ゴールデンレトリバーの価格は?値段の相場は毛色、大きさで変わる?

賢くて美しい大型犬、ゴールデンレトリバーはペットとしてだけでなく警察犬やセラピー犬、盲導犬としても大活躍している犬種です。大きな体で、心優しく飼い主に忠実であることが最大の魅力です。気になるゴールデンレトリバーの価格、値段の相場はどれくらいなのでしょうか。

ゴールデンレトリバーの価格は?値段の相場は毛色、大きさで変わる?

目次

  1. ゴールデンレトリバーの特徴
  2. ゴールデンレトリバーの価格の開き
  3. ゴールデンレトリバーの価格の違い
  4. ゴールデンレトリバーを手ごろな値段で手に入れる
  5. ゴールデンレトリバーの毛色による価格の違い
  6. 価格はゴールデンレトリバーの大きさで変わるのか
  7. ゴールデンレトリバーの値段からわかること

ゴールデンレトリバーの特徴

ゴールデンレトリバーは黄金色の被毛を持つとても美しい犬種です。友好的で賢く、誰からも愛されるような素晴らしい性格です。大型犬でありながらその優しい性格ゆえ番犬には向きませんが、訓練やしつけには高い適応能力を見せるため、盲導犬のような特殊な仕事も真摯にこなしていくことができます。

ゴールデンレトリバーの値段は子犬であれば数万円から数十万円と開きがあります。大きさを気にしなければ価格を気にしなくていい里親制度を利用することもできます。

ゴールデンレトリバーの価格の開き

ゴールデンレトリバーの価格には大きな開きがあります。極論からいうと、ただ同然に手に入る場合や60万円を超えるほどの子犬まで様々です。一時期爆発的人気を誇っていた犬種は、その後人気が下火になってくると保護される個体が多くなります。

施設などでは里親を募集しているゴールデンレトリバーも多くいます。動物にとってこれほど切ないことはありません。動物好きならば、まずは里親になることも候補に入れてみてはいかがでしょうか。値段や価格に左右されることなく犬を選ぶことができます。

ゴールデンレトリバーの価格の違い

購入を考える場合、ゴールデンレトリバーの価格帯は大きく2つに分かれます。ペット用とショードック用で、その値段の差は10倍になってしまうこともあります。健康状態や性格ではなく、あくまでもゴールデンレトリバーの血統とスタンダードにどれだけ近いかというショーの規格によるものなので、家庭でペットとして育てる場合はそのような犬を購入する必要はありません。ペット用のゴールデンレトリバーの価格は10万円台からと落ち着きます。

ゴールデンレトリバーを手ごろな値段で手に入れる

ペットの購入で真っ先に思いつくのはペットショップですが、最近では動物愛護の観点からも良質なブリーダーから手に入れることが推奨されています。

ゴールデンレトリバーの大きさもペットショップでは見かけない理由の1つになりますが、ブリーダーからの購入の方が親などをしっかりと確認できるため先天性の疾患などのリスクを事前にリサーチできるのも大事なことです。値段も相場よりも安く購入できますので、価格面でも購入後のサポートを考えても、良質なブリーダーを見つけることが一番です。

ゴールデンレトリバーの毛色による価格の違い

ゴールデンレトリバーの価格は毛色によっても変わります。通常イメージされるゴールデンレトリバーは黄金色のアメリカンと呼ばれる毛色になります。値段の相場は10万円からと一般的。一方最近人気があるゴールデンレトリバーは白っぽい被毛で柔らかな印象のイングリッシュ。

ただ、イングリッシュの相場はまだまだ高く、ブリーダーも少ないことから価格は50万円からと高額になってしまいます。ただ、被毛の色は個体によっても濃淡がありますので、被毛の色だけで動物を選ぶのはナンセンスかもしれません。

価格はゴールデンレトリバーの大きさで変わるのか

最近の動物人気のブームとして、小型であればあるほど価格が高騰する傾向にあります。ただ、小さなゴールデンレトリバーが欲しいというようなことは本末転倒です。通常犬の価格はオスとメスで違いがあります。

メスの方が値段が高くオスの方の値段は安価になります。ただ例外も多く、大型犬ではオスの方が値段が高いこともあります。大きさはゴールデンレトリバーの場合、メスの方が小さくなりますが、それでも25㎏以上になることを忘れてはいけません。

ゴールデンレトリバーの値段からわかること

ゴールデンレトリバーの値段は毛色や血統に左右されていることが多く、ペットとして迎え入れたい飼い主にとってそれは大きな問題ではないのが実際のところです。

大切なのは健康で賢く、穏やかな性格であることです。あとは飼い主の直感を信じて選びましょう。ゴールデンレトリバーのように値段の相場に大きな開きがあるとき、ついつい安い個体が劣っているかのような錯覚を覚えますが、そのようなことは決してありませんので安心してください。

もっと犬の情報を知りたいアナタへ!

Thumb犬はバナナを食べても大丈夫?アレルギーに注意!おやつレシピも紹介!
Thumb犬が一緒に寝たがる理由!本当はいけない?危険性と注意したい点まとめ
Thumb赤ちゃんが犬と一緒にいるメリットは?注意点・守る習性の対処法など
Thumb犬のマウンティングの意味は?腰を振る愛犬の行為をやめさせたい対処法は

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2023-02-08 時点

新着一覧