アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンを作った理由や海外の反応は?

「不屈の男 アンブロークン」は、ヒレンブランドによる小説をアンジェリーナ・ジョリーが反日映画化したもの。今回、アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークン作成の理由は?アンジェリーナ・ジョリーの反日映画アンブロークンのあらすじ。アンジェリーナ・ジョリーの反日映画アンブロークンの海外の反応を調査

アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンを作った理由や海外の反応は?

目次

  1. アンジェリーナ・ジョリー反日映画アンブロークン作成理由等を調査
  2. アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークン作成の理由は
  3. アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンのあらすじは
  4. アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンの海外の反応は
  5. アンジェリーナ・ジョリー反日映画アンブロークン作成理由等まとめ

アンジェリーナ・ジョリー反日映画アンブロークン作成理由等を調査

「不屈の男 アンブロークン」は、ローラ・ヒレンブランド(Laura Hillenbrand)さんによる小説、アンブロークン(Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption)をアンジェリーナ・ジョリーが反日として映画化したものです。アメリカでは2010年に「不屈の男 アンブロークン」は刊行され、1300万部も発売されたベストセラー作品です。

2011年には、この小説の映像権をユニバーサルピクチャーズが買い取り、「アイ・アム・レジェンド」や「ハンガー・ゲーム」の監督で知られる、フランシス・ローレンス(Francis Lawrence)さんによって映画化されることになりました。脚本も、フィッシャー・キング(Fisher King)の脚本家で知られるリチャード・ラグラヴェネーズ(Richard LaGravenese)さんと、「グラディエーター(Gladiator)」の脚本を手掛けたウィリアム・ニコルソン(William Nicholson)さんが携わっていました。ところが、2013年にアンジェリーナ・ジョリーが監督に抜擢されるなり、コーエン兄弟が脚本家に名乗りを上げました。

今回は、アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークン作成の理由は?アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンのあらすじは?アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンの海外の反応は?等を徹底調査しました。

アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークン作成の理由は

一部の団体によって仕組まれアンジェリーナ・ジョリー監督で映画化

ヒレンブランドの小説のスタイルは独特で、ニュージャーナリズムと呼ばれるジャンルに属しており、小説というよりはドキュメンタリーとしての要素が強いのです。当初、この小説が映画化されることが決まった頃は、ウォールデン・メディア(Walden Media)が制作のメインとなる会社でした。

ところが、その後なぜかウォールデン・メディアが制作から外れ、その代わりにレジェンダリー・エンターテインメント(Legendary Entertainment)が参加することになりました。この制作会社は、2016年に中国系企業グループのワンダ(Wanda Group)によって買収されています。

2014年には、日本の通信事業者であるソフトバンクが2億5000万ドルの出資をして、株式の10%を入手していますが、ソフトバンクの社長の孫正義氏は在日韓国人です。

これらの事柄を繋げると、アンジェリーナ・ジョリー監督の映画「不屈の男 アンブロークン」は、海外の”反日”感情をあおる目的で作られたと考えられます。

アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンのあらすじは

主人公のルイはアメリカの田舎町に住む不良少年。兄の勧めで陸上の長距離選手となって頭角を現し、ベルリン・オリンピックで記録を残すのですが、戦争が始まり戦場へ。そして南太平洋上で乗っていた爆撃機が墜落し、飢えと疲労と脱水に苦しみながらゴムボートで数週間の漂流した挙句、助けが来たと思ったら日本軍で、捕虜にされてしまうのです。

送られた”大森の収容所”では、サディスティックな所長・渡辺に目をつけられ、ことあるごとに陰湿にいじめられます。途中、有名人ゆえに日本のプロパガンダに利用されそうになり拒否したことも、いじめに拍車をかけるのですが、ここで渡辺が昇進して別の収容所へ。ホッとしたのもつかの間、ルイを含めた一部の捕虜が移送され、その先にはまたしても渡辺がいました。再び始まる渡辺のいじめの日々。間もなく、戦争が終わり、生き抜いたルイは無事アメリカへ帰還します。

とんでもない苦難の連続、波乱万丈なのです。ルイが収容所に入るのは後半で、渡辺にいじめられるんですが、その描かれかたは「渡辺=日本軍人の代表」という感じではなく、個人的にいじめてる感じの描かれ方です。わがままお坊ちゃんが、戦争で悪い方向にタガが外れた感じの渡辺。暴力描写もこの手の映画にしてはややユルめですが、アンジェリーナ・ジョリーの反日の印象は拭いきれませんね。

ちょっと『戦場のメリークリスマス』に似ています。デビッド・ボウイが日本の捕虜で、デビッド・ボウイを好きになっちゃう、日本人将校が坂本龍一です。アンブロークンの渡辺の標的がルイだけなのは、渡辺は実のところイケメンのルイが大好きだからで、屈折したサディスティックな性格ゆえに、屈服させ泣く姿が見たくてたまらず、でもルイは“不屈の男 アンブロークン”なんで絶対に屈服せず、可愛さ余って憎さ百倍の渡辺は、いじめをエスカレートさせていくのです。

ルイもそれを分かってる感じで、渡辺の昇進に伴う転勤が決まった時なんて、渡辺がついにルイにセマるのではないかというハラハラした部分もありました。移送されたルイが着いた収容所にまた渡辺がいた時は”これ絶対に実話じゃない”と思うでしょう。最後の最後まで渡辺に屈しなかったルイ。感動の映画なのでしょうが、日本に悪い印象を与えるこのアンジェリーナ・ジョリーが作った反日映画は最低評価です。(全世界では1億6500万ドルの収益、予算は6500万ドルでした)

アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンの海外の反応は

2014年12月10日、米紙の報道によると、全米で2014年12月25日に公開予定のアンジェリーナ・ジョリー監督の反日映画「アンブロークン(原題)」について、日本の国粋主義の組織がアンジェリーナ・ジョリー監督を人種差別主義者と非難しました。

・まぁこの映画がゴールデングローブ賞にノミネートすらされなかったのは、実際この映画がそんなに良い物ではなかったってだけの話だろう。 ・俺はこの映画がゴールデングローブ賞を獲れなかったのは当然だと思ってる。 この映画は日本軍の捕虜に対する残虐な行為や拷問がテーマになってるが、アメリカだって拷問や残虐行為をやってたんだからね。 つい最近もCIAが凄まじい拷問をやっていた真実が明らかになったばかりではないか?

アンジェリーナ・ジョリー反日映画アンブロークン作成理由等まとめ

今回は、アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークン作成の理由は?アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンのあらすじは?アンジェリーナ・ジョリーが反日映画アンブロークンの海外の反応は?等をまとめました。

アンジェリーナ・ジョリーは反日だと言われていますが、どうして半日になったのでしょう?アンジェリーナ・ジョリーのレズのお相手は日本人ではなかったかな?アンジェリーナ・ジョリーが監督脚本を書いた映画「アンブロークン」が原因なのでしょうか?乳がんだはないのに乳がんの家系だからと手術して乳房を取り除いたり、自分の子供が2人もいるのに養子を何人ももらったり、違法薬物は全て使用したことがあると公言したり、身体中に刺青を入れ続けていたり、異常なほど痩せていたりと、何かとお騒がせの海外セレブのアンジェリーナ・ジョリーですが、これ以上ファンを失望させないことを願うばかりです。

◉反日アンジェリーナ・ジョリーのことを知りたいあなたはこちらをどうぞ!↓

Thumbアンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピットと離婚申請!親権はどうなる?
Thumbアンジェリーナ・ジョリーが激やせ!病気なの?現在の体重は?
Thumbアンジェリーナ・ジョリーの体重は?激痩せの原因は病気で拒食症?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-04-24 時点

新着一覧