ソーセージとウインナーの違いは?太さで呼び方が変わる!味や材料は?

普段何気なく「ウインナー」や「ソーセージ」と呼ぶあの食べ物。これらの違いはご存知でしょうか。今回はよく似ているけどちょっと違う、ウインナー・ソーセージの違いについてまとめました。今後お買い物をする際にはちょっと意識して購入してみてはいかがでしょうか?

ソーセージとウインナーの違いは?太さで呼び方が変わる!味や材料は?

目次

  1. ウインナーはソーセージの種類のひとつ
  2. 保存食として作られたのが始まり
  3. 世界中で愛されるソーセージ
  4. 違いは太さと材料にアリ!
  5. ソーセージとウインナーのカロリー・栄養素の違い
  6. 日本でよく知られているソーセージの種類
  7. 原材料の半分が魚である「魚肉ソーセージ」
  8. お弁当の定番!赤ウインナーと他のウインナーの違いは?
  9. オススメ!ウインナーソーセージ5選
  10. 違いを知れば、より楽しめる!

ウインナーはソーセージの種類のひとつ

ウインナーもソーセージも種類はいくつかありますが、もともとはソーセージという大きなひとつのカテゴリーでくくられます。ウインナーとソーセージの違いというと一般的には長さや材料の違いと認識している人が多いのですが、実はそんな単純なものではありません。日本農林規格(JAS)によってウインナーとソーセージの違いはしっかりと定義されています。

保存食として作られたのが始まり

ソーセージの歴史はとても古く、ハムよりも前。約3500年前にエジプト、中近東地方でソーセージのようなものが食べられていたという伝承があります。ソーセージという名前の由来はいくつか存在し、「塩漬けして貯蔵された肉」の意味をもつラテン語である「salsus(サルサス)」からきたもの・ドイツ語の豚「sau(ザウ)」と材料のひとつであるスパイス「sage(セージ)」が合わさったものと考えられています。

「ソーセージ禁止令」が発令されたことも!

古代ローマ人はハムやソーセージが大好物。そのため、毎年恒例のお祭りの際にはいつもソーセージが出されていました。「ソーセージ禁止令」が発令されたのは、四世紀の中頃。キリスト教を公認したローマ皇帝により、贅沢だという理由でソーセージを食べるのを禁止する法令を下しました。

しかし、反発したローマ人はソーセージの密造をおこない、これによってソーセージ禁止令は廃止。以前にも増してソーセージ作りが盛んになったようです。

世界中で愛されるソーセージ

1096年に組織された十字軍の騎士により、イスラム諸国からさまざまな文物を持ち帰ってきたこと・ヨーロッパ内で人やモノの動きによってソーセージの製法が発展。東方からもたらされたさまざまな種類のスパイスが特にソーセージの味や質を向上させました。

12世紀ごろにはヨーロッパ全域でソーセージ作りがおこなわれ、ドイツでは巨大ソーセージをシンボルとして大勢で担いで街を歩くお祭りが催されるなど一気に人気食材へと変化。

各地でさまざまな種類のソーセージが作られるようになったのもこの頃です。風土や食習慣による違いや工夫があったからこそ、現在のフランクフルト・ボローニャ・モデラートなどという地名を使った種類のソーセージが完成したのですね。

ウインナーはオーストリア生まれ

ソーセージやウインナーは、発祥の地に由来した名前が付けられています。ウインナーの発祥はオーストリア。オーストリアのウィーンで作られるようになり、種類豊富なソーセージの中で、日本はもちろん世界的に有名なソーセージとなっています。「フランクフルトソーセージ」や「ボロニアソーセージ」も同様に、ドイツのフランクフルト・イタリアのボローニアが発祥です。

日本での始まりは長崎から

オランダ人によって日本にソーセージが伝わったのは幕末頃。当時交流のあった長崎よりもたらされ、生産されたのが始まりです。太平洋戦争直前までは外国人、比較的裕福な日本人を対象として生産・販売されていました。一般的に販売されるようになったのは昭和30年代頃だといわれています。

違いは太さと材料にアリ!

前記したように、日本におけるソーセージ各種の違いはJASによって太さ・材料ともに定められています。ただしこれらは日本のみ。本場オーストリアではウインナーをフランクフルトと呼び、ドイツではウインナーと呼びます。地方によって同じ製品でも呼び名に違いがあるのですね。

ウインナーソーセージ

羊腸を使用したもの又は製品の太さが20mm未満のもの。(牛腸を使用したもの及び豚腸を使用したものを除く)

フランクフルトソーセージ

豚腸を使用したもの又は製品の太さが20mm以上36mm未満のもの。(牛腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)

ボロニアソーセージ

牛腸を使用したもの又は製品の太さが36mm以上のもの。(豚腸を使用したもの及び羊腸を使用したものを除く)

ソーセージとウインナーのカロリー・栄養素の違い

ウインナーは1本あたり64kcal

ウインナーとソーセージの違いが「太さ・材料にある」とわかったところで、栄養面をチェックしてみましょう。商品によっても多少の違いはありますが、ウインナーは1本(17g)あたり55kcal。100gあたりでは321kcalあります。栄養素としては、ビタミンB12・ビタミンB1・ナイアシン・たんぱく質・食塩・脂質が多く含まれています。

魚肉ソーセージ1本あたり153kcal

魚肉ソーセージのカロリーは1本(17.5cm・95g)あたり153kcal。100gでは161kcalです。栄養素は、ビタミンB2・ビタミンD・ナイアシン・たんぱく質・食塩・リンが多く含まれます。

日本でよく知られているソーセージの種類

今回はウインナーとソーセージの違いに着目してみましたが、大きな分類はソーセージでもその種類は多数あります。ウインナー・フランクフルト・ボロニアソーセージ・魚肉ソーセージのほか、ドライソーセージとしてサラミ・ソフトサラミ・カルパスなどです。もっと視野を広げてみると、世界各地にはとても多くの種類が存在します。

原材料の半分が魚である「魚肉ソーセージ」

魚肉ソーセージももちろん名前の通り「ソーセージ」です。とはいっても他のウインナー、ソーセージと少々違いますよね。ソーセージ、ウインナーといえば原材料は主に肉となりますが、魚肉ソーセージはそのうちの50%が魚肉や鯨肉です。魚肉ソーセージに使用されている魚肉は、主にかにかまの原料であるスケトウダラ。もちろん魚肉ソーセージと他のウインナーやソーセージでは味も違いますね。太さとしては、細いものから太いものまでさまざまです。

お弁当の定番!赤ウインナーと他のウインナーの違いは?

お弁当の彩りとしても欠かせない、昔から親しまれているあの「赤ウインナー」。飾り切りでタコさんやカニさんにするご家庭も多いですね。記事内でご紹介したウインナー・ソーセージは外国生まれでしたが、赤ウインナーは昭和中期の日本で誕生したものです。赤い成分は着色料ですが、なぜ「赤」だったのでしょう。

発色を良くするため

当時は食糧事情・技術ともに不十分であったため、色味の良いウインナーを作ることができませんでした。そこで考えられたのが赤い着色料。赤く色付けすることで発色の悪さもカバーできてこれまでと違い、彩りも良いウインナーが作られたのです。

目につきやすくするため

赤は目立つ色ですね。ウインナーを赤く着色したのも「目立たせるため」。商品棚に並んだときに赤色は非常に目立ちます。赤く着色したことで売り上げも上昇したのですね。

オススメ!ウインナーソーセージ5選

食感が一味違います!シャウエッセン

ウインナーソーセージの定番ともいえるシャウエッセン!皆さんご存知の日本ハムから1985年に発売されて以来、圧倒的な人気を得ているウインナーです。「美味なるものには音がある!」というコピーを耳にしたこともあるかもしれませんね。

天然の羊腸を使用・豚あらびき肉100%・本場ドイツに習ったスモーク加減、豊かな薫りにこだわって作られています。こちらの商品はコストコ通販のもので、980g入り。楽天ランキング受賞した経歴もあり、とてもオススメといえるでしょう。ウインナーは冷凍保存も可能なので、大入り袋はお得ですよ♪

旨みに違いが♪アルトバイエルン

伊藤ハムより1998年に発売開始となった「アルトバイエルン」。肉本来の旨みを引き出すために、試行錯誤を重ねて72時間熟成させて作られました。現在もより美味しさと満足感を求めて改良を続けています。こちらの商品もコストコ通販のもので、なんと1kg入り!食べごたえあるロングサイズは見栄えも◎食卓に並べると喜ばれること間違いなしですね。

岩塩使用で味にも風味にも違いが!森の薫り

日本ハムより販売されている「森の薫り」。天然の羊腸による旨みとあらびき肉のプリッとした食感が絶品の上級あらびきウインナーです。こだわりの岩塩を使っているので、とても味わい豊かな仕上がりに。送料無料なのも嬉しいですね!

熟成度が違います♡燻製屋熟成ウインナー

丸大食品より販売されている熟成あらびきポークウインナーです。じっくり熟成させることで最大限引き出された肉の旨みと、超焙煎スパイスを使用した風味豊かな味わいは絶妙!ジューシーで深い味わいを楽しめるウインナーに仕上がっています。

「ごてあらポー」で大人気!御殿場高原あらびきポーク

yonekyuより販売されており、「ごてあらポー」の愛称で親しまれている御殿場あらびきポークウインナー。天然の羊腸を使用しているので、パリッとしたはじけるような食感とあらびき肉からあふれる肉汁が絶品です。使用されている食塩も一味違い、こだわりの米久オリジナルブランド「島の粋塩」。さらに原料に野菜エキスも配合されています。ぜひ味わってみてほしい一品です!

違いを知れば、より楽しめる!

普段あまり気にしていない「ウインナー」と「ソーセージ」の違いに着目してまとめましたが、いかがでしょうか。食卓にウインナー・ソーセージを並べるときに、ご家族に違いを話してみるのもオススメ。「よく知ってるね!」とびっくりされること、間違いなしですよ♪いつもの食事はもちろん、お弁当にも便利なウインナー・ソーセージはこれからも大活躍することでしょう。

ソーセージ作りに興味がある人はコチラもチェック!

Thumb手作りソーセージの作り方!簡単に家で作れる!ハーブなどでアレンジも!
Thumbソーセージのカロリーを抑えてダイエット!糖質制限中におすすめ!
Thumbコストコホットドッグのカロリーは?ソーセージとパンだけでも美味しい!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-04 時点

新着一覧