サンドラブロックの性格は明るい!映画で共演のキアヌリーブスとも仲良し!

無口なキアヌ・リーブスを饒舌にさせる唯一の共演者サンドラ・ブロックの魅力とは。サンドラ・ブロックの結婚と離婚のエピソード。ドイツ系でドイツ語が流暢って本当?サンドラ・ブロックが養子を2人迎え入れた。サンドラ・ブロックの性格が垣間見れるエピソードをまとめてみた。

サンドラブロックの性格は明るい!映画で共演のキアヌリーブスとも仲良し!

目次

  1. サンドラ・ブロックってどんな人?
  2. 「スピード」で共演したキアヌ・リーブスとの関係も良好
  3. サンドラ・ブロックは養子2人を育てている
  4. 女優サンドラ・ブロックのプロフィール
  5. サンドラ・ブロックはキアヌ・リーブスが唯一心を開く共演者?!
  6. サンドラ・ブロックの性格が垣間見えるエピソードをご紹介
  7. サンドラ・ブロックはチアリーダー、明るい性格で人気者だった
  8. サンドラ・ブロックのブレイクは映画「スピード」から
  9. サンドラ・ブロックみたいなお隣さんがほしいの声
  10. サンドラ・ブロックの性格がわかるエピソードをまとめてみた

サンドラ・ブロックってどんな人?

女優サンドラ・ブロックというとどんな海外映画作品を思い出しますか?2013年の映画「ゼロ・グラビティ」や2015年の映画「ミニオンズ」のスカーレット・オーバーキルの声を思い浮かべる人も多いかもしれません。

「スピード」で共演したキアヌ・リーブスとの関係も良好

往年の映画ファンには1994年の映画「スピード」でキアヌ・リーブスを相手役に仲の良さを見せつけた名演技を思い出した人もいるでしょう。

サンドラ・ブロックは養子2人を育てている

女優サンドラ・ブロックは2010年に養子を受け入れたことも海外メディアを中心に話題になっています。女優サンドラ・ブロックの知られざるエピソードをまとめ、その人となりや性格に迫る企画です。

女優サンドラ・ブロックのプロフィール

サンドラ・ブロック (Sandra Annette Bullock)
1964年7月26日(52歳)
バージニア州アーリントン出身
女優、映画プロデューサー
活動期間:1987年 -
元夫:ジェシー・ジェームズ (2005年 - 2010年)
現在のパートナー:写真家ブライアン・ランドール

サンドラ・ブロックはキアヌ・リーブスが唯一心を開く共演者?!

サンドラ・ブロックは明るい性格で知られる人物。共演者としておなじみのキアヌ・リーブスとは公私ともに仲良しということも伝えられています。

キアヌ・リーブスは神経質でインタビューでは多くを語りたがらない性格であることはよく指摘されています。海外メディアもキアヌ・リーブスのインタビュー嫌いに泣かされることがあるとか。

サンドラ・ブロックは共演者として、キアヌ・リーブスを笑わせ、リラックスさせることができる数少ない人物。映画のプロモーションも二人で行うときは、キアヌ・リーブスがびっくりするぐらいに饒舌になるのだとか。

サンドラ・ブロックの飾らない態度がキアヌ・リーブスの固いガードを崩す?!サンドラ・ブロックのきさくで偉ぶらない性格が、キアヌ・リーブスのアーティスティックなコミュニケーションバリアを壊してしまうということのようです。

「イルマーレ」で再び共演したサンドラ・ブロックとキアヌ・リーブス

サンドラ・ブロックがブレイクしたきっかけになった映画「スピード」ですが、キアヌ・リーブスとはその後も海外映画「イルマーレ」で共演しています。

サンドラ・ブロックの性格が垣間見えるエピソードをご紹介

サンドラ・ブロックのこれまでの生い立ちやキャリアを振り返り、性格が垣間見えるエピソードをご紹介していきましょう。

女優サンドラ・ブロックはドイツ系、ドイツ語に堪能

女優サンドラ・ブロックの母親はドイツ人のオペラ歌手です。父親はアラバマ出身のヴォイストレーナーでした。

18歳まではドイツとアメリカの2重国籍だったというサンドラ・ブロック。2009年に改めてドイツの国籍を取得しています。

女優サンドラ・ブロックはそんなわけでドイツ語に堪能です。ドイツ語でスピーチするサンドラ・ブロックの動画もあります。

小さいころは両親の仕事の影響でヨーロッパ各地を移り住みます。バレエや声楽のトレーニングを受けていたというサンドラ・ブロック。最初の舞台デビューは母のオペラの舞台に子役として登場したものでした。

サンドラ・ブロックはチアリーダー、明るい性格で人気者だった

ハリウッド女優の第一線の美女には学生時代チアリーダーだったという人は少なくないもの。美人で性格がよく、全校生徒のあこがれのまとというような、絵にかいたような人物像が浮かび上がってきますよね。

サンドラ・ブロックはチアリーダー

性格が明るいということをあらわすエピソードのひとつに、チアリーダーだったことをご紹介しましょう。

12歳で海外からアメリカに戻ったサンドラ・ブロックは高校生の頃から明るい性格の人気者だったもよう。画像の中段左端がサンドラ・ブロックですね。

サンドラ・ブロックは演劇の名門校出身

サンドラ・ブロックはイーストカロライナ大学へ進学。演劇を専攻するものの、単位が3つ足りない状態で中退。ニューヨークへ移動し、ネイバーフッド・プレイハウスという演劇の名門校へ入学しなおしています。

学生時代はバーテンダーやウエイトレスのアルバイトをしながら演技を学び、オフ・ブロードウェイから再スタートを切っています。

サンドラ・ブロックのブレイクは映画「スピード」から

サンドラ・ブロックの人気がブレイクしたのは1994年映画「スピード」です。共演者のキアヌ・リーブスとともに話題を集めています。

「スピード」出演はやめろと言われていた

サンドラ・ブロック周辺の友人知人はみんな「スピード」の出演はやめたほうがいいと忠告していたといいます。「スピード」のアニー・ポーター役はよくある「女の子」役で、得るものが少ないというのがその理由だったとか。しかしサンドラ・ブロックは直観でこの役の魅力を感じ取り出演を決心。

サンドラ・ブロックが演じたアニーは単なるキアヌ・リーブスの相手役の女の子以上に魅力的なキャラクターとして多くのファンを獲得するに至ります。

サンドラ・ブロックとキアヌ・リーブスは仲良し

海外でもサンドラ・ブロックがキアヌ・リーブスと一緒にメディアに出ると、なぜかキアヌ・リーブスのテンションが上がるということでおなじみに。

元カレのマシュー・マコノヒーによるサンドラ・ブロックの性格

サンドラ・ブロックとマシュー・マコノヒーは1996年映画「評決のとき」で共演。その後熱愛報道が出ていました。サンドラ・ブロックは当時マシュー・マコノヒーの住居があったテキサス州オースティンに引っ越しをしたこともありました。サンドラ・ブロックはオースティンでレストランをオープンしたことも。

マシュー・マコノヒーによるサンドラ・ブロックの性格は、どんなに美人で周りから愛されていても、とっても普通で偉ぶらない性格ということ。謙遜なのか、自分が美人であることにも無頓着なんだとか。2014年スパイク・ガイズ・チョイス・アワードのDecade of Hotnessに選ばれたサンドラ・ブロック。

プレゼンテーターには往年の共演者の俳優3名が登場して話題になりました。キアヌ・リーブスがいつにない大きなジェスチャーでサンドラ・ブロックに称賛の声をあげ、マシュー・マコノヒーは元カノに愛と尊敬の念のあふれるコメントをささげています。

ラズベリー賞とアカデミー賞同時受賞の女優

サンドラ・ブロックは2009年映画「しあわせの隠れ場所」でアカデミー主演女優賞を受賞しています。直前にはやはり2009年映画「ウルトラ I LOVE YOU!」でゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞と最低スクリーンカップル賞を受賞。最低な演技と最高な演技をほぼ同時に認められるという唯一の女優に。ラズベリー賞を受賞したといって、わざわざ授賞式に出かけて行って、必ずこの賞を返しに来るから!とスピーチしたことも話題になっていました。

サンドラ・ブロックの結婚と離婚

2008年、サンドラ・ブロックは夫になる海外人気テレビ番組「モンスター・ガラージ」のジェス・ジェームズに出会います。

2009年結婚。ジェス・ジェームズとともにジェス・ジェームズ2度目の結婚のときの前妻との間にもうけた当時5歳の娘の親権争いを勝ち取っています。

サンドラ・ブロックとジェス・ジェームズとはミスマッチカップルとして話題を集めました。ジェス・ジェームズには3人の子どもがいたので、サンドラ・ブロックは3人のママになったことに。

2010年、ジェス・ジェームズのスキャンダルが発覚。複数女性がジェス・ジェームズとの関係を暴露します。サンドラ・ブロックがオスカー受賞後のタイミングで出てきた夫のスキャンダル。ジェス・ジェームズは公式にサンドラ・ブロックと子どもに謝罪しましたが、2010年6月正式に離婚に至りました。

サンドラ・ブロックがママになった

2010年4月、サンドラ・ブロックはニューオリンズ出身のアフロアメリカンの男児を養子として受け入れたということを公表しました。

当初、養子を受け入れるための準備は、元夫のジェス・ジェームズと一緒に進行していましたが、オスカー受賞後は海外メディアからことさら注目される存在になったこともあって内密にしていたということでした。離婚後はサンドラ・ブロックが引き続き養子の面倒を見ていくということに。

2015年、当時3歳半だった女児を第2子として養子に迎え入れたことも公表。現在のサンドラ・ブロックは二人の養子を育てるママです。

サンドラ・ブロックみたいなお隣さんがほしいの声

2010年の「隣人にしたい有名人ランキング」1位というエピソードがあります。オスカー女優で大スターのサンドラ・ブロックですが、デビュー当初から変わらない裏表のなさそうな地に足の着いた性格が、世間に知れ渡っていることがよくわかるエピソードですよね。海外の人はお隣にサンドラ・ブロックみたいな人が引っ越してきてほしいと考えているよう。

サンドラ・ブロックの性格がわかるエピソードをまとめてみた

神経質なキアヌ・リーブスをおしゃべりに変えるほどのパワーがあるサンドラ・ブロック。離婚を経験して2児の母になりました。オスカー受賞後はロマンチックコメディだけじゃなく、シリアスな役柄にチャレンジすることも増えています。女性版『オーシャンズ11』として2018年公開予定作品『オーシャンズ8』に主演することも発表されています。今後のサンドラ・ブロックの出演映画にも注目していきたいですよね。

海外女優の関連記事はこちら!

Thumbエマ・ストーンがアカデミー賞主演女優賞に!『ラ・ラ・ランド』の内容は?
Thumbドリュー・バリモア出演のオススメ映画作品まとめ!女優以外の活動も?

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2020-06-02 時点

新着一覧