水の飲み過ぎに注意!「水中毒」の症状と原因&改善方法まとめ

水をたくさん飲めば健康になる!それは決して間違ってはいないのです。しかし、1日の摂取量を超えて水を飲み過ぎることによって中毒症状を起こすことを知っていますか。水中毒という水を飲み過ぎることによって起きる中毒症について解説します。

水の飲み過ぎに注意!「水中毒」の症状と原因&改善方法まとめ

目次

  1. 水は飲み過ぎると中毒になる!?水の飲み過ぎによる水中毒について
  2. 水の飲み過ぎが中毒になるって知ってましたか?
  3. 水中毒の起きる原因は水の飲み過ぎ
  4. 水の飲み過ぎによる中毒、水中毒の症状とは
  5. 水中毒にならない方法や改善策
  6. 水中毒は適度な運動と、適切な1日の水の量を意識することで防げる

水は飲み過ぎると中毒になる!?水の飲み過ぎによる水中毒について

ダイエットのためと思って、水を飲み過ぎてはいませんか

水をたくさん摂取することは、新陳代謝が活発になってダイエットの効果があります。そして、尿として老廃物を排出することはデトックス効果があります。しかし、水だけを飲み過ぎると中毒になる可能性があるのです。

水の飲み過ぎが中毒になるって知ってましたか?

水の飲み過ぎに注意して、水中毒にならないようにしよう

水を飲み過ぎることは『水中毒』という中毒症状を起こすので注意が必要です。水中毒は水を飲み過ぎることが原因で起き、ダイエットやデトックス効果を意識しすぎて、水を飲み過ぎて起きる傾向があります。

かつては精神的な症状を持つ人に水中毒の症状が見られた

水を飲み過ぎて起きる中毒だった水中毒、かつては自閉症や統合失調症の患者に診られた中毒症状でした。

水は変化の激しい物質

水は温度によって固体や液体、気体になります。そのように変化の激しい物質のため、体内でもその形を変えやすく、お腹を膨らませたり、重さになります。

水中毒の起きる原因は水の飲み過ぎ

水中毒は腎臓の機能の限界を超えることが原因

水中毒が起きる原因は、腎臓が持つ利尿速度を超えたことにあります。腎臓は1分間に16ミリリットルを利尿する働きがあります。水中毒はこの腎臓の利尿速度以上の水分を摂取することが原因なのです。

1度に水を5リットル以上飲む人は要注意

水を1度に5リットルから10リットル飲むような飲み方をしている人は要注意です。このような飲み方をしていると腎臓の処理速度が追い付かず水中毒になる危険があります。

水を飲み過ぎないことが、水中毒にならない方法

腎臓の利尿速度を超えないような水の飲み方に改善する必要が一番の方法です。

人間の体は約60%が水分で出来ている

人間の体は約60%が水分で、幼児では80%が水分で出来ています。そのため水分補給は大事なのですが、摂りすぎもよくないのです。

水の飲み過ぎによる中毒、水中毒の症状とは

軽い疲労感から体のむくみが初期症状

水の飲み過ぎによる症状として、最初は軽い疲労感があります、その次に足などにむくみの症状が現れます。

中度になると頭痛や嘔吐、そして麻痺

水の飲み過ぎが中度になると、頭痛や嘔吐が起きます。ひどくなると麻痺の症状が出てきます。

重度では昏睡状態や性格に変化がでます

水の飲み過ぎによる症状の重度なものは昏睡状態や性格に変化が出ると言う重い中毒症状が表れます。呼吸困難に陥るなど命に関わる症状がおき、死亡につながるケースもあります。

水中毒かチェックする方法

自分が水中毒にかかっているか調べる方法として、胃やお腹から水の音がすることや、下半身だけ太り気味、冷えやめまいを覚えることです。もちろん水を大量に取っていることと合わせて、この状態になっているかがポイントです。

水中毒にならない方法や改善策

まずは、水分の摂りすぎに気をつけましょう

なにより、先ほど説明した通り水中毒は水分の摂りすぎで腎臓の利尿速度を超えたことによるものです、そのため一度に水分をとらないように改善することが重要です。

水の量は多くても1日2リットル

激しい運動を行わない場合は、1日の水の摂取量は2リットル程度で問題ありません。これに運動が重なる場合はもっと飲んでも問題はありません。

ダイエットのための、ジョギングなどで改善されます

体内にたまった水分を発散することも重要です。ダイエットなどで行う運動によって体内の水分は発散されるので、ジョギングなどを行って代謝を高めましょう。

できるだけ常温がおすすめです

冷たい水を飲むと体の温度が冷え、代謝が下がってしまいます。そのため体を冷やさないために常温で水を飲むことも水中毒にならないコツです。

サウナや岩盤浴で水分を発散しましょう

体内の無駄な水分を発散するにはサウナなどで汗をかくことも重要です。そのときに塩分も体から出て行ってしまうので、大量に汗をかいたあとは塩分補充を行いましょう。

体に必要な量以外は排出されるので、トイレを我慢せずに

体にたまった水分はどんどん排出しようとします。そのため、トイレに行きたくなったら我慢せずどんどん無駄な水分は排出することが水中毒の改善につながります。

日々の生活スタイルに合わせた水分量を取ることが一番大事

季節によって汗を多くかくときは水分を多くとっても問題ありませんし、運動を良くする学生の間も水分補充は大事です。水中毒にならないためには、日々の自分の生活スタイルと合わせることが大事だといえるでしょう。

水中毒は適度な運動と、適切な1日の水の量を意識することで防げる

命に関わることもある水中毒の存在を忘れないようにしましょう

水をたくさん取ることは体に取って良いというイメージばかりが先行しています。しかし、水の飲み過ぎが水中毒という中毒症状を引き起こすことは知らない人も多いです。命に関わることもある水中毒の存在を知ることで、適切な水分補給とそれを排出するための運動の大切さを知ることができたと思います。

水の関連記事はこちら!

Thumb水素水の作り方を紹介!自宅でも簡単に作れる製法・やり方まとめ
Thumb水素水の人気ランキング・比較まとめ!おすすめ商品の口コミなども紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-30 時点

新着一覧