使えるワセリン。外出先でメイクが崩れてしまっても、崩れてしまった所に少量ワセリンを塗ってふき取ります。細かい所なら綿棒を使うと余計な所をふかずにメイクをふき取ることが出来ます。その後部分的にメイクを直せます!

メイク落としとして

なんとワセリンはメイク道具、メイク直しのほかにメイク落としにも使えてしまいます!ワセリンを適量手の上で温めてから顔に塗っていき、メイクに馴染ませてからふき取ってから洗うと、メイクも落ちているし洗い上がりもしっとりしています!

ワセリンには副作用はないの?

でもワセリンに副作用はないのかといえばそうではありません。ワセリンがあう人や合わない人、つけるタイミング次第では副作用と隣りあわせです。なのでこれから副作用について書いていきたいと思います。

脂性肌の人は要注意!

ワセリンはまず乾燥肌の人向きです。脂性肌の人にはワセリンは向かないかもしれません。ワセリンの成分の中に油分が含まれていて、塗るとべたべたする傾向にあります。なので乾燥しているところに塗るのがベストです。

ワセリンを使ったときの肌の異常

副作用として皮膚のほてり感覚があります。塗ってからほてっているような感覚があるなら、それはワセリンのわずかな刺激にも反応しているということなので、ワセリンは合わないかもしれません。

それから外に出る際や野外スポーツをする時にはワセリンは不向きです。ワセリンの副作用として、油焼けというものがあります。この副作用によって顔にシミやそばかすが出来てしまいます。外に出る時はワセリンを使っても紫外線対策をしっかりとするか、ワセリンを塗らないようにするといいですよ。

日焼けが痛いときの対処法まとめ!赤みや痛みにはオロナイン・ワセリンが効く?

ワセリンの使い方と効果まとめ

スキンケアに!

お肌の表面をコーティングしてくれる成分で、水分を蒸発させることを防ぎ、保湿剤の役割を果たす効果があります!乾燥肌に困っている人やニキビにも効果あり!

メイクにも!

その保湿剤の役割や、入っている成分でメイクのツヤをプラスしたり、崩れたメイクを綿棒等を使ってのメイク直しの道具になったり、洗い上がりがしっとりとしたメイク落としにもなります。

副作用にも注意!

ワセリンを使うときに皮膚のほてりや脂焼けの症状がでたら要注意です。脂焼けは紫外線に当たることによって起こるので、外に出る用事があるときはワセリンは使用を控える方がいいかもしれません。

超万能なワセリン!

安くてとっても使い勝手の良いワセリン。この春先にかけて乾燥が激しくなる季節に突入しますね!そんな乾燥にはワセリンを使って保湿をしてみてはいかがでしょうか?確実に保湿されるのがわかるはず!そんなワセリンに今後も注目です!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-26 時点

新着一覧