好奇心は旺盛な方がいい!知的好奇心を磨く名言・本を読んで自信をつけよう!

好奇心が旺盛な人は、いつもキラキラ輝いていて魅力的ですね。子どもの頃はだれもが持っていたはずですが、大人になるにつれて少しずつ失くしていってしまいがち。いくつになっても知的好奇心が旺盛でありたいもの。知的好奇心を刺激する名言や書籍をご紹介しましょう。

目次

  1. 知的好奇心とは
  2. 好奇心に関する5つの名言
  3. 本を読んで自信をつけよう
  4. 大人になっても旺盛な好奇心を満たしてくれる大学の無料講座
  5. 世界は刺激に満ちている
  6. 知的好奇心を磨いてキラキラ輝く瞳を

知的好奇心とは

”好奇心”の辞書的な意味は

senzu.nagoyaさんの投稿
19428872 326829414418199 6318418357280309248 n

"好奇心"はよく耳にする言葉ですが、いったいどのような意味があるのでしょう。辞書的には次のような定義がなされています。

好奇心(こうきしん)とは、物事を探求しようとする根源的な心。自発的な調査・学習や物事の本質を研究するといった知的活動の根源となる感情を言う。

自発的に抱くことが大切

senzu.nagoyaさんの投稿
19379159 484570541894871 91606330959200256 n

つまり、"好奇心"は自分から何かを知りたい、わかりたいと思う気持ちのこと。親や教師、上司などに「〇〇しなさい」と強制されるのではなく、自発的に抱くことが大切です。

知的なものを対象にする”好奇心”

小さな子どもたちは、新しいことに対して興味を抱きますね。わからないことは「なんで?」と疑問に感じ、毎日の生活は新鮮な驚きと発見に満ちていることでしょう。その"好奇心"の対象が勉強や技術など知的なものに向かう状態を「知的好奇心」と呼びます。

旺盛な知的好奇心はどうして必要?

知的好奇心の重要性は、世界の歴史が教えてくれます。長い時間をかけて発展してきたこの世界。いくつもの新しい発見があり、いくつもの新しい発明がありますね。科学や医療など、それぞれの分野で画期的な進歩を遂げるために大きな役割を果たしたのは知性です。けれど、好奇心がなければ、謎を探求したり新しいものを発見することはできなかったでしょう。

旺盛な知的好奇心は社会の発展にも貢献

知的好奇心は、誰かや何かに拘束されることなく学ぶという強い希望であり、技術や科学だけでなくあらゆる分野にわたって新しい発見の原動力となっています。大人になってもなお、知的好奇心を抱き続けることが社会の発展にもつながっているのです。

好奇心に関する5つの名言

それではここで、先人たちの好奇心に関する名言を5つご紹介しましょう。それぞれの分野で素晴らしい活躍をされ業績を残された人々が、好奇心を大切に考えていたことがよくわかります。

1.精神科医の言葉

斎藤茂太(さいとう しげた)(1916年-2006年)


satakesatomi39さんの投稿
21568658 373741479728772 8160814720010420224 n

幸福は、好奇心から生まれる。

斎藤茂太さんは歌人・斎藤茂吉さんのご長男。精神科医でもあり文筆家でもある斎藤さんは、いつも温かな目で人間を見つめています。

2.漫画家の言葉

手塚治虫(てづか おさむ)(1928年-1989年)


higechan_zさんの投稿
21577278 2006544366246139 1316501432928567296 n

好奇心というのは道草でもあるわけです。確かに時間の無駄ですが、必ず自分の糧になる。

「漫画の神様」手塚治虫さんも好奇心についての名言を残されています。"道草が糧になる"という考え方はよくわかりますね。

3.経営者の言葉

ウォルト・ディズニー(Walt Disney)(1901年-1966年)


kachicomaさんの投稿
21689922 479958262362180 7232466751684870144 n

僕たちは前進を続け、新しい扉を開き、新たなことを成し遂げていく。なぜなら、好奇心が旺盛だからだ。好奇心があれば、いつだって新たな道に導かれるんだ。

いわずと知れたディズニーランドの創業者でありミッキー・マウスの生みの親ウォルト・ディズニーさんが残した名言です。好奇心を持つことが自信と勇気につながるということが伝わりますね。

4.スポーツ選手の言葉

イアン・ソープ(Ian Thorpe)(1982年- )


s0_0grさんの投稿
21569078 498182713892541 5783271453742858240 n

もっと知りたい、もっと学びたい……こうした好奇心を失わないことで、人はどんどん成長していくのだと思う。

オーストラリアの水泳選手イアン・ソープさん。オリンピックで5つの金メダルを獲得したイアンさんの名言です。

5.物理学者の言葉

アルベルト・アインシュタイン( Albert Einstein)(1879年-1955年)


____kei_ramさんの投稿
21569134 412151695849201 8563750834981044224 n

重要なのは、疑問を持ち続けること。知的好奇心は、それ自体に存在意義があるものだ。

20世紀最大の物理学者であり、現代物理学の父、天才科学者として知られるアルベルト・アインシュタインは、自分では天才ではなく「情熱的に好奇心が旺盛なだけだ」という言葉も残しています。

本を読んで自信をつけよう

旺盛な知的好奇心を満たす本

__c3dlss__さんの投稿
21577217 380124565750814 7321235887377874944 n

毎日の暮らしの中で旺盛な知的好奇心を満たすための手段の1つに読書があげられます。ここでは、知的好奇心を満たす本をご紹介しましょう。読書で勇気と自信を身につけることができるはずです。ノンフィクションの作品は、よりリアルに日々の暮らしに結びつく発見があるでしょう。情報や知識を得ることは、自信と勇気にもつながります。

図書館利用のすすめ

yondokuさんの投稿
21577191 1444520509000800 680956520636088320 n

本は意外と高いもの。気になる本をすべて購入できればうれしいですが、なかなかそうはいきません。そんな時は図書館の利用がおすすめ。お住まいの地域や職場の近くにある効率の図書館を探してみませんか。学資絵の方は学校の図書館でももちろんOK。借りたい本を予約をすることもできるので、便利ですね。

司馬遼太郎『この国のかたち』

歴史小説家として今なお絶大な人気を誇る司馬遼太郎さん。その司馬さんが日本論として書かれたエッセイが「この国のかたち」。全6巻あります。歴史は勝者が作るもの、といわれますが多角的な視点から見つめることで学べることが増えてくるはずです。

charleston_tokyoさんの投稿
16908013 1414807498553462 1506292915297583104 n

日本は世界の他の国々とくらべて特殊な国であるとはおもわないが、多少、言葉を多くして説明の要る国だとおもっている。長年の間、日本の歴史からテーマを掘り起し、香り高く稔り豊かな作品群を書き続けてきた著者が、この国の成り立ちについて研澄まされた知性と深く緻密な考察をもとに、明快な論理で解きあかす白眉の日本人論。

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

人気漫画家の西原理恵子さんが「お金」と「働くこと」について、そして「生きること」について語っている本書。お金の話をするのは抵抗がある……という方も、西原さんの抱腹絶倒なエピソードと通底しているあたたかなメッセージに励まされ勇気をもらえるはずです。

brunch.blanketさんの投稿
19424653 311865085939339 4639173306610614272 n

「生まれて初めて触ったお金には、魚のウロコや血がついていたのを覚えている」-お金の無い地獄を味わった子どもの頃。お金を稼げば「自由」を手に入れられることを知った駆け出し時代。やがて待ち受ける「ギャンブル」という名の地獄。「お金」という存在と闘い続けて、やがて見えてきたものとは…。「お金」と「働く事」の真実が分かる珠玉の人生論。TVドラマ化もされた感動のベストセラー、遂に文庫化。

森達也『世界を信じるためのメソッド』

ドキュメンタリー作家が現代のメディア・リテラシーについてわかりやすく解説しています。マスコミが中立であることはないといった刺激的な内容は、日々の暮らしの中で見聞きするニュースなどからも知的好奇心を養うことができることを教えてくれます。

tan_suizenjiさんの投稿
13573504 1656212168037808 591231407 n

世界が、人間が、取り返しのつかない過ちを犯すのは、メディアの使い方をあやまるからだ。メディアはときに人を殺し、ぼくらを殺すことすらある。ならば、なにをどう信じるべきなのか。いま、なによりも必要なリテラシー。

佐藤勝彦『相対性理論を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 』

「好奇心に関する名言」でもとりあげた、20世紀最大の物理学者アインシュタインが説いた「相対性理論」をわかりやすく解説した本。高校時代に物理を習った人も習わなかった人も、本書を読むことで天才アインシュタインの考えた理論を理解することができるはず。新しい知識を得ることは知的好奇心を存分に養ってくれることでしょう。

eiji8721さんの投稿
14719354 790702321071559 3542082051819700224 n

本書は、一般的には難しいと思われがちな「相対性理論」を、数式や専門用語をできるだけ使わず、誰でもスラスラ理解できるように解説。「遅れる時間」「双子のパラドックス」「無から生まれた宇宙」など、謎と不思議に満ちあふれたアインシュタイン・ワールドへ、あなたを招待します。楽しいイラストとポイントが一目でわかる図解も満載で、10時間で理解できるように構成された画期的な入門書。

人生の秘密の一つは、私たちの知的好奇心を深刻に保つことです

大人になっても旺盛な好奇心を満たしてくれる大学の無料講座

東京大学が「知の開放」として2005年に開設

yukiyasu.nakamuraさんの投稿
21690132 474600099569781 3836813303355539456 n

毎日の暮らしの中で知的好奇心を満たす方法はほかにもあります。いろいろな大学が無料講座を公開しているので、それを利用してみませんか。たとえば、東京大学は「OCW(Todai open course Ware)」というサイトを開設し、在校生と同じ講座を無料で受けることができるようになっています。興味のある分野の講座をチェックしてみましょう。

世界中140以上の大学の講座がラインナップ

kawasedaさんの投稿
21480220 122998428426028 2214686099337379840 n

アメリカのIVリーグの1つであるスタンフォード大学や、名門医学部のあるジョンズ・ホプキンズ大学、ロンドン大学にチューリッヒ大学など140以上の大学や企業がパートナーとなっている「Coursera」。有料のものもありますが、無料のコースもたくさんあるので、是非チェックしてみてください。東京大学もパートナーになっています。

世界は刺激に満ちている

博物館や美術館に行こう

abcusabcusさんの投稿
21576929 1141111425989621 5024307031247421440 n

知的好奇心を満たす方法として、「実際に本物を見る」ことも大切です。博物館や美術館などで、ぜひ本物を見てみましょう。本物が与えてくれる感動は、旺盛な知的好奇心を刺激してくれるはずです。

歴史的建造物を見に行こう

yoshi.kabukabuさんの投稿
21568680 348732428911732 2249382129349689344 n

学生時代に修学旅行などで、お寺や神社などを訪れた方も多いことでしょう。その頃は興味がなかった場所でも、大人になってから再訪すると新しい発見があるはず。人生の経験を重ねたからこそ感じられる歴史の息吹や当時の技術のすばらしさ、芸術性などが好奇心を刺激することでしょう。

コンサートやライブに行こう

musicmixer7193さんの投稿
21688670 2049483091938594 3399430068907278336 n

旺盛な好奇心は、音楽の分野でも養われることでしょう。クラシックに限りませんが、コンサートやライブなどに足を運ぶことで「実際に本物を見る」ことができますね。オペラやバレエ、演劇などの生の舞台鑑賞もおすすめです。

知的好奇心を磨いてキラキラ輝く瞳を

好奇心旺盛な人は若々しい

senzu.nagoyaさんの投稿
18809308 421764858222229 4259139155558137856 n

何かを知りたい!やってみたい!などと好奇心旺盛な人は、瞳がキラキラ輝いて若々しく見えます。年齢にとらわれず、興味関心の幅を広げていく好奇心旺盛な生き方は、気持ちをリフレッシュしてくれるのでしょう。いつまでも好奇心を失わず、自分に自信をもっていきたいですね。

もっといろいろな生き方の情報が知りたい好奇心旺盛なアナタに!

やりたいことをやる人生の為に必要なこと!我慢しないで夢を実現させる! | Pinky[ピンキ-]
自己肯定感とは?意味や対処法を紹介!高い人と低い人の違いは? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ