退職理由の書き方と例文まとめ!履歴書や退職届・退職願の書き方

退職を決めた時に、退職願と退職届の違いが分からないし、退職理由の書き方が分からないことがよくあります。例文があればすぐに退職理由の書き方がだいたいわかります。退職届と退職願の退職理由の例文があればその違いが感じることができます。

退職理由の書き方と例文まとめ!履歴書や退職届・退職願の書き方

目次

  1. 退職願について考えてみましょう
  2. 退職届について考えてみましょう
  3. 履歴書について考えてみましょう
  4. 退職理由は本当のことをかかなければならないのでしょうか
  5. 履歴書の退職理由は転職先の志望動機になりますので注意をすることが大事です。
  6. ポジティブな退職理由があれば、次の転職に向けてスキルアップができます。

退職願について考えてみましょう

退職願のことについてかんがえてみましょう

退職の意志を伝えるために、会社のほうに提出する書類のことです。途中で気が変わって、退職を辞めようと思った時には、途中で撤回することができます。

退職願の退職理由と例文と書き方について考えてみましょう

退職理由は、いろいろとあります。当てはまる書き方は、「一身上の都合」となっています。退職願の書き方のルールというのはどんなものでしょうか。一般的には、退職理由を書き、退職する予定の日時を書きます。次には、提出日と部署と指名を書き込んでから捺印をします。書き出しは自分の氏名よりも高い位置から会社の正式な名称と社長の氏名を記入します。  

退職願に退職理由を書きたくない時の書き方として一般的な例文が「一身上の都合」という書き方があります。それぞれの事情で詳しく書きたくない時や、会社側にも詳しく事情を報告の義務などもありません。そして会社の方も詳しく聞き出す権利もありません。  

退職届について考えてみましょう

退職届はどんなものでしょうか

退職の日時が決まり、退職を届け出る書類です。気が変わって撤回することもできません。この書類は定年退職や、会社が倒産や会社の事業の縮小なども退職届を会社の方に提出します。

退職届の退職理由の例文というのはどんなものでしょうか

退職届はどんな理由でも詳しく書かないで、一般的な例文というのがあります。それは「一身上の都合」だけで十分です。その他にも理由は様々ですが会社側には詳しく聞き出す権利もありません。そして、それを報告する義務もありません。

退職届の書き方のルールとはどんなものでしょうか

会社に退職届の用紙があれば、それを記入すればいいのですが、便せんに黒ボールペンで退職理由と自分の氏名と捺印を押して、会社の正式の名前と社長の名前、退職予定の日時を記入します。封筒の表には退職届と書いておき、裏には自分の所属部署と氏名を書きます。 

退職理由は詳しく書く必要はありません。ただ「一身上の都合」という例文となります。

履歴書について考えてみましょう

履歴書は、就職や転職するときに自分の資格や職歴の内容などの個人の資質を転職先に提出する書類です。 

履歴書の退職理由と例文と書き方を考えてみましょう

履歴書の中の職歴欄や退職理由について書く欄は、キャリアやスキルを知るための資料になりますので、一般的に「一身上の都合」で十分です。普通の退職理由の書き方は、一般的な例文は、「一身上の都合で」というのが妥当とされています。

履歴書に退職理由「一身上の都合」以外の例文と書き方はどんなのがあるのでしょうか

派遣社員や契約社員のような契約期間があります。契約満了日に退職した場合の履歴書での退職理由を書くときには、一身上の都合ではなく「契約期間満了に退職」という例文を書きます。

会社での事情で退職をしなければならない時の書き方は、一身上の都合ではなく、「会社の都合」と書きます。これは定年退職の前に事業者の縮小や、倒産など働いていた事業所の閉鎖などで退職をしなければならない時には、一身上の都合ではなく、会社の都合となります。

履歴書に書く退職理由の書き方の例文にはすべてポジティブに書くことが大事です。

履歴書の退職理由の欄が詳しく書かなければならないときがあります。その内容が、会社の人間関係に悩んでも新しい仕事のためのスキルアップを目指していることをアピールすることが大事です。

退職理由は本当のことをかかなければならないのでしょうか

退職理由はどの欄に書くのがいいのでしょうか

履歴書の退職理由を偽った時は、経歴詐称にあたります。たいていの退職理由の書き方は、職歴欄に書きますが、別の欄に退職理由の欄がある時には、その欄内に記入します。

履歴書に退職理由欄がついている時の書き方の例文とは何でしょうか

退職理由欄には、少し前に働いていた会社の退職理由を記入をします。もちろん分かりやすく簡潔に書くことが大事です。それは短期間で仕事を転々としている時の場合は、例文としても退職した年と理由を簡単に書いて、スキルアップの熱意をアピールするように書きます。

履歴書の退職理由は転職先の志望動機になりますので注意をすることが大事です。

転職の採用担当は職歴のスキルとキャリアを重視をしています。

採用担当者が、納得できる退職理由を分かりやすく簡潔に書くことが重要です。退職理由は採用者は特に重視をしています。履歴書で退職理由を書くのは、実は次の転職先での志望動機とつながるので、採用側はなぜ退職したのか理由がはっきり分かります。

それは短期間で仕事を転々としている時の場合の例文は退職した年と理由を簡単に書いて、スキルアップの熱意をアピールするように書きます。

ポジティブな退職理由があれば、次の転職に向けてスキルアップができます。

転職をするのは、今までの会社での仕事のスキルをアップするためにも、ポジティブに退職理由を書くことが大事です。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-06-05 時点

新着一覧