【銀魂】強さランキング!ネタバレ注意!最強キャラ徹底議論!

週刊少年ジャンプで大人気連載中の漫画【銀魂】。銀魂に登場するキャラの中から、誰が一番強いのかを徹底比較し、強さ順にランキングしました!ついに最終章に突入した銀魂。最終回が間近に迫る今だからこそ伝えたい、本当の”強さ”についても徹底考察します!【ネタバレ注意】

【銀魂】強さランキング!ネタバレ注意!最強キャラ徹底議論!

目次

  1. 【銀魂】登場キャラ!強さランキング!
  2. 銀魂とは?
  3. 【ネタバレ注意】抑えておきたい!キャラの関係性
  4. Twitterでも銀魂登場キャラの強さが議論に!※ネタバレあり
  5. 徹底議論!銀魂キャラの強さランキング!※ネタバレあり
  6. 銀魂キャラ☆強さランキングTOP10
  7. 銀魂キャラ☆強さランキング11~20位
  8. 銀魂キャラ☆強さランキング21位~30位
  9. 銀魂キャラ☆強さランキング31位~40位
  10. 【考察】”強さ”とはどういうものなのか
  11. 最終章を迎えた銀魂!最終回までもうすぐ!
  12. 関連記事

【銀魂】登場キャラ!強さランキング!

大人気漫画『銀魂』に登場するキャラを、さまざまな視点から分析して強い順にランキングしました!この記事を参考に議論していただければと思います!ネタバレ要素を多く含むため、自己責任でご覧ください。

銀魂とは?

銀魂(ぎんたま)

ジャンル:SF時代劇バトル漫画(ギャグ多め) 作者:空知英秋 出版社:集英社 掲載誌:週刊少年ジャンプ レーベル:ジャンプ・コミックス 連載開始:2004年2号 時代設定は江戸時代末期。宇宙から襲来した「天人(あまんと)」により、国政をかけた攘夷戦争が勃発。結果、江戸幕府は天人の手に落ち、開国されてしまう。廃刀令がしかれ、攘夷戦争で戦った侍たちは弾圧の対象となった。主人公の坂田銀時は、攘夷戦争で伝説的強さを誇った”白夜叉”の異名を持つ侍。江戸の歌舞伎町で「万事屋(よろずや)」を生業として暮らしていたが、ひょんなことから志村新八・神楽・定春が万事屋に加わり、さまざまな事件を解決していくドタバタコメディーバトル漫画!

銀魂の魅力

登場する主要キャラは、歴史上に実在したとされる人物のパロディーであったり、インスパイアされた人物がほとんど。キャラ設定がすんなり入ってきやすく、実在の人物とのギャップにも面白さを感じます。ストーリーの基本はギャグがベースですが、時折長編のシリアスなストーリーが展開され、ギャグとシリアスのバランスも絶妙です。戦闘になると鬼のような強さを発揮するキャラ達ですが、どこか欠点がからなずあるのが魅力的。糖尿病だったりマヨネーズ依存症だったり、メガネがないとまったく戦えなくなったり...”完璧な人間なんていないんだよ”というメッセージ性も感じられ、感情移入しやすいのがこの漫画の魅力と言えるでしょう。

【ネタバレ注意】抑えておきたい!キャラの関係性

登場人物が、他の漫画と比べても極めて多い銀魂。それぞれの関係性が複雑に絡み合いうことで、キャラ達の心の葛藤や、複雑な心境が読み取れます。

物語のかなめはこの4人!

幼少期から攘夷戦争時代まで共に戦った幼なじみ4人。主人公の「坂田銀時」と、「高杉晋助」「桂小太郎」「坂本辰馬」の4人が、銀魂の要であると言えます。戦争当時は『攘夷四天王』と称された4人。現在では皆別々の居場所を見つけ、それぞれが自分の信念に基づいて現状を良くしようと、”自分なりの戦い方”をしています。そのため、時には共に戦ったり、敵対しあうことも。

幼なじみ4人の現在 チーム坂田銀時

坂田銀時は、『万事屋』として活動しています。江戸の町に住む人々から舞い込むさまざまな依頼をこなすことで生計をたてています。新八と神楽と共に江戸で巻き起こる事件を解決!その中でいろんな人達を助けてきた銀さんは、江戸で一番顔が広いと言ってもいいかも。

チーム高杉晋助

高杉晋助は、『鬼兵隊(きへいたい)』を率いる総督として暗躍。世間からは”過激派”と呼ばれ、幕府の転覆を企んでいます。そのため、しばしば銀時と対立し、刃を交えることも。持ち前の強烈なカリスマ性と過激な思想で、鬼兵隊のメンバーとともに裏の世界から倒幕に向けて画策しています。

チーム桂小太郎

桂小太郎は、『攘夷党』という攘夷活動集団のリーダーを務める人物。初期には鬼兵隊と同じく”過激派”と呼ばれ、爆弾を使ったテロ事件などを起こしていたが、現在は穏健派として定着しているようです。普段はまったくまとまりのない集団ですが、ここぞという時には鬼兵隊に負けないほどの戦闘力を発揮します。

チーム坂本辰馬

坂本辰馬は、『快援隊(かいえんたい)』という貿易艦隊を率いるリーダーとして活動中。宇宙船で銀河中を飛びまわり、宇宙人相手にさまざまな取引をしています。殺生を好まず、”商い”をすることで、血を流さない戦の道を選んでいます。リーダーである坂本は、宇宙規模の広い視野で世界を見据え、全てを救いたいと考えているよう。坂本いわく、宇宙にデカい船浮かべて、星ごとすくいあげる漁をしているそうです。

坂田銀時と関係の深い組織 真選組(しんせんぐみ)

江戸の治安を守る特殊警察組織。幕府直属の組織であるため、攘夷党とは敵対関係にあります。銀魂で万事屋に次ぐ重要組織で、真選組が中心となったシリアスストーリーも多く見られます。局長は近藤勲。

御庭番衆

将軍家の重要人物を警護するために組織された忍者部隊。天人襲来の際に組織は解体されてしまったが、警察庁長官の庇護下で密かに活動を続けています。頭目は服部全蔵。

百華(ひゃっか)

遊郭街・吉原の自警団。顔に傷があるなどの理由で、わけあって遊女として働けない女達が、吉原で生きていくために結成された戦闘部隊。吉原の治安を守っていた。銀時の手によって吉原が解放されたあとは、有事の際に集結し、銀時たちに手を貸しています。頭目は月詠。

敵対組織 春雨(はるさめ)

天人により結成された宇宙海賊団。非合法薬物の取引を主な収入源とする銀河系最大の犯罪シンジケート。12の戦闘部隊を有しており、末端組織まで合わせるとかなりの団員がいると思われます。宇宙最強の種族と言われる、傭兵三大部族も多く在籍しています。万事屋メンバー神楽の実兄は、第七師団の団長を務めています。

見廻組(みまわりぐみ)

真選組と同様の職務体系を持つ警察組織。真選組のやり方を疎ましく思っており、敵対関係にあります。名門出のエリートが多く在籍

天導衆(てんどうしゅう)

幕府の実権を握る影の支配者軍団。独立軍隊の天照院奈落を率いている組織です。事実上のラスボス集団?

Twitterでも銀魂登場キャラの強さが議論に!※ネタバレあり

Twitter上でも、銀魂に登場するキャラの強さについては、いろいろな意見があり、話題となっています。本当に強いキャラが誰なのか議論が分かれるところ!

徹底議論!銀魂キャラの強さランキング!※ネタバレあり

原作やアニメに登場するさまざまな情報をもとに、キャラを強さ順にランキングしました!このランキングを参考に、身近な人と議論を戦わせてくださいね♪【ネタバレ注意】

銀魂キャラ☆強さランキングTOP10

特にランク付けに関して議論が分かれるのが上位10名。ひとつの意見として参考にしていただけたらと思います!ネタバレありますので自己責任でご覧ください!

【1位】銀時の師!虚(うつろ)

《強さポイント》 ・龍脈の力によって不老不死 ・傷も瞬時に回復できる ・500年以上生きているため戦闘の経験値もずば抜けて高い 一時期に”吉田松陽”として名乗り、子ども達に剣術や学問を教えていた。そのときの教え子が、銀時ら4人の幼なじみ達である。不老不死のため、銀魂キャラの中での強さは群を抜いている。唯一互角に渡り合えるのは坂田銀時くらい。

この最強キャラをどうやって倒すのか予想してみる。倒すとしたら完全消滅させてしまうのか、それとも戦うという志を折るのか。銀さんならどちらを選ぶにせよ読者が納得する展開になるだろうと安心していたりする。予想としては、坂田銀時・高杉晋助・桂小太郎・坂本辰馬の4人で協力して倒してほしいなと思うが、果たして銀さんはこの最強キャラにどう立ち向かっていくのか楽しみ♪

【2位】主人公!坂田銀時(さかたぎんとき)

《強さポイント》 ・主人公である(←ここ大事) ・伝説の攘夷志士”白夜叉” ・師匠は吉田松陽と名乗っていたときの虚 ・強敵に挑む度胸がある ・瀕死の重傷になっても生き残る生命力 ・一度負けた相手であっても挑み続ける脅威のねばり強さ ・一度守ると決めたものを守り抜く信念 普段は自堕落で怠けた生活を送っているが、こと戦闘となると持ち前の瞬発力とパワーで敵を圧倒する。劇場版では「俺を殺せるのは俺だけだ。」と発言しているところからも、強さがどれほどのものか伺える。約束を守ることを重んじ、大切なものが危機的状況にあるほど銀さんの強さは発揮される。本気で怒ったときの、銀さんの強さは人智を超えている。

【3位】夜兎族のリーダー!神威 (かむい)

《強さポイント》 ・最強の戦闘民族『夜兎族』 ・宇宙海賊『春雨』の第七師団長 ・神楽の実兄 ・戦闘本能の塊で、殺す事に一切の躊躇がない ・夜兎族の風習”親殺し”で父親に挑み、片腕を切り落とす 常に笑顔で戦闘しているのが逆に恐怖を煽っている神威。強いものと戦いたいという欲が誰よりも強く、将来強くなる可能性のある子どもと、強い子を産みそうな女は殺さない主義。完全に冷酷非道な性格ではないようで、部下を気にかける様子や、牢獄から助けられた高杉には力を貸す場面も見られる。

【4位】宇宙最強の掃除屋!星海坊主(うみぼうず)

《強さポイント》 ・最強の戦闘民族『夜兎族』 ・神威 と神楽の父親 ・宇宙最強の掃除屋(えいりあんばすたー) ・天導衆からも依頼されるほどの実力 神威の父親なのに4位?と議論が分かれそうですが、将来性や伸びしろ、年齢的な身体能力を考えると、神威のほうが強さのランクは上になると考えられる。思慮深い人物のため、殺戮大好きな神威とはまた違った強さかもしれない。

【5位】夜王!鳳仙(ほうせん)

《強さポイント》 ・最強の戦闘民族『夜兎族』 ・宇宙海賊『春雨』の元幹部 ・幼い頃の神威の師匠 ・”夜王”の異名を持ち、吉原の王と夜兎族の王という2つの意味を持つ 夜兎族の王とまで謳われたが、長年日光を避けて生活していたため、日の光に極端に弱いという弱点があったため銀時に敗北し死亡。日光には弱いが、常闇の吉原では銀時を圧倒した。吉原が解放されなければ、銀時と互角かそれ以上だったかも。

【6位】真選組最強!沖田総悟(おきたそうご)

《強さポイント》 ・真選組一番隊隊長 ・剣の腕は真選組随一と言われている ・好戦的で頭の回転も速いキレ者 漫画の設定では年齢は18歳。真選組内で最年少にもかかわらず、剣の腕は局長や副長にも勝る。弾丸をも剣さばきではじき返すことができる。その実力を、銀時や神威も認めている。

【7位】鬼兵隊総督!高杉晋助(たかすぎしんすけ)

《強さポイント》 ・鬼兵隊総督 ・師匠は吉田松陽と名乗っていたときの虚 ・攘夷戦争に参加 ・洞察力に優れ、物怖じしない性格 ・憎しみが原動力で、幕府への恨みは誰よりも深い 剣の強さは銀時にも匹敵するが、あまり表立って剣を抜くことはなく、暗殺などで剣をふるうことがある程度。鋭い洞察力で心中を看破する力に長け、人心掌握に関しては絶大なカリスマ性を誇る。

【8位】奈落の八咫烏!朧(おぼろ)

《強さポイント》 ・暗殺部隊『天照院奈落』の首領格 ・経絡を熟知し、気功や針での戦闘に長ける ・自身の経絡を操り、致命傷の回避や傷の早期回復もできる ・先代虚の不死の血を体内に取り込んでいるため異常な生命力を持つ

高杉晋助の左目を潰した人物。経絡を熟知した戦闘で、銀時たちを圧倒する。将軍暗殺篇で高杉に左目を潰され、さらば真選組篇では真選組局長の近藤の手により左腕を失っている。虚の不死の血液を取り込んでいるため、並外れた生命力を持つが、度重なる戦闘でその体には限界が近づいている。

【9位】死神の落胤!今井信女(いまいのぶめ)

《強さポイント》 ・見廻組副長 ・暗殺部隊『天照院奈落』から引き抜かれる ・幼くして奈落三羽のひとりに数えられる ・二刀流も使える 奈落にいた頃は『骸(むくろ)』と呼ばれていた。人斬りが趣味で、その実力は朧に匹敵するとまで言われている

【10位】神楽(かぐら)

《強さポイント》 ・最強の戦闘民族『夜兎族』 ・父親は宇宙最強の掃除屋である星海坊主 ・兄は春雨の第七師団長である神威 ・肉弾戦が得意 ・常に持ち歩く日傘の仕込み銃でも戦う 夜兎族でありながら、夜兎本来の殺戮本能を嫌い、人を殺めることを恐れている。そのため普段は戦闘力を無意識のうちに抑制しているよう。

銀魂キャラ☆強さランキング11~20位

11位:阿伏兎(あぶと)

《強さポイント》 ・最強の戦闘民族『夜兎族』 ・宇宙海賊『春雨』第七師団副団長

12位:泥水次郎長(どろみずじろちょう)

《強さポイント》 ・歌舞伎町四天王の一人 ・極道組織『溝鼠組(どぶねずみぐみ)』の組長 ・”大侠客の泥水次郎長”の異名を持つ ・攘夷戦争初期に参戦 ・居合術の使い手

13位:土方十四郎(ひじかたとうしろう)

《強さポイント》 ・真選組副長 ・”鬼の副長”と呼ばれ、恐れられる存在 ・勘が鋭く頭もキレる ・気難しくて好戦的 ・剣術では銀時に劣るが、頭脳面では勝る

14位:桂小太郎(かつらこたろう)

《強さポイント》 ・攘夷集団『攘夷党』のリーダー ・師匠は吉田松陽と名乗っていたときの虚 ・銀時らとともに攘夷戦争に参加 ・”狂乱の貴公子””攘夷志士の暁”の異名を持つ ・”逃げの小太郎”とも言われ、生き残るために逃げる道を選ぶ強さを持つ ・博識で、爆弾を使った戦闘をすることもある

15位:近藤勲(こんどういさお)

《強さポイント》 ・真選組局長 ・人徳がある ・判断力に長ける ・パワー型の剣術で、刀や鎧も粉砕する

16位:地雷亜(じらいあ)

《強さポイント》 ・吉原自警団『百華』初代頭領 ・月詠の師匠 ・”蜘蛛手の地雷亜”の異名を持つ ・元御庭番衆で、実力は最強クラスと言われていた ・伊賀の里で”神童”と謳われた天才忍者 ・クナイとワイヤーを使った戦闘を用いている

17位:坂本辰馬(さかもとたつま)

《強さポイント》 ・貿易艦隊『快援隊』のリーダー ・『攘夷四天王』のひとり ・銀時らとともに攘夷戦争に参加 ・先見の明がある ・剣術に関しては免許皆伝級の腕前があるとされているが、攘夷戦争で右腕に重傷を負い、剣を握れなくなる ・拳銃で戦うこともある? ・船酔いがひどいため、船上での戦闘力は皆無に等しい

18位:斉藤終(さいとうしまる)

《強さポイント》 ・真選組三番隊隊長 ・剣術の達人で、沖田からも一目置かれる存在

19位:西郷特盛(さいごうとくもり)

《強さポイント》 ・歌舞伎町四天王の一人 ・攘夷戦争初期に活躍した有名人 ・”白褌の西郷”の異名を持ち、天人の戦艦にひとりで乗り込んだ強者 ・巨大な宇宙生物を素手で倒せる ・自身の3倍はある巨大な槌を駆使して戦うことも

20位:月詠(つくよ)

《強さポイント》 ・吉原自警団『百華』二代目頭領 ・師匠は地雷亜 ・”死神太夫”の異名を持つ吉原最強の番人 ・クナイや小刀で戦闘 ・熟練の忍び集団を一蹴できるほどの実力

銀魂キャラ☆強さランキング21位~30位

21位:服部全蔵(はっとりぜんぞう)

《強さポイント》 ・元御庭番衆筆頭 ・”摩利支天(まりしてん)の全蔵”の異名を持つ ・御庭番衆史上最も恐れられたと言われており、銀時と対等に渡り合える ・お尻への攻撃に極端に弱い

22位:百地乱破(ももちらっぱ)

《強さポイント》 ・伊賀三大上忍の一角「百地家」の頭首 ・傀儡術を極め、カラクリ人形で戦闘する ・糸を使って死体を操り戦闘することも

23位:佐々木異三郎(ささきいさぶろう)

《強さポイント》 ・見廻組局長その後警察庁長官になる ・”三天の怪物”の異名を持つ ・名門佐々木家の長男で文武両道 ・拳銃と刀を同時に使いこなす

24位:岡田似蔵(おかだにぞう)

《強さポイント》 ・鬼兵隊」の一人で、盲目でありながら居合い斬りの達人でもある。

25位:河上万斉(かわかみばんさい)

《強さポイント》 ・鬼兵隊の事実上のナンバー2 ・”人斬り万斉”の異名を持つ ・三味線の弦は鉄並の強度があり、拘束具としても使える ・剣の腕もある

26位:陸奥(むつ)

《強さポイント》 ・快援隊副官 ・最強の戦闘民族『夜兎族』 ・元宇宙海賊『千鳥』第二師団副団長 ・”金剛石姫”の異名を持つ

27位:柳生九兵衛(やぎゅうきゅうべえ)

《強さポイント》 ・名門柳生家の次期当主 ・柳生家始まって以来の天才と言われる ・剣の速さは神速を誇る ・真選組副長の土方を圧倒させるほどの実力

28位:猿飛あやめ(さるとびあやめ)

《強さポイント》 ・元御庭番衆の一員で、現在は始末屋 ・忍者としての腕も一流 ・納豆を使った攻撃も得意 ・極度の近眼のため、メガネがないと戦闘力は皆無

29位:池田朝右衛門(いけだあさえもん)

《強さポイント》 ・公儀処刑人一族「池田家」の一員 ・元十七代目「夜右衛門」 ・現在は十九代目「夜右衛門」を襲名している

30位:エリザベス

《強さポイント》 ・坂本辰馬が桂へ贈った謎の宇宙生物 ・みかけによらず高い戦闘能力の持ち主 ・攘夷志士からも一目置かれている ・武器は刀やプラカード、キャノン砲なども使う ・実は中身の人はシフト制で、月曜日のみ傭兵民族『蓮蓬族』の地球調査部隊の隊長である江蓮(えれん)であることが判明 ・負傷した桂を背負いながら奈落の敵兵を一掃する実力

銀魂キャラ☆強さランキング31位~40位

31位:たま

《強さポイント》 ・正式名称は芙蓉:伊-零號試作型(ふよう:い-ゼロごうしさくがた) ・美少女型からくり人形 ・発明家の平賀源外に改造を受け、戦闘能力が格段にアップしている ・稼働するためには電気と機械オイルが必要

32位:結野晴明(けつのせいめい)

《強さポイント》 ・陰陽師集団『結野衆』の頭目 ・歴代最強を誇る天才陰陽師

33位:外道丸(げどうまる)

《強さポイント》 ・陰陽師集団『結野衆』の式神 ・武器は金棒 ・戦闘スタイルも外道そのもの

34位:尾美一(おびはじめ)

《強さポイント》 ・志村新八の兄弟子 ・剣術はビームサーベ流 ・『銀河剣聖(ギャラクシーソードマスター)』の称号を持つ ・体の半分はサイボーグ

35位:志村新八(しむらしんぱち)

《強さポイント》 ・実家は剣術道場『恒道館』 ・幼い頃から剣術の修行を積む ・一般人に比べると非常に高い戦闘能力があ

36位:来島また子(きじままたこ)

《強さポイント》 ・鬼兵隊のメンバー ・回転式の二丁拳銃の使い手 ・”紅い弾丸”の異名を持つ ・短気で攻撃的な性格

37位:椿平子(ちんぴらこ)

《強さポイント》 ・泥水次郎長の娘 ・溝鼠組と対立する組織『植木蜂一家』の特攻隊長 ・”人斬りピラコ”と呼ばれ恐れられる ・狡猾で残虐な性格

38位:志村妙(しむらたえ)

《強さポイント》 ・志村新八の姉 ・怪力の持ち主 ・怒ると凶暴化する ・お妙の卵焼きを食べると記憶喪失や視力低下を引き起こす

39位:定春(さだはる)

《強さポイント》 ・万事屋メンバーのひとり ・『狛戌星』に棲む種族によく似た宇宙生物 ・いちご牛乳を与えると本来の力が発揮され戦闘力アップ ・嗅覚に優れ、追跡も得意 ・知能も高く、河上万斉もその能力を認めている

40位:山崎退(やまざきさがる)

《強さポイント》 ・真選組の監察方(諜報員) ・剣の腕もそこそこ ・真選組結成当時は武闘派閥のリーダーを務めるほどの実力

【考察】”強さ”とはどういうものなのか

漫画『銀魂』で描かれている”強さ”とは結局のところどういうものなのか考察してみると、結論は”諦めないこと”ではないかと思います。主人公である坂田銀時も、朧や岡田似蔵には一度敗北している過去も。でも、約束を果たすため、大切なものを守るために再度戦いを挑み、勝利しています。銀さんのいい意味で諦めの悪いところが、実は”強さ”の根幹なのではないでしょうか。

とはいっても、銀魂ではさまざまな”強さ”のかたちが描かれています。桂のように逃げることを選ぶ強さや、お妙のようにみんなが無事に帰ってくることを信じて待つ強さ、坂本のように剣ではなく商いで戦う強さなど...、それぞれのキャラの中にそれぞれの強さがあり、私たち読者に”強さ”の在り方を教えてくれているように思います。

銀魂に登場するキャラは皆、心に”真っ直ぐな1本の折れない剣”を持っています。たとえどんな状況であっても、皆自分の信念に従って行動しているのが伺えます。だからこそ時に衝突することもあるけれど、お互いを認め、協力することの大切さも理解しているように思います。私たち読者も、銀さんたちに恥じないような心の強さを、持ち続けたいものですね。

最終章を迎えた銀魂!最終回までもうすぐ!

漫画の連載も最終章を迎え、最終回にむけてのカウントダウンがすすんでいます!名残惜しくはありますが、銀さんたちの活躍を最後まで見届けましょう!

関連記事

Thumb小栗旬主演で人気マンガ「銀魂」実写映画化!公開は2018年?気になる他キャラクターのキャストは?
Thumb堂本剛が映画『銀魂』に高杉晋助役に挑戦!福田雄一監督の狙いは?
Thumb蓮舫が銀魂出演!?襟がそっくり?画像・動画まとめ【放送禁止】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-22 時点

新着一覧