寝る前に水を飲むとむくみや太る原因に?正しい水分補給でダイエット効果!

「寝る前に水を飲むと、むくみやすい」というのはよく聞きますよね。でも、きちんと正しい飲み方をすれば、寝る前のコップ1杯の水には、ダイエット効果や美肌効果意外にもたくさんうれしい効果があるのです!。寝る前の正しい飲み方を理解し、健康な身体を手に入れましょう。

寝る前に水を飲むとむくみや太る原因に?正しい水分補給でダイエット効果!

目次

  1. 寝る前の水分補給について
  2. 寝る前に水を飲むと、むくむって本当?
  3. 寝る前に飲む水は健康にいい!
  4. 寝る前の正しい水の飲み方を知ろう!
  5. 正しい水の飲み方で、ダイエット効果や美肌効果も!
  6. 寝る前の正しい水の飲み方まとめ

寝る前の水分補給について

寝る前に水を飲むのは、健康にとてもいいと言われています。ダイエットの基本としても、飲み物を水にすることはよくあげられていますよね。しかし、寝る前にどんな水を、どれだけの量、どのタイミングで飲めばいいかは意外と知らない人が多いようです。正しい寝る前の水分補給の方法を知り、健康的にダイエットをしましょう。

寝る前に水を飲むと、むくむって本当?

寝る前に水を飲むと健康に良い、と言われても「太る原因やむくみの原因になるのでは?」と思っていませんか?誤った水分補給をすれば、身体がむくみ、太る原因になってしまいます。

正しい水の飲み方をすれば大丈夫

夜寝る前の水は、正しく飲めばむくむことはありません。朝起きて顔がパンパン、足がパンパンにむくんでいたら、「寝る前に水を飲んだからだ」と思うかもしれませんが、正しい水の飲み方をしなかったからむくんでしまったのです。

寝る前に飲む水は健康にいい!

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます。特に汗をかきやすい夏は2杯分ともいわれています。体内で水が不足したまま寝ていると、血液濃度が高くなってしまい、血液がドロドロ状態で、その結果、脳梗塞や心疾患などの病気が起きやすくなってしまうのです。

睡眠時に失われてしまう水分を補給すために、寝る前の水は欠かせないのです。寝る前に水を飲むことによって、睡眠時の水分不足を補い、血液がドロドロになるのを防ぐことができるのです。

寝る前の水の効果まとめ

寝る前の水の効果①ぐっすりと眠れる

体内の水が不足すると、脱水症状を起こし、夜中に目を覚ましてしまいますが、寝る前に水分を補っておけば、朝までぐっすり眠ることができるのです。特に、お酒を飲んだ後は水分をしっかり摂らないと、喉がカラカラで目覚めやすくなってしまいます。

寝る前の水の効果②太りにくくなる

寝る前に水分を補給することで、血流が良くなることにより、代謝がアップして脂肪が燃焼しやすくなるのです。寝る前にむくむからと言って水を飲まないは、逆に良くないのです。

寝る前の水の効果③疲れがとれてスッキリ

ぐっすりと朝まで眠れるということは、翌朝には疲れがとれてスッキリとした1日を迎えることができます。寝る前に水を飲むと血流が良くなり、疲れがとれやすくなるのです。

寝る前の水の効果④恐い病気を防ぐ

体内の水分が失われると血流が悪くなり、血液がドロドロになってしまいます。その結果「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの恐ろしい病気にかかってしまいやすくなるのですが、寝る前に水分補給をすることで、これらの病気を予防できるのです。

寝る前の正しい水の飲み方を知ろう!

太る原因や、むくみの原因にならないように、正しい水の飲み方をしりましょう。誤った水の飲み方をすれば、熟睡できなくなったりとデメリットに繋がってしまいます。せっかく良い効果がたくさんあることを知ったのですから、正しく水分補給で質のいい睡眠をとりましょう。

常温の水をコップ1杯

寝る前に飲む水の種類は、身体に負担をかけないアルカリ性の軟水が良く、冷たいものではなく5~15度の常温の水をコップ1杯飲みます。常温の水の方が、腸に吸収しやすくなるのです。

寝る30分前に飲む

寝る直前ではなく、寝る30分前に飲むようにしましょう。寝ている間は腎臓の機能が低下してしまいます。そうすると上手く余分な水分を排出しにくくなり、これがむくみの原因となってしまうのです。

朝起きてからも水を飲もう

寝ている間に失われた水分補給のために、朝起きてからも水を飲むと身体にいいです。朝の水は、アルカリ性で軟水から中硬水が良く、常温か10度前後の水をコップ1杯ゆっくり飲むのがおすすめです。身体の代謝が高まったり、便秘の解消につながります。

要注意!健康に悪い水の飲み方

氷水などの冷たい水はNG

先ほども述べたように、飲む水は常温が最適です。冷たい水では身体が冷えてしまい、血行が悪くなってしまうのです。

一度に大量に飲む

コップ1杯という正しい量を守らないと、むくみの原因になってしまううえに、血液内の水分バランスが乱れ、疲れを感じやすくなってしまいます。たくさん飲めば良いというものではないので、コップ1杯を目安に飲むようしましょう。

寝る前のカフェインはNG

寝る前の水分補給は大切ですが、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物は脳が覚醒して眠りを妨げてしまいます。どうしても水以外で、という方は、ホットミルクやココアがおすすめです。

正しい水の飲み方で、ダイエット効果や美肌効果も!

美肌にも効果抜群

水は、上手に摂りいれることで、美肌に導いてくれます。1日に必要な水分を水で摂取することで透明感のある美肌へ。特にミネラルウォーターには、コラーゲンを生成したり、角質ケアをしてくれる成分などが含まれています。

空腹感を抑えてダイエット効果に

食事の前に水を飲むことにより、一時的な空腹感を満たし、暴飲暴食を防いでくれます。特に、食事の30分前に500ミリリットルの水を飲むとダイエットに効果的です。

老廃物のデトックス!

老廃物が体内に溜まったままだと、代謝が低下したり、むくみや肥満の原因になってしまいます。水を飲むことで、汗や尿・便などで老廃物をデトックスすることはとても大切なのです。

寝る前の正しい水の飲み方まとめ

寝る前に水分補給をすることは、いいことだらけです。寝る前の水がむくみや太る原因と思って飲まないのはもったいないことですね。正しく水分補給をして、痩せやすい健康な身体づくりをしていきましょう。

水の飲み方の関連記事はこちら

Thumb美肌になる水の飲み方と「美肌水」の作り方を紹介!美肌美人の秘訣とは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-21 時点

新着一覧