背中の痛みは病気が原因?左右別に背中の痛みの原因をまとめてみた

あなたの背中が痛いのは、左?それとも、右?ひと口に、背中の痛みといっても、背中の痛みの原因は様々です。それも、背中の左なのか、右なのか、真ん中なのかによっても原因は違ってきます。また、慢性的であるのか、急性的であるのかにもよって原因は違ってきます。

背中の痛みは病気が原因?左右別に背中の痛みの原因をまとめてみた

目次

  1. 背中が痛い!現代の生活では、背中の痛みの原因は多種多様!
  2. 背中が痛い!背中の痛みは、肩こりが原因?
  3. 背中が痛い!背中で痛む場所は?背中の痛みは病気が原因?
  4. 背中が痛い!背中の痛みが左側の場合は、生死に関わる病気が原因?
  5. 背中が痛い!背中の痛みが右側の場合は、お腹の中の病気が原因?
  6. 背中が痛い!背中の痛みが真ん中の場合は、重大な病気が原因?
  7. 背中の痛みにはいろいろな原因が!

背中が痛い!現代の生活では、背中の痛みの原因は多種多様!

背中の痛みといっても、原因が肩こりなど整形外科的なものとは限りません。現代の欧米型の生活や不規則でだらしない生活をしていては、それらが原因で内臓もいろいろな病気に犯されがちです。背中の痛みが左右のどこなのか?また、どんな感じの背中の痛みなのかによって、どんな病気が原因として疑われるかが想像できます。その原因をじっくりみていきましょう。

背中が痛い!背中の痛みは、肩こりが原因?

背中の痛みが、左もしくは右、あるいは両方の首から肩、背中にかけて痛み(張る、凝る)を感じたら、背中の痛みは肩こりが原因かもしれません。肩こりもりっぱな病気です。肩こりでは、吐き気や頭痛があることもあります。

図の左右の僧帽筋が、肩こりの痛みの中心となるのです。左だったり、右だったり、両方痛かったり、背中の痛みはこの筋肉の箇所が原因ということになります。この背中の痛み(僧帽筋の痛み)は、後頭筋と側頭筋にも伝わって、頭痛の原因となることもあります。

背中が痛い!背中で痛む場所は?背中の痛みは病気が原因?

背中の痛みが肩こりでもなく、いつもと違う背中の痛みが襲ったら、それは病気が原因かもしれません!下図のどの辺りが痛いですか?

背中で痛む場所と可能性がある病気

背中の痛みは左ですか?右ですか?あるいは、真ん中ですか?この図で、背中の痛む場所を当てはめますと、疑われる病気が分かります。背中の痛みは、意外と心臓や臓器といったお腹の中が原因となっています。では、背中の痛む場所ごとに、左側、右側、中央と詳しく原因をみていきましょう。

背中が痛い!背中の痛みが左側の場合は、生死に関わる病気が原因?

背中の痛みが左側の場合は、肩こりでないとしたら、心臓が原因のことが多いのです。人体の左側に心臓がありますから、左の背中にも影響するのです。背中の痛みが左側ですと、狭心症や心筋梗塞という生死に関わる病気が原因の可能性があります。

狭心症と心筋梗塞

背中の痛みが左側の時は、狭心症が原因?!

背中の痛みが左側の場合の第一の原因として挙げられるのが、「狭心症」のです。「狭心症」とは、心臓周りの冠動脈が、図のように、血管内にクラークが溜まることが原因で、血流が不足して起きる病気です。左の胸の痛みがよくある症状なのですが、背中の左肩部分が特に痛いときは、この病気の原因が疑われます。背中の左側が痛む時間としては、数分から数十分くらいです。それ以上だと次の病気が原因と考えられます。

背中の痛みが左側の時は、心筋梗塞が原因?!

背中の痛みが左側でもう一つ原因と考えられるのは、「心筋梗塞」です。「心筋梗塞」は、心臓周りの冠動脈が、血管内の血栓によって血液の流れがなくなることが原因で起きる病気です。

一般的には、締め付けられるような胸の痛みがありますが、左肩や左の上腕部分、肩甲骨周りなどの背中の痛みがあります。吐き気や冷や汗、呼吸困難などが起こることがあります。背中が痛む時間としては、30分以上のことが多いようです。血栓を取り除くために一刻も早く処置しないと命に関わります。

背中の痛みが左側の時は、すい臓の病気が原因?!

背中の真ん中に近くなりますが、背中の痛みが左側の時はすい臓の病気が原因かもしれません。まずは、「急性すい炎」が原因ということが考えられます。腹部から背中にかけて、立っていられないほど突き抜けるような痛みの症状があります。腹痛や左から真ん中にかけての重苦しさを感じる背中の痛みであれば、「すい臓がん」が原因かもしれません。黄疸や吐き気も起こります。慢性的に左側の背中の痛みがあるときは、「慢性すい炎」が原因かもしれません。

背中の痛みが左側の時は腎臓の病気が原因?!

背中の痛みが、背中の下部の左側もしくは右側であったら、腎臓の病気が原因かもしれません。腎臓は左側と右側にあるので、病気になった方に背中の痛みが出るということになります。

腎盂腎炎

まず考えられるのは、「腎盂腎炎」が原因かもしれません。図のように、片方の腎臓もしくは両方の腎臓に細菌が入って起こる細菌感染症が「腎盂腎炎」です。左側に発症した腎臓があれば、左の背中の痛みがあります。「腎盂腎炎」が原因で、左の腰の痛みや高熱、膀胱炎の症状が出たりします。

腎結石・尿道結石(膀胱結石、尿道結石)

次に腎臓の病気として考えられるのは、中年の男性には特に多いのですが、「腎結石・尿管結石」が原因ということです。左右一対ですから、例えば、左側の尿管や腎盂を結石が塞いでしまうと、左側の背中の痛みやわき腹、腰の痛みがあります。「腎結石・尿管結石」が原因では、血尿や吐き気、発熱などもみられます。

背中が痛い!背中の痛みが右側の場合は、お腹の中の病気が原因?

背中の痛みが右側

今度は背中の痛みが右側をみてみましょう。背中の痛みが右側の場合は、十二指腸潰瘍や肝臓の病気が原因ということが考えられます。

背中の痛みが右側の場合は、十二指腸潰瘍が原因?!

消化器系の病気では、「十二指腸潰瘍」も起こりやすい病気です。背中の上部の右肩当たりの背中の痛みや右腹部の痛みがあります。

背中の痛みが右側の場合は、肝臓の病気が原因?!

背中の痛みが右側の場合は、肝臓の病気が原因かもしれません。肝臓の炎症や胆石によって右背中の痛みが起こることがあります。

背中の痛みが右側の場合は、腎臓の病気が原因?

腎臓の病気については、背中の痛みが左側の項で述べましたので割愛しますが、右側の腎臓が病気だと、背中の痛みも右側になります。

背中が痛い!背中の痛みが真ん中の場合は、重大な病気が原因?

背中が痛い!

背中の痛みが真ん中

背中の痛みが真ん中の場合は、重大な病気が原因である場合があります。

背中の痛みが真ん中の場合は、急性大動脈解離が原因?

突然に真ん中に激しい背中の痛みが起こったら、「急性大動脈解離」が原因かもしれません。図のように大動脈の内側の壁が裂けてしまう病気です。「急性大動脈解離」が原因では、胸の痛みや腹痛、腰痛も起こることがあります。死に至る場合もあるので、緊急に対処が必要です。

背中の痛みが真ん中の場合は、椎間板ヘルニアが原因?

椎間板ヘルニアのメカニズム

背骨と背骨の間のクッション的役割の椎間板が飛び出すと、神経を圧迫して痛みを発生する病気が「椎間板ヘルニア」です。「椎間板ヘルニア」が原因では、背中の痛みは椎間板が飛び出た部分に激痛やしびれが起こることが多いです。「椎間板ヘルニア」は腰椎の場合が一番多いので、腰の痛みも生じることが多いものです。

背中の痛みが真ん中の場合は、骨粗しょう症が原因?

加齢などによって、骨が折れやすくなったり、もろくなったりする病気が「骨粗しょう症」です。骨がもろくなったことで、背骨が折れてしまったときは、折れた場所に激痛が走りますので、真ん中に背中の痛みがある原因となります。

背骨の圧迫による骨折

骨粗しょう症が原因

背中の痛みにはいろいろな原因が!

ここまで、背中の痛みを、左右別にみてきましたが、いろいろな病気が原因で起こっている可能性があります。中には、すぐ対処しないと生死に関わる病気もありますから、我慢すればそのうち良くなるなどと思わずに、内科なり整形外科なりと医療機関を受診することをお勧めします。

背中の痛みの原因についてもっと情報を知りたいアナタへ!

Thumb肩甲骨の痛みは右?内側?背中?左肩?場所で痛みの原因が違う!
Thumb寝すぎると腰痛が!背中の痛み・肩こりもひどくなる原因をまとめました

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-03-22 時点

新着一覧