河下水希(いちご100%作者)、別名義・桃栗みかんでは漫画売れず

15年ぶりに”桃栗みかん”という別名義で漫画を描いた河下水希。今回は、いちご100%作者・河下水希(別名義・桃栗みかん)のプロフィール、河下水希(別名義・桃栗みかん)の河下水希時代の代表作とは、河下水希は、別名義・桃栗みかんでは漫画が売れない理由を調査します。

河下水希(いちご100%作者)、別名義・桃栗みかんでは漫画売れず

目次

  1. 漫画家・河下水希(いちご100%作者)別名義・桃栗みかん?調査
  2. いちご100%作者・河下水希(別名義・桃栗みかん)のプロフィール
  3. 河下水希(別名義・桃栗みかん)の河下水希時代の代表作とは
  4. 河下水希は、別名義・桃栗みかんでは漫画が売れない理由は
  5. 河下水希(いちご100%作者)桃栗みかんでは漫画が売れなかった

漫画家・河下水希(いちご100%作者)別名義・桃栗みかん?調査

2015年7月15日発売の月刊YOU(集英社)8月号から『いちご100%』の作者で漫画家の河下水希さんが、15年ぶりに”桃栗みかん”という別名義のペンネームで女性誌に復帰して新連載を開始していました。”桃栗みかん”という別名義で描かれた漫画『群青にサイレン』はスタートした当時は話題にもなりました。

その後、『群青にサイレン』は売れる気配はなく、河下水希さんの別名義の桃栗みかんにも固定のファンがつく気配が全くないことを桃栗みかんと名乗っている河下水希さんは嘆いて、2017年新年早々に、河下水希さんが桃栗みかんであることを自分でファンに明かしたそうですが、今更暴露?などとネットでささやかれたみたいです。

15年ぶりに”桃栗みかん”という別名義で漫画を描いた河下水希さんですが、今回は、いちご100%作者・河下水希(別名義・桃栗みかん)のプロフィール、河下水希(別名義・桃栗みかん)の河下水希時代の代表作とは、河下水希は、別名義・桃栗みかんでは漫画が売れない理由を徹底調査します。

いちご100%作者・河下水希(別名義・桃栗みかん)のプロフィール

本名:河下水希(かわした みずき)
出身地: 静岡県
生年月日:1971年8月30日(45歳)
星座:乙女座
学歴:短大卒業
職業:漫画家・イラストレーター
活動期間:1992年〜

河下水希(別名義・桃栗みかん)の河下水希時代の代表作とは

りりむキッス

『りりむキッス』は、河下水希さんの描いたラブコメ漫画作品です。集英社『週刊少年ジャンプ』誌上に2000年48号〜2001年21・22合併号まで連載されていました。単行本は全2巻出ている河下水希さんの売れ筋の漫画です。

いちご100%

『いちご100%』(いちごひゃくパーセント)は、河下水希による日本の漫画作品およびこれを原作とするアニメ等のメディアミックス作品。 『週刊少年ジャンプ(WJ)』(集英社)誌上において2002年(平成14年)12号から2005年(平成17年)35号まで連載。河下の作品としては『りりむキッス』の次にあたり、『WJ』誌上および「河下水希」名義での2作目となる連載作品。連載回数167回は、『WJ』のラブコメディ作品としては『ニセコイ』に抜かれるまで最長連載であった[1]。単行本はジャンプ・コミックスより全19巻、文庫版は全10巻。累計発行部数は約800万部。

初恋限定。

『初恋限定。』(ハツコイリミテッド)は、河下水希さんによる漫画作品です。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、2007年44号〜2008年26号まで連載されていました。単行本の累計発行部数は約85万部でした。『週刊少年ジャンプ』の連載終了後にはメディアミックス企画が発表されて2009年2月にドラマCD化された人気作品です。2009年4月にはファン待望のテレビアニメ化もされた河下水希さんの有名な漫画作品です。

河下水希は、別名義・桃栗みかんでは漫画が売れない理由は

河下水希が別名義・桃栗みかんにした理由

河下水希さんは自分の中で、河下水希名義の作品は美少女のちょっとエッチな恋愛ものといった印象がとても強くなってしまっていて、外の題材の漫画(『群青にサイレン』を描こうと構想を練っている時)は河下水希名義では河下水希ファンから受け入れてもらえないような恐怖心があったようです。

河下水希さんはどうしたら別の題材(『群青にサイレン』)の漫画を描くことができるのだろうと考えていたのですが、『群青にサイレン』は美少女のちょっとエッチな恋愛ものという河下水希ファンのイメージに添う作品ではないのでとても悩んでしまったそうです。でも『群青にサイレン』を漫画として世に出したい気持ちが日に日に強くなってしまって、それなら『群青にサイレン』は女性誌で、昔使っていた別名義の”桃栗みかん”でやろうと決めた。そうです

河下水希が別名義・桃栗みかんで売れない理由は

河下水希さんが別名義・桃栗みかんさんで売れない理由は、ネットでの多くの河下水希さんの意見をまとめると、単純に”美少女のちょっとエッチな恋愛もの”じゃないからのようですね。河下水希さんでも別名義の桃栗みかんさんでも、『群青にサイレン』は売れる漫画じゃなかったという結論です。別名義の桃栗みかんさんでも、漫画の内容がちょっとエッチなら売れたのでしょう。

河下水希(いちご100%作者)桃栗みかんでは漫画が売れなかった

今回は、いちご100%作者・河下水希(別名義・桃栗みかん)のプロフィール、河下水希(別名義・桃栗みかん)の河下水希時代の代表作とは、河下水希は、別名義・桃栗みかんでは漫画が売れない理由をまとめました。

河下水希さんは、別名義”桃栗みかん”では漫画が売れな自分から暴露してダサすぎると言われているようですが、河下水希さんが、別名義・”桃栗みかん”で漫画を出すことは、2015年の時点で暴露されていましたから、内緒にしていたのとはちょっと違っているので暴露ではなくて再告知しただけのことですね。

河下水希さんの漫画作品はちょっとエッチな美少女が頻繁に登場するので、ファン層もちょっとアダルト層になるのでファンのご意見もキツめかもしれませんね。『群青にサイレン』が売れなかったことにめげないでこれからも別名義”桃栗みかん”でどんどん新しい作品を描いていってもらいたいですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-10-24 時点

新着一覧

×