佐久間象山、幕末の天才学者を徹底調査!名言、写真、子孫などをご紹介

佐久間象山というと、名前は聞いたことあるけどどんな人だっけ?と思われる方も多いと思います。最近では大河ドラマ「真田丸」の最終回のナレーションで名前が出てきたことで話題になっています。幕末維新に数々の影響を与えた佐久間象山についてご紹介します。

目次

  1. 佐久間象山とはどんな人物?
  2. 佐久間象山の失脚と暗殺
  3. 佐久間象山の名言をご紹介
  4. 佐久間象山の子孫は?
  5. 幕末の天才学者・佐久間象山についてのまとめ

佐久間象山とはどんな人物?

johyamamotoさんの投稿
14561964 146113335849803 5984872073246277632 n

佐久間象山は幕末維新の思想家で、1811年2月28日信濃松代藩士・佐久間一学国善の長男として信濃埴科郡松代字浦町(現在の長野県長野市松代町)で生まれました。数々の名言を残し、幕末維新の立役者でもあります。1851年に江戸木挽町に「五月塾」を開き、多数の有名人を排出しています。

yaginko69さんの投稿
20184245 778078112317247 2506754355185582080 n

象山神社は佐久間象山生家の横に作られた神社です。佐久間象山の名前の呼び方は、一般的には「しょうざん」と読まれますが、長野県では「ぞうざん」と呼ばれているので、神社の名前も「ぞうざんじんじゃ」と呼ばれています。

saitou.naoyukiさんの投稿
14716525 347797472278510 3456347551039488000 n

1854年、佐久間象山は吉田松陰の渡航事件に関わったとして、9年間蟄居を命ぜられました。この「高義亭」は、屋敷の一角にある別棟を書斎として使っていたものです。象山書院は1839年、佐久間象山が29歳の時に神田のお玉ヶ池に開いた私塾で、玉池書院とも呼ばれています。

真田幸貫

佐久間象山が仕えたのは、真田信之から数えて8代目の信濃松代藩主で徳川吉宗のひ孫にあたる人物です。

吉田松陰

ikokiroさんの投稿
22069445 128153111172505 579590134194765824 n

吉田松陰は「松下村塾」で数々の有名な幕末志士たちを指導したことで有名です。その吉田松陰が弟子入りしたのが佐久間象山その人であります。佐久間象山が開いた私塾には多数の有名人が排出されています。

小林虎三郎

小林虎三郎は、吉田松陰と共に佐久間象山の私塾に入塾していました。吉田松陰・小林虎三郎は、象山門下の「二虎」あるいは「両虎」と称されていました(吉田松陰の通称が「寅次郎」であったため)

坂本龍馬

kanagawa.fujisawaさんの投稿
22158883 135286707103381 2824643447611195392 n

幕末維新に欠かせない人物である坂本龍馬も、佐久間象山の私塾の門下生でした。坂本は江戸で遊学している際に、剣術と共に砲術・漢学・蘭学などを学びました。

勝海舟

tenmeitenmeiさんの投稿
21879289 123333211619045 4683130956855377920 n

勝海舟も幕末維新に無くてなならない存在です。彼もまた佐久間象山の私塾の門下生でした。勝海舟の妹は、佐久間象山の元に嫁いでいます。

徳川慶喜

barter666さんの投稿
21435395 146597279263923 180765071725559808 n

徳川慶喜(一橋慶喜)は、江戸幕府第15代征夷大将軍で、佐久間象山は慶喜に招かれて上洛し、公武合体論と開国論を説いたとされています。

佐久間象山の失脚と暗殺

マシュー・カルブレイス・ペリー

1853年7月8日、当時鎖国中だった日本に、ペリーが江戸湾の浦賀沖に現れました。日本人はこれを「黒船」と呼び、人々は恐れていたようです。「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん)たつた四杯で夜も眠れず」と狂歌に詠まれたほど当時はニュースになっていたようです。

門下生である吉田松陰が、ペリーの艦隊で密航を計画するも失敗。吉田松陰から相談を受けていた佐久間象山も、この事件に関わったとして伝馬町牢屋敷に入獄させられました。1864年7月11日、三条木屋町で前田伊右衛門、河上彦斎等の手にかかり暗殺されてしまいます。享年54歳でした。象山の西洋かぶれの思想を危険とみなしての衝動的な行動だったと言われています。

waya.mayuさんの投稿
16583371 591132527748043 8471088049441210368 n

河上彦斎は、「るろうに剣心」という漫画の主人公である「人斬り抜刀斎」のモデルとなった人物で、幕末の四大人斬りの一人とされています。佐久間象山を斬ったのは衝動的なもので、計画をした行動ではなく「西洋の蔵を乗せた馬に乗っていたから」というだけでした。しかし、自分が斬った象山という人物を知った河上彦斎は大変貴重な人物を斬ってしまった動揺したと言われています。このことは当時の日本にとっても大きなニュースとなったのではないでしょうか。

tomoyuki_kojimaさんの投稿
19623472 817197461766480 1955710596569628672 n

京都にある妙心寺大法院は、1662年に信州松代藩主であった真田信之(真田幸村の兄)の孫・長姫が信之の菩提寺として創建しました。ここに、佐久間象山の墓があります。長野県にある蓮乗寺は、佐久間家累代の菩提寺であり、1922年に京都妙心寺よりこの菩提寺へと分葬されました。

佐久間象山の名言をご紹介

佐久間象山の名言の数々①

happylakesさんの投稿
18095799 1886031314953342 8089528583703232512 n

人々が何を言おうと、怖(お)じることなく、心中はいつもやすらかです。これも今までの修行の成果でありましょう。兵は国の大事、死生存亡のかかる所である。成算なくしてみだりに兵を動かす者は、国家と国民の生命をあまりに軽く考えている。政治とは人で決まるものなのです。その才を有するものが一人おりますれば、一国の政治は一気に好転いたしましょう。

佐久間象山の名言の数々②

mitsustagram0724さんの投稿
18012106 1144830932329942 1864515212376276992 n

たとえ完全勝利を得たとしても国を戦場にするは上策に非(あら)ず。自然とわが国を恐れ、つけいる気をおこさせないのが最上の策である。天下の大計を知らず、国の財用を費やし、以てこの無益の務をなすは、そもそも何ぞや。良識ある人は間違いがないということを重んじるのではなく、間違いに気付いたならば、その間違いを改めることを重んじるのである。

佐久間象山の名言の数々③

ninja_mikiさんの投稿
15624485 646482295558837 4649909702648397824 n

学問は日々積み重ねられなければならない。一朝一夕で成るものではないことを肝に銘じるべし。人間らしくしていては金持ちにはなれぬ。子、年二十以後、すなはち四夫にして一国に繋がるあるを知り、三十以後、すなはち天下に繋がるあるを知り、四十以後、すなはち五世界に繋がるあるを知る。

佐久間象山の名言の数々④

shootkoikeさんの投稿
12783371 770452469751439 1430375533 n

東洋の道徳、西洋の芸。はやりにしたがうは、卑しきなり。良識ある人は間違いがないということを重んじるのではなく、間違いに気付いたならば、その間違いを改めることを重んじるのである。

佐久間象山の子孫は?

佐久間象山は自信過剰で傲慢なところがあり、自分の子孫を多く残すため、坂本龍馬に「僕の血を継いだ子供は必ず大成する。そのため、僕の子供をたくさん生めるような、大きな尻の女を紹介してほしい」と頼んだと言います。しかし、象山の子で成人したのは啓之助のみで、この啓之助も31歳の時食中毒で亡くなってしまいます。ですから、現在佐久間象山の子孫にあたる血筋は途絶えてしまっています。

佐久間象山の息子・三浦啓之助

しかし、象山の息子・三浦啓之助(佐久間恪二郎)は、新撰組に入るも脱走をするなどの失態を見せます。新撰組に入隊した経緯は、父の仇討をするというものでしたが、傲慢さだけは父譲りであり、隊士からは悪い意味で目を付けられていたようです。

織田信長の名言格言の意味から人生・歴史を学ぼう!人間五十年下天一昼夜 | Pinky[ピンキ-]

幕末の天才学者・佐久間象山についてのまとめ

simmazdarx8さんの投稿
11311250 1622477928033983 577187035 n

2016年の大河ドラマ「真田丸」の最後のナレーションでのみ登場した佐久間象山ですが、その思想は現在の日本にはなくてはならないものとなっています。有名な人物でありながら、テレビやニュースなどではあまり話題にならない人物ですがこれを佐久間象山に興味をもってみてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ