牛乳石鹸でシャンプーができる?洗髪のやり方と効果・口コミまとめ!

肌に優しい固形型の牛乳石鹸は赤箱と青箱のカウブランドで、体を洗う以外に洗顔やシャンプーとして使われています。石鹸でシャンプーすると髪にダメージがあると思われますが大丈夫なのでしょうか?今回は口コミで広まった牛乳石鹸の洗髪の仕方や効能のまとめです。

牛乳石鹸でシャンプーができる?洗髪のやり方と効果・口コミまとめ!

目次

  1. 無添加で体に優しい牛乳石鹸の歴史
  2. 体に優しいシャンプーもできる牛乳石鹸とは?
  3. 体に優しい赤箱での洗髪が良い牛乳石鹸の成分とは
  4. 牛乳石鹸の赤箱と青箱の違いは?
  5. シャンプーもできる牛乳石鹸のメリットやデメリットは?
  6. 牛乳石鹸のシャンプー使用による洗髪の仕方
  7. 牛乳石鹸のシャンプー使用の注意や効果
  8. 体に優しい牛乳石鹸は自作で手作り可能
  9. 牛乳石鹸でシャンプーした口コミまとめ
  10. 体に優しい牛乳石鹸やシャンプー使用による効果や口コミまとめ

無添加で体に優しい牛乳石鹸の歴史

昭和生まれの人は牛乳石鹸を知っている人は多くいますが、平成生まれの方は馴染みがないと思います。無添加で体に優しい牛乳石鹸は現在シャンプーに使われていてその効果は凄いと口コミで広まったそうです。シャンプーの仕方や効能を紹介する前に牛乳石鹸の歴史を紹介します。

昭和時代に生まれた牛乳石鹸

昭和20年代に赤箱、青箱、白箱の3種類あったそうです。初めに生産されたのは赤箱の方で、青箱は後で作られたそうです。

100年の歴史がある牛乳石鹸

大阪にあるカウブランドの牛乳石鹸共進社株式会社は1928年から現在まで固形石鹸を作っています。「牛乳石鹸良い石鹸」と言う昭和生まれの人は誰でもわかるCMソングもあったようです。」

人々に愛されてる牛乳石鹸

牛乳石鹸はカウブランドの100年以上続く石鹸で慣れ親しんだ使い心地の良い石鹸です。

牛乳石鹸はカウブランド無添加シリーズを販売

牛乳石鹸が1998年にカウブランドの無添加シリーズの石鹸を販売します。天然保湿成分が含まれたお肌に優しい石鹸です。

ニキビ効果があるシャボン玉石鹸

カウブランドの牛乳石鹸が製造するシャボン玉石鹸は無添加でニキビ予防になるようです。シャンプー用としてもよく使われているようです。

牛乳石鹸液状の無添加シャンプー

シャンプーとトリートメントが一緒になった髪に刺激の少ないシャンプーです。

牛乳石鹸の歴史の展示

2012年、高島屋大阪店で体にやさしい牛乳石鹸のカウブランドの歴史が学べる展示がおこなわれたそうです。牛乳石鹸は洗顔やボディーのアットコスメの口コミランキングでも1位になっています。

体に優しいシャンプーもできる牛乳石鹸とは?

牛乳石鹸はカウブランドとして昔から愛されている石鹸のようです。赤箱や青箱の他にも地域限定の緑箱があって洗髪できる石鹸があったようなのですが、2000年始めまで生産されて、現在は製造終了となっているようです。

地域限定だったシャンプーにも使える緑箱の牛乳石鹸

赤箱にも含まれるスクラワンや新成分としてキシリトールや緑茶成分も配合されたシャンプーに使用できる牛乳石鹸だったようです。

頭皮が弱い方は難しい牛乳石鹸

殺菌成分のトリクロカルバンは薬用ミューズと同じ成分らしく頭皮が弱い方はシャンプーの使用は少し難しいようです。

体に優しい赤箱での洗髪が良い牛乳石鹸の成分とは

体に優しい手洗いや、ボデイー石鹸やシャンプーとして現在も使用されている牛乳石鹸の成分を調査します。

カウブランド・牛乳石鹸の赤箱と青箱の成分

牛乳石鹸は赤箱と青箱では成分が違うようですがそれぞれの成分の違いがあるようです。

シャンプーに使用の牛乳石鹸赤箱の成分

添加物が多い体に優しい牛乳石鹸で、成分は石ケン素地・香料・乳脂(牛乳)スクラワン・水・ステアリン酸・酸化チタン・EDTA-4Naです。洗顔にも使われる牛乳石鹸は泡立ち良く、毛穴の汚れや黒ニキビが気になる人はオススメします。

青箱の成分

青箱の牛乳石鹸の赤箱の成分の違いはお肌に潤いがでる「スクラワン」が入っていないのでシャンプーに使用する時は赤箱を使ったほうがいいそうです。

牛乳石鹸の赤箱と青箱の違いは?

長い歴史があって、お肌に優しく、潤いやさっぱり感がある牛乳石鹸は、赤箱と青箱には成分が違っていて、30代~20代にも愛されてる石鹸です。そんな牛乳石鹸の赤箱と青箱の違いを紹介します。

牛乳石鹸の赤箱と青箱

洗顔での赤箱は美肌効果がありお肌に潤いをもたせる石鹸で固形石鹸のナンバー1で女性に人気です。青箱はさっぱりとした洗顔で、男性によく使用されているそうです。

香りも楽しめる牛乳石鹸

ふんわりとしたローズ調の花の香りを楽しむことができる赤箱の牛乳石鹸は、女性ホルモンを活性化させ、ストレス効果もあるようです。

青箱の牛乳石鹸

ジャスミン調でフローラルの香りが楽しめる青箱の牛乳石鹸は、高揚感や多幸感があるアンチエイジング効果があるようです。

肌のトラブルや予防にも効果がある牛乳石鹸

牛乳石鹸は、ミルクバターやスクラワンの成分がお肌の保湿や潤いになり、美肌効果もあるそうです。

経済的にも優しい牛乳石鹸

シャンプーにも利用できる牛乳石鹸の価格は無添加のシャボン玉石鹸に比べ約40円安く手に入れられお得です。洗髪で利用の場合赤い箱が利用されているようです。

シャンプーもできる牛乳石鹸のメリットやデメリットは?

牛乳石鹸でシャンプーができるのか?

最近市販の安いシャンプーが女性の髪にダメージを与え、抜け毛や髪染めが上手くいかないなどの症状があることがわかったそうです。しかし、石鹸でシャンプーとして洗髪すれば髪に潤いを与え抜け毛が抑えられるそうです。

牛乳石鹸でシャンプーするメリット①「頭皮や髪にやさしい」

無添加や赤箱の牛乳石鹸をシャンプーとして利用するメリットは、強い刺激を与えない頭皮や髪に優しいので、赤ちゃんや、肌の弱い方でも使用できる安心の石鹸です。

牛乳石鹸でシャンプーするメリット②「環境に優しい」

天然植物が主成分で環境にも優しく赤箱の牛乳石鹸はシャンプーとして利用されているようです。

牛乳石鹸でシャンプーするメリット③「健康な髪」

無添加の牛乳石鹸をシャンプー使用した効果は、香りは無臭で、泡立ちも良く頭皮のダメージを抑えた石鹸で市販のシャンプーよりも使い心地が良いそうです。

牛乳石鹸シャンプーのデメリット「髪がきしむ」

牛乳石鹸は弱アルカリ性で肌に優しいシャンプーとしての使用時は髪のきしみがおこるそうなので、石鹸シャンプーとして使う場合しっかりと濯ぐことが重要です。無添加の牛乳石鹸でシャンプーすると市販のリンスやコンディショナーが使えなくなるようです。

牛乳石鹸のシャンプー使用による洗髪の仕方

カウブランドの牛乳石鹸は無添加で体に優しい成分が入っており髪にも優しくてシャンプーに最適だと言うことがわかります。ここではそんな固形型牛乳石鹸を使った洗髪方法を紹介します。

洗髪する前のブラッシング①

牛乳石鹸をシャンプーとして利用の場合、洗髪前にはきっちりブラッシングします。髪のもつれや地肌の汚れが浮きでてきてこれをやるかやらないかで汚れ落ちに影響し、洗い上がりも変わるようです。

お湯でプレシャワーリング②

シャンプー前にお湯「38℃~40℃」のぬるま湯で洗いほこりや汚れを洗い流します。シャンプーを先にすると、かゆみや抜け毛、ニキビ等の原因になるそうです。

牛乳石鹸の泡立て③

洗顔で使用する場合と同じで手に取って泡だてるようにします。牛乳石鹸を使う場合、石鹸カスが残りやすく摩擦によって髪を傷めてしまう可能性もあるので注意が必要です。

泡立て方についてはこちらを参考にして下さい。

頭皮を中心に洗髪する④

牛乳石鹸を泡立てたら頭皮の中心につけ、指の腹を使い優しく洗います。爪を立てたりゴシゴシするのは、地肌に良くないそうです。髪の毛にもまんべんなく泡をつけますがこすり洗いはしなくても良いそうです。髪の毛は皮脂分泌がおこらず、髪についた石鹸で洗浄能力が十分あるそうです。

髪の毛や頭皮のシャンプー後のすすぎ⑤

生え際から毛先に向かって勢いよくすすぎ、手際よく短時間ですすぎましょう。市販のシャンプーのようなやり方では石鹸カスが残り髪を痛める原因になるようです。

酸性のリンスの使用⑥

牛乳石鹸で洗髪後、髪の毛のきしみがあると言われてましたが、弱酸性のリンスの使用によりきしみ感がとれるそうです。リンスがなくても髪のつやつや感はあるそうですが、髪のきしみが気になる方は使った方が良いと言われています。

洗髪後のドライヤー⑦

肌にも優しい無添加の牛乳石鹸シャンプーは地肌を無菌状態にしたり汚れもしっかり落とせます。ドライヤーでしっかり乾かさないと雑菌が繁殖して臭のもとになるようです。

牛乳石鹸のシャンプー使用の注意や効果

牛乳石鹸のシャンプー使用はメーカーではNG

牛乳石鹸を製造してる会社ではシャンプー使用がNGのようです。理由は、髪のきしみやゴワゴワになるのと、石鹸カスの問題があるからのようです。

牛乳石鹸シャンプーの注意点

牛乳石鹸には問題がなく、シャンプーとして利用する場合はキューティクルが開くためクエン酸のリンス使用がおすすめです。注意点としてパーマやカラーリングをしてる人には石鹸シャンプーとしてはおすすめできないようです。

アレルギー問題

手洗いや洗顔、洗髪など、使い道が多い牛乳石鹸も乳製品アレルギーを持っている人はシャンプーの使用は避けたほうが良いと思われます。

牛乳石鹸シャンプーの効果

赤い箱の石鹸シャンプーはスクラワンの成分が入っていて保湿効果もありしっとりとした髪に仕上げられます。髪本来の自然治癒力も高められ、くせ毛解消や抜け毛を抑える育毛効果もあります。

体に優しい牛乳石鹸は自作で手作り可能

牛乳石鹸は材料が揃えば誰でも手作り石鹸が作れるようです。

材料 ・ひまわり油 約225g ・ココナッツ油 約115g ・オリーブ油 約150g ・パームステアリン酸 適量 ・ベンゾイン(精油) 適量 ・牛乳 約95cc ・精製水 約95cc ・苛性ソーダ 約78cc

髪に優しい牛乳石鹸は手作りできるとは知らなかったですね。材料があれば誰でも作れるそうです。材料はネットや手作りコスメのお店などで手に入るそうです。

牛乳石鹸でシャンプーした口コミまとめ

牛乳石鹸でシャンプーする人は男性が多いようです。頭から足まで石鹸で洗える体にやさしい牛乳石鹸の口コミのまとめです。

30代~40代の男性が牛乳石鹸をシャンプーとして利用しているそうです。

洗髪利用には使用頻度が少ない無添加石鹸

髪がゴワゴワしたり、アレルギーが怖いとかで反対意見が多い牛乳石鹸の固形は個人差もあり、4ヶ月くらいの牛乳石鹸シャンプー使用者の意見は1~2ヶ月は効果がなかったそうです。

12年間牛乳石鹸をシャンプーとして使用している人のレビュー

私は無添加の固形石鹸で全身(髪・頭・顔・体)を洗ってます。 そのことを彼氏に言ったら、引かれました。 石鹸シャンプーを使用した場合正しい洗髪方法で行わないと、石鹸カスが残留しやすいです。 無添加石鹸シャンプー派でしたが最近は無添加のシンプルな純石鹸で洗髪。最初はごわつくけど暫くしたら艶髪になりますよ。 身体を洗う石鹸として常用しています。 香りも癒されるし、洗い上がりも満足です。 安心して使ってます。

牛乳石鹸は洗顔やボディー洗いにに使われるようですがシャンプでの使用は髪に良くないと思っているネットユーザーの意見が多く、洗髪としてはまだまだのようです。

体に優しい牛乳石鹸やシャンプー使用による効果や口コミまとめ

牛乳石鹸はシャンプー用としては問題あり

100年以上の歴史がある牛乳石鹸の歴史やシャンプーを調査しましたが、個人差の関係や成分の問題などもあり、洗髪には不向きだということが調査の結果わかりました。口コミでは牛乳石鹸のアトピーやニキビ予防、お肌に潤いを与え、保湿成分を含んだ石鹸で女性に人気の石鹸です。

他社に比べ牛乳石鹸は香料成分があって香りも楽しむことができる昔と変わらない石鹸です。洗顔やボディー洗いにはこの石鹸で十分のようです。市販のシャンプーは成分がたくさん入っていて、髪を傷める原因になり、お湯だけでの洗髪方法もあるそうです。牛乳石鹸はシャンプー向きではないかもしれないですね。

牛乳石鹸の関連記事はこちら!

Thumb牛乳石鹸が洗顔にいい?青箱・赤箱のニキビ効果や成分、特徴まとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧