ゴルフの基本ルールや用語まとめ!初心者必見のマナーやスコアの付け方も!

ゴルフは紳士のスポーツとして世界的に有名ですが。専門用語が多かったりルールやマナーやスコアの付け方など分かり辛い部分もあります。今回はゴルフの基礎的な専門用語やルールやマナーやスコアの付け方などをご紹介します。楽しいスポーツなのでぜひ挑戦してみて下さい。

ゴルフの基本ルールや用語まとめ!初心者必見のマナーやスコアの付け方も!

目次

  1. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:ゴルフとは?
  2. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:大まかなルール
  3. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:トラブルへの対処(ショット編)
  4. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:トラブルへの対処(ボール編)
  5. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:エリアごとの専門用語
  6. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:ハザードでのルール
  7. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:OBの際のルール
  8. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:グリーンでのルール
  9. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:その他のルール
  10. 初心者向けゴルフの基本ルールと用語:まとめ

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:ゴルフとは?

ゴルフは紳士のスポーツと呼ばれ世界中で老若男女問わず人気のあるスポーツですがそもそもゴルフとはどういったスポーツでどこから由来したスポーツなのでしょうか?

ゴルフは静止したボールをゴルフクラブを使って打ち、ゴールを目指すスポーツです。そしてゴールに到達した際あるいはそれまでに付けられた得点を相手と競うスポーツなので対戦相手と直接戦うわけではありません。

ゴルフをプレイする際は広大な敷地に用意されたゴルフ場でプレイするためゴルフ場の管理者に利用料金を払う必要があるのと、ゴルフクラブやボールや手袋などの道具を買い揃える必要があるためある程度経済に余裕のある紳士がたしなむスポーツとして知られています。

ゴルフ発祥の地に関しては諸説ありますが、最も有力なのがスコットランド発祥の紳士のスポーツである説が有名です。

ゴルフは静止した状態でボールを打つのに加えて1打間違えるだけで得点に大きく左右する傾向があるため技術や体力よりも精神力を必要とされており、動きが少ないので中高齢者でも楽しめるスポーツとして知れ渡っています。

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:大まかなルール

ゴルフのルールや専門用語1

ゴルフは専門用語やマナーやスコアの付け方など複雑な知識が多く紳士のスポーツと呼ばれていますが、まずはゴルフの大まかなルールからご紹介します。

ゴルフのルールや専門用語2

ゴルフはまずティグラウンドと呼ばれるスタート地点から打ち始めます。この段階ではスコアもボールを打つ位置も全員同じ状態です。

ゴルフのルールや専門用語3

ティグラウンドからピンと呼ばれる穴があるゴールのグリーンを目指して一人ずつゴルフクラブを使ってボールを打っていきます。

ゴルフのルールや専門用語4

ボールを打つ順番はピンから一番離れた位置に自分のボールが置いてある人から打っていきます。なので空振りやボールがかすって全然進まなかった場合は連続して打つ続けることになります。

ゴルフのルールや専門用語5

グリーンの中にあるピンに自分のボールが入ったらゴールです。ピンにボールが入るまではプレーは終わりません。そしてピンにボールが入るまでに自分が打った打数でスコアが決まります。

ゴルフのルールや専門用語6

コースにはパーと呼ばれる目安の打数がコースごとに用意されており、パーと同じ打数でゴールできた場合はスコアの増減は無しで、パーよりも少ない打数でゴールしたらスコアが減点されて、パーよりも多い打数でゴールしたらスコアは増加します。ゴルフにおいてはスコアは少ない方が有利です。

ゴルフのルールや専門用語7

基本的にゴルフ場にはコースが18か所用意されていますので、全18コース周ってスコアを競います。全部のコースを周った後でスコアが一番少ない人が勝利となります。

ゴルフのルールや専門用語8

プレイ中の打数は基本的に1回打つごとに1打分増えていきますが、池ポチャやOBやルール違反を犯してしまった場合はペナルティとして打数が増えてしまう事があります。

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:トラブルへの対処(ショット編)

ゴルフは専門用語やマナーやスコアの付け方など複雑な知識が多く紳士のスポーツと呼ばれていますが、ここではトラブルが起きた際の対処法をご紹介します。まずはショットに関するトラブル対策法です。

初心者にとって空振りはつきものだと思われます。空振り場合はペナルティは特にありませんが、例えボールに当たらなかった場合でも1打と数えられます。よって打ち直しをした場合、実質2打分でボールを打つことになります。

初心者はショット以外でボールに触れてしまって動かしてしまうということがたまにありますがその場合はペナルティが課されます。

ショットに関係無い時に自分のボールを拾ったあるいは触れてしまった時は1打分の罰、他人のボールを打ってしまった場合は2打分の罰が課せられます。

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:トラブルへの対処(ボール編)

次にボールに関するトラブルの対処法をご紹介します。ボールが異常な場所に位置する場合は特別な対処法があります。

プレー区域内で自分のボールを無くしてしまい5分以内に見つけられなかった場合のことをロストボール呼び、最後に打った場所から別のボールで再開します。この時に1打分の罰を課されます。

打ったボールが障害物の上に落ちたせいで次のショットが打てないという事態になった場合ドロップすることが可能です。

障害物とはコース内に「意図的に配置された物」と「そうでない物」の2つに分けられます。ウォーターハザードや木の幹などは意図的に配置された物とみなされてペナルティ1打分を課せられてドロップします。カート道や雨でできた水たまりなどは「そうでない物」とみなされてペナルティ無しでドロップ出来ます。

ドロップとはボールが障害物に落ちた位置に最も近くてボールが安全に打てる位置に肩の高さからボールを落として再開することです。

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:エリアごとの専門用語

ゴルフは専門用語やマナーやスコアの付け方など複雑な知識が多く紳士のスポーツと呼ばれていますが、コース内のエリア毎にも専門用語が付けられていますのでご紹介します。

ティグラウンド=最初の一打を打つ場所 ウォーターハザード=コース内にある大きな水たまり。俗にいう池ポチャ バンカー=砂場。ここもハザードと呼ばれています。 OB=アウトオブバウンズ。コースの外

フェアウェイ=芝が整備された場所。通常はここでプレーを進めます。 ラフ=フェアウェイの外。芝が深くてボールが打ち難い場所 グリーン=ゴール周辺の芝が短く刈られているエリア。 ピン=ゴールの刺さっている旗 カップ=ボールを入れる穴。ここに入ればゴールです

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:ハザードでのルール

ハザードでのルール1

ゴルフは専門用語やマナーやスコアの付け方など複雑な知識が多く紳士のスポーツと呼ばれていますがゴルフ場のコース毎にもマナーやルールが敷かれています。ここではハザードにおけるマナーやルールをご紹介します。

ハザードでのルール2

ゴルフ場のコースは種類によってはコースの中にハザードと呼ばれる障害物が用意されています。

ハザードでのルール3

コース内のハザードとは大きく分けてウォーターハザード(池ポチャ)・バンカー(砂場)があります。

ハザードでのルール4

ハザード内には禁止事項が3つありそれらを犯すのはマナー違反とされています。「ハザードの深さなどを確かめること」「ハザードの池や土に手あるいはクラブで触れること」「ハザード内にある葉っぱや木の枝に触れること」

ハザードでのルール5

ウォーターハザードにボールが落ちた場合基本的には1打罰を課されて最後に打った場所から再開します。ただし池の浅い部分など打つことが可能な場所ならばペナルティ無しで続行できます。

Thumb藤田光里はプロゴルファー!その経歴・身長や性格・家族【画像まとめ!】

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:OBの際のルール

OBの際のルール1

次にご紹介するのはボールがOBに飛んで行ってしまった場合のルールです。OBとはボールがコースの外に飛んで行ってしまった場合の事を意味します。

OBの際のルール2

ボールをOBに飛ばした場合そのボールがティショットかどうかで扱いが変わります。そのボールがティショットなら1打罰として暫定球を宣言して再開します。

OBの際のルール3

暫定球とはOBになったかもしれない場合にボールを探さずに「暫定球を打ちます」と宣言してから別のボールで再開することを意味します。もし暫定球でプレー中に元のボールを発見した場合、暫定球での打数をリセットして元のボールで再開することが可能です。

OBの際のルール4

ティショット以外のボールがOBへ飛んだ場合は1打罰としてドロップして再開します。

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:グリーンでのルール

グリーン上でのルール1

続いてグリーン上でのルールやマナーについてご紹介します。グリーンは主にパターを使用して慎重なプレーが要求されますので特別なルールが存在します。

グリーン上でのルール2

グリーン上では自分のボールを拾うことが出来ます。これは自分のボールと相手のボールがぶつからないようにするためです。

グリーン上でのルール3

その際にマーカーでボールの真後ろに目印をつける必要があります。マーカーで目印をせずにボールを拾った場合は1打罰となります。

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:その他のルール

ゴルフのルールその他1

ゴルフは専門用語やマナーやスコアの付け方など複雑な知識が多く紳士のスポーツと呼ばれていますが、これまでご紹介したルールやマナー以外にもたくさんのルールやマナーが存在しますのでご紹介します。

ゴルフのルールその他2

ゴルフクラブは必ず自分の用意したものだけを使用する。 持ち込んでいいクラブは14本まで。 ボールのヒビが入ってしまったかもしれない場合は同伴者に事前申告してからボールを拾うことができる。 それ以外ではグリーン上でない限りボールを拾うことは出来ない。 同伴競技者へアドバイスするもしくはアドバイスを受けるのは違反。 キャディさんからアドバイスを貰うのは可能。 実際より少ないスコアを申告したら失格となります。 スタート時間に遅れた場合も失格となります。

初心者向けゴルフの基本ルールと用語:まとめ

今回はゴルフのルールや専門用語についてご紹介しました。最初のうちは覚えるのも難しいかと思いますが一度覚えてしまえばすぐに覚えられる用語 かと思います。それでも分からないことがあれば指南書を読んだりベテランのプレーヤーに聞いてみてルールを守って楽しくゴルフをプレー下さい。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-22 時点

新着一覧