「一年の計は元旦にあり」とは?意味や由来と続きを調べた!

日本には多くのお正月にまつわることわざがたくさんあります。その中で有名なことわざが「一年の計は元旦にあり」です。今回、「一年の計は元旦にあり」ということわざの意味、「一年の計は元旦にあり」の由来、「一年の計は元旦にあり」の続きについてご紹介したいと思います。

目次

  1. 「一年の計は元旦にあり」の続きとは?意味とは?由来とは?ご紹介
  2. 「一年の計は元旦にあり」ということわざの意味とは?
  3. 「一年の計は元旦にあり」ということわざの由来とは?
  4. 「一年の計は元旦にあり」には続きがある?
  5. 「一年の計は元旦にあり」の続きとは?意味とは?由来とは?まとめ

「一年の計は元旦にあり」の続きとは?意味とは?由来とは?ご紹介

日本には多くのことわざがたくさんありますね。お正月にまつわることわざには「ごまめの歯ぎしり」「田作りも魚(うお)のうち」「餅腹三日」「初の餅を食いたい」「一升の餅に五升の取り粉」「餅と酢は家に似る」「搗いた餅より心持ち」「餅がゆの節供」「餅は餡(あん)でかたくなる」「一富士二鷹三茄子(なすび)」「笑う角には福来(きた)る」などがありますが。

leki3o3さんの投稿
16110779 1254028957984600 5933099652697030656 n

これらのお正月にまつわることわざの中でも最もポピュラーなことわざが「一年の計は元旦にあり」ということわざですね。この「一年の計は元旦にあり」ということわざは新年になるとよく聞く言葉ですよね。

mnoji15さんの投稿
21577217 118854162112567 4709395600993419264 n

今回は、「一年の計は元旦にあり」ということわざの意味、「一年の計は元旦にあり」ということわざの由来、「一年の計は元旦にあり」ということわざの続きについてご紹介したいと思います。

shachi2727さんの投稿
20635025 1564471250283014 1471960772094459904 n

「一年の計は元旦にあり」ということわざの意味とは?

一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ。

renrin.ikebana0729さんの投稿
21576656 118754882122817 8211428229534187520 n

心理学的に見た「一年の計は元旦にあり」の意味

risu_hanaさんの投稿
21042574 1446343685446911 4395158970231160832 n

「元旦」という日、自体が、人に一年の始まりの特別な一日という心理を働かせやすくし、去年の出来事を水に流して、気持ちを刷新させるという、「心機一転」の効果をもたらすのです。「何か具体的な成果を得る」ためのコツとして、「具体的な目標設定」と「小さな成功体験の積み重ね」は重要であり、メンタル的にも、「具体的な目標設定」に最良な日が「元旦」なのです。「元旦」に「具体的な目標設定」をし、今年一年、実りある年にしてみましょう。

umato.climberさんの投稿
21689072 1197225930378048 4926628080388145152 n

「一年の計は元旦にあり」ということわざの由来とは?

sii_etoile___shihoさんの投稿
21372404 690645184460577 3242070357036761088 n

「一年の計は元旦にあり」は毛利元就のことばから由来する説

mimoryisyさんの投稿
18580910 1344759772246427 5663500947754582016 n

毛利元就は元三の儀式を大切にしていました。元三(がんさん)とは、元旦のことで、年・月・日の三つの元(はじめ)という意味です。元三日ともいい、のちには正月三が日の意味にも使われるようになりました。毛利元就は「何事も始めが肝心だ」といったのです。

この元旦から朝寝坊して元旦の儀式をおろそかにするようではだめである、と伝えたかったのでした。ですから、一般に言われているように一年の計画を元旦に立てよといっているのではありませんでした。毛利元就は「一年の計は努力にあり」とも言っていますから、千里の道も一歩からという意味で、最初の一歩からぐずぐずしていてはだめである、というのが本当の意味だったのです。

long61641さんの投稿
13166920 157943037940819 354445219 n

「一年の計は元旦にあり」は中国の書物「月令広義」の一節から由来する説

nakamaru_shukichiさんの投稿
21372177 278979512598855 7161786527888965632 n

2つ目の説は、中国の伝統的な年中行事、儀式、しきたりなどを解説した書物、「月令広義」(げつりょうこうぎ)の一節です。この書物内に四計というものがあります。

999hahahaha999さんの投稿
21149118 430297760700002 3189049861940969472 n

①一日之計在晨 (一日の計は晨(あした)にあり)
②一年之計在春 (一年の計は春にあり)
③一生之計在勤 (一生の計は勤にあり)
④一家之計在身 (一家の計は身にあり)

sakisaki131さんの投稿
15625011 357764487936901 3041118535293075456 n

この中から、1、2番目の、「一日の計は晨(あした)にあり、一年の計は春にあり」を、「一年の計は元旦にあり」と、いったという由来があるのです。晨(あした)は、朝という意味で、春は、中国の暦でいう正月にあたります。

「一年の計は元旦にあり」には続きがある?

「一年の計は元旦にあり」には、続きがあるといわれており、それが、3、4番目の計にあたります。

michoco_chocoさんの投稿
15624620 1320581191345370 1877492146823495680 n

③一生の計は勤にあり
④一家の計は身にあり

kazunaga415さんの投稿
20688426 141600306427271 1951348644963680256 n

3番目の計は、「まじめに努力することで、人生が決まり」を表し、4番目の計は、「身の振り方や生き方で、一家の将来が決まる」事を意味しています。中国の伝統的なしきたりの中にも、現代に生きる私たちに活かせる知恵がありますね。

「一年の計は元旦にあり」の続きとは?意味とは?由来とは?まとめ

intercontinentalyokohamagrandさんの投稿
21373661 252648475256305 2709958599513210880 n

今回は、「一年の計は元旦にあり」ということわざの意味、「一年の計は元旦にあり」ということわざの由来、「一年の計は元旦にあり」ということわざの続きについてまとめました。

yugajinjahonguさんの投稿
21373408 1651714304873601 5322009682892554240 n

「一年の計は元旦にあり」ということわざについての知識を学ぶことで、ひと足お先にお正月気分を味わって、話のタネにしてみてはいかがでしょうか。

angy44yukaさんの投稿
18581099 130081007558388 2249245923051831296 n

◉もっと新年の由来について知りたい方はこちらをどうぞ!↓

鏡開きの日にちはいつ?意味と由来とは?関東・関西で違う? | Pinky[ピンキ-]
【お正月】伝統的な子供遊びの由来・意味!保育士必見の手作りアイテムも紹介 | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ