『奪い愛、冬』のキャスト&あらすじまとめ!三浦翔平と倉科カナがドロドロ!

2017年1月20日金曜23時15分からテレビ朝日系列にて放送開始となる新ドラマ「奪い愛、冬」。今回は「奪い愛、冬」のキャストやあらすじなどを纏めてドラマの魅力に迫ります!主演の倉科カナやそのパートナー役の三浦翔平などのプロフィールもあわせてご紹介します。

『奪い愛、冬』のキャスト&あらすじまとめ!三浦翔平と倉科カナがドロドロ!

目次

  1. テレビ朝日の新ドラマ「奪い愛、冬」について
  2. 気になる「奪い愛、冬」のあらすじは?
  3. 「奪い愛、冬」の脚本家は誰なの?
  4. 「奪い愛、冬」のメインキャスト紹介
  5. 2017年最初の期待作「奪い愛、冬」に乞うご期待!

テレビ朝日の新ドラマ「奪い愛、冬」について

2017年1月20日からスタートするテレビ朝日の新ドラマ『奪い愛、冬』は、主演の倉科カナとパートナー役の三浦翔平など超豪華キャストでおくる金曜夜の「ドロドロ恋愛ドラマ」です!

気になる「奪い愛、冬」のあらすじは?

「奪い愛、冬」の豪華キャストのプロフィールの前にまずは大まかなあらすじから紹介します。池内光は後輩の奥川康太からプロポーズされ愛を受け入れ幸せに生きてきました。ある日、光は会社のロゴデザインコンペに参加する事になります。そこには、かつて光が愛し結婚まで考えた元彼氏の森山信がおり、信は数年前に突如、好きな人ができたと光に伝えて別れた相手でありました。

元彼氏は別の女性と結婚をしている...しかし、光はその思いを抑えることができなかったそうで、かつての恋愛関係を再現するように心惹かれていく光と信・・・。光の様子がおかしいことに気がついた康太は、信が光と関わりを持っていることを知ります・・・。こうして、光と康太を中心に壮絶なる奪い愛が起こってきます。

「奪い愛、冬」の脚本家は誰なの?

「奪い愛、冬」の脚本はお笑い芸人の森三中・大島美幸の夫で放送作家の鈴木おさむです。脚本家としても有名で【めちゃ2イケてるッ】や【SMAP×SMAP】などの人気テレビ番組を支えています。バラエティーから放送作家まで幅広くこなす脚本家です。

主演の倉科カナは、「奪い愛、冬」の脚本に絶賛のコメントをしています。

脚本がとにかく面白いんです。とても刺激的で、ちょっとドロドロしていて、スピード感があって…次の展開がどうなるか予測不可能!視聴者の皆さんにもきっと楽しんでいただけると思います。

Thumb倉科カナの出演ドラマ・映画!おすすめ作品は?「奪い愛、冬」あらすじ

「奪い愛、冬」のメインキャスト紹介

「奪い愛、冬」キャスト-倉科カナ(池内光役)プロフィール

名前:倉科カナ(くらしなかな)
生年月日:1987年12月23日
身長:158㎝
血液型:O型
職業:女優
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

倉科カナは2016年秋の「カインとアベル」にヒロインとして出演されたり最近話題作によく出演されています。今回も注目度が高まる「奪い愛、冬」に参加されるわけですが、どんな演技を見せてくれるか期待したいですね!「奪い愛、冬」で倉科カナ演じる池内光(いけうちひかる)は、小さな定食屋の子供として生まれました。光は早くに父親が他界し、母親に女手ひとつで育てられた。そんな光はデザイン会社で就職し、同じ会社の社員の後輩と婚約し順風満帆な生活を送る。しかし、ある日かつて死ぬほど愛した元彼との再会から物語は動く・・・。

「奪い愛、冬」キャスト-三浦翔平(奥川康太役)プロフィール

名前:三浦翔平(みうらしょうへい)
生年月日:1988年6月3日
身長:181㎝
血液型:A型
職業:俳優・ファッションモデル

三浦翔平は、過去に日本アカデミー賞新人俳優賞をとった事もある実力派俳優で今年は「好きな人がいること」などに出演されています。今回「奪い愛、冬」では、倉科カナとのラブシーンもありますので頑張ってほしいですね。「奪い愛、冬」で三浦翔平演じる奥川康太(おくがわこうた)は、池内光の婚約者で同会社に勤務する男性。光とは逆で裕福な家庭で育ち母親に溺愛されている。優柔不断だがやる時はやる強さも持ち合わせている。母親の猛反対されるが決して揺るがない、だが光の心が離れるに従い彼女への愛が嫉妬に変わり・・・

「奪い愛、冬」キャスト-大谷亮平(森山信役)プロフィール

名前:大谷亮平(おおたにりょうへい)
生年月日:1980年10月1日
身長:180㎝
職業:俳優・モデル
事務所:アミューズ

大谷亮平は、韓国のCMでの人気上昇に伴い日本での活動を始めた俳優で、韓国ドラマや大ヒット作映画など多数出演されています。つい先日、最終話が放送された話題作「逃げるは恥だが役に立つ」にも出演されていて、そのイケメンぷりで世の中の女性の視線を釘付けにしました。「奪い愛、冬」では、どういう姿を見せてくれるのか楽しみです。

「奪い愛、冬」で大谷亮平演じる森山信(もりやましん)は、池内光の元彼。かつての上司であり、光が結婚意識するほど愛した男性でもあます。しかし、とある事情で別れを告げ光の前から消えた・・・。そんな彼は、現在別のデザイン会社に勤務し幼馴染の森山蘭と結婚していたのだが、運命のいたずらで光と再会してしまう。

「奪い愛、冬」キャスト-秋元才加(豊野秀子役)プロフィール

名前:秋元才加(あきもとさやか)
生年月日:1988年7月26日
身長:166㎝
血液型:B型
職業:女優・タレント
事務所:フレイヴエンターテイメント

元AKB48のメンバーで舞台やドラマ・映画にも出演し、実力派の女優として続々と出演されています。「奪い愛、冬」で秋元才加演じる豊野秀子(とよのしゅうこ)は池内光と奥川康太と同じデザイン会社に勤務している社員です。明るい性格で、先輩の光とも仲がいい。だが、実は康太のことが好きで、光との仲を壊そうと画策しています。

「奪い愛、冬」キャスト-ダレノガレ明美(尾上礼香役)プロフィール

名前:ダレノガレ明美
生年月日:1990年7月16日
出身地:ブラジル
血液型:B型
身長:164㎝
職業:ファッションモデル・タレント
事務所:LIBERA

ダレノガレ明美は、主にファッションモデルで活躍し、バラエティ番組でも人気があります。「奪い愛、冬」でダレノガレ明美が演じる尾上礼香(おのうえれいか)は、奥川康太の幼なじみで、奥川家とは家族ぐるみの付き合いをしている仲。大学時代の康太の彼女で康太の母・美佐は息子と結婚させたがっている・・・。

「奪い愛、冬」キャスト-キムラ緑子(池内麻紀役)プロフィール

名前:キムラ緑子(きむらみどりこ)
生年月日:1961年10月15日
血液型:O型
職業:女優
事務所:シスカンパニー

キムラ緑子は【カメレオン女優】といわれています。この名の由来は、出演作品の中で自身の個性を消し去りさまざまな役になりきってしまうから、そう呼ばれるのだそうです。「奪い愛、冬」でキムラ緑子が演じる池内麻紀(いけうちまき)は、池内光の母で小さな定食屋を営んでいます。早くに病で夫を亡くし、女手一つで光を育てました。誰よりも光の幸せを願って奥川康太との結婚に賛成するが…?

「奪い愛、冬」キャスト-榊原郁恵(奥川美佐役)プロフィール

名前:榊原郁恵(さかきばらいくえ)
生年月日:1959年5月8日
職業:タレント・女優
事務所:ホリプロ

榊原郁恵と言えば、元アイドルで有名ですが最近では色んなバラエティ番組に出ているイメージですよね。「奪い愛、冬」では一人息子溺愛している役での出演となり適役と言えるのかもしれません。演技も楽しみですね!「奪い愛、冬」で榊原郁恵が演じる奥川美佐(おくがわみさ)は、奥川康太の母で、料理研究家。夫の不動産業が成功したため裕福な家庭で、一人息子の康太を溺愛している。康太がいきなり光と結婚したいと言い出したことが受け入れられず、気に食わない邪魔な光に陰湿な嫌がらせをする・・・。

「奪い愛、冬」キャスト-水野美紀(森山蘭役)プロフィール

名前:水野美紀(みずのみき)
生年月日:1974年6月28日
身長:167㎝
血液型:B型
職業:女優
事務所:オフィス・モレ

実力派女優の水野美紀は、どんな役も自分のものにし、迫力の演技で観る者を惹きつけます。「奪い愛、冬」では、事故で右足が動かなくなった女性を演じる事になりますが、どう演じるのかも気になるところ!「奪い愛、冬」で水野美紀が演じる森山蘭(もりやまらん)は、森山信の妻で、小さい頃からずっと信の事が好きで一筋だった女性です。彼が夫となった後も激しく信を愛しており、東京勤務にも同伴します。しかし、信と光が再会し接触していることに気づき、嫉妬の炎を燃やしていくことに・・・。

2017年最初の期待作「奪い愛、冬」に乞うご期待!

テレビ朝日の新ドラマ「奪い愛、冬」の、あらすじやキャスト情報などの一部を今回ご紹介させていただきましたが、本当に豪華ですね!大人気ドラマ「不機嫌な果実」のスタッフが再集結していることもあり、注目も日に日に高まっています。まだ放送開始前ということもあり公開されている情報も少ないですが、これだけの面子が揃っているのに期待しないわけがないですよね!そして、登場人物たちが織り成す人間模様、ドロドロの「奪い愛」にも注目です!

「奪い愛、冬」の最新情報は、Twitterでチェック!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-17 時点

新着一覧