大谷翔平が目標を記したシート「マンダラート」とは?高校時代の内容も!

投手と野手の二刀流で大活躍している日本ハムファイターズの大谷翔平選手が高校時代に取り組んでいたという目標達成手法が話題になっています。それがマンダラートです。大谷翔平選手の恩師である花巻東高校野球部の佐々木監督がビジネス書で知って選手の指導に取り入れました。

大谷翔平が目標を記したシート「マンダラート」とは?高校時代の内容も!

目次

  1. 大谷翔平選手が目標設定をしたマンダラートとは
  2. 大谷翔平選手がマンダラートに書いた目標
  3. 大谷翔平選手が発想を目標へと進化させたマンダラート
  4. 大谷翔平選手が夢を目標にしたマンダラート
  5. 大谷翔平選手の夢を目標達成に変えるサポートをした恩師

大谷翔平選手が目標設定をしたマンダラートとは

大谷翔平選手が高校時代に取り入れたマンダラートとは発想法の一種なのです。体裁は紙などに9個のマスを作成しそれを埋めていくという作業です。その作業に一定のルールを設定することによりアイデアを整理して画像化することで思考を深めていくというものです。

シートに3×3のマスを書き、真ん中にあるマスに考えたいことを書き込んで周りの8つのマスには中心に書いたことに関連する事柄を記入していきます。次に周りの8マスの中から1マスを選んでそのマスに書いたことを別のシートの真ん中のマスに転記し同様に繰り返していきます。

これを何度も反復して行うことによって思考を深めていくというものです。これをスポーツに応用したのが大谷翔平選手の母校・花巻東高校の佐々木監督だったのです。

大谷翔平選手がマンダラートに書いた目標

マンダラートを使って大谷翔平選手が高校1年生の時にに書いたという目標を見てみましょう。大谷翔平選手が書いた9枚のシートの真ん中に書いた9つの目標を紹介します。

体づくり、コントロール、キレ、メンタル、ドラ1・8球団、スピード160km/h、人間性、運、変化球の9つです。特徴はスポーツ選手に必要な技術面だけでなく、メンタルや人間性にまで視点が向けられていることです。大谷翔平選手が試行錯誤した末に考えた8つのマスの記述内容を必死に考えて画像にすることによって出てきた視点であるのは明らかです。

また、真ん中に書いた目標がとても大きな目標だとしても細分化された目標であれば1つ1つ達成は可能で、細分化された目標をすべて達成すると、真ん中の大目標が達成できる。これがマンダラートの効果なのです。

大谷翔平選手が発想を目標へと進化させたマンダラート

マンダラートはあくまでも発想を画像に表した発想法なのです。発想を目標達成へと進化させていくことが不可欠です。つまりはどのように運用していくかが重要で、単にシートに書き込むだけでは意味がないのです。

そして1つ1つ実践して振り返りをすることが必要なのです。実践をするために効果的なのは、毎日見直すことと共有することです。大谷翔平選手は高校生のときにこれをスポーツの世界で実践していたのです。

この考え方を伝授した花巻東高校の佐々木監督と日々の練習や試合といったステージの中で書いたマンダラートを共有して、その時点で乖離が出た場合には修正しながら実践していたのです。

大谷翔平選手が夢を目標にしたマンダラート

大谷翔平選手がマンダラートの1つのシートの目標として掲げた「ドラ1・8球団」という画像化された目標は、花巻東高校の先輩で8球団からドラフト1位指名を受けた菊池雄星選手(現西武ライオンズ)に憧れて、彼を超えるような選手になりたいという思いでこの高校への進学を希望したということです。

8球団以上のからドラフト1位指名を受ける選手になる、これが高校入学時の大谷翔平選手の夢であり目標でした。マンダラートの全72マスのど真ん中に書かれていたものです。

スポーツ選手の多くはそんな夢を持っているはずです。大谷翔平選手はその真ん中の夢を具体的な目標として達成するために、マンダラートの1マス1マスに書いてあることを実践していき、結果その細分化された実践をすることで夢実現へとたどり着いていったのです。

大谷翔平選手の夢を目標達成に変えるサポートをした恩師

大谷翔平選手の恩師である花巻東高校の佐々木監督は選手への指導の一環として技術だけではなく夢を持つことの大切さを教えることを重視する指導者なのです。その発想がマンダラートを高校野球の指導に取り入れるということに結びついたのです。その理由がまた興味深いものです。以下は佐々木監督のコメントです。

「僕は160km投げたことがないので、その投げ方を大谷に教えられません。でも指導者として教えなければならないのは、打ち方とか投げ方ではなく、考え方。身体能力を失うことはあっても、考え方はほぼ失うことがありませんからね」

この発想は、スポーツのみならずあらゆるビジネスの場で応用できます。それがマンダラートで画像にした目標や実践にほかなりません。

大谷翔平に関連した記事はコチラ

Thumb大谷翔平の成績と年俸がヤバイ!大幅増で日ハム残留?メジャー挑戦?
Thumb大谷翔平の身長・体重から徒手と打撃の成績を調査!年俸はいくら?
Thumb大谷翔平の海外の反応・評価を調査!韓国で人気!メジャーにいつ行く?
Thumb大谷翔平の私服画像まとめ!ダサいと酷評!ファッションセンスがない?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-22 時点

新着一覧