日焼け後の水ぶくれ・かゆみ・湿疹の対処法!かゆい時のムヒは大丈夫?

日焼けした時に水ぶくれやかゆみ、湿疹ができたことはありませんか。日焼けは夏だけでなく一年中注意が必要なんです。そこで今回は、日焼けの仕組みや日焼けした後のケアについて、そして万一水ぶくれやかゆみ、湿疹ができた時の対処法についてご紹介します。

目次

  1. どうして日焼けするの?
  2. 日焼けをして水ぶくれ・かゆみ・湿疹ができてしまった
  3. 日焼け後に起こる日光皮膚炎とは
  4. 日焼け後の水ぶくれ・かゆみ・湿疹になりやすい人とは
  5. 日焼けして水ぶくれ・かゆみ・湿疹ができてしまったら
  6. 日焼け後の水ぶくれ、かゆみ、湿疹は簡単に治せる?
  7. 日焼け後の肌トラブルを家にあるもので応急処置
  8. 日焼け後の水ぶくれ・かゆみ・湿疹を放置してしまったら
  9. 日焼け後の肌トラブルが落ち着いた後は
  10. 日焼け予防とスキンケアできれいな肌を保とう

どうして日焼けするの?

日差しの強い夏の季節には気にする日焼けですが、実は日焼けは一年中する可能性があるものです。日焼けによってかゆみや湿疹などができたことはありませんか。そもそも日焼けとはどうして起こるのでしょうか。

日焼けの原因

太陽の光を浴びることでビタミンDを作ったりと体にいいこともありますが、過度に浴びてしまうことで日焼けが起こります。この日焼けを引き起こすものは、太陽の光の中でも紫外線が原因と言われています。

seco_daysさんの投稿
22220664 1775005579465532 5921461042944147456 n

日焼けとは紫外線を浴びることで肌が傷つき炎症を起こしている状態を言います。この状態がひどくなると水ぶくれやかゆみ、ぶつぶつとした湿疹といった症状が出てきます。簡単に言うとやけどをしている状態と言えます。

日焼けを防ぐには

日焼けを防ぐには、原因となっている紫外線を浴びないようにすることが一番です。しかし、外出もせず家にいることなんてできません。そのため外出する時は日焼け止めを塗ったり、日傘、帽子、サングラス、アームカバーなど日焼け防止グッズを活用して、日焼けを防ぐための対策を行いましょう。

kaede_929さんの投稿
21435892 1663402403710626 1021618435903193088 n

日焼けによるかゆみや湿疹などを引き起こさないようにするには、日焼けを防ぐことが一番なので、日焼け予防を念入りに行いましょう。

日焼けをして水ぶくれ・かゆみ・湿疹ができてしまった

日焼けを防ぐ対策をつい忘れてしまって日焼けしてしまう場合もあります。そんな時はどうしたらよいのでしょうか。またどうして日焼けによって水ぶくれ・かゆみ・ぶつぶつとした湿疹といった肌トラブルが起きてしまうのでしょうか。

どうして水ぶくれ・かゆみ・湿疹ができるの?

紫外線の中にもいくつか種類があり、その一部が皮膚の中まで届くことで細胞を傷つけます。その時に傷ついた細胞が修復しようとすることで炎症が起こります。その炎症が強いとかゆみやぶつぶつとした湿疹、水ぶくれといった症状を引き起こすのです。

d.masqueさんの投稿
22158703 120613615319938 6467092464162308096 n

通常であれば、炎症が収まった後に不要となった細胞がはがれ落ちます。それが日焼け後に皮がむけるといった状態です。この状態になると肌が乾燥しているために、かゆみが強かったり湿疹が残っている場合もあります。

水ぶくれ

日焼け後にできる水ぶくれはやけどした時にできるものと同様で、傷ついた皮膚を治そうするためにできます。

そのため水ぶくれをつぶすことはしないでください。水ぶくれをつぶすことで、傷ついた皮膚を治そうとすることが止まってしまったり、そこから細菌が入って余計に症状を悪化させる場合があります。

かゆみ

日焼け後に皮膚が赤くなり、かゆみが出る場合があります。またヒリヒリとした痛みがかゆみのように感じる場合もあります。それは日光に当たることで軽度のやけどをし、また皮膚が乾燥しているために引き起こされます。そのため乾燥を防ぐことでかゆみが改善されることもあります。

laprune1225さんの投稿
22220553 301695426973823 572234263965990912 n

しかし炎症が起きている場合にローションを塗るとローションの成分によっては刺激となってしまう場合があるので、余計にかゆみが増すこともあります。日焼け後に塗ってもよい低刺激のローションを選んで使いましょう。

湿疹

日光に当たった後にかゆみや湿疹ができる場合、日光湿疹という皮膚炎と考えられます。日光に当たった部分にかゆみやぶつぶつとした赤い湿疹ができることが特徴です。湿疹はじんましんのようなアレルギー反応のように出てくることもあるので、出てきた湿疹が紫外線によるアレルギー反応なのか注意する必要もあります。

d.masqueさんの投稿
22157499 1732779097025765 3815267595620188160 n

湿疹が単なる日焼けによるものでなくアレルギー反応として出ている湿疹であれば、また紫外線に当たった時に湿疹が出る場合があります。そういった場合は病院での治療が必要となります。

日焼け後に起こる日光皮膚炎とは

日光皮膚炎とはこれまで紹介してきた日焼け後の皮膚トラブルのことを言います。日光皮膚炎は日光アレルギーや日光過敏症、紫外線アレルギーとも言われ重症化すると意識低下など死の危険もあります。

この日光皮膚炎によってかゆみや湿疹、じんましんが出たりすることもあり、花粉症のように突然発症するこがあります。発症した場合は皮膚科を受診し、病院の先生の指示にしたがってください。

日焼け後の水ぶくれ・かゆみ・湿疹になりやすい人とは

日焼けをした際に赤くなってさほど黒くならない人や日焼けするとすぐに黒くなる人がいますよね。こういった違いがあるように、日焼け後に水ぶくれやかゆみ、ぶつぶつとした湿疹を引き起こしやすい人というのはあるのでしょうか。

水ぶくれ・かゆみ・湿疹になりやすい人

紫外線によって起こる皮膚の炎症には、体質によって違いがあることがわかっています。紫外線を浴びて皮膚が赤くなり、黒くならない人や赤くなった後に少し黒くなる人は紫外線によるダメージを受けやすいと言われています。白人や色白の人に多くみられる現象です。日焼けによるかゆみや湿疹に注意してください。そのため紫外線対策をよりしておく必要があります。

しかし、赤くなった後に黒くなるという人や赤くならずに黒くなるという人も皮膚にダメージはあり、アレルギー症状が出る場合もあるので油断は禁物です。

サンバーンとサンタンとは

日焼けの際に耳にするサンバーンとサンタンとはどういうことでしょうか。サンバーンとは日焼けした際に赤くなることを言います。この状態は炎症を起こしている状態で言わばやけどの状態です。時間や日数が経つと皮がむけたり元の状態に戻ります。

d.masqueさんの投稿
22159380 1626910240701282 1558610809578323968 n

サンタンとは日焼けした後に黒くなる状態を言います。紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素が作られます。このようになることで皮膚が黒くなっていきます。メラニン色素が作られることで紫外線からの細胞の損傷を防ぎ、皮膚がんを予防してくれたりします。サンタンも時間や日数が経てば、元の皮膚の状態に戻っていきます。

mayu_kaoonepiさんの投稿
22159073 121639961919345 3989084277844213760 n

しかし皮膚のターンオーバーがうまくいかなくなってしまうと、メラニン色素がそのまま皮膚に残ってしまいシミが増えることとなります。日焼けして黒くなった皮膚は乾燥しやすいためシワの原因ともなるので、スキンケアが大切です。

日焼けして水ぶくれ・かゆみ・湿疹ができてしまったら

それでは、日焼けして水ぶくれやかゆみ、ぶつぶつとした湿疹ができてしまったらどうしたよいのでしょうか。まず一番にすることは、日焼けした部分を冷やすことです。濡れたタオルやタオルで氷を包んだもので冷やしたりしましょう。大切なことは炎症を抑えることです。

pinkmilk1515さんの投稿
22277622 355409308205863 3614049709242449920 n

炎症が収まったら化粧水やローションで保湿していきましょう。炎症が収まらなかったり、症状がひどいようだったら自己判断で薬を塗ったりせず病院を受診しましょう。

日焼け後の水ぶくれ、かゆみ、湿疹は簡単に治せる?

軽度の日焼けであれば、適切な対処をすることで治すことができます。日焼け後の症状がかゆみやぶつぶつとした湿疹ということであれば、体を冷やしたり様子を見て判断することもできます。しかし日焼けによって水ぶくれができた場合は、病院での対処によって早く治ったり跡が残らず治したりすることができるので、自己判断せず病院を受診しましょう。

日焼け後の肌トラブルを家にあるもので応急処置

日焼け後のスキンケアは家にあるもので対処できるのでしょうか。昔から言われているきゅうりパックやアロエといったものは、効果がある場合もありますが、控えた方がよいです。日焼けによって炎症が起きている場合に、行ってしまうとかえって刺激となってしまう場合があるからです。日焼け後の対処は注意してください。

ムヒ

かゆい時に塗るものというとムヒを思い浮かべますが、日焼けのかゆみにもムヒは効果はあるのでしょうか。

jg2cheさんの投稿
22157976 171221200121573 245485036260818944 n

結果的にはムヒを使っても効果はあるようです。しかし炎症が起きている時には使ってはいけません。皮がむけた後でまだかゆみがあるような時であれば、ムヒを使うことができます。また背中など広範囲にわたる場合には、ムヒの使用は控えてください。ステロイドが入っているムヒについては長期間使うことは控えてください。

オロナイン

sanyatanさんの投稿
22157779 142360726375231 181417739250827264 n

オロナインを調べてみるとにきび、吹出物、はたけ、やけど(かるいもの)、ひび、しもやけなどの効能があると書いてありました。日焼けはやけどと同様なので、軽いやけどであれば効果があることがわかります。オロナインも炎症が収まった状態の時に塗るとよいです。水ぶくれができていたり、広範囲の日焼け、ひどい日焼けには使わず病院の先生に相談しましょう。

ワセリン

保湿クリームとしてよく使われるワセリンですが、実は日焼け後にも使うことができます。日焼けをした肌は乾燥しやすく、その乾燥によってかゆみが出てくる場合があります。そういった時におすすめなのがワセリンです。

blue_sapphire920さんの投稿
22159198 1716359025337667 3925648152048173056 n

ワセリンを塗ることで皮膚に膜を作ってくれ、外からの刺激から守ってくれます。そうすることで肌の再生力が高まり早く治りやすいと言われています。ワセリンは保湿以外にも、日焼け止めクリームを塗る前にワセリンを塗っておくことで、日焼け止めクリームによる乾燥を防ぎ肌を守ってくれる効果もあります。

日焼け後の水ぶくれ・かゆみ・湿疹を放置してしまったら

もし日焼け後のスキンケアを怠り放って置いたらどうなるのでしょうか。

日焼けした肌はとてもナイーブな状態になっています。そういった状態のもとさらに日焼けすることになると治りかけていた日焼けをより悪化させる場合もあります。また水ぶくれなど日焼けが重症化している場合、跡が残ったり治りが悪かったりします。紫外線を避けて生活することはできないので、適切な対処をして日焼けの予防をしていくことが、大切です。

日焼け後の肌トラブルが落ち着いた後は

日焼け後のスキンケアとしてはまずは冷やすことです。その後は乾燥を防ぐために保湿を念入りに行ってください。また日焼けするということはそれだけ日光に当たっていたということになるので、体からも水分が逃げてしまっています。したがって水分補給も行うようにしてください。

keigonakaiさんの投稿
22221288 376055369475309 2280963414719201280 n

その他には体内の力をアップさせるために食事にも気をつけるようにしてください。肌のターンオーバーを促進させるためにたんぱく質を摂ったり、美白効果を高めるためにビタミンCを摂ることも効果的です。ビタミンEや亜鉛も日焼けに効果があるので積極的に摂るようにしてください。

面倒だと思いがちなスキンケアや日焼け対策ですが、少し気をつけるだけで何もしない場合と比べると大きな違いが出てきます。またスキンケアをすることでシミやしわをできるだけ防ぐ効果もあり、肌の力を高めることもできます。肌の力が高まっていれば、次に軽い日焼けをしてもぶつぶつが早く治ったり、比較的軽い症状で収まる場合もあります。

日焼け予防とスキンケアできれいな肌を保とう

sakoayu511さんの投稿
22069688 150492518882509 5879374267568619520 n

日焼けをしても適切な対処とスキンケアで、きれいな肌に戻すことはできます。しかし日焼けの具合がひどい場合は自分の勝手な判断で対処するのではなく、専門家に相談するようにしてください。

また、日焼けをしてから対処するのではなく、まずは日焼けをしないように対処することが大切です。日焼け予防の対策をしっかりして、外で思いっきり遊びましょう。

もっと日焼けについての情報を知りたいアナタへ!

日焼けが痛いときの対処法まとめ!赤みや痛みにはオロナイン・ワセリンが効く? | Pinky[ピンキ-]
日焼け後のアフターケアまとめ!ローションがおすすめ?顔・体別解説! | Pinky[ピンキ-]
【日焼け】顔のかわむけ防止法・対処法まとめ!皮むくのはNG! | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ