加藤和彦、自殺の真相とは?遺書の全文画像!うつ病に多額の借金も

加藤和彦といえば、日本の作曲家で、様々な名曲を生み出して来ました。とくに「あの愛をもう一度」は自身最大のヒット曲とも言えるでしょう。そんな加藤和彦でしたが、うつ病で自殺されてしまいました。どうして自殺に至ってしまったのか、理由を探っていきましょう。

加藤和彦、自殺の真相とは?遺書の全文画像!うつ病に多額の借金も

目次

  1. 加藤和彦プロフィール
  2. 加藤和彦は歌手であり、音楽プロデューサー
  3. うつ病に取り憑かれた加藤和彦
  4. 加藤和彦が自殺した
  5. まとめ:音楽会への失望が自殺を駆り立てた?

加藤和彦プロフィール

名前   加藤 和彦 生年月日 1947年3月21日 没年 2009年10月16日 血液型  A型 天才作曲家として数々の楽曲を提供し、様々な歌手と共同制作をしていましたが、2009年に突如として自殺されてしまいました。

加藤和彦は歌手であり、音楽プロデューサー

加藤和彦は1960年代国はんから1970年代中盤にかけて日本の音楽シーンを斬新なアイディアでリードしてきました。

作曲の才能のある加藤和彦

とくに目を引くのが、作曲の才能です。とくに80年代まではかなり多くの学協を歌手に提供しており、独特なリズムの作り方で話題になっていました。90年代には懐メロ系をプロデュースなどをしていましたが、あまり目立った仕事はなさっていなかったようです。

音楽よりもコックを目指していた時期もあった

若い頃から音楽で食べていましたが、実はコックを目指していたこともあります。プライドが高くて追求する性格は、コックになっていても成功していたでしょうね。

合唱曲で知られているこの曲も作曲した

楽曲提供も多い加藤和彦

うつ病に取り憑かれた加藤和彦

1990年代から2000年に突入すると、加藤和彦は度々気分が落ち込むようになってしまいました。なぜそこまで落ち込むようになって行ったんでしょう?

うつ病とおもに多額の借金もあった

加藤和彦はうつ病を発症してしまい、さらには借金問題で頭を抱えることになりました。今となっては借金の額がどれほどあったのか知ることはできませんが、自宅マンションを手放したり、規模の小さいイベントへ積極的にしゅつえんするようになっていたので、まわりは「金に困っているのか」と思っていたそうです。

加藤和彦が自殺した

そのうち2009年10月17日に加藤和彦は、軽井沢のホテルで首吊り死体となって発見されてしまいました。

結婚履歴が3回あり、福井ミカと結婚

一度目の結婚は福井ミカで、元々は加藤和彦の大ファンで楽屋に押しかけてきたそうです。そうこうしているうちに二人は結婚しました。離婚になった理由は調べても出てきません。

奥さんは先立たれていた

二度目に結婚したのは安井かずみという女性です。この女性とは死別されてしまい、17年の結婚生活にピリオドを打たれてしまいました。2012年に両人ともに亡くなってしまったということで、NHKで加藤和彦と安井かずみの単発スペシャルドラマが制作放送されました。

オペラ歌手の中丸三千絵

1995年に加藤和彦と中丸三千絵と再々婚しました。前の妻から1年程度で結婚してしまう加藤和彦はすごいですね。音楽プロでシューサーもしていたから女性がよってくるんでしょうか?17年も連れ添った妻が亡くなっているんだからもう少し喪に服しても良かったと思うのですが。結局2000年に離婚してしまいました。

葬儀場で配られた遺書と言えるもの

加藤和彦は遺書を残していました。この遺書全文ですが、要約すると、自分は音楽界にとって必要ないと思い込んでしまったようです。きっとうつで気分が下がってしまった時にパソコンで遺書を全文書いたのでしょうね。元々派手な生活をするのが好きだった加藤和彦。生活水準を下げられずに支出ばかりが増えて収入以上の生活をしてしまったのでしょう。遺書の全文からはうかがい知ることはできませんが、加藤和彦が感性豊かだったからこそ感じ取る部分が多かったのでしょうね。

大勢の人間に見守られる加藤和彦

生前葬式はしなくてもいいといっていた加藤和彦。しかし何かしらの形をとらなければということで、簡単な焼香台や簡素に花が飾られているくらいで、以前作曲した加藤和彦の曲が一曲もかかることなく終わったそうです。音楽会から様々な人たちが弔問されていました。

自殺の原因は音楽への失望

自殺の原因は大きく分けて二つあると思います。一つは上記で書きましたが、借金の問題。そして音楽界への失望にあるのではないでしょうか。とくに加藤和宏は60~70年代を一番盛り上げてきた人です。自分のやり方では音楽が盛り上がらないからこそ失望してしまったのでしょう。

まとめ:音楽会への失望が自殺を駆り立てた?

いかがでしたでしょうか?加藤和彦は繊細すぎてうつになってしまったのかもしれません。遺書の全文からもわかる通り、音楽はもう必要とされていないという言葉はミュージシャンだとずきっと心に刺さる言葉ですよね。加藤和彦が安らかに眠れるように祈っています。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-22 時点

新着一覧