人気作家一覧!人気ランキングも!おすすめの小説をまとめてみた!

みなさんは人気作家の本を読んでみたいと思いませんか?今回は、人気作家ランキング一覧や、人気作家1位に輝いた人気作家のおすすめの小説を1位〜6位までをご紹介します。また、人気作家の小説が原作となっているおすすめ漫画一覧もご紹介しますので今後の参考にしてください。

人気作家一覧!人気ランキングも!おすすめの小説をまとめてみた!

目次

  1. 人気作家一覧!人気ランキングも!おすすめの小説をご紹介
  2. 人気作家ランキング一覧(上位10位)
  3. 人気作家宮部みゆきのおすすめ小説6位:『模倣犯』
  4. 人気作家宮部みゆきのおすすめ小説5位:『ブレイブ・ストーリー』
  5. 人気作家宮部みゆきのおすすめ小説4位:『おそろし』
  6. 人気作家宮部みゆきのおすすめ小説3位:『ぼんくら』
  7. 人気作家宮部みゆきのおすすめ小説2位:『理由』
  8. 人気作家宮部みゆきのおすすめ小説1位:『火車』
  9. 人気作家の小説が原作となっているおすすめ漫画一覧
  10. 人気作家一覧や人気ランキングやおすすめの小説をご紹介しました

人気作家一覧!人気ランキングも!おすすめの小説をご紹介

最近、本を読まない人が増えているそうですね。面白そうな小説を図書館から借りて読んだり、本屋で買って読んだりしてみるのは思いのほか楽しいものです。特に、人気作家の書いた小説を暇な時間に読んでみてください。そして、自分のお気に入りの小説を見つけてみませんか?

今回は、人気作家ランキング10位までの一覧や、人気作家1位に輝いた人気作家のおすすめ小説を1位〜6位までご紹介します。また、人気作家の小説が原作となっているおすすめ漫画一覧もご紹介します。

人気作家ランキング一覧(上位10位)

人気作家10位

名前:山田詠美
出身地:東京都板橋区
生年月日:1959年2月8日
代表作品:『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』『放課後の音符』『ぼくは勉強ができない』『風味絶佳』など
受賞作品:第97回直木賞『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』
     第52回読売文学賞『A2Z』
     第41回谷崎潤一郎賞『風味絶佳』など

人気作家9位

名前:林真理子
出身地:山梨県山梨市
生年月日:1954年4月1日
代表作品:『ルンルンを買っておうちに帰ろう』『美女入門』『anego』など
受賞作品:第94回直木賞 『最終便に間に合えば』、『京都まで』

人気作家8位

名前:山本文緒
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1962年11月13日
代表作品:『パイナップルの彼方』『ブルーもしくはブルー』『あなたには帰る家がある』『恋愛中毒』『プラナリア』など
受賞作品:第124回直木賞『プラナリア』

人気作家7位

名前:村上春樹
出身地:京都府京都市区
生年月日:1949年1月12日
代表作品:『風の歌を聴け』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』など
受賞作品:第4回野間文芸新人賞『羊をめぐる冒険』
     第21回谷崎潤一郎賞『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
     第47回読売文学賞『ねじまき鳥クロニクル』
     2006年:フランツ・カフカ賞
     2006年:フランク・オコナー国際短編賞
     2007年:2006年度朝日賞

人気作家6位

名前:乙一
出身地:福岡県
生年月日:1978年10月21日
代表作品:『暗いところで待ち合わせ』『GOTH―リストカット事件』『きみにしか聞こえない』など
受賞作品:第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞『夏と花火と私の死体』
     第3回本格ミステリ大賞『GOTH リストカット事件』など

人気作家5位

名前:有川浩
出身地:高知県
生年月日:1972年6月9日
代表作品:『図書館戦争』シリーズ、『シアター!』シリーズ、『阪急電車』『三匹のおっさん』など
受賞作品:第10回電撃ゲーム小説大賞『塩の街 wish on my precious』
     第39回星雲賞日本長編作品部門『図書館戦争』シリーズなど

人気作家4位

名前:伊坂幸太郎
出身地:千葉県松戸市
生年月日:1971年5月25日
代表作品:『重力ピエロ』『チルドレン』『死神の精度』『ゴールデンスランバー』など
受賞作品:新潮ミステリー倶楽部賞『オーデュボンの祈り』
     第25回吉川英治文学新人賞『アヒルと鴨のコインロッカー』など

人気作家3位

名前:江國香織
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1964年3月21日
代表作品:『きらきらひかる』『冷静と情熱のあいだ』『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』『号泣する準備はできていた』『こうばしい日々』など
受賞作品:第130回直木賞『号泣する準備はできていた』

人気作家2位

名前:東野圭吾
出身地:大阪府大阪市
生年月日:1958年2月4日
代表作品:『手紙』『容疑者Xの献身』『予知夢』『探偵ガリレオ』『分身』 など
受賞作品:第134回直木賞『容疑者Xの献身』

人気作家1位

名前:宮部みゆき
出身地:東京都江東区
生年月日:1960年12月23日
代表作品:『火車』『理由』『模倣犯』『ぼんくら』『ブレイブ・ストーリー』など
受賞作品:第120回直木賞『理由』

人気作家宮部みゆきのおすすめ小説6位:『模倣犯』

人気作家宮部みゆきの『模倣犯』というタイトルの意味は最後まで読むとわかるように書かれています。連続誘拐事件を扱った小説で、文庫で全5巻なので登場人物ももちろん多いのですが、ひとりひとり丁寧に描写されているので、感情移入しやすい小説だと言えるでしょう。

最終巻は急展開で、一気に読みきってしまえます。2002年にSMAPの中居正弘が主演で映画化もされていますから宮部みゆきの小説の中でも有名な作品でしょう。

人気作家宮部みゆきのおすすめ小説5位:『ブレイブ・ストーリー』

宮部みゆきにしては珍しい、ファンタジー小説、『ブレイブ・ストーリー(BRAVE STORY)』。両親の離婚話をきっかけとして主人公・ワタルは異世界へ旅立ちます。運命を変え、平穏な日常を取り戻すために旅立ったワタル。

やや重い内容ですが、ゲームのような要素も混じっていて、わくわく感もあるので最後まで読みきれる小説です。読み進めるごとにワタル少年の成長が感じられる、宮部みゆきの文庫作品で制作費は約10億円でアニメで映画化され、最終興業収入成績は約20億円でした。

人気作家宮部みゆきのおすすめ小説4位:『おそろし』

人気作家宮部みゆきは時代物の小説も書けるのですが、三島屋変調百物語シリーズ第1作『おそろし』は江戸を舞台にしたホラー小説で、JAグループが発行する雑誌『家の光』に2006年1月号から2008年7月号まで連載された後、角川書店から刊行されました。

短篇集のかたちをとっていますが、最後の話ですべてがつながります。日常からちょっと離れてみるにはぴったりな怪談が5篇収録されています。夏に読みたい宮部みゆきの三島屋変調百物語で、2014年8月にNHK BSプレミアムにて『おそろし〜三島屋変調百物語』のタイトルでテレビドラマ化されました。

人気作家宮部みゆきのおすすめ小説3位:『ぼんくら』

人気作家宮部みゆきの書いた『ぼんくら』は2005年10月〜NHKのドラマにもなった江戸時代の捕物帳小説で、『小説現代』1996年3月号から2000年1月号まで計18回掲載されたものを加筆・訂正したうえで刊行されました。「ぼんくら」と呼ばれた同心・井筒平四郎が活躍する愉快なミステリー小説です。

どの事件にも人情が絡んでくるため、味わい深い読み味のミステリーになっています。そして、必ず人間味ある結末が用意されているのも特長です。宮部みゆきの続編も読みたいと思わせる宮部みゆきの名作です。

人気作家宮部みゆきのおすすめ小説2位:『理由』

人気作家宮部みゆきが第120回直木賞を受賞した社会派ミステリー小説『理由』。マンションで殺されていた一家は、そこにいるべき人たちではなかった?彼らは「誰なのか?」「なぜ殺されたのか?」「犯人は誰か?」謎だらけの『理由』は、インタビュー形式で語られる事件の全容は如何に...。『理由』の持つ魅力に惹きつけられて、一気に読破してしまう人も多かったでしょう。

あまりの『理由』の面白さに宮部みゆきの小説を全部読みたいと思ってしまう人も少なくないでしょう。2004年と2012に『理由』はドラマ化され、2004年に映画化もされました。

人気作家宮部みゆきのおすすめ小説1位:『火車』

人気作家宮部みゆき小説の「入り口」にうってつけの小説が『火車』と言えるでしょう。『火車』は第6回山本周五郎賞受賞作で、休職中の刑事が、親戚から失踪した婚約者を探してほしいと頼まれます。彼女について調べていくにつれ、「彼女は別人かもしれない」と思いはじめるのでした。

宮部みゆきの最高傑作といってもいい最高峰のミステリー小説です。読んで後悔しない小説でとても面白い宮部みゆきワーウド全開の小説です。

人気作家の小説が原作となっているおすすめ漫画一覧

人気作家の東野圭吾の小説『放課後』

漫画家:霜月かよ子
2010年3月に「別冊フレンドKC」にて連載された推理漫画:人気作家の東野圭吾の小説を漫画した『放課後』

人気作家の神永学の小説『心霊探偵 八雲』

漫画家:都戸利津
2007年〜2008年に「別冊花とゆめ」(白泉社)にて連載された漫画:人気作家の神永学の小説が描かれた漫画『心霊探偵 八雲』はコミックスは全2巻まであります。また、タイ、韓国、中国、イタリア、台湾語などで翻訳出版されている人気の漫画です。

漫画家:小田すずか
2009年〜2016年に「月刊Asuka」(角川書店)にて連載された漫画:人気作家の神永学の小説が描かれた漫画『心霊探偵 八雲』は単行本は全14巻まであります。この漫画は、タイ、韓国、中国、イタリア、ドイツ、インドネシア、フランス、ポルトガル語などで翻訳出版されている人気の漫画です。

人気作家一覧や人気ランキングやおすすめの小説をご紹介しました

今回は、人気作家10位までを一覧でご紹介しましたが、みなさん一度は耳にしたことのある有名な作家の名前ばかりでしたね。忙しい中でも、人気作家の小説を読んで有意義な時間を過ごし、心に栄養を与える時間を設けてみるのもいいかもしれませんね。

◉もっと人気作家のランキングことを知りたいあなたはこちらをどうぞ!↓

Thumb小説家になるには?新人賞をとろう!必要な読書量・資格、有利な大学を調査!
Thumb面白いおすすめの本ランキング!小説から実用書・自己啓発まで紹介
Thumb東野圭吾のおすすめ著作ランキング!ドラマ化した人気の代表作は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-25 時点

新着一覧