やる気がでないときの出し方・出る方法は?運動や目標の立て方に秘けつあり!

やる気を出したいのに、やる気がでない。そんな経験は誰にでもあります。やる気の出し方、やる気のでる方法はないのでしょうか?やる気がでないその原因を知ることがやる気の出る近道です。やる気の出し方、やる気の出る方法をご紹介します!

やる気がでないときの出し方・出る方法は?運動や目標の立て方に秘けつあり!

目次

  1. やる気を出したいのにでない!やる気が出る方法を探す
  2. やる気を出したいのにでない!その原因を探ぐる
  3. やる気の出し方・やる気が出る方法~やる気スイッチを探ってみる~
  4. やる気がでない時のやる気の出し方・やる気が出る方法~気持ちがUPする物を集める!~
  5. やる気がでない時のやる気の出し方・やる気が出る方法~憧れ・好きなものを集める~
  6. やる気がでない時のやる気の出し方・やる気が出る方法~目標をたてる(まずは出来る目標から掲げる)~
  7. 暮らしに役立つやる気が出る方法~本屋に行く・啓発本を読む~
  8. 暮らしに役立つやる気が出る方法~運動をする~
  9. 暮らしに役立つやる気が出る方法~癒し・ご褒美を自分に与える~
  10. やる気がでない時もやる気の出し方を上手に使って快適な暮らしを

やる気を出したいのにでない!やる気が出る方法を探す

やる気を出したいのにでない。なんだかやる気が起きない。全くやる気がでない。そもそも人間はロボットではないので、どうしても感情に波が生まれるものです。やる気にも波があるのは人間として避けては通れない事でしょう。やる気の波に乗っている時、人は最高のパフォーマンスが発揮できます。仕事に集中できたり、勉強がはかどったり、家事がどんどん片付きます。

常にやる気の波に乗っていることは難しいことです。そもそもやる気の波に全く乗れない時があるものです。いわゆる「やる気スイッチ」が全く入らない状態です。仕事・勉強・家事、目の前にやるべきことが差し迫っても「やる気」のスイッチが入らないことがあるのが人間です。

人は色々な事情や、環境でやる気がでない事があるものです。やる気がでない原因を知り、やる気の出る環境を作ってあげることで、やる気スイッチがONになりやすい暮らしが始まります。やる気の出し方・方法を見ていきましょう!

やる気を出したいのにでない!その原因を探ぐる

何故、やる気が起きないのでしょうか。まず考えられる原因を探ってみるのもやる気スイッチをONにする近道になります。”敵を知り己を知れば百戦危うからず”と言われるように、敵を知ることで闇雲にやる気を起こそうとやっきになって余計な労力を使わずに済みます。

やる気が出ない・やる気の出し方が分からない原因は何?

やる気がでない!考えられる原因その①は「睡眠不足」です。睡眠不足による脳の疲れは、暮らしにおけるすべての判断能力をにぶらせます。近頃、睡眠不足だという人は、思い切ってグッスリまずは身体を休ませることがやる気が出る近道かもしれません。

やる気がでない!考えられる原因その②「スケジュールに追われている」です。やることが多すぎてのキャパオーバーで、やる気がでない状態に陥っていることが考えられます。ToDoリストで優先順位を立てるなどの工夫が必要になってきます。

やる気がでない!考えられる原因その③は「ストレスがたまっている」です。本人の自覚の有無を問わず、ストレスがたまっている状態によってやる気がでない状況に陥っている場合は、そのストレスの原因となるものを少しでも取り除くことが、やる気スイッチONへの近道になると考えられます。

やる気がでない!考えられる原因その④は「病気」です。心配事や持病などがある場合、やる気を出そうとすることがかえってストレスになる可能性もあります。病気ばかりは無理は禁物です。まずは病気を改善することに全力を尽くして、軽減したところでやる気スイッチをONにする行動に出るのがベターです。

やる気がでない!考えられる原因その⑤は「必要に迫られていない」です。そもそもやる気がでない原因として、それをする必要に迫られていないという事が考えられます。やりたくないのではなく、やる必要がない場合、やる気がでないのは当然と考えられます。

やる気がでない!考えられる原因その⑥は「理想が高い」です。いまやりたい事が、現実的な自分の持つ能力をはるかに超えている場合のキャパオーバーであると、やる気がでないというより、何をしたらよいのか途方にくれてしまう状態になります。何をしたらいいのかわからない状態であれば、まずは目標設定から見直す必要があります。

やる気がでない!考えられる原因その⑦は「誘惑が多い環境」です。やる気が出ても、すぐに他の誘惑に気を取られてしまう事が重なって、やる気がでない負のスパイラルに陥ってしまうケースもあります。まずはやる気が持続できる環境づくりが大切になってきます。

やる気がでない!考えられる原因その⑧は「願望が弱い」です。病気でもなく不安もなく、目標設定が高すぎるわけでもなく、やるべき事なのにやる気がでない場合に考えられる原因の一つは、それに対してのやる気の願望がまだ弱いと考えられます。願望やモチベーションを上げていく方法を学んで実行すれば、やる気スイッチがONになるはずです。

やる気の出し方・やる気が出る方法~やる気スイッチを探ってみる~

やる気がでない原因がだいたいつかめたら、次は自分のやる気のスイッチがどこにあるのが探してみます。どこに自分のやる気スイッチがあるのでしょうか、探す方法をいくつかご紹介していきます。過去にやる気が出た時のことを思い出してください。どんな事で自分がやる気になったのか、思い出せたなら、そこから自分のやる気スイッチが見つかりやすくなります。

やる気の出る方法が思い出せない、またはやる気が出た事が無い場合は、やる気スイッチを新しく探す必要があります。これから紹介する具体的なやる気が出る方法をいくつか試してみて、やる気スイッチを探し当ててください!

やる気がでない時のやる気の出し方・やる気が出る方法~気持ちがUPする物を集める!~

やる気が出る方法を探る前に、まずはやる気をだす準備を始めましょう。人は気持ちの浮き沈みがあります。やる気がまだ出ない段階での準備としてはまず食べる・捨てる・聞くの3つをご紹介します。

やる気の前準備その①は、「手軽にとれる脳によい食べ物をとる」です。ナッツ類はとくにおススメです。作業の前に食べて、食品の力でやる気の手助けをしてもらいましょう。そのほかにも、チョコレートやにぼしなどもおススメです。お疲れぎみの方は「栄養ドリンク・エナジードリンク」を補給するのもおすすめです。

やる気の前準備その②は「断捨離」です。いらない物に囲まれている状態ではなかなかやる気が起きないものです。まずは作業をするスペースだけでも無心で必要なもの以外は捨てていきます。まずは目の前にあるスペースだけでもいいです。整頓された場所を一つでも作ってください。整頓された場所で、やる気の出る方法を試していくことが、成功の秘訣です。

やる気の前準備その③は「音楽」です。机の上などでの作業では、おすすめはBGMを軽く聞き流す程度にする方法がおすすめです。歌詞があるものは気が散るのであまりおすすめできません。室内楽クラッシックやジャズなどが特におすすめです。身体を動かす作業に対しては、お気に入りの映画のサウンドトラックなどをBGMにするのがおススメです。

やる気がでない時のやる気の出し方・やる気が出る方法~憧れ・好きなものを集める~

人にはやる気のスイッチと同じく、気持ちが高揚するツボがあります。大抵が憧れの存在や好きなものに当たると思います。見るだけで気分が良くなるものを集めて、できるだけプリントアウトして、ファイルやスクラップにしてまとめることをお勧めします。形にすることで、そのお気に入りブックの効果はより絶大なものになります。データでは得られない効果がそこにはあります。

お気に入りのもので注意が必要なのは、それによって劣等感や罪悪感など少しでもネガティブな要因があるものは省くことです。心が開放されて心地よいものを選びましょう!どんどん増やしていくことも大切です。ファイルにするにもオシャレなものを選びましょう。スクラップブックも味わいのあるものを選んでよりお気に入りのものを作りましょう。

こうして沢山のお気に入りを集めたスクラップブックは、とても気分が落ち込んだ後、少し前をむこうとした「ここぞという時」に見返すと効果的です。ポイントはどん底にいるときに見るよりも、やる気をだそうと前向きになっている状態で見ることです。

やる気がでない時のやる気の出し方・やる気が出る方法~目標をたてる(まずは出来る目標から掲げる)~

目標をたてるときに、スケジュール帳があるとがぜんやる気UP、モチベーションUPにつながります。また頭中の整理にもスケジュール帳が便利です。目標、やりたい事、やらなくてはいけない事を書き起こしてみましょう。パソコンで作成するのも良いですし、ポストイットに一つずつ書いていくのも良いです。自分の好きな色でオシャレに作ってください!

目標、やるべきこと、やりたいことを一通りあげたら、図のように「緊急度」「重要度」の軸でポートフォリオを作って、それぞれどの位置にあたるか振り分けてみます。領域によって、自分がどう対応するとよいのか、まずはリストを整理してみると頭がすっきりします。第1領域=真っ先にやる気を出したいこと。第2領域=時間をかけてやる気を習慣化したいこと。第3領域=効率的に事務的にやる気を出したいこと。第4領域=やるべき事なのか?見直しをすること。

目標の見える化をする!

こうして、目標・やるべき事が自分にとってどんな位置づけなのかを見える化することがやる気を出すスタートラインとなります。この目標ポートフォリオは常に作成して見える場所に置いておくことをおすすめします。

暮らしに役立つやる気が出る方法~本屋に行く・啓発本を読む~

やる気の出し方で迷っている時は本屋に行くのがより近道になります。本にはやる気の出し方が具体的にのせられているので、参考になります。出来れば気分の上がる本屋さんを選んでいきましょう。沢山の情報に触れる場所じたいがお気に入りの場所であればあるほど、やる気につながる本との出会いにつながります。

「7つの習慣」

まずはやる気のモチベーションを上げてくれる啓発本から入るのも方法の一つです。「7つの習慣」は漫画バージョンでも発行されています。読みやすい方でやる気をあげてみましょう。啓発本ではやる気の出し方が具体的にのせられているので参考になります。

レバレッジ・リーディング

本を沢山読むことが財産になるという事をといた本です。やる気の出し方の参考になることがつまっています。

暮らしに役立つやる気が出る方法~運動をする~

健全な魂は、健全な肉体に宿るといわれています。まずは健康な身体を作ることが、健全な思考につながり、そしてやる気を習慣化させる近道といえます。

やる気がでない時のおススメのやる気の出し方

健康な身体を作ることは、人生を豊かにするといっても過言ではないです。身体は資本です。そんな身体づくりに「運動」は欠かせません。運動をすることで健康になり、健康な身体がやる気の出る精神を作りあげます。運動不足は、やる気がでないばかりでなく病気につながります。運動をすることは健康への第一歩、健康であることが健全な暮らしの第一歩でもあります。

運動の中でも、血流をよくする「ストレッチ」をすることが一番効果的です。やる気の出し方が分からなくなったら、手始めの運動にストレッチをしてみてください。

暮らしに役立つやる気が出る方法~癒し・ご褒美を自分に与える~

人は必ず疲れます。やる気があってもやる気が継続していても、必ず意識的に「休憩」をしてください。ちょっとしたお気に入りのお茶の一杯や甘いもの等で心と頭を癒してあげるような「休憩」を効果的に取り入れてください。継続してやる気を出すためには、目標を達成することで「ご褒美」を自分自身に与えてあげることです。小さなご褒美でもよいです。自分にとって癒しの時間を必ず実施してください。次のやる気へのモチベーションUPにつながります。

やる気がでない時もやる気の出し方を上手に使って快適な暮らしを

いかがでしたでしょうか。やる気の出し方、やる気の出る方法についてまとめてきました。やる気と上手に付き合って豊かな暮らしに役立ててください。

もっと、やる気がでない時のやる気の出し方について知りたいあなたへ!

Thumbやる気スイッチ診断と押す方法まとめ!音楽を聴く?運動をする?
Thumb何もやる気が起きない時はどうする?原因や対処法を徹底調査!
Thumb元気が出ない時・やる気が出ない時はどうすればいいの?原因と対処法は?
Thumbやる気が出ない、眠いのはうつ?勉強・家事・仕事のやる気が出ない原因

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧