会社を辞めたい...一番多い理由や限界を感じる時は?退職前にすべきこと

「会社を辞めたい」と思うことは決して悪い事ではありません。誰しも一度は思ったことがあるはずですから...会社を辞めたい理由は人それぞれです。何の為に会社に行くのか?なぜ、辞めたいのか?その理由が分かったら、あとは決断するのはあなた自身です。

会社を辞めたい...一番多い理由や限界を感じる時は?退職前にすべきこと

目次

  1. 会社を辞めたい
  2. 会社を辞めたい!その理由は?
  3. こんな人は会社を辞めてもいいんじゃないでしょうか
  4. こんなはずじゃなかった!と新卒が感じる瞬間
  5. 会社を辞める前に考えておくべきポイント
  6. 会社を辞めたい理由まとめ

会社を辞めたい

朝になると憂鬱になる。「会社に行きたくない」「会社なんか辞めたい」と思っている人は世の中にたくさんいると思います。それが一時的なものならまだいいのですが、毎日毎日、「辞めたい」と長い間心の中で悩んでいると、暮らしそのものが楽しくなくなり、何もかも嫌になってしまったりと、先が見えないトンネルの中を歩いているような気分になります。

今のまま何とかごまかしごまかし会社を続けるもよし、思い切って会社を辞めてしまうもよし。決めるのは他でもない自分自身なのです。そうは言っても簡単じゃないですよね。せっかく入った会社を簡単に辞めたいなんて言っていいのか?会社を辞めたら収入がなくなる、など不安はいっぱいあります。

どんな選択が正しいのか?答えは自分自身にしかだせないのです。自分の人生をどんなふうに歩んでいくのかをじっくり考えてみてください。どんな決断をだしたとしても、自分で考え、悩み、決めたことならきっとそれが正解なのですから。

会社を辞めたい!その理由は?

なぜ会社を辞めたい!と思ってしまうのか?イヤなもんはイヤ!とでも言えればすっきりするんですが、その原因は実にさまざまなのです。ここでは辞めたい代表的な理由をご紹介します。

辞める理由に、一身上の都合により...って何だ?

毎日の暮らしの中で、人の置かれている環境はそれぞれ違います。家庭の事情、健康上の事情、社内の人間関係、給料の問題などなど退職の理由は色々です。そのほとんどが「一身上の都合...」とひとまとめにされてしまいますね。会社に正直に辞めたい理由を言って辞める人はほとんどいないのが現実です。隠された本音の中にこそ、会社を辞めたい!と思わせる何かが潜んでいるのです。

会社を辞めたい理由!一番の原因は「人間関係」

会社を辞めたいと思う原因の最も多いのが人間関係です。訳の分からないことを言い出す上司。話す内容は恋愛ネタか人の悪口ばかりの同僚。ちょっとキツく言うと泣き出す後輩。言い出したらきりがありません。長い時間一緒にいるだけに、その影響は計り知れないものがあります。辞めたいと思ってしまうのも仕方ありませんよね。我慢の限界がきた時が決断の時なのでしょう。

会社を辞めたい理由!やってもやっても評価されない

どんなに頑張っていても、全くそれに気づいてくれない。むしろ「ラクそうでいいよね」なんて言われた日には、お前がやれ!と言いたくなりますよね。ましてや上司がそんな人間だとしたら...この頑張りを認めてもらう日は来ないかもしれない、とお先真っ暗な気分になります。会社なんて辞めたいと思うのも当然です。自分のやっている仕事に意味を見いだせないほど虚しいことはありませんよね。辞めたいと思ったら正直に相談してみるのもいいかもしれません。

会社を辞めたい理由!残業ばっかなのに給料安いよね

残業が多くても、それに見合った給料がもらえればまだマシなんです。最近は労働時間のことが社会問題になりつつあるので、会社は残業をするな!という方向にもっていこうとしますが、じゃ、残った仕事は誰がやるんですかね?時間内に終わらなかったのは自分のせいって、残業代ももらえないんじゃ、辞めたい!って思いますよね。

こんな人は会社を辞めてもいいんじゃないでしょうか

会社を辞めたい!と考えることは、逃げることではありません。次へのステップだと思えば、今そんなに我慢する必要もないのではありませんか?

他人は変えられません(人間関係に限界を感じる)

どんなに頑張っても、心が通わない人って世の中にはいるんです。理不尽に人のことを責め立ててみたり、いちいちネチネチと嫌味を言ったり。また、セクハラやパワハラも最近では多く取り上げられていますね。陰湿ないじめなどもありますね。何度も、歩み寄ろうと挑戦してみても、まったくその余地がない。こちらばかりが黙って我慢している。そんな苦しい状況になることも多いです。

どんなに我慢したって、相手が自分と合う人間になることはあり得ません。自分がその人を好きになることもきっとないでしょう。あとは離れるしかないのです。会社は好きだから辞めたいとは思わない、というなら異動を希望してみるのもいいかもしれません。

自分のやりたいことが分かっている

今のまま会社にいても、自分の将来像が描けない。自分のやりたいことが明確に分かっているなら、すぐにでも行動に移しましょう。転職したり、起業したり。はたまた、カバンひとつで旅に出るのもいいでしょう。自分のやりたいこと、やるべきことが分かっているなら、不満だらけの会社で「辞めたい」と愚痴りながら過ごす理由はありません。

うつ病になってしまった

会社を辞めたいのに、がまんし続けていると限界がきて精神を病んでしまいます。うつ病になってしまうケースもあります。それでも会社は何もしてくれません。自分の身を守ってあげられるのは自分だけなのです。会社のために自分を犠牲にする必要はありません。

こんなはずじゃなかった!と新卒が感じる瞬間

希望に満ち溢れて入社したものの、1年もたたないうちに会社を辞めたいと感じる新卒者がたくさんいます。「学生気分が抜けなくて、仕事の大変さを分かってない!」「せっかく入ったのに簡単に辞めたいなんて...」など色々なことを言う人達もいるでしょう。仕事内容が自分には向いていなかった。会社に尊敬できる先輩や上司がいない。ブラック企業だった。など様々な理由で若い人材が辞めたいと感じ退職してしまうのは、日本の未来にとって大きな損失なのではないかと思います。

社会人になってからの人間関係はいわゆる利害関係者で、今までのお友達感覚とは違います。人との付き合い方で精神的に疲れてしまい「辞めたい」と思うこともあるでしょう。会社は、素晴らしく理想的な外面とは違い、業績や数字しか興味がありません。夢と希望を持って入社した新卒のほとんどが、現実を目の当たりにしてこんなはずじゃなかった「辞めたい」と感じるのでしょう。

会社を辞める前に考えておくべきポイント

考えたうえで辞めることにしたら、まずは退職に向けて準備を進めましょう。なるべく円満に辞めたいものですね。そのほうが後の人間関係やつきあいもスムーズになります。

辞めたいと思ったら貯金をしておく

すぐにでも会社を辞めたい気持ちはよく分かりますが。辞めたあとの暮らしはどうなりますか?退職した後にもらえる失業保険は、もらえるまでに3か月かかります。その間収入がなくなるのですから、少なくとも3か月分の生活費は貯金しておきましょう。

辞めたいけど1年は我慢しよう

短期離職は転職するときに不利になってしまいます。できれば1年以上の職歴があったほうがいいです。特に新卒は会社の仕事にも慣れてきて、辞めたい気持ちに変化があるかもしれません。退職に向けての目安の期間として考えてみましょう。

会社を辞めたい理由まとめ

会社を辞めたいと思う理由は人間関係の他にも、残業が多い、やりがいがないなど色々な原因があるようです。一日の大半を会社で過ごすことを考えると、少しでも充実した意味のある時間を過ごしたいですよね。「会社を辞めたい」と憂鬱な気分で毎日を暮らしているのはしんどいものです。よく考えて自分自身の答えを見つけましょう。

会社・辞めたい関連記事

Thumb仕事を辞めたい理由まとめ!うつ病になる前の対処法や転職の方法・心構え
Thumb怠け者は病気?改善方法から向いている仕事・職業を調べてみた!
Thumb人と関わらない仕事がしたい!正社員雇用はある?取っておくべき資格は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-17 時点

新着一覧