結婚式招待状の返信の書き方から気を付けたいマナーまでまとめ!

結婚式の招待状の返信には、書き方のマナーや返信の仕方があります。招待状が届いたからといって、ただ丸をつけて返信すればいいものではありません。そこで、結婚式の招待状の返信・そして宛名やメッセージの書き方をまとめてご紹介します。

結婚式招待状の返信の書き方から気を付けたいマナーまでまとめ!

目次

  1. 結婚式の招待状の返信。その書き方で大丈夫?
  2. 結婚式の招待状の返信の表面・裏面の書き方
  3. 出席してくれるの?欠席なの?結婚式の招待状に返信する時マナー
  4. 結婚式に夫婦・家族で招待された時の書き方のマナー
  5. これはNG!結婚式の招待状の返信、書き方で避けたいこと
  6. 結婚式の招待状が届いたら、「おめでとう」の気持ちを込めた返信を出そう

結婚式の招待状の返信。その書き方で大丈夫?

友人や親族から結婚式の招待状が届いたとき、あなたはどのように返信していますか?結婚式の招待状に、ただ「ご出席」「ご欠席」に〇をつけて返信をしていませんか。知っているようで意外と知らない方も多い、結婚式の招待状の返信マナーやその書き方。知らなくて恥ずかしい思いをしてしまう前に、しっかりと結婚式の招待状の返信の仕方のマナーや書き方について学んでおきましょう!

結婚式の招待状の返信の表面・裏面の書き方

結婚式の招待状の返信を送る時には、宛先は「行」のままはNG!

結婚式の招待状の表面を見ると、返信する相手、つまり招待状の差出人の宛先は「〇〇〇行」となっていると思います。その「行」の部分を二重線で消しましょう。そして、消したすぐ横もしくは下に「様」と書き加えます。

結婚式の招待状のおもて面の「様」には「寿」を重ねる書き方も!

「行」の部分の上から「寿」という文字を書き加え、そのすぐ下に「様」を書くという書き方も。せっかく結婚式の招待状をいただいたのですから、「寿」という文字を使って祝福の気持ちを伝え、ただ返信をするのではなく華やかさを添えましょう。

また、結婚式の招待状のおもて面の宛先の「行」に「寿」をかぶせるだけではなく、裏面の「御出席」などの「御」を「寿」で消すという書き方もあります。

結婚式の招待状の裏面の書き方。敬語にあたる「御」「御芳」は消すこと

つづいて裏面です。まずは出席する場合ですが、結婚式の招待状の裏面の「御出席」「御芳名」「御住所」と記載があるうちの「御」「御芳」を二重線で消しましょう。ちなみに、「御芳名」の「御」だけを消してしまうという間違いが起こりやすいので気を付けましょう!

そして「出席」を〇で囲みます。この時、ただ〇をつけるだけではなく文字の前に「慶んで」、そして後ろに「させていただきます」をつけると、より丁寧な印象になります。

せっかく結婚式の招待状をもらっても欠席する場合もあるかと思います。結婚式に欠席する場合も、出席する場合と同様「御欠席」「御芳名」「御住所」の「御」「御芳」と「御出席」を二重線で消します。この時もただ「欠席」に〇をつけるのではなく、結婚式に欠席する理由を添えておきます。

例えば、結婚式の招待状をもらったにもかかわらず、当日に他にどうしてもはずせない用事がある場合には「当日はあいにく都合がつかず、出席することができません」という書き方をすると良いでしょう。

出席してくれるの?欠席なの?結婚式の招待状に返信する時マナー

結婚式の招待状をもらったら、やはりなるべく早く返信を送ったほうが良いでしょう。新郎・新婦側としては、参列してくれる人数を把握しておき、その準備などをしないといけないからです。

出席する場合は、結婚式の招待状が届いてから数日以内に返信をする方が良いですが、欠席をする場合に限っては届いてすぐに返信をするのはNG。届いてすぐ「その日は予定が…」と分かっている場合でも、少し日にちを置いて返信するのがマナーです。何故なら、最初から結婚式には行くつもりがなかった。と捉えられることもあり、相手に対して失礼にあたるから。

欠席をする予定がある場合は、いきなり結婚式の招待状の「欠席」に〇をして返信するのではなく、まず相手方に電話などで連絡をし、出席できないかもしれないという旨を伝えておきましょう。その際にはお祝いの言葉を伝えることをお忘れなく。

また、欠席するからといって、結婚式の招待状の返信が遅くなりすぎると新郎や新婦側も困ってしまいますよね。欠席の返信を出す目安としては、招待状が届いた約1週間を目安に送ると良いでしょう。

結婚式に夫婦・家族で招待された時の書き方のマナー

結婚式の招待状が、夫婦宛てに届くこともあるかと思います。お二人で出席する場合には、上でご紹介したように返信を送りましょう。ただ、どちらかが欠席する場合には、少し書き方が変わってきます。

ご夫婦のどちらかが結婚式に出席、どちらかが欠席する場合には「御出席」の「御」を二重線で消し、〇で囲みます。そして、氏名を書く欄に出席をする方の名前だけを書いておきましょう。

ただ、それだけでは相手側に伝わりにくいので、出席者が1名であること、欠席する方の理由などを簡単に添えておきます。

これはNG!結婚式の招待状の返信、書き方で避けたいこと

NG例1:グレーのボールペンを使って結婚式の招待状の返信、メッセージを書く

結婚式の招待状の返信を書く時の筆記用具は毛筆や万年筆というのが一般的な書き方です。しかし、毛筆に慣れていない場合などは黒いボールペンを使ってもOK。気を付けたいのは「グレー」のペンを使うこと。

「グレー」は不祝儀で使う色なので、絶対に避けましょう。

NG例2:結婚式の招待状をもらっても返信せず、電話やメールで出席・欠席を伝える

招待状が届いた時に電話やメールで連絡をし、お祝いの言葉を述べることはOKですが、電話やメールで正式に「出席」「欠席」の意思を伝えることで招待状の返信に替えることは避けましょう。

NG例3:結婚式の招待状の返信に書くメッセージに句読点を打つ

絶対にNG!というわけではありませんが、覚えておいた方が良いのが招待状の返信に句読点を使わないことです。「終止符を打たない」という意味で使わないんだそうなので、メッセージを書く際には気をつけましょう。

NG例4:結婚式の招待状の返信に「喪中のため欠席」と記すこと

身内や親戚が逝去し、喪中期間に結婚式という人生最大ともいえるお祝いごとを控えている新郎・新婦から結婚式の招待状が届いたとしましょう。その場合は結婚式の招待状に「欠席」と返信することになりますが、その理由をはっきりと「喪中のため」や「身内が逝去したため」などと記すのはNG。はっきりと書かず、「やむをえない事情があり」という書き方をしましょう。

結婚式の招待状が届いたら、「おめでとう」の気持ちを込めた返信を出そう

結婚式の招待状の返信にはマナーを守った書き方をするのはもちろんのこと、「お祝い」の気持ちを伝えることもとても大事です。ただ〇をつけて返信するのではなく、少し工夫することで文面に華やかな雰囲気を演出することもできます。結婚式当日を楽しみにしている、という旨をしっかり伝えるような書き方をするとなお良いでしょう。書き方のマナーを守りつつ、相手が嬉しくなるような返信を送りましょう。

招待状関連記事

Thumb結婚式の招待状を送る時期はいつが最適?招待状発送のマナー!
Thumb招待状の返信は簡単なイラストでアート風に!新婦を喜ばせちゃおう♪
Thumb結婚式の招待状!返信メッセージで喜ばれるには?例文ご紹介!
Thumb結婚式の招待状の返信マナー!アレルギーがある場合・ない場合の書き方!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-24 時点

新着一覧