勉強のやる気が出ない原因と出す方法まとめ!音楽や映画はあり?

勉強のやる気が出ない人にはどのような原因があるのでしょうか?また、勉強のやる気を出す方法はどのようなものがあるのでしょうか?今回は、勉強のやる気が出ない人の特徴から、やる気を出す方法を紹介していきます。実は、意外な点で違いが存在しているようです。

目次

  1. やる気を出すためにはどうしたら?と焦る前に
  2. 勉強に対するやる気が出ない原因
  3. このやり方ではやる気が出ない?勉強方法のポイント
  4. やる気が持続する人が実践する勉強方法とは?
  5. 目標設定を間違えるとやる気が出ない?
  6. やる気を出す準備運動をルーティーン化する
  7. 勉強以外なにもすることがない状況を作るとやる気も出る
  8. 勉強のやる気を出すためにコンディションを整える方法
  9. 息抜きの間でもやる気を出す方法
  10. さまざまな方法でやる気を引き出す工夫をする

やる気を出すためにはどうしたら?と焦る前に

勉強をしようと思い立っても、長続きしないという方が多い中で、淡々と勉強に励むことができる人もいます。そして、勉強の成績をを上げている人たちは、どのようにしてやる気をコントロールしているのでしょうか?

勉強に対するやる気が出ない原因

勉強に対するやる気が出ないことを嘆くよりも、どうしてやる気が出ないのか?に関心をもつことが大切です。もともとダメだと自己嫌悪に陥る前に、やる気が出ない理由を知ることをオススメします。

やる気を出すための準備が必要

実は暮らしの中では、勉強をいつするのか?が非常に重要です。例えば、家に帰ってからすぐ机に向かうのか?一息ついてから机に向かうのか?では、圧倒的にすぐ始めるほうが、やる気を引き出しやすいと言えます。暮らしの中で、すぐに始める癖をつけることが大切です。

やる気が出ないというより疲れ過ぎ

人間はなにか行動をしようとする時に、どうしてもエネルギーを使います。そもそも、そのエネルギーが枯渇してしまっている場合には、やる気を引き出す素材がないことを意味しています。その場合には、規則正しい暮らしを取り戻す必要がありそうです。

目標と期限がなければやる気は出ない

仕事などと同様に、勉強でも目標がなければ、やる気は出ません。最終的な目標が具体的であり、その姿を鮮明にイメージすることも、やる気を引き出すために有効な方法のひとつです。

無理な計画ではやる気も起きない

自分の感覚として、こんなにならなきゃいけないの?と感じてしまう場合には、量と期間の両方を見直す必要があります。これだけやろうと行うことをコンパクトにまとめるのも、やる気を引き出す方法です。

自分のやる気が出る状況を知らない

やる気と結びつかない方も多いようですが、やる気は環境によっても引き出されます。雑然としたデスクよりも、邪魔するものがない机での勉強のほうがはかどります。また、集中するための音楽でも、やる気は引き出されます。

このやり方ではやる気が出ない?勉強方法のポイント

やる気が出ない原因は勉強の仕方にもあります。まずは、自分の勉強の仕方を振り返り、あえてやる気が持続しない方法をとっていないか確認することが大切です。

とにかくたくさん!ではやる気は出ない

高い目標を掲げて、勉強に取り組むのは良いことですが、時間をかけようと思うとすべてが義務感に代わり、これがやる気を出なくする原因です。義務感に感じているうちは、やる気が出ないのも当然です。

こんなに?という量を設定する

そして時間と同様に内容が負担になってしまうのも、やる気が出ない原因のひとつです。中学生の頃のように、◯ページ〜◯ページと区切る場合でも、楽に取り掛かれるような工夫が必要です。

自分の進捗状態が分からないことが問題

自分はいつまでになにを理解していなければいけないのか?が見えていないことが大きな問題です。ただ漠然と勉強を行っていても、結果が見えず、やる気に繋がりにくい状況になってしまいます。

やる気が持続する人が実践する勉強方法とは?

やる気が出ないと悩む方がいる反面で、何事もないように勉強に励むことができる人もいます。そんな人は、勉強の仕方が少し異なるようです。

極力手間を省くように考える

勉強のやる気が持続する人は、省ける手間を考えます。自分の苦手がどのようなものなのか?を考え、そこにアプローチすることで、結果も見え、やる気にも繋がってきます。

たくさんの時間をやらないことがやる気を生み出す?

時間についてもやる気が持続する人は、いきなりたくさんやろうとはしません。まず、机に向かい、集中力が持続する限り勉強をし、集中力が途切れてしまったら、無理はしないように考えています。

勉強内容は簡単なものから取り掛かります。勉強を始める前から、やりたくない内容を考えるのは、どうしても無理が生じてしまう勉強方法です。まずは、自分にとって簡単な問題を解いて、準備運動をします。

楽しみを見つけるのもやる気を引き出す方法

自分なりに進捗をメモしたり、勉強後のご褒美を準備するなどして、やる気を引き出すための取り組みを行っています。計画を立て、ひとつずつクリアしていく感覚で勉強に取り組むことで、面白みを見出すことができます。

逆算思考がやる気を引き出す?

勉強をコツコツと行うことができる人は、ある程度の期間の目標を掲げています。最終目標から逆算して、今日すべきことはなにか?を理解しているため、やる気を引き出すこともできます。

目標設定を間違えるとやる気が出ない?

勉強を始めようと考えた時に、行動するためには目標が大切です。ただし、目標自体に無理がある場合には、やる気がどうしても出ない状態に陥ってしまう危険性もあります。

目標は他人との比較を介さないこと

目標の立て方にはコツがあります。例えば、他人に勝つなどの目標を設定してしまうと、足りない部分に目が行ってしまい、自己否定をしやすくなってしまいます。まずは、他人に関係なく、達成すべき目標を掲げることがやる気を引き出すための方法のひとつです。

スケジュールの余裕を持たせることも方法のひとつ

スケジュールには、ある程度の余裕をも持たせるようにすることをオススメします。1日◯ページと決めて、少し気が乗らなかった日があったとしても、取り返せるくらいのスケジュールがベストです。

目標は大きさがあることを理解しておくことも重要です。最終目標から、現地点を振り返った時に、小さな目標が見えてきます。日々の中で、比較的簡単な小さな目標をクリアすることが、やる気を出す方法にもなります。

やる気を出す準備運動をルーティーン化する

少し前に流行したルーティーンという言葉ですが、プロの世界の準備運動のようなものです。この動作を同じように繰り返すことで、自然に勉強に向かう動作をとることができます。

勉強前に整理整頓をするとやる気が出ない?

テスト勉強の際には、無駄な行為と捉えられがちだった掃除ですが、やる気を出すためには非常に有効です。どうせデスクまわりの掃除をするのですから、そのまま勉強に入るのが自然の流れと言えます。

とりあえず椅子に座るだけでやる気が出る

とりあえず椅子に腰掛け、あれやこれやと勉強のことを考えてみましょう。スマホなどをしまい、勉強のことだけを考えているだけで、次第にやる気も出てきます。

お気に入りの音楽を活用するのも方法のひとつ

好きな音楽を活用するのも方法のひとつです。ただし、オススメするのは歌詞のない音楽です。歌詞が入っている音楽の場合、勉強中に言葉気になり、せっかく出たやる気をまた出ない状況にしてしまう危険性があります。

体のやる気は頭のやる気も引き出す

やる気が出ている時、人の体温は少し高い状態になります。この状態にするために、体をほぐす程度の運動をするものやる気を出す方法のひとつです。体と頭は密接な関係にありますので、体をほぐすと頭も動きやすくなります。

勉強以外なにもすることがない状況を作るとやる気も出る

勉強のやる気が出ない原因のひとつとして、適切でない環境であるということも考えられます。勉強のやる気を引き出すには、集中できる環境づくりも有効な方法です。

勉強中に意識が向くものを置かない

スマホなどの集中をさまたげるものは、視界に入れないというのも方法のひとつです。集中が持続しないと、勉強もはかどらないため、やる気も出ない状況になりやすいと言われています。

家具のレイアウトを変更するのも方法のひとつ

margin__さんの投稿
22069220 133859493914928 781607326871191552 n

閉塞感がある状態のほうが集中しやすいため、机は壁に向かうように配置に変えることも有効な方法です。また、カーテンや外の動きに気をとられることもなく、勉強に集中できる環境になります。

勉強にはブルーがオススメ?

psuke_fukushimaさんの投稿
22157555 1430047693782504 4391986909249798144 n

部屋のカラーは、落ち着いた印象のあるブルーをメインにするのがオススメです。赤やオレンジなどの色は、気が散りやすいと言われています。どうしても視界に入ってしまう壁の色などにも、気を使うことでやる気を引き出す方法になります。

勉強のやる気を出すためにコンディションを整える方法

勉強に対するやる気を出すためには、少しでも前向きになった瞬間を逃さないことです。そのためには、暮らしの中で体のコンディションを整えることも、方法のひとつです。

勉強のやる気が出ないのは食事が原因?

さまざまな研究からやる気の持続する人は食事にも気を使っていることが分かっています。勉強の効果をアップさせるという観点からも食事に気を使うことは、有効な方法です。

やる気を出すためにはしっかり眠ること

やる気を引き出す方法として意外と見落とされがちなのが、しっかりと眠ることです。目標を達成するために、睡眠時間を削るという方法をとってしまいがちですが、しっかり眠るという方法を選択したほうが、生産性がアップします。

人間の暮らしには仮眠が必要?

現在、仮眠に関するさまざまな意見があるものの、中にはもともと人間の暮らしには仮眠が必要という声もあります。特に、会社勤めで忙しい方は、仮眠をとることで睡眠時間を補填する方法となります。

運動もやる気を引き出す方法のひとつ

一見、勉強と運動とは別物に見えますが、やる気を引き出す上で運動は、生活の中で取り組むべき行動と言えます。脳と体は深い関わりにありますので、勉強を進めつつ、運動する時間にも気を配りましょう。

息抜きの間でもやる気を出す方法

実際に机に向かって勉強をしている時間以外の、息抜きをしている時間にも次の勉強への準備を整えておくことができます。空いた時間を有効に使うことも、勉強のやる気を引き出すためには有効な方法です。

目標を達成した偉人の映画を見る

大きなリスクを抱えつつも、大きな功績を残したような偉人の映画を見ることで意外な効果を得ることができます。偉人の考え方やものの見方に触れることで、自分はまだまだできると、やる気を出すきっかけとなります。

好きなアイドルの時間を作ることも方法のひとつ?

最近の調査から提唱された方法ですが、実は好きなことに没頭する時間を設けることも有効な方法のひとつです。受験に向けた暮らしの中で、省くべき時間と考えられがちですが、好きな映像や音楽は脳の活性化に非常に有効です。

自然に触れると脳がやる気を出す

もともとアウドドアが好きな方は、勉強を頑張りたい期間でも、外に出る習慣は継続することをオススメします。暮らしの中で緑に囲まれる機会は少なく、やる気を出すためのエネルギーも不足しがちです。

さまざまな方法でやる気を引き出す工夫をする

これまで紹介してきたようにやる気を出すためには、具体的な行動が必要です。やる気が出ないから出るまで待っている状態こそが、やる気が出ない原因と言えそうです。簡単なことから始める、好きな音楽でやる気を引き出すなどの小さな工夫が大切です。

やる気関連記事

元気が出ない時・やる気が出ない時はどうすればいいの?原因と対処法は? | Pinky[ピンキ-]
スポーツ選手の名言まとめ!やる気や元気が出るアスリートの言葉 | Pinky[ピンキ-]
就活したくない・やる気が出ない人必見!就活を楽しむコツとは? | Pinky[ピンキ-]
中学生の勉強のコツまとめ!効果的な仕方・やる気を出させる方法 | Pinky[ピンキ-]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ