感情をコントロールする10個の方法!イライラを抑えて自分を好きになる!

なぜかイライラしてしまい、感情をコントロールできず怒りをぶつけたりしてしまうこともありますよね。そんな自分が嫌だ、イライラを抑える方法が知りたいという人も多いのでは?そこで感情をコントロールする10個の方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

感情をコントロールする10個の方法!イライラを抑えて自分を好きになる!

目次

  1. イライラが止まらない!感情をコントロールする方法は?
  2. 1.深呼吸をして怒りの感情を落ち着かせる方法
  3. 2.イライラの原因を紙に書き出す方法
  4. 3.セロトニンを増やすことで感情をコントロールする方法
  5. 4.自律神経を整えることで感情をコントロールする方法
  6. 5.体を温めてイライラを解消する方法
  7. 6.プラス思考にとらえて感情をコントロールする方法
  8. 7.スキンシップで感情をコントロールする方法
  9. 8.想定の範囲内にする方法
  10. 9.血圧を下げて感情をコントロールする方法
  11. 10.視野を広げて感情をコントロールする方法
  12. 自分に合った方法で感情をコントロールしよう

イライラが止まらない!感情をコントロールする方法は?

ちょっとしたことでイライラしてしまい、感情がコントロールできずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで比較的簡単にできる感情をコントロールする方法を紹介していきます。

1.深呼吸をして怒りの感情を落ち着かせる方法

感情をコントロールする方法に深呼吸があります。怒りで感情がコントロールできなくなっている場合、深呼吸をして少し時間を置くことで落ち着くことも多いです。深呼吸はとても簡単に行える方法なので、手軽に解消したいという人にもおすすめの方法と言えます。

2.イライラの原因を紙に書き出す方法

イライラして感情がコントロールできないとき、思考回路がパンクしてしまっていることで起きていることがあります。そのためまずなぜイライラしているのか原因を紙に書き出し、客観的に自分を見直してみると良いでしょう。

3.セロトニンを増やすことで感情をコントロールする方法

セロトニンはイライラの原因でもある、アドレナリンの分泌を抑えてくれる働きがあります。そのためセロトニンが不足すると常にイライラして、感情がコントロールできなくなることも珍しくありません。

セロトニンの増やし方

セロトニンは太陽の光を浴びることで、活発に分泌されます。

ジョギングやウォーキングなど、ちょっとした運動もセロトニンの分泌を増やす方法の一つです。また適度な運動はストレス発散の効果もあるため、感情のコントロールもしやすくなります。

特にお肉や魚にはセロトニンの材料になるトリプトファンと呼ばれる栄養素が豊富に含まれているため、積極的に摂取すると良いでしょう。

4.自律神経を整えることで感情をコントロールする方法

自律神経が乱れると興奮状態を引き起こす交感神経が優位に働いてしまいます。交感神経が優位に働くと、常にイライラしてしまい感情をコントロールすることが難しくなってしまうことも珍しくありません。

自律神経の整え方

睡眠不足が続くと、常に交感神経が優位に働いてしまいます。そのためしっかり睡眠をとり、興奮状態を落ち着かせてあげましょう。また睡眠は疲れも取れるため、イライラすることも減り感情のコントロールもしやすくなります。

ストレスも自律神経の乱れを引き起こす大きな要因です。ストレスはイライラを促進させる原因にもなるため、発散させることで感情のコントロールにも繋がります。

5.体を温めてイライラを解消する方法

イライラが治まらず、感情がコントロールできないときには体を温める方法も効果があります。なぜなら体を温めることでリラックス効果のある、副交感神経が活発に働くからです。常にイライラして感情が抑えられない人は、一度体を温めてみてはいかがでしょう。

簡単に体を温めたいという人には、温かい飲み物を飲むのがおすすめです。温かい飲み物を飲んで一息つくことで、イライラも自然に治まっていきますよね。感情のコントロールができないときは、温かい飲み物を飲んで一息つくと良いでしょう。

お風呂に入って体を温めるのも良いでしょう。お気に入りの入浴剤を使うなどすると、リラックス効果も高まるためおすすめです。

6.プラス思考にとらえて感情をコントロールする方法

感情がコントロールできずに怒りっぽくなっているときは、マイナス思考のときが多いものです。まずは物事をプラス思考の方法に考えるようにすることで、自然と感情がコントロールできるようになりますよ。

7.スキンシップで感情をコントロールする方法

スキンシップを取ることで、オキシトシンと呼ばれる幸せホルモンが分泌されます。オキシトシンが分泌されることで自然と怒りが治まり、感情をコントロールできるようになるのです。

肩をポンと叩くだけでも、感情のコントロールには効果的。ガッツリスキンシップは恥ずかしいという人でも、肩をポンと叩くだけならば簡単にできますよね。

8.想定の範囲内にする方法

予期せぬトラブルが起きたとき、人はイライラしてしまうことも多いです。しかしイライラの原因を想定の範囲内にすることで、冷静に判断することができ感情のコントロールに繋がります。予期せぬトラブルが起こりイライラしたときは、「想定の範囲内」と言い聞かせるだけでも効果的ですよ。

9.血圧を下げて感情をコントロールする方法

よく怒ると血圧が上がると言いますよね。実は血圧が高いと怒りっぽくなり、感情のコントロールが難しくなることも多いです。そのため血圧を下げる生活を送ることを心がけましょう。

血圧を下げる方法

適度な運動を行うことで、血圧を下げることができます。

塩分の取り過ぎは血圧を上げる原因にもなるため、塩分控えめな食生活を心がけましょう。

10.視野を広げて感情をコントロールする方法

些細なことでもイライラしてしまうときは、視野が狭くなっていることが多いです。視野を広く持つことで、心にゆとりができ感情もコントロールできます。まずは視野を広げるよう心がけてみてはいかがでしょう。

自分に合った方法で感情をコントロールしよう

いかがでしたか?
感情をコントロールする方法は、精神的な改善と肉体的改善があるということがわかりましたよね。今回紹介した10個の方法を参考に、ぜひ自分に合った感情のコントロール方法を見つけてみてはいかがでしょう。

感情の関連記事はこちらから

Thumb猫の気持ちを知る方法!瞳を見れば感情がわかる!瞳孔が開いた時は?
Thumbデグーの鳴き声の意味や種類とは?動画あり!感情豊かでかわいい!
Thumb職場恋愛の脈ありどう分かる?男性の感情サインを知り発展させよう♪

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-14 時点

新着一覧