枝豆ダイエットで痩せた?カロリーと効果・やり方・口コミまとめ!

カロリー控えめな枝豆はダイエットにぴったりな食材。枝豆ダイエットでカロリーをおさえることで痩せた、などの口コミも多く見られます。低カロリーで楽しめる枝豆ダイエットのやり方や効果をチェックして、健康的に痩せませんか?効果的な枝豆ダイエット方法をご紹介します。

枝豆ダイエットで痩せた?カロリーと効果・やり方・口コミまとめ!

目次

  1. カロリー控えめの枝豆はダイエットにぴったり
  2. 枝豆に豊富に含まれている栄養素
  3. 枝豆ダイエットによって得られる効果
  4. カロリーをおさえられる枝豆ダイエットのやり方
  5. 枝豆ダイエットの注意点
  6. 枝豆ダイエットのコツ
  7. 枝豆ダイエットの口コミ
  8. 長持ちする枝豆の保存方法
  9. 枝豆のおいしい調理方法
  10. ほかにもある枝豆のアレンジレシピ
  11. 枝豆でカロリーをおさえてダイエットをしよう!

カロリー控えめの枝豆はダイエットにぴったり

枝豆のカロリーは100gで130kcalとダイエットに最適

カロリーが低くヘルシーな食材として知られている枝豆はダイエットに最適。最近は枝豆ダイエットで痩せた、という口コミもたくさん見られます。

枝豆のカロリーは100gあたり130kcalほど。1日の平均摂取カロリーが1800kcal〜2200kcalであることを考えると十分に低カロリーと言えます。枝豆がダイエットに最適と評判なのも納得ですね。

枝豆でカロリーを控えて健康的なダイエットに取り組もう

枝豆はカロリーが低いだけでなく栄養素が豊富なのも嬉しいポイント。ダイエット中はカロリーを気にして栄養が偏ってしまいますが、枝豆を取り入れれば健康的にダイエットができます。低カロリーな枝豆を食べて、ダイエットを楽しみましょう!

枝豆に豊富に含まれている栄養素

【枝豆の栄養素1】ビタミンB1

枝豆に含まれている栄養素の1つ目は、ビタミンB1。ビタミンB1は疲労回復のビタミンとも呼ばれ、元気な体作りに欠かせない栄養素です。最近疲れやすいな、というときは枝豆を食べてみてはいかがですか。

【枝豆の栄養素2】良質なタンパク質

枝豆には良質なタンパク質も豊富に含まれています。タンパク質と言えば肉や魚を思い浮かべますが、ダイエット中はカロリーが気になって避けがち。タンパク質は必要な栄養素なので枝豆で補いましょう。

【枝豆の栄養素3】カリウム

カリウムは、体内の余計な塩分を排出しむくみを解消する効果を期待できる栄養素。むくみのないきれいな体作りはダイエット中に欠かせないですよね。

【枝豆の栄養素4】鉄分

枝豆には鉄分が豊富に含まれているのも嬉しいポイント。鉄分は鳥レバーや豚肉などに豊富に含まれていますが、ダイエット中はカロリーが気になって避けがちですよね。鉄分が不足すると貧血になるので、枝豆で補充しましょう。

【枝豆の栄養素5】オルニチン

オルニチンはシジミなどに多く含まれている栄養素。肝機能をサポートし、二日酔いに効くとされています。ビールのお供として枝豆が出てくることが多いですが、これは理にかなった食べ合わせなのですね。

【枝豆の栄養素6】食物繊維

枝豆は食物繊維も豊富。食物繊維はレタスなどの野菜にも多く含まれています。食物繊維が不足すると便秘になりがちなので、ダイエット中はぜひ取り入れておきたいですね。

【枝豆の栄養素7】イソフラボン

枝豆は、豆乳や豆腐などに含まれているイソフラボンも含有しています。女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンは、健康的な生活に欠かせない栄養素。女性の暮らしをサポートしてくれます。

枝豆ダイエットによって得られる効果

【枝豆ダイエットの効果1】便秘の改善

枝豆ダイエットで得られる効果はたくさんあります。1つ目な食物繊維による便秘の改善。ダイエット中は栄養が偏って便秘になってしまった、という体験がある方も多くいるのではないでしょうか。食物繊維はダイエットに欠かせない栄養素です。

腸内環境が悪化して便秘になると体の巡りが低下し、脂肪を燃焼する働きが落ちてしまいます。便秘は脂肪を溜め込みやすい状態を作り出しやすいので要注意。しっかりと改善して健康的にダイエットしましょう。

【枝豆ダイエットの効果2】脂肪燃焼の促進

ビタミンB1は疲労を回復するだけでなく、脂肪燃焼を促す栄養素としても知られています。脂肪燃焼効果はダイエットに必要不可欠。カロリーをおさえつつ脂肪を代謝することで効率的に痩せたという口コミもよく聞きます。

【枝豆ダイエットの効果3】筋肉作り

良質なタンパク質は筋肉作りに欠かせません。筋肉は体内で最もエネルギーを消費する器官。筋肉をつけることで脂肪を燃焼しやすい体に変われます。枝豆を食べつつランニングやウォーキングといった有酸素運動をしてカロリー消費と筋肉作りに努めましょう。

【枝豆ダイエットの効果4】美肌づくり

ダイエットだけでなく美肌にも嬉しい効果があるのも枝豆の魅力です。オルニチンは若々しい美肌を保ちたいときにぴったりなアンチエイジング効果のある栄養素。老化の原因となる活性酸素をおさえ、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるとされています。

高いアンチエイジング効果があることから「若返りのビタミン」とよばれているビタミンEが含まれているのも嬉しいポイント。コラーゲンの生成をサポートするビタミンCをはじめとした栄養素により、弾力のある肌へと導きます。

【枝豆ダイエットの効果5】女性特有の疾患を改善

枝豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きがあるとされている栄養素。生理不順や更年期障害といった女性特有の疾患の改善を期待することができます。

【枝豆ダイエットの効果6】高血圧の改善

枝豆のカリウムはむくみを解消するだけでなく、高血圧の改善にも役立ちます。高血圧は体内に余計な塩分がたまることによって起こるもの。カリウムによって塩分を排出することで、血圧の低下を見込めます。食生活が気になるときに取り入れてみてはいかがですか。

カロリーをおさえられる枝豆ダイエットのやり方

【枝豆ダイエットのやり方1】間食がわりに枝豆を食べる

糖分や炭水化物がたっぷり入ったお菓子は高カロリーでダイエットの天敵。お菓子の間食をおさえるために、小腹がすいたら枝豆を食べるようにしましょう。

枝豆はしっかりかんで食べることで甘みを感じられます。甘いものが欲しくなったときにぴったり。

【枝豆ダイエットのやり方2】食事の前に枝豆を食べる

いきなり食事をとると血糖値が急激に上がり、脂肪を溜め込みやすい状態になってしまいます。枝豆を食前に食べることで血糖値の上昇をゆるやかにし、脂肪をためにくい体に状態にしましょう。

食前に枝豆を食べることで満腹感を得られ、食べ過ぎの予防もできます。空腹を感じることなく満足感のあるダイエットにしたいときに最適。

【枝豆ダイエットのやり方3】1食分を枝豆に置き換えてカロリーカット

本格的にダイエットに取り組みたいときは、1食分を枝豆にかえてカロリーを大幅にカットする方法もおすすめ。1日の中で最も代謝が落ちる夜の食事を枝豆にすると効率的なダイエットになります。

枝豆ダイエットの注意点

1日100gまでにおさえる

体に良い枝豆ダイエットですが、注意点もあります。1つ目は1日の分量を100gにおさえること。食べ過ぎは体の不調を起こす場合もあるので、1日の量を守りましょう。

味付けはしないで低カロリーに

枝豆はなるべく味付けをしないで低カロリーに仕上げるのがおすすめ。味付けの濃い枝豆を食べすぎるとカロリーオーバーになることがあります。

枝豆ダイエットのコツ

枝豆をよくかんで食べる

枝豆はゆっくりとよくかんで食べましょう。よくかむことで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを予防できます。よくかむと枝豆の旨味が出てさらにおいしくいただけるのもポイント。

枝豆の味にあきたらアレンジを加えてもOK

過度な味付けはNGですが、枝豆の味にどうしても飽きてしまったときはアレンジを加えるのも1つの方法。長続きさせるために好みの味を楽しんでみましょう。

枝豆ダイエットの口コミ

カロリーをおさえて痩せた!という口コミが多数

では実際に枝豆ダイエットに取り組んだ人の口コミはどうでしょうか?Twitterなどの口コミを見てみると、枝豆ダイエットで痩せた!という言葉が多く見られました。

実際に枝豆ダイエットをやってみたら痩せた、という口コミがたくさん。枝豆を取り入れて、健康的なダイエットにチャレンジしませんか?

長持ちする枝豆の保存方法

枝付きは生のまま濡れた新聞紙で包む

枝付きの枝豆であれば、生のまま濡れた新聞紙で包んで冷蔵庫へ入れましょう。枝付きでない枝豆の場合は、購入してからすぐに茹でた方が新鮮さをキープできます。ただし、茹でたときの賞味期限は3日。すぐに食べきれないときは冷凍保存がおすすめです。

かために茹でて冷凍保存

冷凍保存するときはかために茹でてから水気を拭き取り、ジッパー付きの保存袋に入れましょう。そのまま冷凍庫に入れれば冷凍保存完了です。

サヤから出して冷凍保存してもOK

枝豆をサヤから出してから冷凍保存してもOK。サヤから出しておけば、食べたいときにすぐ使えるので便利です。

枝豆の解凍方法

冷凍枝豆を食べるときは、お湯でさっと湯がいて解凍します。電子レンジで解凍しても大丈夫。好みの方法で解凍してくださいね。冷凍枝豆は1カ月ほど日持ちするので、まとめて茹でておくのがおすすめです。

枝豆のおいしい調理方法

枝豆の基本のゆで方

せっかくダイエットで枝豆を食べるなら、おいしく茹でたいですよね。そんなときに参考になる枝豆のゆで方です。茹で時間は4〜5分。落とし蓋をするのがおいしく仕上げるポイントです。

おいしい枝豆のゆで方/ゆで時間:白ごはん.com

枝豆は電子レンジでも調理可能

枝豆を少量の水と一緒に耐熱容器に入れ、500Wの電子レンジで加熱してもおいしく仕上がります。洗い物が減るので、時間がないときの調理法にぴったり。

レンジで★美味しい枝豆の茹で方 by kana-bun [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが255万品

ほくほくの焼き枝豆

焼き枝豆にするのもおすすめ。茹でた枝豆とは違ったほくほくとした食感を楽しめます。

焼いても美味しい♪フライパンで焼き枝豆 by 桃アン [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが255万品

ほかにもある枝豆のアレンジレシピ

枝豆のピクルス

枝豆の味に飽きたときにやってみたいアレンジレシピもご紹介します。こちらは枝豆のピクルス。さっぱりとした酸味がアクセントになっています。

とってもおしゃれ! 枝豆ピクルス by 農Pro [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが255万品

枝豆の煮浸し

ふんわりと優しい味わいの煮浸しもおすすめ。めんつゆとみりんといったシンプルな味付けです。

枝豆で♪簡単浸し豆 by カルン [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが255万品

ガーリック風味の枝豆

枝豆にニンニクと豆板醤をプラスしたピリ辛アレンジ。ニンニクや豆板醤には代謝を上げる効果もあるのが嬉しいポイントです。

やみつき!枝豆のガーリックピリ辛 by ミマト [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが255万品

枝豆でカロリーをおさえてダイエットをしよう!

低カロリーで栄養満点な枝豆はダイエットにぴったりな食材。1日100gの適量を守って、健康的な枝豆ダイエットにチャレンジしてみてはいかがですか。

枝豆の関連記事はこちら!

Thumb枝豆のカロリーとダイエット効果とは?やり方と口コミを紹介!
Thumb枝豆の栄養がすごい!成分と効能・効果まとめ!でも食べ過ぎに注意?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-04-06 時点

新着一覧