たけし軍団解散の本当の理由が明らかに!元メンバー東国原英夫が激白!

『バイキング』で東国原英夫が”たけし軍団”の解散発言?今回は、ビートたけしがたけし軍団を作った経緯や歴史(フライデー襲撃)、ビートたけしとたけし軍団の伝説のお笑いメンバー上位10名を序列、たけし軍団解散の本当の理由を元メンバー東国原英夫が激白した本意を徹底調査

たけし軍団解散の本当の理由が明らかに!元メンバー東国原英夫が激白!

目次

  1. たけし軍団解散の本当の理由は?元メンバー東国原英夫が激白を調査
  2. ビートたけしがたけし軍団を作った経緯や歴史(フライデー襲撃)
  3. ビートたけしとたけし軍団の伝説のお笑いメンバー上位10名を序列
  4. たけし軍団解散の理由を元たけし軍団メンバー東国原英夫が激白
  5. たけし軍団解散の本当の理由は?元メンバー東国原英夫が激白のまとめ

たけし軍団解散の本当の理由は?元メンバー東国原英夫が激白を調査

2016年12月23日、フジテレビ系情報番組『バイキング』内で東国原英夫氏(59歳)が”たけし軍団”は解散したことを公言しました。そして、東国原英夫氏のぶっちゃけ話を突然聞かされたその場に居合わせた『バイキング』の出演者やスタッフ、『バイキング』を見ていた多くの視聴者が驚きの声をあげたのでした。

今回は、ビートたけしがたけし軍団を作った経緯や歴史(フライデー襲撃)、ビートたけしとたけし軍団の伝説のお笑いメンバー上位10名を序列、たけし軍団解散の本当の理由を元メンバー東国原英夫が激白した本意を徹底調査したいと思います。

ビートたけしがたけし軍団を作った経緯や歴史(フライデー襲撃)

「たけし軍団」の名前の由来

「たけし軍団」の名前の由来は、「石原軍団のパロディ」なのだとか。そもそもは石原軍団があり、そのパロディとしてたけし軍団と命名されたようですね。

「たけし軍団」の創立は

「たけし軍団」の創立は、1983年で、ビートたけしが草野球をやっており、草野球チームを作るために集められたメンバーが、のちのたけし軍団である。

たけし軍団入団後の生活は

たけし軍団に入団した後は、たけし軍団の先輩の家に住んいたそうです。基本的に家主が結婚したら住めない暗黙のルールがあり、最高で5~6人は1人たけし軍団の先輩の家にの住まわせていたそうです。家賃も食費もタダだっやのだそうです。どうやらたけし軍団の先輩は後輩の食費も全部出してあげなければならないルールだったみたいですね。

たけし軍団が引き起こしたフライデー襲撃事件とは

フライデー襲撃事件(しゅうげきじけん)とは、1986年(昭和61年)12月9日未明、テレビタレントのビートたけしが、仲間ら(たけし軍団)とともに、写真週刊誌 『フライデー』 (講談社)の編集部を襲撃した事件のことです。

”フライデー事件”、”ビートたけし事件”、”たけし襲撃事件”などとも呼ばれる”フライデー襲撃事件”ですが、ビートたけしは1987年6月10日に懲役6か月、執行猶予2年の判決が下されました(東京地裁、確定)。当時のレギュラー番組への出演については、執行猶予判決が確定するまでの約8か月間、ビートたけしは謹慎することとなりました。

たけし軍団が関与した”フライデー襲撃事件”の発端は

”フライデー襲撃事件”の発端は、1986年12月8日、渋谷区の路上で、ビートたけし(当時39歳)と親密交際していた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、写真週刊誌『フライデー』の契約記者は、彼女が通う学校の校門付近でビートたけしとの関係を聞こうと声をかけたが、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、記者が前方に立ちふさがってテープレコーダーを彼女の顔に突きつけ、手を掴んで引っ張るなどの乱暴な行為に及び、頸部捻挫、腰部捻傷で全治二週間の怪我を負わせたのでした。

これに怒ったビートたけしは、週刊誌の発行元である講談社に電話をかけ、強引な取材に抗議して今から行くことを告げ、1986年12月9日の深夜3時過ぎ、ビートたけし及び彼の弟子集団たけし軍団メンバー11人は、タクシー3台にそれぞれ4人ずつ分乗し東京都文京区音羽にある講談社本館の同誌編集部に押し掛け、その結果、暴行傷害事件へ発展したのでした。当初、ビートたけしは手を出さないようたけし軍団メのンバーに言っておいたものの、当時の編集次長による自分は空手が得意である旨の発言をはじめとした編集部員の挑発的言動が原因で暴行に至ったのですした。

報道によれば、ビートたけしが担当者との面会をと迫った後、講談社とたけし軍団のどちらからともなく一斉にもみ合いになりました。現場にあった傘や消火器を用い、怒鳴りながら、講談社の編集長及び編集部員らに暴行を働いたたけし軍団。ビートたけしとたけし軍団らは住居侵入・器物損壊・暴行の容疑で、講談社を管轄下に持つ大塚警察署によって現行犯逮捕されたのでした。

「言論・出版の自由を脅かす暴挙に対して、断固たる態度で臨む」「今回のたけしの暴挙は、本誌がたけしの事務所側と話し合っている最中の出来事であり、たけし側から取材のルールを暴力で侵したもの」「写真週刊誌の取材の行き過ぎもあり、ビート君の気持ちはよくわかる。かといって直接行動に及ぶのは許されることではない」「最近の週刊誌は刺激もかなり露骨だ。表現の自由が保障されているからといって、それが特権的なものと思ってはいけない。暴力を振るうなどということは、民主主義社会では許されるべきではない。しかし出版社は社会的に容認される限度内の取材をすべき」

フライデーは事件後、上記の声明を発表するとともに、記者会見で負傷した様子を公開しました。事件後の第一報では「本誌編集部で集団暴行した『一部始終』」とのタイトルで、釈放され車に乗り込むビートたけしの姿も掲載したのでした。

フライデー襲撃事件の現場

フライデー襲撃事件後、ビートたけしとたけし軍団らは逃亡のおそれなしとして釈放されました。当初、ビートたけしよりもフライデー側に非があるとの意見が大勢を占めていました。しかし新聞系メディアがテレビも問題当事者であると取り上げたこと、さらにビートたけしの出演番組のテロップ付きでの放送、ビートたけしの一部の番組収録への参加などにより批判の論調が強くなっていきました。

これを受けビートたけしの所属事務所である太田プロダクションは「謹慎」の名目で、ビートたけし及びたけし軍団メンバーは半年間芸能活動の自粛を発表しました。1986年12月22日に記者会見を開いたのを最後に、ビートたけしは半年間公式メディアに登場することはなくなりました。

被害者である講談社との間に示談が成立していたにもかかわらず、当時の官房長官後藤田正晴がこの事件を奇貨とし、写真週刊誌による政治家たちのスキャンダル報道を止めさせようとする意図から裁判を主張し、1987年6月10日、東京地方裁判所からビートたけしに懲役6カ月(執行猶予2年)の判決が下り、控訴しなかったため、刑が確定しました。

たけし軍団メンバーは不起訴処分となったため、裁判にかけられることはありませんでした。ビートたけしらは芸能活動を再開したが、彼らが出演するテレビ局や所属事務所などに各種団体が抗議に訪れるなど、しばらくは事件の影響が尾を引きました。なお、判決を下した裁判官は、ビートたけしらの行為を厳しく断罪すると共に、フライデー側の過剰な取材にも苦言を呈しました。

ビートたけしとたけし軍団の伝説のお笑いメンバー上位10名を序列

①そのまんま東

たけし軍団のそのまんま東は、ビートたけしに直接弟子入りを志願し、1981年に弟子入りした一番弟子でした。再婚して幸せな結婚生活を過ごされているようですね。

②大森うたえもん

たけし軍団の草野球に参加した際に、大森うたえもんはたけし軍団入りをビートたけしから打診されました。のちに音楽をメインでやっていきたいということで、大森うたえもんはたけし軍団から所ジョージの事務所に移ったようですね。

③ガダルカナル・タカ、つまみ枝豆

たけし軍団の草野球に参加した際に、ガダルカナル・タカとつまみ枝豆はたけし軍団入りをビートたけしから打診されました。ガダルカナル・タカは妻の突然の死が話題になっていましたね。

④松尾伴内

たけし軍団の松尾伴内は、ビートたけしに直接弟子入りを志願しました。さんまさんに気に入られている松尾伴内。近年はオネエみたいなキャラで頑張っているようですね。

⑤ダンカン

ダンカンは元々立川談志の弟子(立川談かん)で、立川談志の口利きでたけし軍団に入ったとの事です。顔は怖いですが、不器用ながら役者として頑張っていますよね。

⑥柳ユーレイ

柳ユーレイはいつの間にかたけし軍団にいたのだそうです。いつの間にかって...意味不明ですよね。たけし軍団の中で唯一、顔が思い出せないようなどんな場合でも影の薄い存在でしたね。柳ユーレイより柳 憂怜と改名したみたいです。

⑦ラッシャー板前

たけし軍団のラッシャー板前は、ビートたけしに直接弟子入りを志願しました。フライデー襲撃事件は発生する前まで、ラッシャー板前に追っかけが出るほど人気もあった時期があったのです。

⑧グレード義太夫、井出らっきょ

たけし軍団のグレード義太夫は、ビートたけしに直接弟子入りを志願しました。たけし軍団の草野球に参加した際に、井出らっきょはたけし軍団入りをビートたけしから打診されました。この2人は元祖たけし軍団ではありません。

たけし軍団解散の理由を元たけし軍団メンバー東国原英夫が激白

2016年12月23日放送のフジテレビ系情報番組『バイキング』内で東国原英夫氏が、たけし軍団の解散理由を語りました。

「たけし軍団は仲良かったのに解散した」「理由は仕事がなくなったから。もう失笑でしょ?」「寂しいもんだよ」「存在が薄かったから解散もくそもなかったけど、なんか自然と別れていったんですよ」「仕事があるうちっていうのはありがたい。仕事を通じてコンビが形成されてる」「どれだけ仲良くても仕事がなくなったら離れていく、この状態が1番悲しいと思う」「ボクは(NON STYLEが)うらやましいわ」

たけし軍団解散の本当の理由は?元メンバー東国原英夫が激白のまとめ

今回は、ビートたけしがたけし軍団を作った経緯や歴史(フライデー襲撃)、ビートたけしとたけし軍団の伝説のお笑いメンバー上位10名を序列、たけし軍団解散の本当の理由を元メンバー東国原英夫が激白した本意をまとめました。

東国原英夫氏がたけし軍団の解散理由を明かにしましたが、仕事がなくなったから解散したとは、世界のたけしのイメージが台無しの惨めな理由でしたね。たけし軍団のメンバーを一生面倒を見ると言っていたビートたけし。たけし軍団の解散で、ビートたけしは無駄な出費がなくなってホッとしているのかもしれません。

ビートたけしの関連記事はこちら

Thumbビートたけしのフライデー襲撃事件とはなに?伝説の記者会見も紹介
Thumbビートたけしの愛車コレクション!名車・高級車ばかり!バイクも紹介
Thumbビートたけしの『浅草キッド』の歌詞に涙!もう一人の相方への歌!【動画あり】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-28 時点

新着一覧