七草粥の由来は?『春の七草』とは?種類とそれぞれの意味も紹介!

お正月に食べる七草粥。そんな七草粥にはいったいどんな由来があるのでしょうか。また、七草粥に入れる春の七草のそれぞれの由来にはどんな意味があるのでしょうか。七草粥に入れる若草の意味と効果を解説しながら、七草粥の由来について説明しています。

目次

  1. 春の七草を使う、七草粥の由来とは
  2. 七草粥と中国のつながり
  3. 七草粥に込められた願いの由来とは
  4. 七草粥の春の七草とは、どんなものを入れるのか、その七草の由来
  5. 七草粥の由来をかみしめながら、自然の栄養を吸収して健康に過ごしましょう。

春の七草を使う、七草粥の由来とは

ヘルシーで身体に良い七草粥とは

みなさんは、七草粥を食べたことはありますか?名前は聞いたことはあるけど、意外に食べたことがないという人もいるかもしれません。そんな七草粥の由来や入っている春の七草の意味について説明します。

mangochihoさんの投稿
15802971 1641498339485122 1408471809610743808 n

七草粥の由来

七草粥は、春の七草をおかゆにして食べるものです。無病息災と五穀豊穣の祈りが七草粥の由来になっています。お腹に優しいおかゆと栄養たっぷりの七草がお正月の疲れを癒してくれます。

supertastermelさんの投稿
16906212 991273394339884 6171787061398339584 n

1月7日に七草粥を食べるのは『人日の節句』が由来

七草粥をいつ食べればいいのか、と思った方もいるかもしれません。七草粥を食べるのは1月7日に食べるものなのです。なぜ1月7日に七草粥を食べるというと、それは『人日の節句』が由来となっています。これは3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句を合わせて『五節句』の1つにあたります。

makie723さんの投稿
15803744 130566197446657 4351958810483490816 n

七草粥と中国のつながり

なぜ『人日の節句』に七草粥を食べるのか

古代中国では伝統的に、1月7日に7種類の若菜で作った汁ものを食べていたのが由来だそうです。その理由は中国では役人の昇進が1月7日に決められたのが由来だったようです。日本が七草粥を食べるようになったのは平安時代ごろからです。日本にもその中国の文化が伝わり七草粥を食べる由来になりました。もともと日本には、年始に若草を摘んで、自然から力をもらうという風習があったようです。

mayumi.motohashiさんの投稿
15802106 248669815568842 8450044556526747648 n

七草粥に込められた願いの由来とは

江戸時代には幕府公認の公式行事

お正月の時期に七草粥を食べる意味は、正月のごちそうで胃にかかった負担を和らげ、七草で栄養を補給する意味があります。春の七草を食べる七草粥の文化は広まり、江戸時代には将軍以下の全ての武士が七草粥の願いを信じて、食べる儀式を行っていたそうです。

pamplona0707さんの投稿
15876155 1773243179667016 4768438469166891008 n

七草粥の春の七草とは、どんなものを入れるのか、その七草の由来

七草粥に入れる若菜の種類

七草粥に入れる春の七草は、御形(ごぎょう)、蘿蔔(すずしろ)、菘(すずな)芹(せり)、薺(なずな)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)があります。この7つの種類の若草を入れることで、七草粥が出来上がります。

inkororinさんの投稿
15803739 1706906179599513 3909192117997535232 n

春の七草①:御形(ごぎょう)

御形は、草餅に使われることが多い若草です。この御形は風邪や発熱の予防効果があるため、七草粥の春の七草に選ばれたとされています。

sheep_viewsさんの投稿
13257172 1575802152718892 871755507 n

春の七草②:蘿蔔(すずしろ)

蘿蔔は大根のことです。そのため七草粥には葉だけではなく大根の根の部分も使われます。風邪を予防する効果と、大根の胃の消化をスムーズにしてくれる働きが七草粥に選ばれた理由だとされています。

jitokkojidori.kurumaさんの投稿
16585139 768042670013103 2205739497776218112 n

春の七草③:菘(すずな)

七草粥の菘とはカブのことです。カブには豊富なビタミンが含まれています。大根同様、風邪の予防効果が期待できます。

fumihito_ishizawaさんの投稿
17126372 268582683567584 868983471526117376 n

春の七草④:芹(せり)

七草粥の芹は、水辺で育つ水菜の一種です。芹には食欲不振を改善する効果があり、七草粥を食べることで、年始の疲れを改善してくれる効果があります。

magutasuさんの投稿
18445034 289773284797987 4624995662516191232 n

春の七草⑤:薺(なずな)

薺は別名『ぺんぺん草』と呼ばれています。殺菌効果や血液の循環を促進してくれる効果があります。また解熱や利尿効果があり、風邪をひきやすい寒い季節に最適な若草です。

______n152さんの投稿
1168753 1778654309029429 1549093129 n

春の七草⑥:繁縷(はこべら)

繁縷は七草粥の中で、ビタミンAが豊富な若草です。ビタミンAには目の疲れや腹痛を解消してくれる効果があります。お浸しにして食べることも出来ます。

sidesliperさんの投稿
18253320 806973926134089 3894164869242421248 n

春の七草⑦:仏の座(ほとけのざ)

七草粥の最後の1つ仏の座は、食物繊維が豊富なため、体の老廃物を便と一緒に排出してくれる役割があります。

koharu_ppsさんの投稿
12231006 1002146389821715 5509228 n

秋の七草も存在する

七草粥に使われる春の七草以外にも、秋の七草という物も存在します。それは『萩(ハギ)、桔梗(キキョウ)、葛(クズ)、藤袴(フジバカマ)、女郎花(オミナエシ)、尾花(オバナ/ススキのこと)、撫子(ナデシコ)』です。七草粥に使われる春の七草と違って、こちらは食べるのではなく、鑑賞するものです。

kirikidaisukeさんの投稿
21296694 114031332643524 8522534675246219264 n

七草粥の美味しい作り方

七草粥の作り方は簡単です。おかゆと七草は別々に準備します。おかゆをゆっくりと作っている間に、春の七草を切り分けます。その七草をフライパンでごま油で軽く炒め、しょうゆとみりん、砂糖で味付けます。炒めた七草をおかゆに混ぜて、仕上げたら七草粥の完成です。七草を最初から一緒に茹でてしまうより、青臭さが改善されると思います。

riepon.daizu.azukiさんの投稿
15801993 185448535263791 8482091970401927168 n

七草の代用品にはほうれん草や小松菜を使用

七草が手に入らない場合は、他の野菜代用することもできます。七草粥に込められた願いから、少し逸れてしまいますが、それでも、七草のうちのいくつかは用意し、足りない分は他のもので代用してもいいです。七草粥の若草が手に入らない場合は、ほうれん草や小松菜がおすすめです。鉄分が多く、これは赤血球を作る元になります。その効果は貧血予防になります。また、抗酸化作用があり、活性酸素という細胞を酸化せてしまうものを抑制する効果があります。

konosatofarmさんの投稿
21433531 1940182442886300 8420938628313645056 n

七草粥の由来をかみしめながら、自然の栄養を吸収して健康に過ごしましょう。

年始の体が弱っている時期に七草粥はとっても効果的

古くから七草粥が親しまれてきた理由が分かりましたか?七草粥にはビタミンや鉄分、風邪予防や利尿効果など、健康に過ごすための栄養がたくさん含まれています。お正月の疲れを改善するためにも、七草粥を食べて新しい1年を健康に過ごしましょう。

dxm8975さんの投稿
15802347 1834643163482056 1583688204496666624 n

七草粥の関連記事はコチラ

おいしい七草粥の簡単レシピ・作り方まとめ!人気のアレンジ方法も紹介 | Pinky[ピンキ-]
七草粥はいつ食べる?理由や七草粥に合うおかず・付け合せも紹介! | Pinky[ピンキ-]
七草粥に合う献立まとめ!夕食メニュー&人気の簡単レシピを紹介! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ