沖田浩之は謎の自殺を遂げた!その事実の真相・死因を徹底調査しました!

アイドル歌手で俳優だった沖田浩之さんは、1999年、36歳のとき自宅で首を吊って死亡しました。俳優として頑張っていた沖田浩之さんに一体何があったのでしょうか。今回は、沖田浩之さんの自殺の真相や詳しい死因について調べてみました。

沖田浩之は謎の自殺を遂げた!その事実の真相・死因を徹底調査しました!

目次

  1. 俳優・沖田浩之のプロフィール
  2. アイドル・沖田浩之の軌跡
  3. 俳優・沖田浩之の軌跡
  4. 衝撃的な事件!沖田浩之・突然の悲報
  5. 衝撃的な事件!沖田浩之の家族も自殺していた
  6. 沖田浩之の遺された家族
  7. 当初の見解
  8. 沖田浩之と山本陽子の熱愛発覚
  9. 俳優業に絶望?
  10. 自殺の性格遺伝子?
  11. 沖田浩之の自殺の真相
  12. 武田鉄矢「最後の贈る言葉」
  13. 止められなかった自殺の連鎖

俳優・沖田浩之のプロフィール

本名:置鮎広之(おきあいひろゆき) 生年月日:1963年1月7日 没年月日:1999年3月27日 出生地:神奈川県川崎市 職業:アイドル、俳優

俳優・沖田浩之は「竹の子族」だった

沖田浩之は、芸能界入りする前は「竹の子族」として活動していました。ケンカとナンパに明け暮れていたこの時代、沖田浩之は竹の子族のアイドルでした。竹の子族とは、1980年代前半、原宿の歩行者天国で派手な衣装に身を包んだ若者たちがラジカセから大音量の音楽を流し、踊っていた集団のことです。最盛期の頃には原宿だけでなく、吉祥寺や名古屋の栄などでも竹の子族は出現しました。

沖田浩之は、原宿で踊っていたところをスカウトされ、1980年、芸能界に入りました。

アイドル・沖田浩之の軌跡

『3年B組金八先生』でいきなりブレイク

1980年、沖田浩之はテレビドラマ『3年B組金八先生』第2シリーズに松浦悟役で出演し、一躍その名を全国に知らしめました。

このシリーズが放映された1980年代前半は、中学生の校内暴力や非行などの暴力事件が深刻な時代で、ドラマでもそういった暴力事件が背景になっていました。「腐ったミカンの方程式」という言葉は話題になりましたよね。

『E気持ち』で歌手デビュー

1981年、沖田浩之は『E気持ち』で歌手デビューしました。オリコンチャートでは最高8位となるヒットとなります。その後、沖田浩之はシングル13枚、アルバム4枚をリリースしました。

青山学院大学に入学

デビューした年、沖田浩之は青山学院大学に入学します。経済学部に入学しましたが、卒業を前に退学してしまいました。

歌手活動最後のコンサート開催

1984年7月、沖田浩之は歌手活動最後のコンサートを開催します。その年の秋、横浜でのイベントを最後に歌手活動を終了。俳優として本格的に歩き始めました。

俳優・沖田浩之の軌跡

俳優として本格始動

俳優の道を歩むため、沖田浩之は個人事務所ヒロ企画を設立します。その後、津川雅彦が代表を務めるグランパパプロダクションに移籍し、やりたかった俳優人生を確実に歩んでいきます。『遠山の金さん』『暴れん坊将軍』『水戸黄門』『大岡越前』などのテレビの人気時代劇にも多数出演しました。

熱演した『サラリーマン金太郎』

1999年放映の『サラリーマン金太郎』では、沖田浩之は企業乗っ取りを図る悪役・富岡修平役を熱演しました。その直後・・・・・・

衝撃的な事件!沖田浩之・突然の悲報

1999年3月27日、沖田浩之は自宅で首吊り自殺を図り、死亡してしまいます。『サラリーマン金太郎』第1期終了からわずか6日後の出来事で、あまりにも衝撃的すぎる事件でした。

衝撃的な事件!沖田浩之の家族も自殺していた

自殺した沖田浩之の祖父の死因

沖田浩之の祖父は弁護士でした。担当事件がらみで正当化を主張するために自殺してしまったのです。死因は縊死。首吊り自殺でした。

自殺した沖田浩之の父の死因

沖田浩之の父は不動産やゴルフ会員権などを扱う会社の社長さんでしたが、のちに沖田浩之の兄に経営を任せると、兄の乱脈ぶりとバブルの崩壊が重なり、多額の借金を背負ってしまいました。1996年9月、父は「自分の生命保険で借金を返して欲しい」と自殺してしまったのです。死因は縊死。やはり首を吊って死亡しました。

沖田浩之の母の死因は病死

沖田浩之の父が自殺した翌年の1997年12月、今度は沖田浩之の母がガンで死亡しました。のちのインタビューで、沖田浩之は、父が死亡したときよりショックだったと語っていました。

自殺した沖田浩之の兄の死因

両親の保険金で会社の借金は返済されるはずでしたが、なんと沖田浩之の兄はその保険金を会社には入れず、自分で使ってしまったのです。兄は裏社会との関係がウワサになったり、ヤミ金に手を出していたとの情報も飛び交いました。

保険金のことで沖田浩之は兄と言い争いになり、兄は「俺が死亡したら保険金が入る。俺が死ねばいいんだろう!」と反発。このとき沖田浩之は、兄にだけは自殺してほしくないと強く思ったそうです。ですがその翌年、兄ではなく沖田浩之自身が首を吊って死亡してしまいました。そして沖田浩之が死亡して3年後の2002年4月、兄も自殺してしまいました。死因は縊死。やはり首吊り自殺でした。

沖田浩之の遺された家族

沖田浩之は1995年に一般女性と結婚しています。奥さんとの間には二人のお子さんがいます。なぜ奥さんと幼いお子さんを残して逝ってしまったのでしょうか。

当初の見解

沖田浩之の死亡に事件性はなく、当時、自殺の動機は「女性問題」や「仕事の激減」が理由だと言われていましたが、真相は分かっていませんでした。

沖田浩之と山本陽子の熱愛発覚

沖田浩之と山本陽子は、1982年、テレビドラマ「愛を裁けますか」での共演で出会いました。山本陽子のマンションに沖田浩之が出入りしているところを何度か週刊誌に目撃されています。その当時、沖田浩之が22歳、山本陽子が42歳。20歳差の交際が話題になりました。沖田浩之は山本陽子のマンションに行ったことをあっさりと認め、山本陽子も記者の質問に、沖田浩之がマンションに来ることを認めました。

山本陽子のプロフィール

山本陽子は1942年3月17日生まれの女優さんです。1963年に第7期日活ニューフェイスとして芸能界入りしました。山本陽子が芸能界入りした1963年は、くしくも沖田浩之が生まれた年なんですね。

しかし沖田浩之と山本陽子が付き合っていたのは、沖田浩之が自殺する10年以上も前のことなので、恐らく、自殺の原因とは無関係なのでしょう。

俳優業に絶望?

歌手を辞め、役者として独立した頃から、沖田浩之は芸能界の裏人脈から嫌がらせを受けるようになりました。それを苦にしていたというウワサもあります。また、一部報道によると、沖田浩之は亡くなる前に仕事の悩みを尊敬する俳優・津川雅彦に打ち明けています。そのとき津川雅彦から「甘えるな!」と突き放され、失望感から自殺してしまったというウワサも流れました。

ですが津川雅彦は沖田浩之の葬儀のとき「顔を洗って出直して来い!そう言ってやりたい」と涙ながらに語っていました。沖田浩之のことを後継者として買っていたからこそ、厳しく接していたんですね。沖田浩之はその深い愛情に気付けなかったのでしょうか。

自殺の性格遺伝子?

また、沖田浩之の祖父、父、のちに兄と3世代で4人もの自殺者を出してしまった家系から、沖田浩之の自殺の原因は遺伝ではないかとも言われました。遺伝による自殺は、科学的、医学的にも証明されているんだそうです。沖田浩之は自殺を簡単に考えてしまう遺伝子の持ち主だったのかも知れません。

沖田浩之の自殺の真相

沖田浩之の叔父の告白

1999年3月、沖田浩之は首つり自殺しているところを家族に発見されました。当時、自殺の真相は明らかにされていませんでしたが、沖田浩之の死から17年が経った昨年(2016年)、ついに沖田浩之の叔父が事件の真相を明かしたのです。

原因は金銭トラブル

事件直後、沖田浩之がお金に困っていたのではないかというウワサもありましたが、それについては沖田浩之の兄が頑なに否定していました。しかし、沖田浩之の叔父によると、彼の自殺の原因はやはり金銭トラブルだったのです。

「お兄さんは集まった記者を前に、“父の事業を引き継いだのは私です。借金を含めて遺産を相続したのは私個人であって、弟は一切、関係していません”“弟は実家の土地と建物を相続したに過ぎない。借金で首を吊ったのではないことは、あいつの名誉のためにもハッキリ言わせてもらいます”と断言した。棺を前にした堂々とした物言いに、疑いの目を向けていた記者たちも反論できなかったのです」

記者には頑なに金銭トラブルを否定していた兄でしたが、実は沖田浩之の葬儀の夜、兄は親族に弟の自殺の真相を打ち明けていました。沖田浩之は兄の借金の連帯保証人になっていたのです。沖田浩之にとっての災難は、沖田浩之が亡くなる3年前、父が自殺したときには既に始まっていたんだと思います。

経営を退き、兄に会社を任せていた父は、兄のかさむ借金を心配し、「俺の保険金で借金を返済しろ」と言い残して自殺しました。だけど兄は保険金を借金に当てることなく、バブルの崩壊という大きなうねりの中で、弟の沖田浩之に連帯保証人の判子を押させてしまったのでしょう。

兄が借金の返済不能に陥り、督促が沖田浩之のところへも来るようになりました。そのため、「歌はやらない」と決意していた沖田浩之ですが、アニメソングの仕事を引き受けたのでは、と推測できます。それでも借金はどうにもならなかったんですね。沖田浩之は自ら死を選んでしまいました。そして沖田浩之の兄も弟を追うように、自死を選んでしまったのです。

武田鉄矢「最後の贈る言葉」

2011年に放映されたスペシャルドラマ「金八先生ファイナル」で武田鉄矢が言った「今日、何か事情があってどうしてもこの場に来れなかった卒業生たちにも、大きな声で感謝しなければならない」という言葉の中には、恐らく、沖田浩之に対する気持ちが含まれていたのでしょう。

止められなかった自殺の連鎖

いかがでしたか?竹の子族から飛び出したスーパーアイドル沖田浩之。順風満帆に見えた芸能生活でしたが、こんなにも壮絶な現実があったんですね。このタイミングで叔父さんが事実を公表したのは、親族の中で何か一区切りあったのかも知れません。沖田浩之が亡くなってもうすぐ18年。ご冥福をお祈りいたします。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-15 時点

新着一覧