カレーのカロリーは?ダイエットに向いてるって本当?効果・やり方も紹介

カロリーが高そうなイメージのあるカレーですが、実はダイエットに向いていると言われているのをご存知ですか?カロリーをおさえつつカレーを食べれば、ダイエット効果を期待することができます。カレーダイエットの具体的なやり方や効果を知って、きれいにやせましょう!

カレーのカロリーは?ダイエットに向いてるって本当?効果・やり方も紹介

目次

  1. カレーはダイエットに効果がある?
  2. カレーに含まれるスパイスがダイエットに向いている
  3. カレーをじっくり煮込むことで野菜をたくさん食べられる
  4. 効果的なカレーダイエットのやり方
  5. 夜のカレーダイエットは逆効果になるので気をつけて
  6. カレーのカロリーはどれくらい?
  7. ご飯以外の食材を使ってカレーのカロリーをおさえよう
  8. カレーダイエットの効果を上げるやり方
  9. ダイエット中に食べたい低カロリーカレーのレシピ
  10. カロリー控えめのカレーでダイエットを楽しもう!

カレーはダイエットに効果がある?

カロリーをおさえればカレーはダイエットに効果的

カレーはダイエットに向いている料理だということをご存知ですか?「カレーはカロリーが高いからダイエット中はNGなのでは」と思っている方も多いかもしれませんが、実はダイエット中におすすめしたい料理なのです。

ただし、ただカレーを食べるだけではダイエットになりません。カロリーをおさえ、正しいやり方でカレーダイエットを行うことで初めて効果を得られます。カレーの食べ過ぎはカロリー過多になってダイエットの失敗につながるので要注意。

カレーダイエットを成功させるためのやり方や低カロリーに仕上げるコツをご紹介します。カレーを食べておいしくダイエットしましょう!

Thumbカレーの保存方法で常温は危険?正しいやり方とおすすめ容器紹介

カレーに含まれるスパイスがダイエットに向いている

トウガラシをはじめとしたカレーのスパイスがダイエット効果を引き出す

カレーにはバラエティ豊かなスパイスが入っており、これがダイエットに効果があると言われています。カレーをダイエットに使うときは、低カロリーでスパイスがたっぷり入っているカレーがおすすめ。

一般的なカレーに含まれているのがトウガラシ・ターメリック・クミン・ニンニク・ショウガといったスパイス。これらのスパイスが代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれると言われています。

Thumbカレーの隠し味にコーヒーを入れると美味しい?量や入れるタイミングは?

カレーをじっくり煮込むことで野菜をたくさん食べられる

野菜たっぷりカレーでダイエットに最適な低カロリーに

カレーは野菜をたくさん食べられるのも魅力。ダイエット中はカロリーを抑えようとしてどうしても栄養バランスが乱れてしまいますが、野菜たっぷりのカレーならそうした心配もありません。

トマト・ナス・カリフラワー・ブロッコリーなど、好みの野菜をどんどん入れてダイエットにぴったりな低カロリーなカレーに仕上げましょう。いろいろな野菜を入れるとカレーの味に変化が出てダイエットを続けやすくなりますよ。

Thumbカレーを圧力鍋で簡単に作る!初心者でもできるトロトロ人気レシピ紹介

効果的なカレーダイエットのやり方

朝にカレーを食べてダイエット

カレーダイエットのやり方は簡単。朝にカレーを食べるだけです。朝にカレーを食べて代謝をアップさせることで1日を通して脂肪を燃焼しやすい体の状態を作ることが可能に。ダイエットに朝のカレーを取り入れてみましょう。

2〜3日おきにご飯少なめの低カロリーカレーを食べる

朝にカレーを食べる頻度は2〜3日おき。ただしご飯多めのカレーはダイエットに向いていません。ご飯は控えめにして、野菜でかさましをするのがカレーダイエットのやり方のポイント。低カロリーのカレーに仕上げていきましょう。ご飯には白米ではなく玄米を使うとダイエットに効果的。玄米は血糖値が上がりにくいので、脂肪をためにくくなるとされています。

ダイエットには低カロリーなスープカレーがおすすめ

市販のカレールーは小麦粉などが入っていてカロリーが高くなってしまいます。カレーダイエット中はスープカレーを作るのがおすすめ。スパイスや野菜をたくさん入れて低カロリーなカレースープを作りましょう。

きのこを入れて食べ応えアップ

カレーダイエットでは野菜をたくさんいれてかさ増しするのがおすすめとご紹介しましたが、低カロリーなきのこをたくさん入れてもOK。きのこは歯ごたえがあるので、食べ応えもアップします。シメジ・エリンギ・エノキなど好みのきのこを入れてカレーダイエットに取り組んでみてください。

Thumbカレーは糖質制限中でも食べられる?おすすめの食べ方・レシピ紹介

夜のカレーダイエットは逆効果になるので気をつけて

夜はカレーのカロリーを消化しにくくダイエットに不向き

カレーダイエットは夜ではなく朝に行うのが鉄則。食べる時間帯もしっかり意識してダイエットしてくださいね。

Thumbカレーにとろみがつかない・足りない理由は?原因や小麦粉など対策まとめ

カレーのカロリーはどれくらい?

家庭で作るカレーの平均カロリーは300kcal

入れる具材によって変動しますが、家庭で作るカレーのカロリー平均は300kcalほど。これはカレールーだけのカロリーなので、ご飯を加えると600kcalくらいになります。

具材を工夫して低カロリーに

さらにカロリーを抑えてダイエット効果を高めるには具材に工夫をプラスしましょう。ジャガイモやカボチャといった糖質の高い食材は入れないほうがカロリーをおさえられます。脂肪の多い牛肉や豚肉といった食材はダイエットに向いていません。カレーダイエット中は、ササミや鶏胸肉などの高タンパク&低脂肪の食材を使いましょう。

低カロリーなレトルトカレーも活用して

近年は、ダイエットにぴったりな低カロリーのカレーも多く出ています。作るのが面倒なといはレトルトを活用しましょう。お湯で薄めてカレースープ風にしてもおいしくいただけます。

Thumbカレーの隠し味チョコはいつ入れる?おすすめの分量・タイミング

ご飯以外の食材を使ってカレーのカロリーをおさえよう

ご飯を使わない低カロリーカレーはダイエットに最適

さらにカロリーをおさえてダイエットの効果を高めたいときはご飯を食べないのがベスト。ご飯に代わる食材を使うことで、ボリュームがありながらも低カロリーに仕上げることができます。

おすすめ1:キャベツ

まずおすすめしたいのがキャベツ。食物繊維豊富で便秘解消効果も期待できるので、ダイエット中にぴったりです。比較的リーズナブルで1年中手に入りいやすいのも魅力。キャベツは千切りにするとカレーとのなじみがよくなります。カレー麺を食べるような感覚ですね。ぜひ取り入れてみましょう。

おすすめ2:レタス

続けておすすめしたいのがレタス。レタスも食物繊維が豊富な食材です。サクサクとした歯触りで食べ応えがあるのも特徴。レタスも千切りにしたほうがカレーと一緒に食べやすくなります。好みでキャベツとレタスの千切りをブレンドしても良いですね。食感のバリエーションが増えます。

おすすめ3:おから

高たんぱく質で栄養重豊富なおからも、ご飯の代用として使えます。生おからでもおからパウダーでも使いやすい方でOK。おからはほかの料理にも使えるので、ストックしておくと便利です。

おすすめ4:豆腐

豆腐を使うのもおすすめ。炒り豆腐にしてポロポロの状態にするとご飯感覚でカレーと一緒に食べられます。重石をして水切り豆腐にしてもおいしくいただけます。水切りすることで豆腐の味が濃縮され、旨味がアップ。好みの方法で調理してくださいね。

Thumbカレーのお肉はどれが合う?豚肉・牛肉・鶏肉で一番のおすすめは?

カレーダイエットの効果を上げるやり方

カレーを食べる前にサラダをいただく

カレーダイエットをさらに効果的に行うためのコツもご紹介します。1つ目はカレーを食べる前にサラダをいただくこと。サラダを食べることで血糖値の急激な上昇をおさえ、脂肪がたまりにくい状態にします。サラダに使うのは、レタス・トマト・キュウリ・玉ねぎなど糖質の少ないものがおすすめ。糖質の高いジャガイモやカボチャは避けましょう。

有酸素運動を行う

カレーを食べて代謝がアップした状態で有酸素運動を行うと、高い脂肪燃焼効果を期待できます。ランニングやウォーキングなど、自分が続けやすい有酸素運動を行いましょう。週に最低3日は行うと、効率的に脂肪を燃焼できます。

水泳も効果的な有酸素運動です。いろいろな泳ぎ方がありますが、特に脂肪を燃焼しやすいのがクロール。100mほど続けて泳ぐと脂肪の燃焼が効率的にはじまります。

ダイエット中に食べたい低カロリーカレーのレシピ

おからカレー

ダイエット中にぴったりなカレーのレシピをご紹介します。こちらはおからを使ったカレー。酒やみりんを使って和風の味わいに仕上げています。おからはお腹の中で膨らむので満腹感を得られやすいのが魅力。

スパイシーなスープカレー

スパイシーなスープカレーもダイエットにぴったり。ガラムマサラやチリパウダーなどのスパイスを入れて風味豊かに仕上げましょう。ナンプラーをプラスすることでお店の本格的な味に近づきます。

魚介類のスープカレー

魚介類の旨味がたっぷり詰まったスープカレーのレシピです。エビ・イカ・タコなど好みの魚介類を入れましょう。魚介類であれば、脂肪のついた肉よりも低カロリーにおさえられます。

タラのスープカレー

淡白な味わいのタラはカレースープと相性バッチリ。キャベツや玉ねぎといった野菜もたくさん入れて食べ応えのある1品にしましょう。タラは煮る前に骨をとっておくと食べやすくなります。

チキンスープカレー

肉を食べたいときは、チキンを使いましょう。ほかの肉類よりも低脂肪なのでヘルシーにいただけます。特に鶏胸肉がおすすめ。鶏胸肉は最後に入れてさっと煮込むことでパサつかずしっとり仕上げられます。

キャベツのスープカレー

キャベツがたっぷり入った食べ応えのあるスープカレーです。キャベツのほかに玉ねぎやキノコを入れてかさましするとさらにボリューム満点に。好みのアレンジを楽しんでください。

グリーンカレー

1度食べたらやみつきになるグリーンカレー。グリーンカレーペーストを使うことで、簡単においしく仕上げられます。代謝をアップさせるために唐辛子を入れるのもおすすめ。

ヨーグルトのチキンカレー

ヨーグルトを使ってさっぱりとした風味に仕上げたチキンカレーです。カレールーは使わず、クミンやニンニクでスパイシーな味わいにするのがポイント。

ひよこ豆とカリフラワーのカレー

こちらはカリフラワーとひよこ豆を使ったベジタブルカレー。動物性の食材は使っていないのに、ひよこ豆を入れることで食べ応えのあるカレーになります。パクチーをたっぷりそえて香りを出しましょう。

カロリー控えめのカレーでダイエットを楽しもう!

カロリーが高めと思われがちなカレーですが、使う食材を工夫するとぐっとヘルシーに仕上げられます。スパイスもたくさん使って脂肪燃焼効果を高めましょう。カレーを活用しておいしくダイエットしてくださいね。

カレーについてもっと知りたいあなたへ

Thumbインドカレーは高カロリーだがダイエット向き!糖質が低い!痩せる食べ方は?
Thumbサラダのカロリーは?ダイエットが無駄になってしまう太る食べ方とは
Thumbソーセージのカロリーを抑えてダイエット!糖質制限中におすすめ!

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧