LINEのひとこととステータスメッセージの違いは?設定や履歴の保存方法を紹介

実際どうなってるの?今一度理解しておきたいLINEのひとこと機能・lLINEのステータスメッセージ機能をおさらい!ひとこととステータスメッセージの違いはもちろん、LINEのひとこと機能とステータスメッセージ機能をもっと掘り下げて設定方法、保存方法も併せてご紹介

LINEのひとこととステータスメッセージの違いは?設定や履歴の保存方法を紹介

目次

  1. はじめにLINEの「ひとこと」機能から見ていきましょう!
  2. LINE「ひとこと」機能に続いてLINE「ステータスメッセージ」機能です。
  3. LINE「ステータスメッセージ」に変わって今までのLINE「ひとこと」はどうなるの?
  4. でも新バージョンLINEでは少しものたりないかも・・・・
  5. 新バージョンLINEで「ステータスメッセージ」になりここも変わっていた!
  6. LINEステータスメッセージのメリット
  7. LINE占いが登場!
  8. 常に変化しているから愛されるLINE

はじめにLINEの「ひとこと」機能から見ていきましょう!

LINE「ひとこと」機能

プロフィールページにある「ひとこと」と書いてある下のスペースに自分が打ち込んだ文字やスタンプを設定すると、LINEのトーク画面風に表示され、履歴が右側の画像のように「ひとこと」というページに履歴として残る設定ですので、自分で簡単に履歴を確認することができます。スタンプを多く使用したり、何回も連投して打ち込んだ「ひとこと」の内容も履歴として残るので、ちょっとした日記の様に利用されているLINE利用者も多かったみたいです。

LINEアニメーションスタンプのつくり方動画もございます

LINE「ひとこと」機能に続いてLINE「ステータスメッセージ」機能です。

LINE「ステータスメッセージ」機能

こちらのLINE画像を見ると「ひとこと」から「ステータスメッセージ」に表記が変わっているという違いがあります。「ステータスメッセージ」機能に変わってからは、「ひとこと」機能があったLINEのバージョン時にあった「ひとこと」のページが無くなってしまいました。なので画面上に自分が入力した「ステータスメッセージ」の履歴が今までの「ひとこと」の様にトーク風に表示されない違いがあるのです。少し物さみしい感じですね。下の画像の様に名前の下に表示されます。

LINEステータスメッセージの表示例

新バージョンのLINE「ステータスメッセージ」の表示のされ方はこういった感じです。ここは以前のLINEと変わりないですね。

ブラウンとコニー達の可愛らしいスタンプ。持っている方も多いのでは?

LINE「ステータスメッセージ」に変わって今までのLINE「ひとこと」はどうなるの?

それでは今まで「ひとこと」を愛用していたLINE利用者は、5.3.0以降のバージョンにアップグレードしたらこれまでの「ひとこと」は消えてしまうのでは?と不安になってしまった利用者も居るかと思います。実は救済処置が備えられていたのです!新しいバージョンで「ステータスメッセージ」機能に変わってからも、今までの「ひとこと」の履歴を保存することが可能なのです。

肝心な保存の方法ですが、画面にありますように「Keepに保存」というボタンがあります。そこが大きな違いですね!新しいバージョンでは、LINE上にテキストや写真などのデータを保管することのできる新しいストレージ機能「Keep」が追加されました。ですので、以前表示していた「ひとこと」の履歴は「Keep」に保存できるので消えてしまう訳ではないんです!

でも新バージョンLINEでは少しものたりないかも・・・・

新しい機能「keep」が追加されたことは喜ばしいことです。しかし今までの「ひとこと」に設定していた履歴データを「keep」に保存すると、「keep」では文字は文字のみ、他の写真や様々なファイルと、それぞれに分けて保存されるという特徴があります。

ですから、これまでの「ひとこと」ページに表示されていた時のようにLINEのトーク風な表示ではなく保存されてしまうのです。「ひとこと」機能を使っていた時にスタンプをよく使用したり、ちょっとした日記替わりの様に使っていたLINE利用者方には、嬉しいような、少し残念なような仕様なのかもしれないですね。

新バージョンLINEで「ステータスメッセージ」になりここも変わっていた!

LINEステータスメッセージの文字数制限と緩和

これまでの「ひとこと」も「ステータスメッセージ」も「名前の下にコメントが表示される」という点には変わりがありません。ですが新しく「ステータスメッセージ」に仕様が変わり、文字数制限がされるという事態になりました。入力文字数が20文字までと文字数が制限されるということです。しかし、現時点ではAndroid版LINEのみバージョン5.8.0を利用中のLINE利用者は文字数制限が緩和されており、このバージョンですと画像のように500文字まで入力が可能になり、文字数制限が緩和されました。

残念ながらiPhoneユーザーのiPhone版LINE(最新バージョン 5.7.0)では文字数制限の緩和はされておらず、20文字の文字数入力制限から変更されておりません。LINEアプリはAndroid版が先行でアップデートされることが多いようなので、今後iPhone版LINEでも500文字まで入力文字数が緩和される可能性が高いです!

LINEステータスメッセージのメリット

LINEトークでいちいちみんなに連絡しなくても済む

たくさんの人たちにお知らせしたいことが出来た時、LINE「ステータスメッセージ」に入力することで、LINEグループトークや個人トークでいちいち連絡せずに、みんなに見てもらいやすいという便利な点があります。例えば、「○○仲間募集!」「○○欲しい方。お譲りします。」というように、誰に見られても良い内容なら、「ステータスメッセージ」でも十分かと思います。

さらに、「スマホの調子が悪いです。」「機種変のため、返信遅くなります。」というような、友だちとの連絡に支障が出るような時に「ステータスメッセージ」を使うと便利ですね。

iPhone版LINEで逆に簡単入力!

前途したように「ステータスメッセージ」の書き込みはプロフィールのページから入力する事ができます。iPhone版LINEの利用者ですと20文字という制限がありますが、逆に短文である事により、入力も簡単になります。LINEタイムラインやLINEトークでも、短文の入力はできますが、入力可能文字数が多いのでたくさん書けるとなると、どうしても長文になりやすいという面もあります。その点、「ステータスメッセージ」は、簡単な内容をささっと書き込みたい時にとても便利です。

LINE着せ替え

LINEでは無料でもこんなかわいく着せ替えできちゃいます!!また課金が必要ですが、有料のLINE着せ替えでも様々な物があり、種類はとても豊富です。

LINE占いが登場!

常に変化しているから愛されるLINE

わたしが初めてスマホを手にした時にはこういったメッセージアプリは海外のアプリかSkypeくらいだったので、もう無料トーク・無料通話アプリといったらLINEでしょ!というくらいほとんどの方のスマホにダウンロードされているのではないでしょうか。このまとめを振り返りLINEは常に変化をしているんだなと考えさせられました。だからこそヘビーユーザーが増えてみんなに愛されているのではないでしょうか。これからのLINEの進化がますます楽しみになりました。

もっとLINEの情報を知りたいアナタへ!

Thumbライン(LINE)で既読をつけないでメッセージを確認する方法まとめ!
ThumbAIりんなは人工知能のLINE・女子高生アカウント!マイクロソフト開発
ThumbLINEの一言(ひとこと)メッセージを歌詞に!プロフィールのBGM設定方法も!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-23 時点

新着一覧