スタバのカフェミストとは?美味しいカスタマイズとカロリーを紹介!お得な裏技も

雰囲気がよくておしゃれな店内のスタバ、毎日通っても楽しめるお店です。でも頻繁に行くにはお金もかかるしと思っていた人におすすめの情報です。スタバのカフェミストで素敵な時間を過ごすことができます。カスタマイズを楽しんでオリジナルのカフェミストを完成させてください。

スタバのカフェミストとは?美味しいカスタマイズとカロリーを紹介!お得な裏技も

目次

  1. スタバとは?
  2. スタバはいつ日本に来たの?
  3. スタバのカフェミストとは
  4. スタバのカフェミストとラテの違い
  5. スタバのカフェミストとカプチーノの違い
  6. スタバのカフェミストのカロリーは?
  7. スタバと言えばカスタマイズ
  8. スタバのカフェミストでカスタマイズ
  9. スタバの裏技
  10. スタバのカフェミストでほっとひと息

スタバとは?

1971年アメリカのワシントン州シアトルのパイク・プレイス・マーケットにスタバの1号店がオープンします。シアトルを中心にレストランやエスプレッソバーにコーヒーを広めていきます。

その頃、イタリアのミラノにエスプレッソバーが1500店舗もあることを知り、アメリカでもエスプレッソバーの需要が出るのではないかというアイデアが浮かびます。

その後シアトルの繁華街に出店した新店舗でコーヒーバーを試験的に行い大成功します。そこから現在知られているようなスタバのカフェスタイルが始まっていくのです。このようにしてスタバが世界各国へと店舗拡大していきます。

スタバはいつ日本に来たの?

そんなスタバとは、いつ日本に来たのでしょうか。1995年にスターバックスコーヒージャパン株式会社を設立しました。そして1996年8月に東京の銀座に1号店がオープンしました。

その頃のスタバとは、カフェ店舗としては北米のみで、日本へのカフェ出店は北米以外の市場に初めて出店したということになります。2016年6月には日本の店舗数は1198店舗となりました。

それぞれのスタバの店舗がそれぞれの個性を出していくことを応援していて、スタバスタッフのお客様に対するホスピタリティ教育が行き届いています。

スタバのカフェミストとは

スタバのカフェミストとは一体どういったものでしょうか。スタバのカフェミストとは、高品質のアラビカ種コーヒー豆から作ったドリップコーヒーにスチームミルクやフォームミルクをのせたコーヒーです。

カフェミストはコーヒーとミルクでできているので、とてもシンプルで美味しい飲み物です。スタバのカフェミストは、ミルクを使っているので胃にも優しく体を温めることができ、ほっとひと息つくことができます。

スタバのカフェミストとラテの違い

スタバのカフェミストはコーヒーとミルクを使って作られているということですが、それではスタバのカフェミストとスタバのラテとは何が違うのでしょうか。

スタバのカフェミストではドリップコーヒーを使っていますが、スターバックスラテにはエスプレッソを使います。カフェミストはドリップコーヒーを使っているのでラテよりも苦味が抑えられています。

もともとラテはイタリアで生まれた飲み物です。エスプレッソに牛乳を加えたものです。このイタリア生まれのラテを元にアメリカではエスプレッソにスチームミルクを加えるようになりました。スターバックスラテはエスプレッソにスチームミルクやフォームミルクを加えて作られています。

Thumbホットケーキミックスでスコーンが簡単にできちゃう!スタバ風が人気!

スタバのカフェミストとカプチーノの違い

次にカフェミストと同じようにコーヒーと牛乳で作られているカプチーノとの違いについてご説明します。

カプチーノもイタリア発祥の飲み物です。陶器のカップに入れたエスプレッソに泡立てた牛乳を一気に加えて作られていました。スタバでは、エスプレッソにフォームミルクを加えて作っています。

スタバのラテとカプチーノの違いはスチームミルクとフォームミルクの量の違いということになります。ふわふわのフォームミルクを楽しみながら美味しいカフェタイムを満喫したいですね。

カフェミストはカプチーノに比べてフォームミルクが少ないです。そういった点でふわふのミルクを楽しみたい時はカプチーノ、すっきりミルクを楽しみたい時はカフェミストと選ぶといいでしょう。

スタバのカフェミストのカロリーは?

カフェミストにはミルクが入っているということで、気になるのがカロリーですよね。スタバのカフェミストのカロリーはどのくらいあるのでしょうか。

ミルクを使ったトールサイズのスタバのカフェミストだと126キロカロリーになります。スタバでは色々なカスタマイズができるので、オリジナルの美味しいカフェミストを作るのも楽しいでしょう。例えば豆乳を使ったカフェミストだと121キロカロリーになります。

スタバと言えばカスタマイズ

スタバと言えば自分好みでアレンジができるカスタマイズがおすすめです。

これまでのコーヒーは店から出されたものを飲むというものでしたが、スタバでは無料のものから有料のものまでさまざまな種類のアイテムで、カスタマイズすることができます。

同じカフェミストであってもカスタマイズの違いで、全く違うカフェミストに変化させることができます。例えば、店内にあるコンディメントバーにはシナモンパウダー、バニラパウダー、ココアパウダーなどがあるので、ほんのちょっと加えるだけでも香りや味に変化を与えることができます。

スタバのカフェミストでカスタマイズ

スタバのカスタマイズアイテムでもっと楽しみましょう。

スタバのカフェミストをクリーミーにしたい

クリーミーなスタバのカフェミストを飲みたいという時には、ホイップクリームを追加したり、スチームミルクの調整をするとよいでしょう。

ホイップクリームを追加してチョコレートソースやキャラメルソースなどを加えてもまた美味しいカフェミストに変化します。

甘くしたい

甘くて美味しいスタバのカフェミストが飲みたい時には、料金の追加でバニラシロップ、キャラメルシロップ、ヘーゼルナッツシロップなど好みのシロップを追加するとよいでしょう。

スタバ店内にあるコンディメントバーには、コーヒーシュガー、ダイエットシュガー、はちみつ、シナモンパウダーなど無料でカスタマイズできるものがたくさん準備されています。

そういったものでも、十分美味しいカフェミストにカスタマイズすることができます。充実したコンディメントバーが無料で使えるというスタバはとてもお得です。

ダイエット中におすすめのカフェミスト

ダイエット中だとミルクが気になってブラックコーヒーを注文しがちですが、ミルクを使ったものが飲みたい時もありますよね。そんな時にもカフェミストがおすすめです。カフェミストを注文する際に、ミルクのカスタマイズでカロリーを調節することができます。

例えば、低脂肪タイプのミルクに変更するとトールサイズで99キロカロリーになります。

また無脂肪乳に変更すると73キロカロリーとなり、ミルクの時よりもかなりカロリーを抑えたカフェミストにすることができます。女性にうれしいことが多い豆乳を使ったカフェミストへの変更ということも可能です。豆乳を使ったカフェミストは美肌やアンチエイジング、肥満予防、イライラ予防といったことも効果があります。

コーヒーを引き立たせたい

カフェミストのコーヒーの味を楽しみたい時におすすめなのが、カフェミストのコーヒーの量を増やすという方法です。

その他にはエスプレッソショットの追加もおすすめです。カフェミスト内のコーヒーの量を増やすことでコーヒーの味を引き立たせますが、逆にミルクの量を増やしたりということもできるので、好みによって好きなカフェミストへ調節していきましょう。

カフェインを抑えたい

妊娠中や授乳中などカフェインを抑えたいけど美味しいコーヒーが飲みたい時におすすめなのが、ディカフェです。またその他の理由でカフェインを抑えたいという方にもおすすめです。

カフェインは適度な量であれば体にもいい影響がありますが、摂り過ぎてしまうと悪影響を及ぼす場合があります。スタバのディカフェは水洗式で抽出されたもので、97%のカフェインが取り除かれています。

出来上がるまでに少し時間がかかるので、時間に余裕をもっていくとよいです。カフェミストを注文する際にディカフェを使ってと伝えることで、ディカフェのカフェミストになります。

スタバの裏技

温度調節

裏技のひとつとしておすすめなのが、温度調節です。実はスタバのコーヒーは熱めやぬるめと温度調節することができます。あまり知られていな裏技ではありますが、きちんとスタバのカスタマイズアイテムにも紹介されています。エクストラホットとライトホットという裏技です。

ワンモアコーヒーでカフェミスト

スタバにはワンモアコーヒーというお得なものがあります。ドリップコーヒーを注文した人には2杯目のドリップコーヒーが108円で購入できるというお得な裏技です。1杯目に購入した時のレシートにワンモアコーヒーの案内があるので、捨てずに2杯目購入の時にお店の人に見せましょう。ミルクを追加してカフェミストにして飲むことができます。2杯目の購入は1杯目購入のお店でなくてもいいので、自分で使っても家族や友だちにレシートをあげてもいいですね。購入日当日限りなので注意して、このお得な裏技を存分に使ってください。

このワンモアコーヒーでのお得な裏技には続きがあって、その場でワンモアコーヒーのレシートを使うこともできます。例えば友達と一緒にレジに並んでいて、一人がドリップコーヒーを頼みます。精算を済ませたら一緒に並んでいた友人がそのレシートを使ってワンモアコーヒーで購入するという方法です。

その時にミルクを追加してカフェミストにすることもできます。また他の裏技としては、コーヒー豆の種類を変更したりカスタムアイテムである豆乳を加えて豆乳のカフェミストにする方法もあります。カスタムアイテムを使う時は、108円とは別に料金がかかる場合があります。

カスタマイズにお金をかけたくない場合は、コンディメントバーのものを使うとよいでしょう。そうするとお得にスタバの裏技を満喫することができます。

スタバのカフェミストでほっとひと息

スタバの店内はおしゃれで、季節によって雰囲気が変わりとても居心地がいいです。疲れを癒したり気分転換するのにおすすめのお店です。

スタバのシンプルで美味しいカフェミストをぜひお得に楽しんで下さい。また色々なカスタマイズを試すことで、オリジナルのカフェミストを見つけて、ほっとひと息つきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-19 時点

新着一覧