腰痛の症状や危険度をセルフチェック!あなたの腰痛の原因は?

原因不明の腰痛の症状や危険度をセルフチェックしてみましょう!あなたの腰痛の症状の原因は腰には無いのかも...セルフケアのすすめ。腰痛の症状の原因を取り除く筋トレの動画をチェックしてみよう!間違った筋トレが原因で腰痛の症状が出ていませんか?などをご紹介します。

腰痛の症状や危険度をセルフチェック!あなたの腰痛の原因は?

目次

  1. 腰痛の症状や危険度をセルフチェック!あなたの腰痛の原因を紹介
  2. 原因不明の腰痛の症状や危険度をセルフチェックしてみましょう!
  3. あなたの腰痛の症状の原因は腰には無いのかも...セルフケアのすすめ
  4. 腰痛の症状の原因を取り除く筋トレの動画をチェックしよう!
  5. 間違った筋トレが原因で腰痛の症状が出てないかチェックしてみよう!
  6. 腰痛の症状や危険度をセルフチェック!あなたの腰痛の原因まとめ

腰痛の症状や危険度をセルフチェック!あなたの腰痛の原因を紹介

最近、筋トレを行ったら翌日の朝に腰痛が出てしまう。軽い筋トレでも翌朝になると、腰の筋肉が張っていて、腰の曲げ伸ばしが出来ず、無理に行うと筋肉がこわばってしまうという方がいるとか。

今回は、原因不明の腰痛の症状や危険度をセルフチェックしてみましょう!あなたの腰痛の症状の原因は腰には無いのかも...セルフケアのすすめ。腰痛の症状の原因を取り除く筋トレの動画をチェックしよう!間違った筋トレが原因で腰痛の症状が出ていませんか?などをご紹介していきます。

原因不明の腰痛の症状や危険度をセルフチェックしてみましょう!

・じっとしていても痛む
・背中が曲がってきた
・お尻や脚が痛む・しびれる
・脚のしびれにより長く歩けない
・体を動かした時だけ腰が痛む

じっとしていても腰痛がある場合は、腰のがんであったり、がんの転移であったりあるいは神経の腫瘍の場合もあります。場合によっては命に影響を及ぼすほどの病気が隠れている場合がありますので病院に行くことをお勧めします。

あなたの腰痛の症状の原因は腰には無いのかも...セルフケアのすすめ

寝たまま簡単腰痛体操であなたの腰痛の症状を改善しましよう!腰痛改善スチレッチの動画をチェックするだけであなたの腰痛が解消酢のかもしれませんよ。セルフケアで出来る腰痛改善スチレッチの動画と一緒に、腰痛改善スチレッチを始めてみませんか?あ寝たままできちゃう簡単ストレッチエクササイズのご紹介です。

やはり、毎日のことなので簡単な腰痛改善スチレッチが一番ですよね。決して頑張りすぎると腰痛悪化の危険度が高まりますので、無理はしないで楽な気持ちでやってみてくださいね。人の体の細胞は振動(揺れ)が大好物なのだとか。程よい揺れを感じる事で緊張を解いてくれるそうです。緊張がなくなると腰痛の症状も軽くなるかもしれませんね。 腰痛の症状がない方でも、体の硬い方にも腰痛改善スチレッチはとてもおすすめです。

筋肉が緊張していると、腰痛などの症状がで切れますので筋肉を柔らかくする為には緊張を解いてあげる必要があるのです。だからその為には筋肉にさらなるストレスを与えるのではなく、筋肉が好む揺れや伸びを加えてあげます。ストレッチは危険度の低い体操ですが、それでも無理は禁物。腰痛などの症状のある方は優しくセルフケアしてくださいね。

腰痛の症状の原因を取り除く筋トレの動画をチェックしよう!

腰痛の症状の原因を取り除く腰痛改善に効果的なストレッチの筋トレの動画です。呼吸法のことまで丁寧に指導が入っていますので腰痛の症状がある方はこの動画をチェックして腰痛改善に効果的なストレッチの筋トレをしてみてください。

間違った筋トレが原因で腰痛の症状が出てないかチェックしてみよう!

・ベンチブレスで大胸筋を鍛える際に腰をそりかえしすぎたせいで腰に負担がかかった。
・ダンベルを持ち上げる際に体全体じゃなくて腰から持ち上げた。
・肩のトレーニング(上下運動)でダンベルを使った際に、立った状態でやり腰を痛めた。
・下半身のトレーニングでバーベル付きのスクワットをする際に、腰をしっかり真っ直ぐにしてなかった。

基本的に腰を痛める原因は

基本的に腰を痛める原因にはウェイトトレーニングで背中にちゃんとしたサポートを付けずに筋トレしたってのが多いのです。ベンチブレスは持ち上げるときに腰が自然に反り返るから、それを防ぐために、皆わざと足を三角座りの状態にしてベンチの上に載せて負担をかけないようにします。(足を曲げると自然に背中がベンチと水平にピッタリとくっつくからです)

ダンベルでの肩のトレーニングも同様、立ってやると不安定で体がグラグラ揺れるから腰に無駄な負担がかかります。それを防ぐために垂直な背もたれのあるベンチに背中をくっつけて腰への負担を消し、肩の筋肉だけを鍛える。ダンベル・バーベルは持ち上げるときでさえ姿勢はきちんとしないと危ないことがあるようです。

背筋を伸ばしたまま下半身を下げて、そのまま下半身だけで真上にダンベルを持ち上げるのが基本ですからチェックしてみてください。小銭落とした時みたいに腰だけ屈めて「よっこいしょ」と拾う体勢で持ち上げるのは絶対ダメです!これはプロでさえ、間違ったら持ち上げるときに腰を痛めることがあるから絶対にしないのです。ギックリ腰とかは軽い動作でもなることがあります。それだけ腰は傷つきやすいデリケートなパートなのです。

腰痛の症状や危険度をセルフチェック!あなたの腰痛の原因まとめ

今回は、原因不明の腰痛の症状や危険度をセルフチェックしてみましょう!あなたの腰痛の症状の原因は腰には無いのかも...セルフケアのすすめ。腰痛の症状の原因を取り除く筋トレの動画をチェックしよう!間違った筋トレが原因で腰痛の症状が出ていませんか?などをまとめました。

腰痛やぎっくり腰の時は安静するのが一番というのは間違いです。動ける範囲で動き、心のケアも大切なのです。1人で悩まず、家族に相談して協力を仰ぐことができれば、腰痛の症状も早く改善の方向に向かうのかもしれませんね。

◉もっと腰痛の症状や原因を知りたいあなたはこちらをどうぞ!↓

Thumb腰痛の治し方のツボ10選!手や足裏、おしりまわりを徹底図解!
Thumb腰痛に効くストレッチ方法!寝ながら簡単に出来る腰が痛い時のストレッチ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧