クリスマスキャンドルの意味や飾り方・簡単な作り方&アレンジ

古くから行われているクリスマスのキャンドルの風習。どんな意味があるの?アドベントキャンドルの考え方。冬を彩るキャンドルの灯りでほっこり気分になる。クリスマスにキャンドルを手作りしたい。簡単な作り方や飾り方のアレンジをご紹介。クリスマスにキャンドルをテーブルへ。

目次

  1. クリスマスに灯すキャンドルの風習・意味を簡単にご紹介
  2. アドベント・キャンドルの風習と意味
  3. アドベント・キャンドルには2つの方法がある
  4. クリスマスキャンドルの簡単な作り方・飾り方をご紹介
  5. クリスマスキャンドルの意味や風習、簡単な手作りアイディアなどをご紹介

クリスマスに灯すキャンドルの風習・意味を簡単にご紹介

クリスマスにはどうやらキャンドルを欠かさないのが欧米スタイルらしい。でも説明されてもなんだかよくわからないという方も少なくないと思います。クリスマスにキャンドルを飾る風習、いつから始まったのでしょうか。諸説あるクリスマスキャンドルの意味と成り立ち。簡単に説明してみたいと思います。そもそもはは冬に飾るキャンドルは、春がもうじき来ることを願う冬至のお祝いに用いられたもの。電気のなかった時代、暖炉にキャンドルで冬を過ごしていた時代までさかのぼります。

mojirisanさんの投稿
15535293 361375697561861 6920949097213984768 n

教会では、クリスマスにキャンドルを灯しクリスマスキャロルを歌うサービスを行います。イエス・キリストの生誕地ベツレヘムでは、クリスマスに星を意味した巨大なキャンドルを飾ったという記録は中世にまでさかのぼります。イエスキリストは世の光とも言われます。その後のアドベント・キャンドル、アドベント・クラウンに続く風習の起源はこのベツレヘムの星からスタートしたとされています。

sonic_zxさんの投稿
14583374 237586453332029 5001952413666508800 n

クリスマスツリーの飾りつけは古くはキャンドルが用いられていました。安全性の高い現在の電飾のクリスマスライトができるまでは、キャンドルを生のクリスマスツリーに飾る風習がありました。

アドベント・キャンドルの風習と意味

migiwa_endouさんの投稿
15101685 234503493638002 8874872892899196928 n

アドベントという考え方も少しずつ浸透しつつあります。アドベント・カレンダーに飴やチョコ、小さいおもちゃを入れて子どもたちのために準備しているご家庭も増えているようです。アドベント・キャンドルはもう少し宗教色が強い風習ということになります。アドベント・キャンドルを行うにはふたつの行い方があり、どちらも教会を中心にクリスマスまでのカウントダウンとして行われています。

アドベント・キャンドルには2つの方法がある

chicoco_lifeさんの投稿
15624128 1898541063707358 2998693415278870528 n

アドベント・キャンドルはほぼ1か月にわたって行うクリスマスまでのカウントダウン。最初の1本は12月1日に火を灯しキャンドルが燃え尽きるまで灯します。

アドベント・キャンドルで24日までカウントダウン

そうやって毎日キャンドルを灯していき最後の1本はクリスマスに灯してお祝いをするというもの。クリスマスまでのアドベントを12月1日から24日まで行うことは、アドベント・カレンダーと同様ですね。

youuuuu20さんの投稿
15534614 382304918771954 3335765476620894208 n

アドベント・キャンドルをリースの上で行うものはアドベント・クラウンと言われています。テーブルセンターに常緑樹などを材料にしたリースに4本のキャンドルを丸くアレンジして置きます。真ん中に1本、キャンドルをセットします。真ん中のキャンドルは省略されることもありますし、別途キャンドルスタンドなどに準備されることも。伝統にのっとると5本使用するということになるようです。アドベントはクリスマス前の日曜日から数えて4週前の日曜日からスタート。最初のキャンドルに火を灯します。次の週末には最初のものと合わせて2本のキャンドルに火を灯します。クリスマスの日にはすべてのキャンドルに火を灯すという風習です。

decoupage_idlewildさんの投稿
14727411 988101257961199 1571300655526576128 n

最初のキャンドルにはイエス・キリストの生誕を予言したイザヤをはじめとする予言者をあらわす意味があります。2本目は聖書をあらわす意味があり、3本目はイエスの母マリアの意味が、4本目には洗礼者ヨハネの意味があるとされています。このあたり、宗旨宗派によって諸説解説はあるようです。

キャンドルの色に込められた意味

chima_candleさんの投稿
21107879 1820622537953493 8510005388060393472 n

アドベント・キャンドルは色にも大きな意味が込められています。アドベント・クラウンではブルーか紫色のキャンドルを用いるケースが多いといいます。3本目のキャンドルはイエスの母マリアの意味を持つということから、この1本だけはピンクやローズ色を使うことも。5本目のキャンドルがキリストをあらわす意味があるということで、24日クリスマスの日に灯す5本目のキャンドルを白にすることも。純潔でけがれのない白いキャンドルをリースの中央に置くということです。

アドベント・クラウンの風習

cocovelas_classさんの投稿
21041317 112553872788513 3418411140001038336 n

北欧ではアドベント・クラウンはその名のとおり頭にキャンドルを冠にしてかぶり教会のキャンドルサービスを行います。

クリスマスキャンドルの簡単な作り方・飾り方をご紹介

suirenca.advance_officialさんの投稿
20986662 1337564103022441 5932049125171265536 n

クリスマスツリーにも取り入れられている灯りの演出。クリスマスキャンドルもやはりほんのりと温かい灯りでクリスマスのムードを盛り上げてくれる存在です。クリスマスキャンドルの簡単な作り方、飾り方やアレンジをまとめてみます。

簡単なキャンドルホルダーのアレンジと作り方

japanartpaperさんの投稿
20759416 324901504638080 6011836818528403456 n

グラスのキャンドルホルダーにグリーンをプラス。100均の造花でも楽しめます。作り方も簡単です。スプレー糊でグラスに直接貼り付けてから、グラスのサイズにあわせて余った部分をカット。シンプルですが仕上がりがキレイです。高さのあるグラスならば太目の存在感のあるシンプルなキャンドルをセットする飾り方がぴったり。浅いガラスならばティーライト型のキャンドルをぽんとのせるような飾り方がおすすめ。

ワイングラスのキャンドルホルダーアレンジ

ruiruirui55さんの投稿
17882800 191854487999687 821331208808955904 n

ワイングラスをさかさまにするキャンドルホルダーのアレンジ。ワイングラスだけに、さかさまになった部分をさまざまにアレンジできます。クリスマスのオーナメントを入れただけのアレンジですが、台座になる部分に鏡を使って反射の美しさを楽しんで。ろうそくが溶けたときのことを考えて、プレートなどにセットして。安定したバランスで安全に飾りましょう。

クリスマスのミントキャンディーをキャンドルにアレンジ

mackey.5023さんの投稿
11410437 1169301416516424 4681891626862247936 n

作り方はとても簡単。グルーガンを使用していますが、他の接着剤でも。クリスマスのミントは赤と白のカラーが魅力。他にもシナモンスティック、ゲ月桂樹の葉、ドライフルーツ、コーヒー豆、小豆、キャラメル、松ぼっくり、どんぐり、小枝などあらゆるものを直接キャンドルに糊付けするキャンドルの作り方のアレンジがあります。クリスマスミントキャンディーのミントと甘い香りも楽しめます。

フルーツをプラスしたキャンドルのテーブルセンターアレンジ

pjq.pjqさんの投稿
15624524 1534657616561887 5989834529999683584 n

ガラスのボールにティーライトキャンドルをアレンジ。周りにオレンジの輪切りを並べてカラフルに。香りもよさそうですよね。テーブルの真ん中に置けば華やかなムードに。

テラコッタを使ったキャンドルの飾り方とアレンジ

土を入れたりオアシスに枝ものをアレンジしてキャンドルの周辺の隙間を埋めたり、テラコッタを使ったフラワーアレンジにキャンドルをプラスしてみるアイディアも簡単でアレンジの幅の広い飾り方です。

kicooriさんの投稿
15538799 169610653515660 3978420608487653376 n

テラコッタに直接キャンドルを流し込んで固める作り方もあります。手軽な手作りキャンドルのキットなどを利用すると、手作りも簡単です。

クリスマス・ペパーミントキャンディー・キャンドル

chiroyama3さんの投稿
15624291 387882138230012 4971613000910766080 n

手作りのキャンドルを作る際にペパーミントオイルを数滴プラスすることで、ペパーミントキャンディーの香りをつけたクリスマスのペパーミントキャンディーキャンドル。できあがったキャンドルは、ペパーミントキャンドルをひもで結わえて添えたり、赤白テーマのカラーコーディネイトでデコレーション。エッセンシャルオイルを数滴プラスするというアイディアをアレンジすると、ジンジャーブレッドマンをテーマにしたり、ストロベリーケーキをテーマにしたり、無限大にアイディアが広がりそうです。メイソンジャーを使うとキャンドル作りも簡単で、仕上がりも間違いがなさそうです。

クリスマスも安全第一というアナタに電池式のティーライト・キャンドル

ボタン電池で稼働するティーライト型のキャンドル。100均でもおなじみのアイテムです。アレンジ自在のティーライト型キャンドルを使って、サンタのツリーオーナメントも簡単に作れます。ツリーに、リースに、窓際のデコレーションにとさまざまな飾り方のアレンジができるのもいいですよね。

makichi616さんの投稿
15625460 401329486865570 4462002035885080576 n

火を使わないので家の中でも安心。つけっぱなして忘れてしまっても慌てることもありません。紙を使ったキャンドルホルダーを手作りできるので、キャンドルの飾り方のアレンジの幅も広がります。

furanana_romukaさんの投稿
15624202 1577592862257838 8154804596179468288 n

ランタン風のティーライト型キャンドルのアレンジ。火を使わないタイプなら、壁からかけたり床に置いたり、飾り方も場所も特別選びません。子ども部屋などにもよさそうですよね。

aymu4さんの投稿
15624542 231965533909831 7835032061810311168 n

天井から下げて楽しむキャンドルの灯り。窓際にたくさんつるしたり、ディナーテーブルの周りに間接照明としてプラスしたり、飾り方のアレンジはアイディア次第です。

クリスマスキャンドルの意味や風習、簡単な手作りアイディアなどをご紹介

lis_candleさんの投稿
15306536 267530266996829 375722274470232064 n

クリスマスのデコレーションをワンランクアップしたいヒトに、キャンドルの取り入れ方をご紹介してみました。生活にキャンドルを取り入れると、長い冬の夜もほっこりした気持ちに。安全が気になる人は電池式のティーライト型キャンドルが便利です。おすすめです。

クリスマスの関連記事はこちらから

クリスマス(サンタクロース・リース等)折り紙の折り方・作り方! | Pinky[ピンキ-]
【クリスマス料理レシピ】簡単人気のディナー・パーティーレシピまとめ | Pinky[ピンキ-]
クリスマスのインテリアコーディネートまとめ!手作り雑貨も紹介! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ