ブランケットネイルのセルフのやり方・作り方!【ポリッシュorジェル】

あったかかわいいブランケットネイル やり方をご紹介!ジェル・ポリッシュでのブランケットネイル セルフのコツもピックアップしました☆ブランケットネイル やり方をデザインと一緒にまとめたのでブランケットネイル セルフで取り入れる参考にしてみてください♪

ブランケットネイルのセルフのやり方・作り方!【ポリッシュorジェル】

目次

  1. 2016冬 大流行!あったか見た目のブランケットネイルとは?
  2. ブランケットネイル セルフ動画☆ジェル編
  3. セルフジェル ブランケットネイル やり方①
  4. セルフジェル ブランケットネイル やり方②
  5. セルフジェル ブランケットネイル やり方③
  6. セルフジェル ブランケットネイル やり方④
  7. ブランケットネイル セルフのポイントはかすれ具合!
  8. ブランケットネイル セルフ動画☆ポリッシュ編
  9. ブランケットネイル セルフ ポリッシュ やり方①
  10. ブランケットネイル セルフ ポリッシュ やり方②
  11. ブランケットネイル セルフ ポリッシュ やり方③
  12. ブランケットネイル セルフ 長持ちさせる裏技☆
  13. ブランケットネイル 作り方動画集☆

2016冬 大流行!あったか見た目のブランケットネイルとは?

ブランケットネイルとは、可愛いブランケットと同じチェック柄に、さらにブランケット特有のふわふわとしたやわらかい繊維の質感までも再現したネイルのデザインです。ツヤのないマットな質感で仕上げるのも、さらにリアルなブランケットの質感になると人気です☆今回は大人気ブランケットネイルのセルフでのやり方をジェルとマニキュア、両パターンのやり方をご紹介します♪

ブランケットネイル セルフでやっている方も多いです☆

セルフのときにラメ埋め尽くしの指を入れるとストーン代わりになって華やかなデザインになります☆

ラインが少ないシンプルなデザインでも十分あったか可愛いブランケットネイル♪

ブランケットネイル セルフ動画☆ジェル編

ブランケットネイル やり方 ジェルの道具をチェック

セルフ用ジェルネイルはいろいろなメーカーから出ていますが、比較的プロ用よりも薄い発色の商品が多いという声が多いようです。中には二度塗りしても下が透けるほど透明感のある発色のものもあるので、セルフのブランケットネイルを作るには、下があまり透けないマットなものの方がやりやすいので、口コミなども参考に発色のよいジェルを選びましょう☆

スポンジやガーゼなど。ポンポンとブランケット風なチェック柄を描くのに使う道具は人によってさまざまですが、程よいきめ細かさや、繊維でザラザラした際の処理の心配のないアイシャドウチップがセルフでは手軽でやりやすいと思います☆

ブランケット柄チェックの下に塗るベースになる色はパール入りがオススメです!ブランケットのあったかい質感を想像するとマットな方がと思いがちですが、ブランケット柄ではチェックの線は太めになり、ブランケットの質感にするためチェックの色は軽くポンポンと乗せる感じになるので、下のさりげないパールが隙間から見えるようにしておくと多少のチェックの線が上手くいかなくてもカバーできます☆

ブランケットネイル やり方 マスターしてたくさん楽しみたい!

ちょっと面倒ですが1本だけでもやり方をネイルチップで練習してからセルフでやると上手くいきやすいです♪

黒・赤・ベージュの組み合わせは大人可愛く仕上がりますね☆

イエローが入ると明るい印象に☆

セルフジェル ブランケットネイル やり方①

ベースカラーを塗りましょう

チェックを描く前にベースになる色を塗っていきます☆チェックで何色か色を使うので白や薄いベージュなどが合わせやすくておすすめです♪

セルフジェル ブランケットネイル やり方②

アイシャドウチップなどで横のチェックを描いていきます

アイシャドウチップなどにジェルをつけてチェックを描いていきます!画像のチェックだとまず横に2本太い線をポンポンと軽く少しずつ色をのせる感じで描いていきます。コツは、アイシャドウチップにジェルを付けすぎないこと、アルミホイルなどの上で何回かポンポンしてみて付き具合を確認してから爪に乗せると付けすぎ心配がないです☆ジェルを付けすぎてポンポンすると、ブランケットの繊維のような質感が出なくなってしまうのでかすれるようにポンポンするのがポイントです♪

セルフジェル ブランケットネイル やり方③

ブランケットの横のラインや細いラインを描いていきます

先ほどの画像だと横のラインが2本できたらライトで硬化して縦のラインを同じブルーで1本、ピンクで1本描いています。縦の太いライン2本描いたら1度ライトで硬化し、細い筆で黄色いラインを縦横1本ずつ書いています。この細い筆で描くラインは合った方がよりブランケットっぽいチェックになりますが、なくても十分可愛いチェック柄だと思います☆この画像のチェックは細いラメラインが入っています!

セルフジェル ブランケットネイル やり方④

仕上げのクリアジェルを塗って完成です☆

仕上げのトップジェルを塗ってブランケットネイルの完成です♪画像のようにチェックがらは片手に2、3本にして、チェックではない指にストーンなどを置いても華やかになりますね☆

ブランケットネイル セルフのポイントはかすれ具合!

かすれ具合ができればブランケットネイル やり方マスターです☆

ブランケットネイル セルフのポイントは何といってもブランケット風の繊維のようなかすれ具合を出すことです!スポンジやチップに付けるジェルの量は少ないかなと思うくらいの少量でやってみてください☆ブランケットネイル セルフのやり方をマスターしていろんな色で楽しみたいですね♪

ブランケットネイル セルフ動画☆ポリッシュ編

ポリッシュの場合あまりラインを多くすると大変ですが、ラインは少なくても可愛いです☆

ピンクベースにするととってもガーリーな印象ですね☆グレーとの相性も抜群です!

ブランケットネイル やり方 ポリッシュの場合は手早さ重要!

先ほどの動画はポリッシュのタイダイ柄の作り方ですが、同じかすれ具合とぼかし方のやり方を応用してラインを作れば、ポリッシュでセルフでブランケットネイルを作れます☆かすれるようにラインを描いたあと、透明のマニキュアでぼかしていきますが、その時に、ポリッシュは乾くと固まってしまいぼかせなくなってしまうので、筆を細かく素早く動かしてぼかしていきましょう!

ブランケットネイル セルフ ポリッシュ やり方①

ベースのポリッシュを塗りましょう

まずブランケットネイルのチェックのベースになる色を塗っていきます☆チェックの指は上に色を重ねていくので、マットより乾くのが早い画像のようなパールの粒子入りのものがオススメです!

ブランケットネイル セルフ ポリッシュ やり方②

チェックのラインを描いていきます

チェックのライン上に、ラインの色のポリッシュでランダムに点を描き、透明のポリッシュでぼかしてブランケット風なラインにしていきます!ポリッシュが乾く前にぼかさないといけないので、最初は一気に点を描かずに、少しずつ点を描く→ぼかす→点を描く、というやり方にすると慌てずにできます☆また、透明なマニキュアを重ねすぎると最後乾きにくくなってしまうので、あまり神経質にならずに少量の透明のマニキュアでおおまかにぼかすくらいで大丈夫だと思います!

ブランケットネイル セルフ ポリッシュ やり方③

縦のラインを乾かしてから横のラインを描いて仕上げます

ポリッシュでのネイルアートの最大のコツは、上に色やデザインを重ねるときは、下のポリッシュをしっかり乾かすことです☆ドライヤーの冷風を利用するのもいいと思います!横のラインや他の指を仕上げて最後トップコートを塗って完成です♪

ポリッシュが完全に乾くまでには約24時間かかる?

昨今、速乾マニキュアなどたくさん販売されておりますが、表面だけではなく、中まで完全に乾くのには24時間ほどかかると言われております。ただ表面が乾いてくれば、多少の衝撃はだいじょうぶだったりするので、夜寝る少し前に塗り、表面が少し乾いてから布団に入ると、翌朝はだいぶ乾いているのでオススメです☆一回ぐちゃっとやってしまうとまた塗り直しになってしまって大変なので、塗り終わり直後が一番重要ですね!

さまざまなメーカーからポリッシュの表面を乾きやすくする速乾スプレーも出ています☆完全にすぐ乾くわけではないですが、取り入れてみるのもオススメです♪

ブランケットネイル セルフ 長持ちさせる裏技☆

毎日トップコートだけ重ね塗りすると長持ち!

ポリッシュはジェルに比べると色が剥げてしまうスピードが格段に早いですが、毎日寝る前などにトップコートだけを重ね塗りすると個人差はありますが少し長持ちします☆またベースコートにはマニキュアを長持ちさせる効果や色素沈着の防止作用もあると思うので、ベースコートも使用することをオススメします!

ブランケットネイル 作り方動画集☆

たくさん動画が出ているので自分に合ったやり方を見つけたいですね☆

ラインの描き方が何パターンもあるブランケットネイル!描き方によって仕上がりの雰囲気も違ってくるので、自分の好みの仕上がりになる描き方を見付けたいですね♪

セルフジェルのやり方で、ガーゼでトントンとラインを作るやり方だとアイシャドウチップよりもふんわりとした質感で仕上がります☆

繊維などが付く心配がないのはやっぱりアイシャドウチップを使ったやり方☆このくらいのかすれ具合を出すのにもオススメです♪

ネイビー×ハートのスタッズがアクセントになってかわいいデザインですね♪

仕上がりにグンと差が付く甘皮ケアのやり方☆

ドラッグストアなどにも置いてある甘皮ケア用品☆ケアの前はお湯に手を入れて、皮膚や角質を柔らかくしましょう!5分から10分ほどおいて柔らかくなったら専用のクリームを塗ってガーゼでくるくる爪の周りの皮膚をマッサージしていきます。

ささくれなどがあった場合は必要に応じてニッパーという専用のハサミでカットしていきます☆慣れていない方は無理に切らなくてもだいじょうぶです!

甘皮まわりがすっきりするだけで手先の印象がかなり変わります☆冬は乾燥してささくれができやすい季節なのでよりオススメです♪

パールを使うと一気に冬っぽくなりますよね♪上品さも出るので冬はパールがオススメです!

ファッションがモード系な方には黒のマット仕上げを入れると一気にモード系の雰囲気になるのでオススメです!スタッズとも相性抜群です☆

やっぱりピンクネイルは女性らしさが出てかわいいですね♪

セルフのやり方もマスターしてブランケットネイル たくさん楽しみたいですね☆

今回はジェルとポリッシュ、両パターンでのブランケットネイルのやり方をまとめてみましたがいかがでしたか?セルフでもコツをつかめば取り入れられるのでブランケットネイル、チャレンジしてみてください♪

ネイルについてもっと知りたい方はこちら!

Thumb冬ネイル2016のデザインまとめ!セルフで簡単に雪ネイルやスカルプも!
Thumb【花嫁】結婚式・ブライダルネイルはシンプルが人気!おすすめデザインまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-15 時点

新着一覧