入学式はスーツでも大丈夫?大学生の正しい服装を男女別にご紹介!

大学の入学式での服装は女の子の悩みのタネ。いつの時代も女の子の関心事は服装なんです。晴れ舞台の服装で悪目立ちは嫌だけどセンス良くは見せたい、とその心は入学式まで揺れ続けます。そんな揺れる心のお助けアイテムがスーツという噂が。大学でスーツってアリ?

入学式はスーツでも大丈夫?大学生の正しい服装を男女別にご紹介!

目次

  1. 大学での私服デビューは入学式
  2. 大学と高校の服装は
  3. 大学の入学式も自由というけれど
  4. 大学入学式での女の子の服装は重要
  5. 大学の入学式で大学生らしい服装で決めるにはスーツが必須
  6. 女の子の大学の入学式の服装と普段の服装の違い
  7. 女の子の服装でスーツといえば大学を卒業した社会人
  8. 大学生になりたての女の子が大学の入学式でスーツで差をつけるには
  9. スーツは大学の入学式でも他でも使える女の子の服装の便利アイテム
  10. 入学式のスーツ選びで女の子としての判断力を磨こう
  11. 女の子だけじゃないスーツは男の子の入学式の必須アイテム
  12. 女の子にとってスーツは入学式や普段の服装でも心強い味方
  13. オンオフを問わず万能の服装であるスーツ
  14. 男の子と女の子の入学式のスーツの選び方注意点
  15. 素敵な思い出を入学式で作る為に

大学での私服デビューは入学式

服装どころか髪型さえ気にせず精魂込めて頑張った末勝ち取った大学合格。おめでとうございます。大学生ですね。ということは私服をどうしようか、女の子なら服装のことでワクワクしているでしょう。

高校生の服装からは脱却したい

高校生の時だって私服は着ていたけどなんとなく子どもな雰囲気は残っていた気がして大学での服装はその先を行きたい、と思う女の子は沢山いますよね。男の子だってそうでしょう。大学生の服装ってどんなものかな?ガーリーに決め過ぎたらダメかな、服装ってどんなものが浮かないかなと楽しく悩む女の子は沢山いるでしょう。

女の子だけが服装に悩むとは限りません。男の子だって大学での服装は一大関心事。ワイルドに決めるかスマートさを出すか。狙い過ぎてスベるのだけは絶対避けたいと服装への悩みはつきません。

服装あるある

確かに親の選んだ服装は余程のセンスでない限り若者のそれとは微妙に違うんですよね。別におかしい服装ではないのですが、大学での日々に憧れを抱く若者にとって親の微妙な服装センスは耐え難いものではあるのでしょう。でもあまり言い過ぎてはいけませんよ。今後一切服装への援助が無くなってしまいます。

大学生活に夢を馳せるみなさんへ一言。何事行き過ぎはダメです。気合を入れ過ぎて失敗する人は毎年存在しているよう。自分らしさを失わず、しかしほどほどオシャレを研究し、素敵なキャンパスライフを目指しましょう。どの分野でも日々の努力が上達への最短距離なのです。

服装にばかり心のメーターが傾き、失敗か成功かと悩むのはわかりますが、勉強も忘れないでくださいね。って服装や授業のことをばかり言ってますが、その前に大事なものがあるじゃないですか。

入学式は大学生の服装デビューじゃないですか

そう入学式です。キャンパスライフにばかり気を取られて普段の服装をまず考えがちになるかもしれませんが、大学の入学式だって立派な大学生の私服です。ただ入学式ということもあり特別な服装の為、とても悩んだりするものだと思いませんか?

大学と高校の服装は

オシャレでカジュアルにコーディネートなど、自由な暮らしをイメージしますよね。入学式の服装も今までとは違い指定をされないので「どうしようかなあ」となるわけです。受け身な暮らしをしていた高校まではそんなことで悩む必要はありませんでした。

高校の服装が制服の場合

高校生、いやJKと聞いて制服姿を思い浮かべる人がほとんどでしょう。制服着用の高校は今でも多いと思います。女の子は一昔前はセーラー服のイメージが強かったのですが、今はスーツを連想させるブレザーでチェックスカートの服装が多い気がします。毎日制服なので、入学式で服装に悩むということは高校生の女の子の暮らしの中では絶対ないです。

JKの制服は無敵だった

普段の暮らしの中で、マフラーを派手にしようが、スカートの丈を短くしようが、くつしたの色が白だろうが黒だろうが、式典の時さえ学校の規程に直してすまして出席していれば入学式の服装で頭を悩ますなんてことがなかったのが制服の決まっている高校生の良さですよね。

高校の服装が私服の場合

制服のない高校の場合は普段の暮らしでは私服で、式典でも各自用意でOKなので、フォーマルなワンピースだって良いとは思うのですが、制服に似たデザインのものを選んだり、学校で推奨服というものを選択肢で用意している場合があるようです。やはりスーツに似たデザインが多いので入学式のような改まった場には服装はスーツのようなものが無難、という認識が一般的なのでしょう。

制服のない高校生の暮らしを満喫しているようなイメージですが、入学式や学校の正式な行事では制服に近いスーツを連想させる服装を選ぶのは暮らしの中でのバランス感覚を大事にしている、ということなのでしょうね。

大学の入学式も自由というけれど

大学も私服の高校と同様入学式の服装に決まりはありませんが、大学が推奨服、というものを用意はしていません。普段の暮らしで培ってきた感覚から選ぶせいか、ほとんどの人がスーツ着用で出席をします。

ただ、このスーツを選ぶということに決まりがないのできちんとした場に慣れていない新入生はスーツといってもどんなスーツがいいのか、女の子スーツだと男の子のスーツとは違うよね、と悩む、というわけです。

入学式の服装は国立・私立・専門系の大学で違いが

各大学のホームページなどで入学式の様子を見てスーツ選びの参考にするのがベストだと思います。大体国公立や音大は地味目のスーツ、私立は少し華やかな雰囲気のスーツと入学式の雰囲気が異なるようです。

そうは言ってもリクルート的な色のスーツを選ぶ人はやはり多く、私立と言っても男の子が多かったり伝統校だったりするとダーク系のスーツが多くなるようです。うれし恥ずかしの入学式の服装ですが、喜びを抑えた色の服装が多いということは入学式に厳粛な心改まる気持ちを抱いている、ということでもあるのでしょうか。

大学入学式での女の子の服装は重要

もしあなたの入学した大学が華やかな雰囲気の大学ならば、無難なスーツでまとめるのではなく、少しデザインの凝ったスーツや可愛らしいワンピースもOKだと思います。少しのオシャレが注目の的になって良い友達関係が築けるかもしれません。ただ、いくら気に入っても上品な印象にすることだけは忘れないでください。入学式に出席する新入生の基本イメージは初々しさだからです。

女子大なら普段の服装でもワンピースはあり

アンサンブルのように上着とセットにすれば入学式をワンピースで出席するのはありです。シンプルな濃紺のワンピースは清楚で印象も良いです。上着とセットなら温度調節もOKですし、下が半袖ならば初夏の普段着でワンピースを着用もできます。大学でも女子大ならば普段の服装でワンピースでもおかしくないでしょう。

パステルカラーの服装は保護者感が

「紺・グレー・黒じゃつまらない」と女の子の大好きなパステルカラーのスーツを選ぶというのは避けた方がいいです。普段の暮らしの中でパステルカラーは可愛いかもしれません。しかしスーツとなると。一気に入園式や入学式のお母さん感が不思議と出てきてしまうものなのです。最近は本当に可愛いお母さんが増えましたが、いくら可愛くてもお母さんはお母さん。入学式に出席する大学生とは決定的に違います。

そうは言ってもお母さんだって学生時代にスーツ選びは経験しているはず。特に近年の可愛いお母さん達にはコーディネートで勉強になる部分もあるかもしれません。パステルカラーはさておき、小物使いなどの参考で若いお母さん達のテクニックを勉強するのもセンスアップのひとつでもあります。是非着こなしの参考に読んでみてください。

入学式での成功が

入学式でセンス良く服装をまとめていたお陰でサークルに勧誘されちゃった、なんてこともあるかもしれません。サークルといえば新歓です。スーツでバシッと決めた時のセンスの良さで普段の服装も上品かつ親しみのある服装を着こなし新歓を楽しく過ごしてください。

Thumb入学式のスーツに悩んでいる母親必見!人気のスーツ着こなし術まとめ【画像あり】

大学の入学式で大学生らしい服装で決めるにはスーツが必須

大学の入学式は大き目のバッグがオススメ

きっちりスーツで決めたら小さめバッグでアクセント、なんてことは大学の入学式では絶対にしてはいけません。入学式は確かに大学に入ったお祝いではありますが、学問をする場所に入ったことを祝う式典でもあるのです。

書類など今後の大学生活を説明するものが配られることを考えバッグは大き目のものを用意しましょう。地球にやさしい折り畳み式のエコバッグの活用もいいかもしれませんが、それは最後の手段ということで。あなたは大学生。近所に買い物に来たお母さんではないのです。

女の子の大学の入学式の服装と普段の服装の違い

普段の大学生活は専門書やノートを小脇にかかえ颯爽と校舎から校舎へ、といった感じでしょうか。白いトップスにカジュアルなスカートやジーンズでコーディネートした女の子の姿、想像するだけでキュンキュンです。

専門書を小脇に、とんでもない!勉学に燃えた女の子なら大きめリュックにずっしりと教材を入れ大学構内を闊歩するのです。もちろんオシャレを壊さない程度の大きめリュックと普段着にコーディネートするのは忘れませんよ。という感じが普段の大学生の女の子の服装でしょう。

普段勉学に燃えている女の子であったとしても入学式は特別な日。そうなるとカジュアルなコーディネートではなく普段は着ないような服装を選んでちょっと特別感を味わいたいと思うものです。シックだけれど可愛さのあるワンピースにしようか、スーツもいいけど私はセンスあるワンピースで決めちゃおうかな、なんて思う女の子もいるでしょう。

しかし、そうはいってもやはり最後にみんなが選んでしまうのはスーツ。スーツを選ぶには以下のような意見があるからみたいです。人よりセンス良くコーディネートはしたいけど、悪目立ちはしたくない、となるとやはり無難なスーツが大部分を占めるのでしょう。

実は大学の入学式は一部の大学を除いて服装は自由になっています(^^♪ つまり、絶対にスーツでないといけない!!というわけではありません。 ただ、大半の人がスーツを着てきます。 正式な場ですのでスーツが一番無難で良いといえます。

女の子の服装でスーツといえば大学を卒業した社会人

女の子とスーツ

同系色にコーディネートされたそのお姿まさしくできるOLって感じです。女の子でスーツというとまずは社会人をイメージしてしまいます。

女の子の服装でスーツといえば大学生のリクルートスーツ

濃紺もしくは黒のスーツに飾り気のない白いシャツ。社会人と比べて全く遊び心はありませんが、女の子でスーツと言えばリクルートスーツでしょう。いくら暑くても就活中はリクルートスーツは手放せません。インナーを白のTシャツにして暑さをしのいだり涙ぐましいスーツ姿の女の子をよく街中で見かけますよね?頑張れ!就活生!

では入学式のスーツは

女の子でスーツ姿といえば社会人かリクルートスーツの大学生の2パターンが想像できますよね。では大学の入学式で着るスーツはどちらをお手本にしたらよいのでしょう?女性らしい遊び心を意識した社会人スーツか、真面目さ追求のリクルートスーツか。どちらのコーディネートがいいのでしょう。

大学生になりたての女の子が大学の入学式でスーツで差をつけるには

入学式という厳粛な場である為にリクルートスーツを選ぶ人が多いよです。パンプスくらいは少し可愛らしいものをコーディネートもするかもしれませんが。またリクルートスーツにしておけば就活をする時にあえて買わなくてもよい、という考えから選んでいるともいえます。

しかしそうはいっても差をつけたいと思うのも女心。なんとかコーディネートでスーツに華を添えるよう頑張る人もいるし、そのような提案もいくつか見受けられました。

セットアップ例としてご紹介します。 画像はえりなしツィードスーツですが、 一か所変えてあるだけで、上、下で見え方の印象がこれだけ変わります。 インナーを黒から白色に変えただけのことが、これ程の変化をつけられることを覚えておいてください。

あまり目立つコーディネートは避けたいという人ならばコサージュなどの小物で女の子らしさをプラスしスーツのコーディネートというのも良いし。

選び方次第で華やかさセンスの良さが決まってくるコサージュ。実は手作りできるのを知っていましたか?自分だけのオリジナルが欲しいと思っているならこちらのページを参考に。卒業式バージョンを紹介していますが、色や素材次第でいくらでも入学式バージョンを作ることができます。

女の子にはブラウスという味方がいた

男の子が絶対真似できないフリルブラウスでリクルートスーツに華やかさと新入生の初々しさを演出というのも素敵ですし。体型カバーとして有効な方法でもあるブラウスの上にロングネックレスといったコーディネートで上品な華やかさを添えてみたり。

ブラウスのデザインをわざとスッキリしたものにしショートタイプのネックレスを合わせ、ペンダントトップの石の存在感で新入生らしさと大人のカッコ良さの両方を演出というスタイリッシュさのアピールも良いでしょう。

女の子だからフリル、ガーリーなブラウスをスーツにコーディネートしなくても日々の暮らしでも活用できそうな白シャツを選ぶ、というのも実用的で良いかもしれませんよね。それにリクルートスーツでも活用できるし、大学での服装は自由なんです。服装を自分で決めても誰も文句は言いませんよ。自信を持ってスーツのコーディネートをしてください。

Thumb卒業式のコサージュの色や付け方まとめ!手作りの方法も!材料は?

スーツは大学の入学式でも他でも使える女の子の服装の便利アイテム

入学式後は就活までは使わないイメージをスーツに持っていると思いますが、実は大学生の暮らしって意外とスーツが活躍するんです。

大学といえばゼミ

大学というところは自らの意志で専門的な学問を深める場所でもあります。その為興味のある分野を研究していたり、自分が教えてもらいたいという教授が主催するゼミに入ることが多いです。社会に出たら絶対ないであろう自由な時間を使って専門分野の知識を深めるゼミのイメージはその自由さから服装はラフなイメージが強いのですが。

ゼミのスタイルといえば

おそろいのTシャツやトレーナーを着て連帯感を強くし、研究に邁進したり、学生らしくおそろいの服装で研究発表をしたり、と大学生らしい服装をイメージしますが、実は意外とこのゼミでもスーツは活躍をするのです。

入学式のスーツ選びで女の子としての判断力を磨こう

小学校の入学式だって自由に選んでいた、と女の子は思いがちですが、よく思い出してみてください。親に上手に誘導され突飛でない子供用スーツを選ばされていたりしたような気がしませんか?

日々の暮らしの中でも自分の判断と思っていたことが意外と親の誘導で決められていたなんてことがよくあるものです。大学生になったということは大人の第一歩を踏み出したということ。自分で選んでももう突飛なデザインの服装は選びません。自身を持って服装センスを磨くべく入学式のスーツや普段の服装を選んでみましょう。

入学式のスーツ選びを自分の力でクリアしたことで今後社会に出た時に起こり得るであろう困難を誰に頼るでもなく自分の力で決めていくことのできる素敵な女性になれるかもしれません。大学生とは学生でもあり大人でもあるのです。

女の子だけじゃないスーツは男の子の入学式の必須アイテム

女の子のスーツにばかり熱弁をふるってきましたが、大学生には男の子は沢山います。社会出にたら戦闘服としてスーツが活躍するのは男の子のほう。リクルートスーツなんて社会人になっても重宝するものですし。ちょっと前まではこんなだったのが、スーツ選びで悩むようになるなんて。

最近の男の子はスタイリッシュ

昔の男の子や小さい頃は母親の買ってきたものを黙ってきていたかもしれません。しかし今の男の子はオシャレ男子人口も増え、下手をすると女の子よりスタイリッシュだったりするのです。入学式のスーツだってリクルートのスーツだって自分で選びたいし、女の子より他人との差をつけにくいスーツだってなんとか目立たせたい、と思う男の子人口は結構いるはずです。

ワイシャツやネクタイで服装に差をつける

男の子のファッションセンスの見せ所。それはスーツのVライン。ネクタイやワイシャツの組合せで差はいくらでもつけられます。スーツのコーディネート初心者ならばお店に飾られているものを参考にしたり、お店の人に気軽に相談して、自分に合った新入生らしい爽やかな組み合わせを目指しましょう。

男の子の場合は同性の目より女の子の目に注意をしてください。女の子より目立たないスーツのオシャレとはいえ、女の子は気付かないところで細かく男の子の服装をチェックしているのですから。

女の子にとってスーツは入学式や普段の服装でも心強い味方

それでも入学式とリクルート、または改まった席でしか使えないシャツはもったいないというしっかり者さんもいると思います。そういう場合は着回しの効くデザインのブラウスを選んでおくと、この画像のようにカーキのボトムと合わせても普段の暮らしの中に溶け込みまったく違和感はありません。

スーツのボトムスをニットのトップスと合わせると上品な雰囲気を味わうこともできます。ニットを使うことでスーツのボトムスも随分と活用の幅が広がります。

オンオフを問わず万能の服装であるスーツ

上下分けて使えば普段使いができ、ゼミでの活動でも重宝、もちろんリクルートにも使えるスーツは万能選手ですが、インナーを同系色のものにして、首元にパールをあしらうと一気にフォーマル感が上がります。本当にスーツは万能選手です。

ジャケットも活用次第で

男の子だって入学式に勝ったスーツがリクルートでなければインナーをTシャツにして普段の暮らしに気軽に取り入れたりもするようになってきています。カジュアルでオシャレも楽しめるスーツが一着あると本当に助かります。

入学式に無難なリクルートを選ぶ場合が多いですが、使いこなしによっては、オンでもオフでも楽しめるスーツです。もしかしたらリクルート開始前に体型が変化し入学式のスーツが着れないこともありえます。入学式だからと値段の張ったスーツを選ぶのも良いですが、色々と挑戦できるようにお手軽価格のスーツを選ぶというのも選択肢として覚えておいてください。

男の子と女の子の入学式のスーツの選び方注意点

無難に、自由にと色々な話をしてきましたが、一貫して願っているのは「大学の入学式のスーツ選びor服装で女の子も男の子も成功を目指す」ということです。そこで快適に入学式に出席する為の注意点をいくつか提案させてくださいね。

女の子の入学式の場合

オシャレは大事ですが、周囲への印象も今後の友達関係にも影響してきます。羽目を外し過ぎないコーディネートで入学式を楽しんでください。

入学式で女の子のパンツスーツは服装としてOKか

入学式が開かれる会場は広く、時期は4月前半が多いでしょう。場合によっては足元が冷えることもあります。ブーツよりもパンプスを合わせることの多いスーツです。清楚なイメージでさえあればパンツスーツもOKです。リクルートスーツでもスカートを着慣れていない女の子はパンツスーツを選ぶ人もいるので、入学式のパンツスーツをリクルートスーツで使いたい、という考えもアリです。

入学式でパンプスデビューという女の子も結構いるはずです。スーツとパンプス姿はとても素敵ですが、靴擦れを起して足を引きずった姿を入学式で見せたくはないですよね。試し履きを何度もして履き心地の良いパンプスを見つけるか、もしもの時用に絆創膏などの靴擦れ対策も準備してバッグの中に入れておくようにしましょう。

男の子の入学式の場合

初々しい新入生であることは男の子だって同じです。入学式のスーツ姿は周囲へ好印象を与える清潔感を大事にしてください。その範囲であればリクルートスーツでも細身のスーツでも自分のセンスを活かしたデザインのスーツでも大丈夫です。

Vラインだけが男の子のセンスの見せどころではありません。更に冒険をしたいならストライプのスーツを選ぶのもアリです。ただストライプは着こなしの難しい場合があるので余程のオシャレ男子でないのならば、お店の人に意見を聞いて自分の雰囲気にあった浮かないものを選んでください。

忘れてはいけないのは足元。いくらスーツが綺麗でも靴が汚くてはダメです。昭和の時代は先輩が仕事の心得として靴磨きの指導をした、という話をどこかで聞いたことがあります。またオシャレな男性は靴へのこだわりも半端ないです。靴選びもぬかりなく。後、女の子同様男の子も革靴デビューが入学式ということもあると思いますので、靴擦れ対策をしっかりとしておいてください。

素敵な思い出を入学式で作る為に

大学生活も入学式もスーツ選びも女の子としての服装もとにかくなんでも楽しんでください。「楽しむ」という姿勢は勉強の成果に出たり、社会に出た後に役に立ったりするものなのです。未来に顔を向け楽しいキャンパスライフを送ってください。

大学デビューに向けて準備中のアナタへ

Thumb一人暮らしのあるあるまとめ!大学生・社会人みんなが共感すること
Thumb大学生の恋愛事情を調査!その特徴や本音とは?理想と現実まとめ
Thumb役に立つおすすめの資格!簡単に取れて大学生や就活に有利なものは?
Thumb大学デビューバレバレの髪型・ファッションの特徴まとめ!失敗例が痛い!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-13 時点

新着一覧