浜崎あゆみの歌詞は深すぎる!現在の話題や画像などをまとめました。

深い歌詞とキュートな外見で人々を魅了していた浜崎あゆみ。現在では、ネット上でネガティブな話題しか聞かなくなってしまいました。そんな浜崎あゆみの深い歌詞を画像と一緒に一挙公開します!彼女の歴史やライブ画像、現在の画像にも注目してみてくださいね!

浜崎あゆみの歌詞は深すぎる!現在の話題や画像などをまとめました。

目次

  1. 歌詞が深い!歌手浜崎あゆみを検証☆現在の画像や話題も!まとめ
  2. 歌詞が深い☆歌手・浜崎あゆみプロフィールと画像☆
  3. 歌手になる前の浜崎あゆみの画像!活動や芸名も!現在の歌詞に影響が?
  4. 浜崎あゆみが歌手デビューする事になったきっかけやデビュー当時の画像
  5. 現在とは少し違う?浜崎あゆみの初期楽曲ジャケット画像と深い歌詞を紹介☆
  6. 徐々に注目をされる歌手浜崎あゆみの画像と歌詞とカリスマ性
  7. 大人も共感☆神歌『SEASONS』の歌詞とPV画像が深い!
  8. 見た目はギャル☆深い歌詞とスタイルがミスマッチな浜崎あゆみ
  9. 歌詞が評価され浜崎あゆみが世紀の歌姫に君臨☆その活躍が桁違い!
  10. 浜崎あゆみの歌詞は全ての女子高生の代弁者だった!
  11. 歌詞にリンクする衣装と演出がすごい!浜崎あゆみのライブ☆
  12. アップテンポでも深い意味が込められている浜崎あゆみの歌詞とジャケット画像
  13. 全てを手に入れた浜崎あゆみに常に付きまとう孤独とは?歌詞に込められた想い
  14. 現在の自分を予知していた歌詞?浜崎あゆみの楽曲とジャケット画像
  15. 歌詞から見る!浜崎あゆみがあれだけ支持された理由
  16. 私たちが「共感」できなくなった理由”なぜ浜崎あゆみは失速したのか?”話題と画像
  17. ライブがガラガラ?浜崎あゆみ公式LINEが痛々しい!画像も!
  18. なぜ浜崎あゆみは現在も走り続けるのか?
  19. 今、何を歌う?現在の浜崎あゆみの歌詞
  20. まとめ:浜崎あゆみの歌詞と現在の話題や画像

歌詞が深い!歌手浜崎あゆみを検証☆現在の画像や話題も!まとめ

かつて、日本の歌姫に君臨し、すべての女子高生の憧れであった、歌手の浜崎あゆみさん。その人気はすさまじく、所属事務所のエイベックスをここまで大きくしたのも、浜崎あゆみさん1人のおかげと言っても過言ではありません。現在では、離婚や不倫、外見の衰えなどマイナスなイメージのニュースばかりで、ファン離れも懸念されています。

最近では、テレビで見ることもほとんど無くなりましたが、浜崎あゆみさんと言えば、その深い歌詞が有名ですよね!人気絶頂期から現在までの楽曲の心に刺さる深い歌詞を紹介していきたいと思います。そして、現在の話題や活躍についても調べてみました!

歌詞が深い☆歌手・浜崎あゆみプロフィールと画像☆

本名:濱﨑 歩
芸名:浜﨑あゆみ
別名:ayumi hamasaki、ayu(あゆ)、CREA
生年月日:1978年10月2日
年齢:38歳
出身地:福岡県福岡市早良区
学歴:堀越高等学校中退
デビュー:1993年から1997年(モデル・女優)、1998年から(歌手)
レーベル:avex trax 所属事務所:エイベックス・マネジメント

別名については、使い方があり、「ayu(あゆ)」は浜崎あゆみ自身の1人称であり、愛称。「CREA」は作曲した時に使われるペンネームで、浜崎あゆみさんが買っている愛犬の名前からとったものです。「ayumi hamasaki」は公式の英語表記で歌詞のクレジットとして使われています。

歌手になる前の浜崎あゆみの画像!活動や芸名も!現在の歌詞に影響が?

浜崎あゆみさんといえば歌手ですが、歌手になる前から芸能界で仕事をしていたと言う事を知らない人は多いと思います。今では考えられない仕事をしていたので画像と一緒にまとめてみました!

現在の職業『歌手・浜崎あゆみ』になる前のキッズモデル時代画像

11歳の頃に地元の福岡でスカウトされ、デビューした浜崎あゆみさんの画像です。当時はまだ小学生で、「浜崎くるみ」の芸名でキッズモデルとして活動していたようです。

タレント養成所の広告には、俳優・加藤晴彦とともにこの頃の写真が掲載されていました。

現在の職業『歌手・浜崎あゆみ』になる前の女優時代の画像

テレビ朝日系テレビドラマ『ツインズ教師』でドラマ初出演し、女優としてデビューしました。芸名を「浜﨑あゆみ」に改名し、「渚のシンドバッド」「未成年」や「闇のパープル・アイ」などの映画やドラマに出演していました。

現在の職業『歌手・浜崎あゆみ』になる前のアイドル時代の画像

女優のお仕事もやっている傍ら、グラビアアイドルとしても活躍していました。後、歌手としての浜崎あゆみさんに、あまりにもカリスマ性があったため、こういった下積み時代があったとは驚きです!グラビア画像です!

浜崎あゆみが歌手デビューする事になったきっかけやデビュー当時の画像

そんな地道に女優やモデルのお仕事をしていた浜崎あゆみさんが歌手デビューすることになりましたが、デビューしたきっかけや秘話、デビュー当時の画像と一緒にご紹介します。

歌手デビューは現在の事務所エイベックスじゃなかった!!

実は、エイベックスで歌手デビューしたと思われがちの浜崎あゆみさんですが、その前に前事務所のサンミュージックから”AYUMI"名義でアルバム「NOTHING FROM NOTHING」をリリースしています。なんかハードなジャケット画像ですね!

その後、まさかあれだけの歌手になるとはだけも思いませんよね!?一切売れていない頃の”AYUMI"名義のCDは、出荷枚数も少なかったため、今でも入手困難の激レア商品で、手に入らないといいます。

現在の事務所エイベックスに移るきっかけとなったエピソードと画像

その後、前事務所のサンミュージックの契約が切れ、現在の事務所エイベックスの松浦勝人氏と出会います。天使のように幼い浜崎あゆみさんの画像です。

エイベックス松岡勝人画像

知り合いに連れられて行ったカラオケで初めて松浦勝人氏と会い、その時は歌はうまくなかったのですが、そのスター性に惹かれたと言います。

松浦勝人氏に見初められた浜崎あゆみさんは、エイベックスに移り、歌手1本でやっていこうと決断したと言います。その後、ボイストレーニングのため、ニューヨークへ渡り、本格的に歌手デビューへの準備が始まりました。

現在とは少し違う?浜崎あゆみの初期楽曲ジャケット画像と深い歌詞を紹介☆

1998年4月8日に「Poker face」でデビューした浜崎あゆみさん。透き通る高温の声が初々しいミディアムナンバーです。浜崎あゆみさんは、デビュー曲から現在までのほとんどの楽曲の作詞を手掛け、その歌詞が心の奥に突き刺さる深い歌詞であることでも有名です。そんな歌手浜崎あゆみさんの初期楽曲の歌詞を画像とともにご紹介していきたいと思います。

人ってきっと言葉にならない様な 思い出だとか気持ちを抱え そうして生きていくんだね 遠回りばかりして疲れる時もあるね だけど最後にたどり着く場所って・・・ そばにいるだけでただ 心が癒されてく そんな支えにいつか なりたいと願うよ

20歳そこそこで書く歌詞でしょうか?こんな事、たくさんの経験や恋愛をして思う事であって、20歳の女の子が思う事ではないですよね!

赤い糸なんて信じてなかった 運命はつかむものだと思った はやすぎる速度で取り巻く 世界にはいつしか疲れて 愛情を救いの手も求め続けたけど

20歳の女子なんて赤い糸を信じて恋に恋しているでしょうし、なぜ彼女はこんな事にもう気付いていたのでしょうか?

ずっと飛び続けた翼がもう はばたけずに いるなら 私があたためるよ あなたのこと必要と している人はきっと 必ずひとりはいるから あなたが必要とする 人ならいつもきっと 隣で笑っているから

初期の名曲です。この曲にどれだけの人が励まされたでしょうか?心が折れそうな時、”あゆ”がいてくれる。ひとりぼっちじゃない。そばに必ず誰かがいてくれる。と思える名曲ですね。

浜崎あゆみさんが歌詞を書き歌う曲は、常にどこか陰のある曲ばかりでした。だた、心の痛みを歌うだけでなく、あきらめずにもがいている姿勢だったり、願いなどを込めた歌詞が多く、ズキズキして、少し安心して、前向きになれる曲が多いと思います。

徐々に注目をされる歌手浜崎あゆみの画像と歌詞とカリスマ性

『Depend on you』の後、1stアルバム『A Song for ××』をリリースし、オリコンチャート1位を初獲得、約150万枚を売り上げ話題になりました。声にならない想いを歌詞に乗せて歌ってくれる浜崎あゆみさんに、同世代の女子高生は強く惹きつけられていきました。

浜崎あゆみさんは、他の同世代の女性歌手のように、恋愛の曲でも「好き」だの「愛している」だとは歌いません。思い通りにならない事ばかり、自分には居場所がない、未来に期待していいのか分からないと歌いました。

表面上の感情や、胸キュンする恋心ではなく、そんな心の深い場所を突き刺してくる浜崎あゆみさんの歌詞と存在は、あの頃もう無視できない状況になっていました。

大人も共感☆神歌『SEASONS』の歌詞とPV画像が深い!

浜崎あゆみさんに詳しくない方もこの曲なら知っていると言う人も多いはずです。136万枚の大ヒットとなり話題になった『SEASONS』は浜崎あゆみさんの代表曲であり、神曲!その作詞には、同世代の女子高生たちだけでなく、大人たちも驚きました!そんなライブでも鉄板の『SEASONS』の歌詞をPVと一緒にご紹介します。

今年もひとつ季節が巡って 思い出はまた遠くなった 曖昧だった夢と現実の 境界線は濃くなった それでもいつか君に話した 夢に嘘はひとつもなかった

キレイなピアノの前奏で始まる歌いだしは、絶望です。夢を語り合った頃とは、違うものになってしまった。叶うと思っていたキラキラした夢は、多分叶わないものなのだと言う現実を身をもって知ってしまったのでしょう。

今日がとても楽しいと 明日もきっと楽しくて そんな日々が続いてく そう思っていたあの頃

中でも、この歌詞には10代20代の若者だけでなく、大人でさえ心を打たれました。あの頃は早く大人になりたかった。でも、大人になるにつれて楽しくなくなった。抱えるもの、やらなければならない事、無理なことは無理なんだと分かってしまいます。しかし、20歳そこそこの彼女がなぜそのようなことを知っているのでしょうか?

繰り返してく毎日に少し 物足りなさを感じながら 不自然な時代のせいだよと 先回りして諦めていた

そう喪服で歌う浜崎あゆみさん。どんなにお金を稼いでも、どんな名誉な賞をもらっても満たされない。何かが足りない。みんな、時代のせいだよ、って先回りして自分の中で折り合いを付けて、諦める事ってありますよね。

今日がとても悲しくて 明日もしも泣いていても そんな日々もあったねと 笑える日が来るだろう

絶望してしまう現実があるけれど、この歌詞に少し救われるんです。この悩みも”時間がたてばきっと笑い話になる”と・・・。

▽喪服で自分の遺影を持つ浜崎あゆみ画像が存在?

同時期に発売された『vogue』『Far away』『seasons』は”浜崎あゆみの”絶望3部作”とも言われ、喪服で自分の遺影をもって歌う浜崎あゆみさんが印象的です。人気絶頂期ですべてを手に入れた浜崎あゆみが、何かを葬りたいと引退を考えたとも言われています。

デビューしてたった2年でここまで上り詰め、取り巻く環境が全て変わり、浜崎あゆみさん自身もめぐるましい大人社会に揉まれ、普通の人の2年が浜崎あゆみさんとっては10年も20年も一気に経験したのかもしれません。

幾度巡り巡りゆく 限りある季節(トキ)の中に 僕らは今生きていて そして何を見つけるだろう —

しかし、最後にこう歌っています。与えられた時間(命)ある限り、生きていくこと。そして、何を手に入れることが出来るだろうかと。今ある現実が絶望的でも、いつか報われる日が来るという願いと、どんな大人になるのだろうという期待が込められていますね。

見た目はギャル☆深い歌詞とスタイルがミスマッチな浜崎あゆみ

▽白あゆ、黒あゆ画像

白あゆ、黒あゆのCDジャケット画像など、斬新な戦略をしたり何かと話題になっていた浜崎あゆみさん。外見は、ギャル。そのスタイルを同世代の女子達はこぞって真似をし、たくさんの流行りを作り出してきました。しかし、歌詞では常にどこか闇を抱えていて、あまりにもリアルでした。そのアンバランスさから目が離せなくなっていたのです。

ヒョウ柄を流行らせたのは浜崎あゆみさんです。ヒョウ柄の携帯電話が話題になりましたね!このCMで使われた曲は『Far away』で外見と歌詞のアンバランスが逆にマッチしていました。

動物のしっぽのキーホルダーを腰に付けたスタイルが流行しました。

冬の季節にクリスマスの歌詞が出てくる歌詞を歌っていますが、浜崎あゆみさんがしていたスタイルは無条件に流行したのです。

歌詞が評価され浜崎あゆみが世紀の歌姫に君臨☆その活躍が桁違い!

派手な見た目に、深い歌詞で日本中の若者を虜にした浜崎あゆみさんですが、その活躍ぶりは、たった一人で所属レコード会社エイベックス社の経営を揺るがす存在にまで大きくなりました。

事務所の売上高・利益の4割を稼ぎ出し、同年秋にアルバムの発売延期の情報が流れただけで株価が下落するなど、同社の経営状態を左右するほど看板歌手としての浜崎あゆみさんの存在感は高まりました。

次第に事務所も浜崎あゆみさん頼りになり、その経営体質の弱点を揶揄する「あゆ依存」という言葉も生まれました。

”浜崎あゆみ”というアーティストが巨大化し、もてはやされ、数々の賞も毎年総ナメ状態、CMはあゆだらけ、世の中は浜崎あゆみ一色になる中、当事者の浜崎あゆみさんは常に冷静に自分を見つめていました。

本当に大切なもの以外 全て捨ててしまえたら いいのにね

あとどの位の勇気が持てたら私は 大事なものだけを 胸を張って大事と言えるだろう

時代の流れが速すぎて、見失いそうになるけど、大事なものは常に浜崎あゆみさんの中にあったのでしょうね。ただ、それだけを大事にする事は、周りや世の中が許さなかったのです。

浜崎あゆみの歌詞は全ての女子高生の代弁者だった!

当時は、同世代の女の子たちの”代弁者”でした。自分自身の内面の葛藤や喪失というトラウマと向き合い、そっと寄り添ってくれる歌詞に強く惹かれていました。

それは、決めつけでもなく、固定もせず否定もしない、曖昧な彼女たちの心情を理解した歌詞だったのです。

そんな浜崎あゆみに親しみを覚え、見た目も近づきたいと真似する女の子が増え、ギャルの教祖としても彼女たちのリーダーになったのです。

”浜崎あゆみ”は彼女たちにとって、「代弁者」であり、「憧れ」、「リーダー」であり、そして一番の「友達」だったのかもしれません。自分と”浜崎あゆみ”が繋がっているような感覚が非常に強かったのでしょうね。

歌詞にリンクする衣装と演出がすごい!浜崎あゆみのライブ☆

浜崎あゆみさんは、作曲作詞以外にも、衣装や、PV、雑誌グラビア、CDジャケットのレイアウトやライブ演出といったビジュアルアートに至るまで、すべてオールプロデュースし、本人による徹底した非常に厳しいチェックを行っています。特にライブはファンと直接触れ合える機会とあってその力の入れ具合は半端なものではありません!

ライブでの衣装も、本人のみならずダンサーの衣装まですべてデザインし、必ず、曲と歌詞が演出や衣装とリンクし、その世界観に引き込まれてしまいます。

ライブ画像の一つです。デビュー10周年ツアーライブで魅せたマリオネットの演出です。ボブのウィッグにひざ下のワンピースが本当に西洋の人形のようで、壊れてしまった操り人形のような不気味なパフォーマンスと、キュートな姿に、ただただ目を奪われるライブの演出でした。

ライブ画像その2!アジアツアーライブで魅せた檻の中で歌うパフォーマンスです。世の中に祭り上げられた”浜崎あゆみ”は自由はなく孤独・・・を表しています。

ライブ画像その3!浜崎あゆみさんのライブには必ずと言っていいほどウェディングドレスの衣装が出てきます。それらも毎回デザインが凝っていて素敵です!浜崎あゆみさんのライブはエンターテイメントとしても最高のライブですね!

アップテンポでも深い意味が込められている浜崎あゆみの歌詞とジャケット画像

浜崎あゆみさんの歌は、これまでに書いたように、痛みや喪失感、絶望感などを歌うのでバラードが多いと思われがちですが、アップテンポの楽曲もたくさんあります。

どのアーティストでもそうだと思いますが、切ない系の曲を書くアーティストでも、アップテンポの曲を書くときは、曲調に合わせて前向きな歌詞や、ノリノリになれる歌詞を付けるのが普通ですよね!

しかし、浜崎あゆみさんの歌詞は、そんなアップテンポの曲でさえ、歌詞だけは変わらず、深いものばかりでした。彼女の中にはどうしても、吐いても吐いても、吐ききれない想いが常にあったのでしょうね。

頭ではわかってるつもりでもね すれ違うどこかの誰かのこと 振り返ってながめてはうらやんだり ないものねだりをいつまで続けていくんだろう そう思えたのは君に出会えたからでしょ

ライブでダンス中の浜崎あゆみ画像!どうしても他人が羨ましくなってしまう時ってありますよね?本当はその人その人いいところがあったり、持っているものが違ったり・・・完璧な人なんていないのに、自分には足りない、満たされてないと思ってしまいます。「ないものねだりをいつまで続けていくんだろう」その言葉にハッとした方は多いはずです。

どんなに孤独が訪れようと どんな痛みを受けようと 感覚だけは閉ざしちゃいけない たとえ言葉を失くしても いくらどうでもいいなんて言ったって 道につまづけば両手付いてる守ってる そんなモノだから

絶望3部作と言われる「vogue」「Far away」「SEASONS」の次に発売された楽曲で、『SURREAL』では、恋愛の歌と解釈する方が多いですが、その絶望から立ち直り、ここで頑張っていくと言う浜崎あゆみさんの覚悟が示されえています。

どんなになげやりになっても、現実に絶望しても、つまづいたら両手ついて守っている、誰かに助けを求めてしまっているものなのだと。

全てを手に入れた浜崎あゆみに常に付きまとう孤独とは?歌詞に込められた想い

こうして日本の歌姫に君臨し、すべてを手に入れたように見えた浜崎あゆみさんですが、「なにも持っていない」それでいて「君がうらやましい」と歌っています。取り巻きは増え、どれだけの贅沢をしても湧いてくるお金があり、チヤホヤされていたはずなのに、常に”浜崎あゆみ”は孤独でした。

例えば信じるもの 何ひとつなくなったとして 例えばそこにはただ 絶望だけが残ったなら どうかこの祈りを

人を信じる事って いつか裏切られ はねつけられる事と同じと思っていたよ あの頃そんな力どこにもなかった きっと 色んなこと知り過ぎてた

一人きりで生まれて 一人きりで生きて行く きっとそんな毎日が当り前と思ってた

それは幼少の頃、父親が蒸発し、母親もそっけなくおばあちゃん子だったという生い立ちが故のトラウマだったのかもしれません。端から見ていると「なんでも持っている」はずなのに、本当の愛情をずっと求め続けていました。とてつもなく巨大がゆえの果てしない孤独と隣り合わせだったのでしょうね。

現在の自分を予知していた歌詞?浜崎あゆみの楽曲とジャケット画像

2008年にリリースしたアルバム「NEXT LEVEL」あたりを機に浜崎あゆみさんの人気も下降していきます。しかし、全盛期から、いいえ、それ以上前デビュー当時からこうなる事を浜崎あゆみさんは予測していたような歌詞が沢山あります。もうすでに人生はこうゆうものだ、流行りはこうなるものなのだと知っていたかのようです。

君を咲き誇ろう 美しく花開いた その後はただ静かに 散って行くから…

vogue

お金なんかじゃ 終わりは見えてる 栄光もたかが知れてる 解らないフリをいつまで続ける 気付いて傷つくことが怖い

花のようにはかないのなら 君の元で咲き誇るでしょう そして笑顔見届けたあと そっとひとり散って行くでしょう

「Duty」で、あゆはこう歌っていました。「確かにひとつの時代が終わるのを僕はこの目で見たよ。そして次は自分の番だなんてことも知っている本当は」驚くべきことは、このアルバムを出したのはデビューからたった2年後のことだった事と、まだ”浜崎あゆみ”の全盛期はこれからだったことです!

歌詞から見る!浜崎あゆみがあれだけ支持された理由

”浜崎あゆみ”がこれだけ支持された要因の一つとして、一番大きいものは「共感」です。声に出したってどうする事も出来ない事を”浜崎あゆみ”が歌詞にのせ歌ってくれることで、一緒なんだと「共感」できたのです。

美しすぎるものばかり 集めて並べて眺めて キレイな夢ばかり見ては 現実をただ嘆いてたの

理想って美しい。けれど、現実はそうないかない。ただそれを嘆いていても仕方がないんだって思えます。

理由なく始まりは訪れ 終わりはいつだって理由を持つ...

恋愛が始まる時はなんとなく燃え上がり、終わる時は理由があるという歌詞に、同世代の女性だけでなく、大人や著名人、芸能人をもみんなが共感しました。

私たちが「共感」できなくなった理由”なぜ浜崎あゆみは失速したのか?”話題と画像

浜崎あゆみさんが、少なくとも10年もの間”女子高生の「共感」を集める絶大なるカリスマ”として不動の地位に君臨していたことを知っている女子高生は、今どれほどいるのでしょうか。あの時代ギャルが生まれ、日本の文化であり、中心でした。その頂点が”浜崎あゆみ”だったのです。しかし、”浜崎あゆみ”本人は頂点に立つ意識はなく常に寄り添い続け、一緒に歩きもがき苦しんでいたのです。そんな浜崎あゆみさんが失速してしまった理由や話題についてご紹介していきたいと思います。

現在、失速してしまった理由①ファン公認恋人との別れ

浜崎あゆみさんがTOKIOの長瀬智也さんとお付き合いをしていたことは有名な話しですよね?2人はデビュー当時から7年もの間交際をしていてファンの間でも公認の仲でした。お似合いの2人でしたが、別れてしまいファンのショックも相当なものでした。

現在、失速してしまった理由②2度の結婚とダンサーとの不倫(画像あり)

ほどなくして、オーストラリア出身のマニュエル・シュワルツさんと結婚しました。しかし、2年で離婚して話題になりました。

その後、浜崎あゆみさん専属のバックダンサー”マロ”との交際が発覚しました。これについても、PVで恋人役を演じたり、マスコミの前にも堂々と姿を現したり、話題になっていますが、実は”マロ”は既婚者だったのです。それを知った、浜崎あゆみさんはすぐに別れマロ自身も解雇しましたが、世間のイメージは悪いものでした。

現在、失速してしまった理由③空港芸(画像あり)

アメリカの医大生と2度目の結婚をした浜崎あゆみですが、こちらの方とも離婚を発表されたばかりですね。そんな、数ある色恋沙汰すべて空港だったことと、曲も売れずそうゆうニュースしか話題にならないことから、”空港芸”と言われてしまっています。

現在、失速してしまった理由④止まないバッシングに麻痺

そして、【悲報】【爆死】のようなネガティブな空気が彼女の話題にまとわりつくようになりました。しばらくはそんなニュースも日本の歌姫の事ですから、話題になったりしていたが、あまりにも多すぎて、どうにも救いようのない悪意に麻痺してしまい、当時のファンさえ「もういっそ引退すればいいのに」と思うようになってしまいました。当時はネットに多くの画像も出回りました。

失速理由⑤かつてのファンが幸せをつかんだから

かつて思春期を一緒に歩み、”浜崎あゆみ”の歌詞に支えてもらっていた女子高生が30代になり、結婚し、子供を産み、幸せをつかんでいます。しかし、”浜崎あゆみ”はいまだ「永遠」を手に入れることが出来ずにいます。葛藤も喪失感も何も変わらず歌う”浜崎あゆみ”。変わったのは私たちなのかもしれません。

変わってしまったのは”浜崎あゆみ”自身ではなく、時代に流された自分たちだったと言うことに、果たしてどれだけの人が気付けるのでしょうか?

ライブがガラガラ?浜崎あゆみ公式LINEが痛々しい!画像も!

毎回、素晴らしいクオリティーで、ファンクラブでなきゃ獲れないとまで言われた浜崎あゆみさんのライブですが、今ではライブが空席ばかりでガラガラだと言います。

チケットは全然売れず、去年のカウントダウンライブではギリギリクリスマスを過ぎてもHPはもちろん公式LINEなどでもライブチケットが余っていると呼びかけていました。

なぜ浜崎あゆみは現在も走り続けるのか?

これだけ時代の流れに敏感で、冷静に自分を分析できる浜崎あゆみさんなので、これらのバッシングもきっと本人の耳に届いていると思います。それなのに、なぜ変わらず走り続けていくのでしょうか?それには、浜崎あゆみさんの気持ちの移り変わりがあったようなんです。

居場所がなかった 見つからなかった 未来には期待出来るのか分からずに

デビュー当時

ほんの少しでも笑ってくれるなら まだココに生きる意味もあるよね ほんの少しでも求めてくれるなら まだココに生きる事許されるかな

絶頂期

言葉は必要なかった 居場所はいつもここにあった

現在

時代がどんなでも、浜崎あゆみさんは自分の居場所をちゃんと見つけたのでしょうね!

今、何を歌う?現在の浜崎あゆみの歌詞

それは、1番最近リリースされた曲の歌詞にありました。”浜崎あゆみ”は衰退した、でも、また立上がればいいと、強い決心がそこには刻まれていました。

Yes, we are the queens 倒れたなら 強く立ち上がればいい Yes, we are the queens “壊れたならまた創り直せばいい” Yes, we are the queens ダメだったならまたやり直せばいい Yes, we are the queens “僕等だけの城を築きあげるんだ”と

まとめ:浜崎あゆみの歌詞と現在の話題や画像

あの時代、”浜崎あゆみ”に助けられ、”浜崎あゆみ”に支えられてきた同世代の女の子たちは確かに日本中に溢れていました。”浜崎あゆみ”は時代の寵児でしたね。

とはいえそもそも今の女子高生は代弁者なんて必要ではないのかもしれませんね。今の女子高生たちのカリスマは、好きだとひたすら連呼する歌姫か、何の意味も持たない歌詞を歌う原宿系の歌姫なのだから・・・。あの時代、若者にとっては、今の世の中よりももっと居場所を見つけにくく無情な世の中だったのかもしれません。だからこそ、”浜崎あゆみ”の深い歌詞に惹きつけられたのでしょうね☆

そして、”浜崎あゆみ”がずっと追いかけていた「永遠」を手に入れ、幸せになることを、きっと当時のファンは祈っているでしょう。

関連記事

Thumb【劣化画像】浜崎あゆみの現在は?整形のやり過ぎて顔崩壊で別人!?
Thumb浜崎あゆみの左耳は回復した?難聴が嘘という噂も!どんな病気?
Thumb浜崎あゆみは歌が下手に!昔の声がもう出ない!変わった声がひどい!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-10-16 時点

新着一覧