真田幸村の妻一覧!側室のきり・梅、正室の竹林院との出会いは?

「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と称えられた戦国武将、真田幸村。彼には正室の竹林院の他に、きり、梅といった複数の妻がいたことが知られています。今回は真田幸村と、彼を支え続けた妻たちの中から竹林院、梅、きりを中心にご紹介していきます。

目次

  1. 真田幸村に妻は何人?竹林院、きり、梅の他にもいたの?
  2. 真田幸村と妻たち、竹林院、きり、梅のプロフィール
  3. 竹林院、きり、梅の生涯
  4. 竹林院、きり、梅の産んだ子供たち
  5. 妻たちにとって徳川家康は真田幸村の仇だけではなかった
  6. 妻たちに支えられた真田幸村の生涯

真田幸村に妻は何人?竹林院、きり、梅の他にもいたの?

真田幸村とは

niko.0225さんの投稿
21879714 1483067055113159 2563238127225274368 n

真田幸村は日本一の兵(ひのもといちのつわもの)として現代でも人気の高い武将です。

bhqstsooiさんの投稿
21911105 155646418373662 6500111674517749760 n

大河ドラマ「真田丸」は放映中に本物の真田丸の最古の地図が見つかるなど、様々なニュースを提供してくれた話題作となりました。真田幸村役の堺雅人さんの赤備えの武者姿は本当にカッコよかったですね。

竹林院、きり、梅以外の妻

真田丸では豊臣秀次の娘は命を救う為の方便で妻にしていましたが、実際は子供も二人産んでいる本当の妻であったようです。他にも出自は不明ですが真田幸村の四男を産んだ女性も妻であったようです。

真田幸村の妻は5人いるというのが有力な説です。現代ならそんなに妻がいるなんてニュースネタになってしまいそうですが、戦国武将は跡継ぎを確保するのが何より大切な仕事でした。妻が一人だけの方が珍しかったのです。

真田幸村と妻たち、竹林院、きり、梅のプロフィール

真田幸村の正室(正妻)竹林院

sho41022さんの投稿
14590967 401377793585003 8147953762565095424 n

正妻の竹林院は真田幸村が大阪城で豊臣秀吉に仕えている時に正室として嫁ぎました。

pika_issei_sakaiさんの投稿
21827542 1568860733157615 5756639272073428992 n

竹林院の父親は豊臣秀吉に大変信頼されていた戦国武将の大谷吉継です。親友の石田三成が関ケ原の戦いを起こした時、病気の体をおして石田三成に味方して挙兵した情に厚い人物でした。

真田幸村と竹林院との結婚は豊臣秀吉の命じた政略結婚と言われています

真田幸村と一番長い時を共に過ごした妻、きり

真田丸で長澤まさみさんが演じたのがヒロインのきりです。「きり」というのは実は脚本家の三谷幸喜さんの創作で、本当の名前は現代に伝わっていません。高梨内記の娘とのみ残っていますが、「きり」としてご紹介していきます。

kengo_kengo_さんの投稿
21690420 1402186109831394 5795366390886039552 n

きりの父親の高梨内記は真田幸村の父親の真田昌幸の家臣です。真田昌幸、幸村親子が関ケ原の戦いで西軍に味方した為に九度山に幽閉された時も付き従った忠臣です。

真田幸村の最初の妻、梅

hiroyuki_matsumoto_1008kyさんの投稿
21909813 176468366251103 1052496523457200128 n

真田丸では黒木華さんが真田幸村の最初の妻、梅を演じました。梅もきりと同じく実在の人物が「梅」という名であったかわかっていません。ドラマでは堀田作兵衛の妹でしたが、古い資料では妹ではなく娘とされています。ここでは「梅」としてご紹介していきます。

kazogsさんの投稿
21688949 141301166479417 2934454560095207424 n

堀田作兵衛も高梨内記と同じく真田家の家臣でした。九度山には一緒に行っていませんが、大阪の陣が起こった際には真田幸村の求めに応じて大阪城に駆けつけ、共に戦いました。

竹林院、きり、梅の生涯

samurai.picさんの投稿
21434109 1968787280044903 6823844495151333376 n

真田丸のドラマ内では戦で亡くなってしまう梅ですが、そういった資料は残ってはいません。九度山に一緒に行っていないので早くに亡くなっている可能性はありますが、娘と共に穏やかに暮らしていたという説もあります。

pi_yaaaさんの投稿
21689447 752525274920333 4274854492433809408 n

きりは父親の高梨内記と共に、真田幸村に付いて九度山へ行ったとしかわかっていない女性です。さほど身分の高くない女性は歴史の中に埋もれてしまう運命だったのでしょう。

正妻の竹林院は真田幸村の死後、娘と逃亡中に捕らえられ、徳川家康の元に連れていかれますが無罪放免されます。晩年は京都で穏やかに暮らしたそうです。

竹林院、きり、梅の産んだ子供たち

samurai.armor.p.sさんの投稿
21434246 1379189752197651 1831549775011381248 n

真田幸村の最初の子、菊(すへ)は梅が産みました。菊(すへ)は真田幸村と共に九度山へは行かず、成長した後は信濃に嫁いだとされています。

kazogsさんの投稿
21436140 266034690570509 1490989835152785408 n

正妻の竹林院は、嫡男の幸昌(大助)を初め5人も子供を産みました。真田幸村との夫婦仲は良かったようですね。

suigetsusaiさんの投稿
21294876 345115865945670 8194642019872669696 n

ドラマでは阿梅(おうめ)は竹林院が産んだことになっていましたが、史実ではきりが母親の説が有力なようです。阿梅は大河ドラマ「独眼竜政宗」で有名になった片倉小十郎の息子に嫁ぎました。

妻たちにとって徳川家康は真田幸村の仇だけではなかった

samurai.armor.p.sさんの投稿
21107681 228043844391236 4954471820792168448 n

真田幸村が大阪の陣で討ち死にしたのは有名ですが、真田幸村の妻3人の父親も全て徳川家康と敵対した事で命を落とした事はあまり知られていなかったのではないでしょうか。

satokokatsukiさんの投稿
21107865 1891703594178358 6240916913669537792 n

竹林院の父は関ケ原の戦いの途中で自害し、きりと梅の父は大阪夏の陣で戦って討ち死にしました。3人の妻たちは夫、真田幸村だけでなく父親までも徳川家康によって失ったのでした。

masaru4196さんの投稿
21041533 163191737577081 4706073370775519232 n

更に竹林院は長男の幸昌も燃える大阪城で若い命を散らします。テレビやネットのニュースなど無かった時代です。逃亡中の竹林院が息子の死を知るまで何日もかかったかもしれません。戦国時代とはいえ悲しいことですね。

妻たちに支えられた真田幸村の生涯

九度山での幽閉時代、真田幸村は生活が苦しいと故郷の兄に何度も手紙で訴えています。何のニュースも入ってこない、世の中の全てと隔絶された状況というのもさぞ辛いものだったと想像できます。

不遇の九度山の生活の中で、真田幸村は嫡男真田正幸を初め何人もの子供を授かっています。妻とはずっと仲睦まじかったのでしょうね。

grain_on_skateboardsさんの投稿
20968840 112441052776402 6423055730684723200 n

敗れはしたものの、大阪の陣で真田幸村は自分の能力を存分に発揮して後世に名を遺す名武将と称えられる活躍をしました。苦しい時代を陰で支えた妻たち、そして妻の父親たちの力があったからこそだと思います。

真田幸村に関連した記事はコチラ

後藤又兵衛(後藤基次)の生涯!真田幸村と並ぶ武将!大坂夏の陣での最期とは? | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ