グラデーションカラーをセルフでしたい方必見!簡単なやり方をご紹介!

髪をすてきなグラデーションカラーに染めてみませんか?美容院に行かなくてもセルフで簡単に、値段も安く済むやり方を紹介します。自分でグラデーションカラーを作ったり、髪の毛先だけなど一部を染めるやり方もできます。セルフでグラデーションカラーを楽しんでみては。

グラデーションカラーをセルフでしたい方必見!簡単なやり方をご紹介!

目次

  1. グラデーションカラーをセルフでするメリット
  2. グラデーションカラーのやり方は3パターン
  3. セルフでグラデーションカラーを作るのに必要なもの
  4. セルフで簡単にできるおすすめのブリーチ剤
  5. グラデーションカラーのやり方を動画で確認
  6. セルフで簡単にできるグラデーションカラーのやり方
  7. 自然なグラデーションカラーに仕上げるポイント
  8. ブリーチ剤に抵抗がある人はヘアカラー剤がおすすめ
  9. やり方を間違えて失敗してしまった場合

グラデーションカラーをセルフでするメリット

美容師に頼むより値段が安く済む

美容院でプロの美容師さんにグラデーションカラーのブリーチしてもらうと安くても5000円~というのが一般的な料金なので、市販でお好みのブリーチ剤を購入してセルフでグラデーションカラーに染めるやり方の方がかなり値段を抑えることができます。市販のブリーチ剤は1000円ぐらいで購入可能です。

毛先だけなど少し染めたい時におすすめ

毛先だけや部分的な箇所だなど少しの範囲をグラデーションカラーに染めたいときはセルフで染めれば高いお金を払わなくても済みます。 細かい部分でオリジナルのグラデーションカラーを楽しみたいのなら美容師さんにわざわざお願いしなくてもセルフでやってみるほうが自分の思い通りにできるのではないでしょうか。

黒髪からのイメージチェンジが簡単にできる

黒髪は見た目が暗く、重いイメージになってしまいがちなのでグラデーションカラー使って染めるやり方がおすすめです。1色のカラーで染めるよりも今の黒髪のカラーも利用ししてグラデーションカラーを作ると自然な仕上がりになります。

黒髪から急に明るいグラデーションカラーに変えるのに抵抗がある人は少しずつ明るくしていくといいのではないでしょうか。さまざまなグラデーションカラーのやり方があるので試してみてください。

グラデーションカラーのやり方は3パターン

全体をブリーチしてからヘアカラーで染める

髪全体を染めて後で毛先を明るいカラーで染めるやり方なので髪への負担があります。外国人のような自然なグラデーションカラーに染めたい人はこのやり方がおすすめです。

毛先だけを染める

毛先だけなどの少しの部分だけを染めるやり方なので髪への負担も少なくなり、失敗も少ないので初めてグラデーションカラーをする人はこのやり方がおすすめです。

ヘアカラーだけでグラデーションカラーを作る

ヘアカラーを使うやり方はブリーチ剤よりも髪への負担を抑えられます。髪が傷まないというわけではありません。しっかりと染まるので長持ちします。カラーの種類が豊富なのでカラフルなグラデーションカラーを楽しみたい人はこのやり方がおすすめです。

3つのグラデーションカラーのやり方はそれぞれ手順が違うので、商品の説明書をよく見て染めてください。やり方によってグラデーションカラーの仕上がりにも差が出てしまうので注意してください。

セルフでグラデーションカラーを作るのに必要なもの

ブリーチ剤

ブリーチ剤はたくさんの種類がありやり方もそれぞれ違います。それぞれ成分やグラデーションカラーの仕上がりも違うのでパッケージをよく見てやり方などを確認してから購入しましょう。

放置する時間が違えば仕上がりの色合いも違ってくるので自分がイメージするグラデーションカラーに近いカラーを選んでください。

サランラップ

お家にあるサランラップは髪にブリーチ剤を浸透させるために使います。サランラップ以外にアルミホイルを使うやり方もあります。やり方はブリーチ剤を塗った髪を包むように巻くだけなのでとても簡単です。

ヘアゴム

ヘアゴムはグラデーションカラーの境目の目安に位置に止めて使います。

太めのヘアゴムよりも美容師さんが使うような細めのヘアゴムのほうが使いやすいです。細めのヘアゴムは100均でも買えます。ヘアゴムとヘアピンを使うやり方もあるのでヘアピンもあると便利です。

髪の毛を分かるのに便利なコーム

取手部分の先がとがっているコームを用意しすると髪の毛を分けるのにとても便利です。グラデーションカラーの境目をきれいに分けることができます。コームはカーボン製・プラスチック製・木製のものがあり値段もさまざまなので、ネットで見比べてみてください。

美容師さんが髪を分けるようなやり方できれいに髪を分けることができます。

セルフで簡単にできるおすすめのブリーチ剤

おいしそうなネーミング

LUCIDO-L (ルシードエル) ミルクジャムヘアカラー #クラシックミルクティ の仕上がりイメージはこんな感じです。

グラデーションカラーのやり方を動画で確認

ダブルカラーのやり方のコツ

ヘアゴムを使うやり方

セルフで簡単にできるグラデーションカラーのやり方

ヘアゴムでグラデーショカラーの境目を分ける

グラデーションカラーに染めたい髪をヘアゴムで分けるやり方です。毛先を染める場合は普通の太めのヘアゴムでもいいですが、頭皮に近い髪を染めるやり方をする場合は美容師さんが使っているような細めのヘアゴムが便利です。

ブリーチ剤をムラができないように塗る

手早く、大体15分以内でブリーチ剤をグレデーションカラーに染めたい部分に塗っていきます。ムラができないようい注意してください。

サランラップなどで包み放置

サランラップやアルミホイルで包み、5分~10分ぐらい放置し髪にブリーチ剤を浸透させ好みのグラデーションカラーに染めていきます。

髪の毛先をサランラップやアルミホイルで包むやり方はこんなイメージです。美容院で見かけたことがあるのではないでしょうか。直接髪にブリーチ剤を塗ってやり方よりもアルミホイルに髪を乗せてからブリーチ剤を塗るやり方の方がムラなくできます。

染め終わったらしっかり洗い流す

イメージに通りのグラデーションカラーになるまでブリーチ剤を塗る放置するやり方を何回か繰り返し、染め終わったりシャワーでしっかりと洗い流してください。

自然なグラデーションカラーに仕上げるポイント

毛先を1番明るいカラーに染め上にいくにつれて徐々に自分の髪色に合わせるように暗いカラーで染めるやり方をすると自然なグラデーションカラーに仕上がります。ブリーチ剤で毛先を明るく染めた後にカラーが明るくならないヘアカラー剤で自分の髪色との境目の部分を染めると簡単にグラデーションカラーが作れます。ブリーチ剤を重ね塗りするやり方もあります。

ブリーチ剤に抵抗がある人はヘアカラー剤がおすすめ

ブリーチ剤はきれいに明るく染まりますが、髪の組織の色を抜いて染めるので髪の栄養分も一緒に抜いてしまい髪が傷みやすいです。ヘアカラー剤はブリーチ剤のような明るいカラーに染めることはでいませんが、髪の上にカラー乗せて染めるのでブリーチ剤よりも髪が傷みにくく自然なグラデーションカラーを作れます。髪が傷むのが気になる人はヘアカラー剤でがおすすめです。

市販のヘアカラー剤にはブリーチが含まれている商品もありますので、パッケージをよく見てから購入してください。

おすすめのヘアカラー剤・トリートメント効果の高いカラーバター

カラーが豊富なカラーバターを使うと個性的なグラデーションカラーも楽しめます。やり方次第でオリジナルのデザインも楽しめます。

やり方を間違えて失敗してしまった場合

やり方を間違えてしまったり思い通りのグラデーションカラーにどうしても染まらない場合は美容院で染め直してもらいか、セルフでダークカラーか黒髪に1度染めてから、もう1度染めてみましょう。

失敗しない為にもやり方をよく見てから染めてください。

市販のブリーチ剤を使ってセルフで髪を染めれば美容院で染めてもらうより低価格で済み、毛先だけなど少しの部分だけでも染めるやり方もできます。カラー同士を混ぜ合わせてオリジナルのグラデーションカラーを作るやり方もあります。ブリーチ剤のやり方をよく読んでグラデーションカラーを楽しんでください。

グラデーションカラーについてはこちらもどうぞ!

Thumbグラデーションカラーの髪型まとめ!ボブ・ショートからミディアム、ロングまで!
Thumbグラデーションカラーはアッシュが流行!最新ヘアスタイル画像まとめ!
Thumbヘアカラーグラデーションでピンクが大人気!そのほかおすすめカラー徹底調査!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-23 時点

新着一覧